スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

オゾン層回復


オゾン層は回復に向かっている。気候変動問題に対する希望であると国連レポート

オゾン層の状態について4年に一度報告するレポートの最新版である『Scientific Assessment of Ozone Depletion: 2018(2018年度版オゾン層破壊の科学的評価)』が公表された。

それによると、大気中のオゾン層破壊物質の濃度は減少を続けており、2014年の調査時点と比べてもさらに改善が見られたそうだ。

地球の生態系を保護するオゾン層

オゾン層は、大気中でオゾンの濃度が高い層のことだ。成層圏(約10〜50km上空)に約90%存在しており、高度約25 kmで最も密度が高くなる。

酸素原子3個からなるオゾン気体は、太陽からの有害な紫外線を吸収し、地上の生態系を保護している。 また、成層圏のオゾン層は、紫外線を吸収することで、成層圏の大気を暖める効果があり、地球の気候の形成に大きく関わっていると考えられている。

回復を続けるオゾン層

成層圏オゾンは、2000年以降毎年1〜3パーセントの割合で回復を続けており、このままのペースが続けば、2030年代までには北半球と中緯度のオゾン層は完全に回復する見通しだ

2050年代までには南半球、2060年代までには極地でも全快すると予測されている。

オゾン層を守るための世界的な動き

オゾン層は、人間をはじめとする動物にとって有害な紫外線を防ぐという、地球のバリアのような役目を果たしている。

しかし、冷蔵庫の冷媒やスプレーなどに使われていたクロロフルオロカーボン(フロン)をはじめとするオゾン破壊物質が大気中に放出されたことで破壊が進み、オゾン層にぽっかりと穴が開くオゾンホールという現象が生じていた。

こうしたオゾンの破壊を食い止めるために30年前に多国間で批准されたのが、モントリオール議定書である。

これによってオゾン破壊物質の使用が規制された。今回伝えられたようなオゾン層の回復は、その輝かしい成果である。

来年、モントリオール議定書は、2016年のキガリ改正を受けて、いっそうの規制強化が図られ、冷蔵庫やエアコンなどに使われる温室効果ガスも規制対象に含まれることになる。

「モントリオール議定書は、歴史上もっとも成功した多国間条約です」と国連環境計画のエリック・ソルヘイム事務局長は話す。

「オゾン層を回復させることを目指した議定書は、きちんとした科学と協調的な行動をバランスよく組み合わせ、30年を超える行動を策定しました。だからこそ、キガリ改定も温暖化防止策へ向けての未来の希望になるわけです」

最近発表されたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の報告書では、産業革命以前に比べて2度気温が上昇すれば、壊滅的な影響があると述べられている。

同報告書によれば、キガリ改定が完全に施行されれば、今世紀中の気温上昇を最大0.4パーセント防ぐことができるという。ゆえに、2度という世界平均気温の上昇を防ぐうえできわめて重要な位置付けとなる。

モントリオール議定書の取り組みは、温暖化を防ぐ上でも一縷の希望となるものだ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11788850c.html
日記

■同じテーマの最新記事
米山火事被害拡大
南極大陸の痕跡発見
米東部に寒波襲来
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 119 1026218
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック