人間とのリアルラブドールの日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/ai-doll

ラブドールを愛でる女性…何に惹かれて?マニアな展示の意外な男女比:

東京?渋谷で開催された男性向けラブドールの展覧会「今と昔の愛人形」。5月20日から6月11日まで開催され、入場者数は5千人を超えました。うち6割が女性だといいます。女性人気の秘密は何か? 性の展示に詳しく『秘宝館という文化装置』の著書がある、東北大学准教授の妙木忍さんに聞きました。(構成?朝日新聞文化くらし報道部記者?木村尚貴 )

【関連リンク】進化した「ラブドール」女性に人気の理由 熱気が伝える秘めた欲望

女性の姿も目立つラブドール展=東京都渋谷区のアツコバルー

妙木忍?東北大学准教授に聞いた
 今回の展覧会について、理想とされる女性像が想定され、それに基づいて女性の身体が作られ、展示されることへの批判は多いと思います。このことをまず、念頭に置いておきたいと思います。

 一方で、多くの若い男女が足を運んでいる現状があります。私にとっても未知の世界でしたが、会場を訪れ、実際に起こっていることを見ました。

 展覧会を批判することは容易かもしれませんが、それによって何が見えなくなるのか、「べき」論ではなく現状を見てみると何がわかるのかを、立ち止まって考えてみるのも、現代社会を映し出す手がかりを見つけることにつながると思います。

男性にとってのラブドールとは
 ラブドールの持つ意味は、男性にとってと女性にとってとで、随分異なるでしょう。ラブドールを買う男性にとっては、それが本物の人間ではない(にせものである)ことによって、また特定の人物の複製ではないことによって、一人一人がゼロから新しい物語を生み出し、人形との関係を築ける可能性があると思います。

 そのときラブドールは、単に性欲の処理の目的を超えて、別の機能を持ち始めているのかもしれません。このように別の機能を持ち始めているのかもしれません。このように別の機能を付与されたラブドールの歴史と変遷を男性たちはどのような目で見ているのでしょうか。

水槽の中に入ったオブジェのようなドール。展示後に美術オークションにかけるのだという=東京都渋谷区のアツコバルー


関連記事:



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000271648/p11765967c.html
リアルドール | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
ai-dollイメージ
等身大ダッチワイフ正規品公式サイト ダッチワイフ通販 リアルドール 正規品公式サイト弊社は公式サイト正規品です。掲載画像は当店の実物で撮った写真! 性欲処理、観賞用も可能です! www.ai-doll.com
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 34
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック