スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

マジックマッシュルーム



マジックマッシュルームは昆虫の脳を混乱させるために進化した

マジックマッシュルームとは、シロシビンやシロシンを含んだキノコの俗称でその特徴は主に幻覚作用である。

200以上の種類があるのだが、不思議なことにそれらはお互い関係がない。

常識的には、シロシビンのような複雑かつ強力な幻覚作用を持つ化学物質を作り出すような種は、共通の祖先を持っていると考えるのが普通だろう。

だが、そうではなく、それらは5つの遠く離れた系統に属しているのだ。それはいったいなぜなのだろう?

「水平移動」により伝搬していったマジックマッシュルーム

これを疑問に思ったアメリカの研究者は、シロシビンを作り出す遺伝子を特定し、さまざまなマジックマッシュルームを比較することで、その謎の解明を試みることにした。

そしてやはり、その遺伝子は同じ起源から生じたものであることが分かった。だが、どういうわけか、”水平移動”というプロセスによって遠く離れた種に伝搬していったようなのだ。

動物、植物、菌類において水平移動は、おそらくトランスポゾンというジャンピング遺伝子がほかの遺伝子を拾い、道連れにしたときに起こっている。

両者が遭遇したとき、菌類がDNAを直接交換することだってあり得るだろうし、また昆虫やウイルスなどの第三者が媒介している可能性もある。

キノコを作る菌類は、菌類の中でも高度で複雑な存在であると考えられているが、このような方法でDNAを交換している場面が観察されたことは滅多にない。

したがって、幻覚作用を持つ化学物質、シロシビンを作る遺伝子については例外だったということは、これがそれだけ重要なものだったということだ。

昆虫の脳を混乱させるために進化していった

だが、なぜなのか? この疑問は、コーヒーからカフェインを、コカからコカインを抽出できる理由に対する疑問と同じようなものだろう。

なぜマジックマッシュルームはわざわざ魔法を編みだそうとしたのか?

驚いたことに、自然由来のレクリエーションドラッグ(カフェイン、ニコチン、モルヒネ、シロシビンなど)の大半は、昆虫の脳を混乱させ、くらくらさせるために進化した。

人間の脳がそれらを楽しめてしまうのは単なる偶然かもしれないが、人間の脳もゴキブリの脳もそれほどの違いはないという、きっと知りたくないだろう事実もある(ついでに言うと、人間は植物ともそう違わない)

人体の中で、シロシビンは分解されてシロシンになる。このシロシンは、快感をもたらす神経伝達物質セロトニンと同じ受容体の1つを活性化させて、ドラッグから得られる強烈な作用を引き起こす。

しかし、なにもセロトニンは人間の専売特許というわけではない。昆虫を含め、左右対称な脳を持つ動物なら誰でもこれを作り出す。一部の植物や菌類もしかりである。

ドーパミン報酬系のない昆虫にとっての幻覚作用とは?

植物にとって、化学物質で武装することには明白なメリットがある。むしゃむしゃと食べられないためだ。だがキノコはどうだろうか?

じつはシロシビンを作るキノコの大半は、木や糞を分解する仲間だ。

そうした環境においては、昆虫に食べられる危険があるばかりか、食べ物を巡って競合する関係にもある。腐った木の中では、キノコとシロアリはライバル同士なのだ。

シロシビンはそうした昆虫の頭を真っ白にしてしまうのかもしれない。たとえば、別のセロトニン受容体拮抗薬である5HT-2Aには、果物の上にとまっているショウジョウバエに食べるのを忘れさせてしまう効果がある。

そのときのショウジョウバエがどのような体験をしているの分からないが、おそらく楽しいものではないだろう。人間に快感をもたらすドラッグは、ドーパミン報酬系に作用しているが、昆虫にはこれがないのだ。

また別のキノコの毒であるムスカリンは、やはりシロシビンを作るアセタケ属の仲間でよく見られる。

このことは、こちらにも似たような目的があることを示唆している。ムスカリンは、電気信号を筋肉の動きに変換するのを助ける神経伝達物質アセチルコリンの振る舞いを真似する。

これが昆虫に対してどのような影響を与えるのか分からないが、人間がムスカリンを含むキノコを食べた場合、PLS症候群を引き起こす――異常な発汗、唾液の分泌、流涙が生じるのである(ちなみにアセチルコリン模倣体として一番有名なのは、ニコチンだ)。

昆虫を操るのはこうした木や糞を分解するキノコだけではない。寄生性のキノコもまた神経伝達物質を模倣する化学物質を利用して、犠牲者を奴隷にしてしまう。

シロアリのような社会性の昆虫はこうした侵略に対して特に弱い。

と言うのも、彼らの生存の鍵を握るのは個々の強さではなく、社会性であって、それにはより繊細な脳の力が必要になるからだ。

共通の祖先よりも共通の環境

研究者はシロシビン遺伝子を探すついでに、別の発見もした。

遠く離れた木材腐朽菌同士の遺伝子のバリエーションは、腐朽菌とその近縁であるが別の生息域に生息する仲間とのそれよりも少なかったのだ。

木材腐朽菌と糞生菌とに共通のテーマは、リグニン(木質素)のような丈夫な植物繊維を分解することと、それらを競合する関係にある昆虫を追い払うことだと考えられる。

共通の祖先よりも共通の環境のほうが、同じような遺伝子を持つにいたる強力な推進力になるという事実は、率直に言って驚きである。

また糞や枯れ木の中で勃発しているキノコと昆虫の化学戦争の顛末からは、そこには新しい神経活性薬の材料が眠っているかもしれないことも窺える。

こうしたキノコは、神経伝達物質を標的とする薬の工場になれるかもしれないのだ。もともとは昆虫との戦いに勝つための秘策だったかもしれないが、図らずも我々人間に利用される運命へ向かってしまったのかもしれない。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11786538c.html
日記

冬は食中毒の季節



冬こそ怖い食中毒 見た目新鮮でも高齢者ら注意

モノが腐りやすい梅雨や夏に多く発生すると思われがちな食中毒だが、実は冬のほうが発生件数は多い。ノロウイルスによる食中毒が多く、夏と違って見た目には新鮮な食材でも起こる。高齢者や幼児の場合は症状が重くなる例があり、調理の前の手洗いや火を十分に通すなどの予防に気を配りたい。

指の間や手首まで手洗いすることも食中毒の予防に有効だ

冬に起きる食中毒の原因としてはノロウイルスが最も多い。11月ごろから増え始めて1月ごろにピークを迎え、4月になると急速に減っていく。

厚生労働省の食中毒統計によると、2015〜17年の平均で月別に最も発生件数が多いのは2月の108.7件。このうち71件のノロウイルスが65%を占め、2番目に多い細菌のカンピロバクターの15件を加えると約80%に達する。食中毒統計は飲食店で起きたものが対象だが、家庭で起きる食中毒も同様の傾向があるとみられる。

ノロウイルスでは2〜3日、カンピロバクターでは1〜7日、嘔吐(おうと)や下痢、発熱などの症状が続く。こうした食中毒が直接の原因で死亡することはほとんどないが、高齢者などは脱水症状を起こして重症化する場合がある。また吐いたものがのどに詰まるなどして命にかかわることもあり、高齢者のいる家庭では特に予防に注意したい。

ノロウイルスやカンピロバクターが原因で起きる食中毒は、夏に起きやすい通常の食中毒とは違った特徴がある。10〜数百個程度のわずかなウイルスや細菌が口から入るだけで食中毒を起こす。また時間がたっても食材中で増えず、鶏肉などに付着していることが多いカンピロバクターは、新鮮なときの方が細菌の数が多い。

時間がたった食材の中で細菌が繁殖して食中毒を起こすといった通常のイメージとは大違いで、「新鮮だからといって安心はできない」と食品安全委員会の今西保課長補佐は注意を促す。食材の見た目では食中毒の危険があるかどうか見分けがつかないため、調理で十分加熱することが大切になる。

特にノロウイルスは、カンピロバクターを含む細菌に比べて熱に強い。細菌の場合は調理時の加熱はセ氏75度で1分以上とされるが、ノロウイルスは同85度で1分30秒以上の加熱が勧められている。

カンピロバクターも鶏肉などの中まで入り込んでいるため、表面だけ目安通りに加熱しても、肉の内部に細菌が生き残る場合が少なくない。体力が低下している高齢者の場合は特に、夏以上に十分な火を通すことを意識した方がよさそうだ。

火に掛ける前の調理でも、ノロウイルスやカンピロバクターを他の食材に広げない注意が大切になる。僅かな数のウイルスや細菌でも食中毒を起こすため、調理する人の手や調理器具を経由して食材に移り、食中毒を起こす事例が少なくないからだ。

ノロウイルスはカキなど二枚貝が原因になりやすいといわれてきたが、「最近はカキなどが原因の場合は10%以下」(今西課長補佐)と少ない。手についていたウイルスが食材に移ることも多く、調理前の手洗いには力を入れたい。せっけんなどをしっかり泡立てて1分ほどもみ洗いした後しっかり流水ですすぐ手洗いを2回繰り返すと、手に付着したウイルスを大幅に減らすことができる。同じウイルスでもインフルエンザとは違って消毒用アルコールは効果が薄い。

カンピロバクターは肉類から感染することが多く、なかでも鶏肉には高い割合で含まれる。生で食べる野菜などは鶏肉などの前に調理をすませ、肉を触った後には手洗いや消毒を心がけたい。肉を洗った水がかかった生野菜などを食べて食中毒になることもある。

冬だからといって食中毒に対する油断は禁物。十分な予防を心がけたい。

ノロ、ホコリ付着で感染も

1年を通じた食中毒の発生件数ではノロウイルスとカンピロバクターが拮抗。年によって首位は代わるが、この2つで6割程度を占める。ノロウイルスによる食中毒が冬に集中するのに対し、カンピロバクターによるものは春や秋を中心に年間通じて発生している。

ただ食中毒の患者数になると、ノロウイルスによるものが飛び抜けて多い。感染力が強く、1件当たりの患者数が多くなるためだ。

ノロウイルスによる食中毒を起こした患者の嘔吐物などに直接触らなくても、清掃道具やトイレなどにウイルスが残り、感染を広げることも少なくない。床のホコリなどに付着したウイルスを吸い込んで感染する場合もある。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11786528c.html
日記

日銀の暴走


過去最高のETF爆買い 日銀が大株主の「最新21社」リスト

“日銀の暴走”に金融市場が不安を募らせている。

日銀は10月に入り、30日まで上場投資信託(ETF)を8688億円買った。2010年の買い入れスタート以来、月間で過去最高の購入額だ。

「日銀はすでに30兆円近いETFを買っています。本来なら出口(株売却)を探る時期なのに、過去最大の買い入れを行うとは無謀としか言いようがありません。日銀は株を買うだけで、ほとんど売却していません。海外投資家の目には市場原理の働かない歪んだ市場と映るでしょう」(証券アナリスト)

株を大量に購入した日銀は、数多くの企業で実質的な大株主となっている。ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストの直近推計(9月末)によると、半導体検査装置のアドバンテストは20.0%を保有する大株主だ。16年7月末は9.8%だったので、この2年あまりで倍以上に増えたことになる。

ファーストリテイリングは同じく9.0%から17.9%、TDKは7.9%から16.7%だ(別表参照)。

「10月の購入分を加えると、保有比率はさらに増えているでしょう。ETF購入のメドは年間6兆円ですが、マーケットの動きによっては6兆円を超すかもしれません」(井出真吾氏)

日銀が10%以上を保有する企業は、別表21社のほか、東京ドーム、キッコーマン、ヤマハなど30社以上に上る。5%以上となると130社を超す。

「日銀は株を買うだけなので浮動株(市場に流通する株式)はどんどん減少します。こうした銘柄は全体のパイが減り、値動きは激しくなりがちです。日銀はギャンブル相場をつくり出しているといえます」(市場関係者)

日銀の止まらない爆買いは、市場を歪め続けている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11786480c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 110 1026209
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック