スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

折りたたみキーボード


スリーイー、3つ折りタイプながらテンキーも付いたBluetoothキーボード「TENPLUS」を発売

「TENPLUS」

株式会社スリーイーホールディングスは、モバイルアクセサリーブランド「3E」の新製品として、Bluetoothキーボード「TENPLUS」を、2018年5月初旬に発売する。

3つ折りタイプでコンパクトに持ち運べる構造のモデルながら、テンキーやファンクションキー機能も備えたフルキーボード。

カラーバリエーションとして、グレー / ホワイト / レッドの3色がラインナップされている。希望小売価格は各7860円(税抜)。

Bluetooth 3.0に対応した本製品は、英語配列79キーを搭載している。最大3台まで登録可能なマルチペアリング機能を備え、使用中にボタン1つで接続デバイスの切り替えが可能。

OSは、Windows XP以降、iOS 9.0以降、Android 4.0以降に対応している。約300万回の打鍵が可能な耐久性を実現しており、外装にはアルミを用いた特殊素材を採用。

指紋や汚れが目立ちにくいマットな仕上がりで、スタイリッシュかつ高級感のある外観だ。

本体はmicro USB経由で充電でき、約2時間の充電時間で連続使用時間は約30時間。製品には充電用のmicro USBケーブルとスタンド兼保護ケースが同梱されている。

折りたたみ時の本体サイズは158.6(幅)×90(高さ)×15.8(奥行)mm、展開時のサイズは278(幅)×90.5(高さ)×12.5(奥行)mm、キーピッチは約16.5mmで、重量は約194g。

数値入力に便利なテンキーも搭載していることが大きな特徴



10年ほど前からUSBグッズ商品のデータベースを作っていますが充電電池内蔵の折りたたみキーボードは初めてです。

USBグッズは早くも1000種類を超えていて近年は冷暖房やコードレス掃除機から教材やロボットに至るまですさまじい勢いで増え続けています。

海外製品では水質や細菌などのバイオセンサー、騒音や大気汚染などの物理センサー、匂いやPHなどの化学センサーなど多種多様です。

価格も従来の商品より低いものが多く小型のソーラーパネルで充電できますので電気代が不要というのが最大の魅力です。

EVではすでにヨーロッパで305Vという高電圧のクルマが登場していますが、

個人の趣味としてはUSBグッズに大きな期待をしています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11730294c.html
日記

■同じテーマの最新記事
宇宙から見た都市(1)
空間周波数
雨水は飲めるのか
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 37 1012501
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック