スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

はやくも野球殿堂入り?


大谷翔平 開幕直後に「殿堂入り」が囁かれる異例の米評価

海を渡ってやってきた“二刀流の23歳”に対して、現地では早くも〈殿堂入り〉の声まで上がり始めた。

全米で9000万人近い加入者を誇るスポーツ専門局ESPNは、公式サイトに〈将来殿堂入りする現役選手40人を予想する〉と題した記者のコラムを掲載。同コラムでは40人の名前を挙げ、それぞれの特徴や殿堂入りへの近さで選手を“分類”している。

たとえば、〈すでに十分資格あり〉の選手としてはサイ・ヤング賞3度受賞のクレイトン・カーショウ(ドジャース)やイチロー(マリナーズ)の名前が挙げられており、〈(殿堂入り選考の対象となる)プレー年数10シーズン以上になったらすぐにも〉の項目には、26歳にしてMVPを2回獲得している大谷の同僚、マイク・トラウト(エンゼルス)の名前がある。

そのリストの末尾。〈WHY NOT?(なんでダメなの?)〉の項目にただ一人、名前を挙げられたのがエンゼルス・大谷である。

ESPNが、かつてエンゼルスの経営に参画したウォルト・ディズニー傘下の放送局であることを差し引いても、開幕から10日あまりでのルーキーに対する評価としては異例中の異例だ。

今シーズン最初のア・リーグ「週間MVP」にいきなり選出され、並み居るメジャーリーガー、監督からも“打つ手なし”といった声が相次いだ。

同じア・リーグ西地区のアスレチックスでリードオフマンを務めるマット・ジョイスは「投手・大谷」に7回途中までノーヒットに抑え込まれた4月8日(日本時間9日)の試合後、現地メディアに対して、

「力のこもった95〜98マイル(153〜158キロ)のストレートに、スプリッターとスローカーブがあって、好きなときにストライクが取れる。そして、スライダー。彼はすべての武器を持っている」

と手放しで称賛。ボブ・メルビン監督も、「ノーヒットノーランだけは絶対に避けたかった」と話し、試合途中で半ば勝ちを諦めていた心中を明かした。

「打者・大谷」についても、昨年のサイ・ヤング賞右腕、コリー・クルバー(インディアンス)から放った本塁打を見て、現在は解説者であるヤンキースの元主砲、アレックス・ロドリゲス氏が「大谷が入るとメジャーが高校レベルに見えてしまう」と絶賛している。

「本拠地・エンゼルスタジアムでは、『投手・大谷』の登板日には試合開始の3時間以上前から駐車場に長蛇の列ができる。『打者・大谷』も大人気で、体に近い内角の際どいコースを突いたり、四球でバットを振るチャンスを与えないだけで、大ブーイングが起こっている」(現地記者)

※週刊ポスト2018年4月27日号




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11726661c.html
日記

■同じテーマの最新記事
ステーブルコイン
海外サイトでお買い物
多すぎるバス事故
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 139 1004930
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック