スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

日本仮想通貨交換業協会発足

仮想通貨新協会、23日発足
仮想通貨交換業の登録業者16社で構成する新団体「日本仮想通貨交換業協会」が23日に発足することが12日、分かった。
ルール制定や会員企業への調査・処分権限を持つ自主規制団体の認定申請を目指す。23日に総会を開き、理事を選任。その後の理事会で、奥山泰全マネーパートナーズ社長を会長に選出する予定だ。協会の登記は3月29日に終えている。


ビットフライヤーに資金洗浄対策の強化要請 金融庁
金融庁が、仮想通貨交換業大手ビットフライヤーに対し、顧客の本人確認手続きが不十分だとして改善を求めていたことがわかった。
仮想通貨を悪用した資金洗浄(マネーロンダリング)への危機感が世界的に高まる中、郵送した書類の受け取り前に取引が始められる同社の運用に、監督官庁として懸念を示したとみられる。
ビットフライヤーは金融庁に登録済みの16業者の一つで、テレビCMなどで知名度が高い。
仮想通貨交換業者は、取引を始めたい顧客の住所に書類を郵送することで、なりすましを防ぐことが義務づけられている。多くの交換業者は、郵便を本人が受け取ったことを確認してから取引ができるようにしている。これに対しビットフライヤーは顧客の登録した個人情報などと、送信された運転免許証などの本人確認資料が一致した段階で、取引を始められるようにしていた。
金融庁との協議の結果、26日からは、資金洗浄につながりやすい仮想通貨の送金や日本円の出金などについて、郵便の到着後でないとできなくするという。
同社広報は取材に、「これまでの手続きでも法令上の問題はない。だが、資金洗浄対策の重要性は認識しており、対応を検討してきた」としている。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11726115c.html
日記

■同じテーマの最新記事
アマゾンとベストバイが提携
ステーブルコイン
海外サイトでお買い物
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 203 1004994
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック