スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ひかりとみずのカラクリ金魚


まるで本物みたいに優雅な動き。ソーラーパワーで泳ぐ「ひかりとみずのカラクリ金魚」がめちゃキレイ!

夏の風物詩のひとつ、金魚。

水槽の中でゆらゆらと泳ぐその姿は涼しげで美しく飼ってみたい気もするが、サボテンでも枯らしてしまう系の人々にとってはけっこうハードルが高かったりもする。

なんとかいいとこ取りができないものだろうか、ってことでタカラトミーアーツの「ひかりとみずのカラクリ金魚」が新登場。

エサやりや水槽の水換えは不要、しかもソーラーパワーなので電池いらず。なのにまるで生きているかのような金魚の泳ぎっぷりを半永久的に楽しめてしまうという商品である。

ソーラーパワーで半永久的に泳ぎ続ける!

「ひかりとみずのカラクリ金魚」は、ソーラーパワーで半永久的に泳ぎ続ける金魚のインテリア。

付属の水槽に水を注いで台座に置き、金魚を入れると円を描いて泳ぎだす。

仕組みは、本体台座に付いているソーラーパネルが太陽や電灯の光を電気に変え、台座に内蔵している回転盤を回すというもの。回転盤に取り付けられた磁石と、金魚の中に内蔵された磁石が反応して動くのだ。

特殊な回転盤の形と計算された回転スピードにより、金魚の胴体と尾ひれが別々の動きをするため、その動きはリアルで美しい。

インテリアに合わせてコーディネートも可能

ラインアップは琉金と出目金の2種類。

美術作家で金魚絵師の深堀隆介氏が造形や彩色の監修を手掛け、徹底的にリアルな見た目にこだわって制作された。

台座と水槽の間にデザインシートを敷けば水槽の底の模様が変わり、また違った雰囲気を楽しむことができる。

それぞれ2種類のデザインシートが付属するが、好きな紙や布を切って使うこともできるし、付属の水槽の代わりにお椀や陶器など自分で用意した器に水を入れて使用することもできる。

太陽の光が届く窓際や明るい電灯の下に置けば、エサをやらなくても半永久的に金魚がゆらゆらスイミング。

発売日は7月26日。Amazonで予約受付販売中だが既にカテゴリーランキング一位となっている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11756277c.html
日記

■同じテーマの最新記事
カエルのDIYキット
アマゾンエコーに新製品
老後資金
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 133 1020348
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック