スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ヒートショック


年1万9000人がお風呂で死ぬヒートショック。危ない入浴・浴室

日々寒さが増し、お風呂が恋しくなってくるこの季節。熱い湯船にゆったりつかる時間はまさに至福…でも、そんな癒しのお風呂に大きな危険が潜んでいることをご存知でしょうか?

寒い季節になると増えてくる症状「ヒートショック」。入浴中、急激な温度差によって体が影響を受け、最悪の場合は死に至ることも。厚生労働省の推計によると、入浴中の死亡は年に約1万9000人にも上るのです(※)。うち高齢者が約8割で、お風呂での溺死、心筋梗塞や脳梗塞などが含まれます。

これは、同年の交通事故死亡者数(約4600人)の約4倍にもなるといいます。

これからの季節、インフルエンザ同様に気をつけなければならないヒートショック。特にお年寄りがいる家庭は要注意ですね。今回はその原因や危険度が高い地域、予防法を探ります。

1.危ないお風呂の入り方「ヒートショック危険度」チェック

リンナイ株式会社は11月1日、全国の20〜60代の男女 計2,350名を対象に「入浴」に関する調査結果を発表しました。「日本一長風呂県」「日本一熱風呂県」や、「ヒートショック予備軍が多い県」など様々なランキングも。

ではまず最初に、お風呂を医学的に研究している入浴科学者・早坂信哉先生が監修した「ヒートショック危険度チェックシート」(調査リリースより)を見てみましょう。みなさんは、いくつあてはまりますか?

Q.次の項目のうち、あなたにあてはまるものはどれですか? すべてお選びください。 

□メタボ、肥満、糖尿病、高脂血症、心臓・肺や気管が悪い等と言われたことがある

□自宅の浴室に暖房設備がない

□自宅の脱衣室に暖房設備がない

□一番風呂に入ることが多いほうだ

□42度以上の熱い風呂が大好きだ

□飲酒後に入浴することがある

□浴槽に入る前のかけ湯をしない、または簡単にすませる

□シャワーやかけ湯は肩や体の中心からかける

□入浴前に水やお茶など水分をとらない

□1人暮らしである、または家族に何も言わずお風呂に入る

チェックシート10項目のうち、チェック数が5個以上ある人はヒートショックになる可能性が高い『ヒートショック予備軍』ということなので要注意! ただ、たとえ1つでも当てはまればヒートショックの可能性があるということなので、チェック数が少なくても油断できません。

2.お風呂周りに「暖房設備がない」のは要注意

アンケートで最もチェック数の多かった項目は、「自宅の脱衣室に暖房設備がない」、2番目に多かった項目は「自宅の浴室に暖房設備がない」。設備面でヒートショック予防が出来ていない家庭が多数あることが判明しました。

確かに脱衣室や浴室に暖房設備があるのは理想的ですが、現実的にはなかなか難しいかも。わが家もリフォームしたついでに、冷暖房付きの浴室にしましたが、以前住んでいた家の浴室にはそんな機能はなく冬は寒かった…。

ヒートショック予防のためには、できれば浴室に暖房を設置したほうがよさそうですね。

3.「ヒートショック予備軍」が多い都道府県は?

今回初めて実施されたヒートショックの危険度の都道府県別調査。都道府県別のヒートショック危険度を表す「ヒートショック予備軍都道府県別ランキングマップ」も公開されています。

ヒートショック危険度チェックシートでチェック数が5個以上ついた「ヒートショック予備軍」の人の割合が最も多いのは千葉県と宮崎県。約4人に1人がヒートショック予備軍であることが分かりました。

一方、ヒートショック予備軍が最も少なかったのは「長野県」で、なんと予備軍は0%という大変優秀な結果となりました。

ヒートショック危険度の高い県は、意外にも暖かいと考えられる千葉県、宮崎県、沖縄県など。逆に危険度の低いのが、長寿で有名な長野県、埼玉県、寒いと思われる北海道などでした。

温かい地方でも、冬は脱衣所の室温が下がるので油断は禁物ということですね。

また、最近よく聞く「ヒートショック」ですが、これを理解し、対策法を知っている人はわずか2割に満たない結果となりました。これだけ多くの人が亡くなっているのに、認知度が低いのは問題な気がします…。

4.お風呂の長さ「安全ライン」は何分?

次に、湯船に浸かる平均時間を聞いたところ、日本人の平均入浴時間は「12.6分」だったそうです。早坂先生の提唱する安全ラインである入浴時間は「10分」ですが、10分を超える入浴時間の人も約3割いることが判明しました。

入浴時間の長い都道府県ランキング

1位 千葉県 15.5分

2位 山形県 15.4分

3位 茨城県 14.6分

4位 奈良県 14.3分

4位 静岡県 14.3分

都道府県別で結果を見たところ、日本一の長風呂県は千葉県となりました。一方、入浴時間の短い都道府県は、沖縄県、愛媛県、高知県で、いずれも安全ラインである10分以内でした。

また、お風呂でのぼせた経験があるかを尋ねたところ、「ある」と答えた人は42.9%となりました。「ある」と答えた人に、何分くらいの入浴でのぼせたと実感したか聞いたところ、「11〜20分」と答えた人が最も多い結果に。のぼせは11分以上で発生しやすいことがわかったそうです。

筆者は湯船につかりながらゆっくり読書をするのが好きなのですが、長風呂には気をつけたほうがよさそうですね…。

5.ヒートショック危険度が高いお風呂の温度は?

次はお風呂の温度について。ヒートショック危険度の高いとされる41℃以上のお風呂に入浴している人は、なんと全体の半数以上もいることが判明しました。

調査によると、冬場の浴槽の温度設定は40℃が最も多く、40〜42℃設定が多いことがわかりました。都道府県別で見ると、冬場のお湯の温度が最も高い「日本一熱風呂県」は愛媛県で、平均41.6℃のお風呂に入っていました。

お風呂の温度が高い都道府県ランキング

1位 愛媛県 41.6℃

2位 広島県 41.4℃

3位 栃木県 41.3℃

3位 鳥取県 41.3℃

3位 大分県 41.3℃

長風呂、熱風呂したくなりそうなのは、寒い地方かと思いきや…。温暖な千葉県が長風呂のトップ、愛媛県が熱風呂のトップと意外な結果に。どうやら、ヒートショック対策は寒い地方だけの課題ではないようです。

6.「深夜の1人風呂」に気をつけて!

もし、入浴時に体調不良を起こしてしまった際に、異変にすぐに気がついてくれる人がいない環境での入浴は危険! でもそんな「深夜の1人風呂」をしている人は、約3人に1人いることが判明しました。

ヒートショックで具合が悪くなっても、誰かそばにいれば救急車を呼ぶなどの対応をしてくれるかもしれません。でも忙しい現代社会、お風呂は深夜になってしまうこともありますよね。

入浴で多い体調不良は、知らない間に意識を失うことだそう。家族が寝静まった後など、異変に気づいてくれる人がいない時間帯に入浴することが多い人は、注意したほうが良さそうです。もし入浴中に眠さやだるさを感じたときは、いったん湯船から出るなど、自分の身を守る行動を心がけたいですね。

7.お風呂の前に「準備呼吸」のやり方

ヒートショックというと高齢者に多いというイメージがありますが、実は老若男女注意が必要なのだそう。確かに、筆者も浴室と脱衣所の温度差で「キュッ!」と身が縮まるような感じがすることがあります。

これがひどくなると、めまいや失神などの症状、ひどい場合は心筋梗塞(こうそく)・脳梗塞などを引き起こすこともあるそうなので、本当に気をつけなければいけません。

そこで、早坂先生が考案したヒートショック予防法「入浴前準備呼吸」をご紹介します。

1.脱衣室で下着になる。

2.両手をおへその上に置いて、お腹を膨らませながら鼻から3秒で息を吸う。

3.口から5秒で息を吐く。2〜3を5回繰り返す。

4.浴室にはいって下着を脱ぐ。

早坂先生によると、腹式呼吸は交感神経の興奮をおさえ、血圧を安定させる作用があるので、裸になる前に行うことでヒートショック予防にもなると考えられるそう。

また、浴室は多少なりとも脱衣所よりも室温が高いので、下着を脱ぐのは浴室のほうが良いとのこと。腹式呼吸、下着は浴室で脱ぐ…いずれも簡単なことなので、毎日の習慣として取り入れたいですね。

一方で、自分や大切な人の命をまもるために、浴室の暖房設備や湯の温度の低め設定など、根本的な対策についても留意しておいたほうが良さそうです。

※厚生労働科学研究費補助金「入浴関連事故の実態把握及び予防対策に関する研究」平成25年度 

【調査概要】

調査時期 :2018年9月14日〜18日

調査方法 :インターネット調査

調査対象 :20〜60代 男女 計2,350人

調査エリア :全国47都道府県

【早坂信哉 先生】

東京都市大学人間科学部教授、医師、博士(医学)、温泉療法専門医。お風呂を医学的に研究している第一人者。主な著書は『たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法』(KADOKAWA)など




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11794919c.html
日記

ドンキの4K再登場

(12月1日)4K放送スタート!対応内蔵テレビ、外付けチューナーっていくら?

12月1日(2018年)から、「NHK BS」「BS朝日」「BS-TBS」「BSテレ東」「BSフジ」(BS日テレは2019年9月開始)で、超高解像度の4K放送が始まる(8KはNHKのみ)。

視聴するにはチューナー内蔵のテレビか、4K対応テレビに外付けチューナーが必要になるが、いくらぐらいするものなのか。

量販店で4Kチューナー内蔵テレビは売れ筋の50型は10〜20万円、43型は8〜15万円だ。ネット通販で低価格品を探してみると、43型10万円前後、50型で11〜12万円からある。

外付けチューナーは量販店で3〜5万円。

ただ、流通アナリストは購入はまだ「待ち」だという。

「年内はボーナス商戦価格なので高めです。年が明ければ、1〜3割下がるでしょう」

価格の安いチューナー内蔵ではない4K対応テレビと外付けチューナーをセットで割り引きという売り方も出てきそうだ。


ドンキで買えばチューナー価格で4Kテレビが付いてきます!

【週間ランキング】ドンキ格安4Kテレビ再び登場。

“買い換え需要”の本命をいくか?

毎週末、「価格.com新製品ニュース」でアクセス数の多かったニュース記事をランキング形式でお届け(2018年11月23日〜11月29日)。

“格安4Kテレビ”ブームの火付け役、ドン・キホーテから新モデルが発表された。今回発売するシリーズ第5弾では、これまでの「50V型、55V型、60V型」から「43V型、50V型、58V型」にラインアップを刷新。リビングでのメインテレビや、寝室でのセカンドテレビなど、個々のユーザーニーズにあわせて、より選びやすくなった点がポイントだ。

気になる価格は、43V型が39,800円、50V型が49,800円、58V型が59,800円(いずれも税別)。「テレビは、必要十分な機能だけ備えてればいい」というコスパ重視のユーザーにとって、有力な選択肢になることは間違いなさそうだ。

テレビ市場と言えば、2011年の地上デジタル放送開始にあわせて購入した製品の“買い替えサイクル”がすでに始まっているほか、2018年12月1日に「新4K8K衛星放送」(※視聴にはチューナーなどが別途必要)がスタートするなど、購入への機運が徐々に盛り上がってきている。そのなかで、ドン・キホーテの“格安4Kテレビ”がどのように食い込んでいくのか、注目したい。

1位 43V型で39,800円、ドン・キホーテが4K/HDR対応液晶テレビを順次発売…11月26日

2位 ドコモ、「iPhone XR」の端末購入サポート追加で“実質の値下げ”へ…11月26日

3位 【マツダ 3/アクセラ 新型】モーターショープレイベントで世界初公開、最新技術全部盛り…11月28日

4位 レクサスの新型クロスオーバー「UX」デビュー…11月27日

5位 Razer、オフィシャルライセンスを取得したPS4コントローラー2機種…11月26日

6位 iClever、3,980円で防水・防塵IP68と光学センサーを搭載したスマートウォッチ…11月25日

7位 トヨタ RAV4 新型、オフロード仕様「アドベンチャー」設定…3万2900ドルから…11月25日

8位 まるか食品監修、焼いたペヤングを作れるホットプレート「焼きペヤングメーカー」…11月26日

9位 ファーウェイ、Leicaトリプルカメラが進化した6.39型有機ELスマホ「Mate 20 Pro」…11月28日

10位 ガンダムNTより、「HG 1/144 IIネオ・ジオング(ナラティブVer.)」28,080円で発売…11月27日




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11794880c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 228 1031004
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック