スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

テレビ事業に参入します


アイリスオーヤマ、テレビ市場参入 4K対応、7万9800円から

アイリスオーヤマは11月5日、テレビ市場に参入すると発表した。4K対応テレビ4機種、フルハイビジョンテレビ2機種、ハイビジョンテレビ1機種を22日に発売する。テレビ販売を皮切りに、2019年に黒物家電事業への本格参入を掲げる。

4K対応テレビ(3840×2160ピクセル)は「LUCA」シリーズと題し、65V型、55V型、49V型、43V型を用意する。価格(税別)は順に、14万8000円、10万8000円、9万9800円、7万9800円。同社独自のチューニングにより、過度な鮮やかさを抑え、見たままの自然な色合いを再現したという。

この他、フルハイビジョンテレビは43V型、40V型(6万9800円、5万9800円)、ハイビジョンテレビは32V型(4万9800円)を発売する。

同社は、2022年をめどに年間グループ売上高1兆円突破を目指しているが、「より一層の事業のグローバル展開と総合家電メーカーとしての利益拡大が喫緊の課題」(同社)という。そのため大手家電メーカー出身の技術者を抱える「大阪R&Dセンター」での家電開発や品質管理のノウハウを生かし、黒物家電へ本格参入する方針だ。


アイリス、テレビ参入=売上高1兆円へ家電強化

生活用品大手のアイリスオーヤマ(仙台市)がテレビ市場に参入することが4日、分かった。

自社開発のテレビを製品化し、年末商戦に合わせ11月22日に高精細画質「4K」対応などのテレビを発売する。

家電事業を大幅に強化することで、2022年までにグループ年間売上高を1兆円に引き上げる目標の達成を目指す。

「LUCA(ルカ)」のブランド名で、価格は4Kの55型で10万円前後の見込み。

大手電機メーカー製品に比べ3〜4割程度安く、ノジマやドン・キホーテといった家電量販店が自社ブランドで展開する5〜6万円台との中間価格帯を狙う。


テレビ参入のアイリスオーヤマ、「今回はテスト販売」と告白 本気出すのは19年

アイリスオーヤマは11月5日、黒物家電市場に参入し、22日にテレビを発売すると正式発表した。シリーズ名は「LUCA」で、ハイビジョンモデル、フルハイビジョンモデル、4K対応モデルの3シリーズ7機種をそろえ、多様なニーズに対応する。価格(税別、以下同)は4万9800円〜14万8000円。今年7月に策定した中期経営計画で、2022年にグループ売上高1兆円を目指す目標を掲げており、達成に向けて収益基盤を拡大する狙いだ。

独自機能を持つテレビは19年に出す

ただ、今回出すモデルはシンプルな機能のみを備え、「あくまでテスト販売という位置付け」(広報担当者、以下同)という。初年度の出荷目標は7機種合計で3万台程度で、「顧客の反応や要望を聞き、それを踏まえて、当社の開発コンセプト『なるほど家電』に即した独自機能を持つテレビを19年に開発・発売し、本格参入する予定だ」という。

同社は09年に家電事業に参入。13年に開設した「大阪R&Dセンター」(大阪・心斎橋)では大手家電メーカー出身者を積極的に採用して技術力を向上させてきた。テレビの開発に当たっても、同センターの家電開発・品質管理のノウハウを最大限に活用したという。

シンプルだが微細な映像に対応

「LUCA」シリーズの特徴は「過度な鮮やかさを抑え、自然な美しさで目に優しい映像を映し出す」(ニュースリリースより)点という。4Kモデルは約829万画素、フルHDモデルは約207万画素の液晶パネルできめ細かい映像を映し出せる。HDR(High Dynamic Range)にも対応し、幅広い明るさを表現できるとうたう。

USBポートに別売りの外付けハードディスク(HDD)を接続することで番組を録画する機能も持つ。2つのチューナーを搭載するため、同じ時間帯の番組を2つまで録画できる。USBポートは2系統備えており、HDDを2つ接続すれば多岐にわたる録画コンテンツを保存できるという。

シンプルな機能に抑えた中で、高価なレコーダーがなくても録画できる点が、他社製品との差別化要因になるとしている。

製品ラインアップは、4Kモデルが43V型(7万9800円)、49V型(9万9800円)、55V型(10万8000円)、65V型(14万8000円)の4機種。いずれも画素数は3840(水平)×2160(垂直)。HDMI端子を4つ備え、映像・音声の送受信はARC(HDMI 2)・CECに対応する。

フルHDモデルは43V型(6万9800円)、40V型(5万9800円)の2機種で、HDモデルは32V型(4万9800円)の1機種。画素数はフルHDモデルが1920(水平)×1080(垂直)、HDモデルは1366(水平)×768(垂直)。HDMI端子を2つ備え、ARC(HDMI 1)・CECに対応する。

アフターサービスは自社で 他の黒物家電は「未定」

各商品の設置作業は外部委託するが、修理などのアフターサービスはアイリスオーヤマが手掛ける方針だ。

さらなる事業拡大に向け、11月末に新たな研究開発拠点「アイリスグループ東京本部」を東京・港区に設置予定。LED照明と家電製品の研究開発を行っていくという。

ただ「テレビの開発をこの拠点で行うかは未定」で、カメラなど他の黒物家電を今後取り扱うかも「まだ決まっていない」としている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11787654c.html
日記

■同じテーマの最新記事
米山火事被害拡大
南極大陸の痕跡発見
米東部に寒波襲来
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 76 1026175
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック