スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

月へ行こう


「月に行く時が来た」AmazonのCEO、ジェフ・ベゾスが月面都市(コロニー)の設立を目指す

ネット通販大手AmazonのCEOであり、世界最大の資産家として知られるジェフ・ベゾス氏が語ったところでは、彼が率いる宇宙航空企業ブルーオリジン(Blue Origin)はNASAや欧州宇宙機関(ESA)と共同し、月面コロニーの設立を目指すそうだ。

先月開催された国際宇宙開発カンファレンスで、米国宇宙協会のジェラード・K・オニール記念賞を受賞した直後のベゾス氏がそのそのビジョンを語った。

短期的な目標は低価格の宇宙旅行を実現

ブルーオリジンはベゾス氏が2000年に立ち上げた民間宇宙開発企業だ。同社の短期的な目標は低価格の宇宙旅行を実現し、多くの人々に宇宙旅行を楽しんでもらうことだ。

これはまず準軌道宇宙船「ニューシェパード」によって、そして2020年代には軌道宇宙船「ニューグレン」によって実現が目指される。

長期的な目標は宇宙に重工業を移し居住環境を整える

だが長期的な目標は、宇宙で働く大勢の人々のために道ならしをすることだ。そうした人たちは、数十年前にプリンストン大学の物理学者オニール氏が提唱した巨大な回転する居住施設で暮らしているかもしれない。

ベゾス氏は、急増するエネルギー需要や人口増によって高まる地球環境へのストレスに対処する唯一の方法として、重工業を太陽発電の宇宙前線基地に移動させる未来を見据えている。

「私たちは地球を離れなければならなくなるでしょう。この惑星をよくするには、ここを離れなければ。私たちは宇宙と地球を行ったり来たりするようになります。もちろん残りたい人は残って構わないわけですが」

彼によると、地球は居住地区と軽産業地区に区分けされ、その一方で重産業は地上から宇宙へ引っ越しし、太陽光によって稼働するようになる。

「地球は重工業を行うのに適した場所ではありません。今はいいでしょうが、そう遠くない未来……私が言っているのは数十年後か百年後のことなのですが、現在地上で行われていることは宇宙でやったほうが楽になり始めるでしょう。なぜなら大量のエネルギーを得られるからです」

中期的目標は月面コロニー計画

では短期と長期との間には何が起こるだろうか? それが月の計画だ。

イーロン・マスク氏のスペースXは火星を舞台としているが、ベゾス氏にとってのそれは月だ。トランプ政権が正式に月を標的として動き出す以前から、ベゾス氏は月面都市の建設を行うロボットについて語っていた。

ベゾス氏は、月がきちんとしたロケットなら数日で行けるという便利な場所にある点を指摘する。さらに、これまでに月の極付近で氷の水が発見されており、それを飲料水、空気、ロケットの燃料として利用できるだろうことにも触れた。

「なんともおあつらえなことです」とベゾス氏は言う。

ブルーオリジンが開発中の月面着陸機は、月に5トンの物資を運搬できるよう設計されている。人間の輸送には十分な能力であり、順調に進めば、2020年代中頃までには運行を開始することができるだろう。

NASAやESAとの共同開発を目指す

ブルーオリジンは、その開発をNASAとの官民パートナーシップで行おうと提案する。「NASAが参加しなくても私たちは実施するのですが、協力すればずっと早く実現できるでしょう」

NASAは過酷な使用に耐える月面着陸機を開発するにあたって、そうした選択肢を検討し始めたばかりだ――しかもブルーオリジンが、スペースXやユナイテッド・ローンチ・アライアンスなど、他の企業との競争にさらされるだろうことは間違いない。

月の植民地化計画がNASAの専売特許ではないと指摘しておくことは重要だ。ベゾス氏は、ESAの「ムーンヴィレッジ」式アプローチも気に入っていると語る。

「ムーンヴィレッジの好きな点は、『みなそれぞれに月面基地を作りましょう、でもお互い近いところに作りましょうよ』というところです。

そのやり方だと、EUの月面基地まで出かけて、『卵を切らしちゃったんだけど、分けてくれない?』とか言えるわけです。まあ、卵というのは冗談で、現実的には『酸素もらえない?』みたいな感じになるわけですが」

ベゾス氏はすでにロケットと着陸機の開発までは約束している。そして月面の探査機や居住施設といったそれ以外の開発についてはこのように述べている。

「必要なことはなんでもやります。でもやらないで済むならそれに越したことはありません。他の人たちにやってもらいたいですね。でも必要とあらば、やりますよ」

純資産額13兆円を超える世界一の富豪である彼は、毎年1000億円相当のAmazon株をブルーオリジンの資金に充てている。

「人々がこのビジョンに追いついてくるか、私がお金を使い果たすか、結末は二つに一つですよ」


心配ご無用!

現在放送中のNHKラジオ第2放送(毎週金曜日)によると宇宙エレベーターが実現すれば格安で宇宙へ行けます。

ロケットを使用する限り100万円/kgかかっていますが宇宙エレベーターでは1/100以下になります。

NASAも宇宙エレベーター1番乗りを目指して研究を開始したばかりです。

日本でも7人の科学者が研究を始めていますが今では100人を超えています。

体重60kgの人なら60万円以下で宇宙へ行けるので希望者が殺到しそうです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11745175c.html
日記

■同じテーマの最新記事
W受給
大判振る舞い
期待はずれ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 113 1022978
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック