スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ナメクジを食べて死にました


豪男性がナメクジを食べて死亡 「広東住血線虫」の被害は日本でも

2日、過去にナメクジを食べたオーストラリアの男性が亡くなった

「広東住血線虫」が原因だそうで、日本でも同様の被害があったそう

沖縄で当時7歳の女児が、この寄生虫による髄膜脳炎で死亡している

オーストラリア・シドニーに住むサム・バラードさんは8年もの闘病生活を送っていたが、今月2日、28歳の若さで亡くなった。長い間、サムさんを苦しめていたのは1匹のナメクジだった。

今から8年前、サムさんは屋外で友人らと酒を楽しんでいたが、そこに現れたのがナメクジ。サムさんはナメクジをふざけて食べてしまった。ところが数日後、サムさんの体に異変が―。

現地メディアによると、足に激しい痛みとともに体に力が入らなくなったため病院に行くと、ナメクジに寄生していた「広東住血線虫」が原因と診断されたという。

「広東住血線虫」はネズミの寄生虫で、そのフンを食べたナメクジやカタツムリにも感染する。人の体内に入ると激しい頭痛や神経のマヒ、筋力低下などの症状が出るが、重篤な場合は後遺症が出たり死亡したりすることもある。

海外メディアの報道によると、寄生虫が脳に入り込み、髄膜炎を発症したサムさんは420日間、こん睡状態に。その後、意識は戻ったが脳に重い障害が残ったため24時間介護が必要だったという。

「広東住血線虫」による被害は日本国内でも―。沖縄のアメリカ軍嘉手納基地内の小学校に通っていた当時7歳の女の子が、この寄生虫による髄膜脳炎で死亡している。

国内では2001年以降、去年までに全国で20例の感染が報告されている「広東住血線虫」。ナメクジやカタツムリを介して感染する寄生虫に対策はあるのだろうか?

琉球大学大学院医学研究科・當眞弘准教授「子どもはどうしても小さい生き物触ってしまいますよね」「カタツムリやナメクジとかは触らない、もし触ってしまったらすぐ手を洗う」

さらに生野菜を口にする時も、畑でナメクジなどと接触していることがあるため、十分に洗うことが大切だという。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11788297c.html
日記

■同じテーマの最新記事
ターミネーター2救命バージョン
アイホ−ンX爆発
電子タバコ爆発
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 61 1025815
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック