スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

時代は電動バイク


ホンダの「完全自立型電動バイク」が広げる可能性とは!?

2018年発売予定のホンダ・PCX ELECTRICは未来感ありすぎる125cc区分の電動バイク!最近電動化の波が一気に強くなってきてますよね。電動化が進むとバイクという乗り物はもっと生活の中に溶けこむのかもしれません。

とうとうホンダも電動のPCXを発表したんです!

外観は現行エンジンのPCXから少し変わり、なんか未来感が出ています!ホワイトの車体にブルーとブラックのアクセントを加えた未来仕様のPCX。

シート下にバッテリーを二個装備。日本の電気モーターの規制は海外に比べてかなり厳しめですが、そこは技術のホンダ。しっかり125と同じ区分で走れるように合わせてきました。

エンジンとは違ってスロットルを開けた瞬間からずっとパワーバンドなので開発者いわく、かなり鋭い乗り味だとか!

実はこのPCX、バッテリーを外さずに車体から伸びるコンセントを家に刺してしまえば充電が可能。航続距離は100km程度とのことなので街乗り専用の足としては相当便利でしょう。

しかし!実はここまでは去年のモーターショーで発表されていた情報。

つい先日、米国ラスベガスで開催されているCES 2018で新たな情報が発表されたんです!

新たな発表はバッテリー交換システムのこと。確かにコンセント充電は便利だけど、出先でコンセントを借りるのもそう簡単にはいかないし、借りられたとしても時間がかかります。

そこで街中にバッテリー交換できるシステム「Honda Mobile Power Pack Exchanger Concept」を設置して交換しちゃおうって話。

これなら充電に時間を食うこともないし、設置箇所が増えれば遠出もできちゃいます。より電動バイクライフが現実味を帯びてきました!

詳細な時期などは未定ですが2018年内にアジア圏で発売が予定されています。最近ではサービスエリアに行くと大体水素ステーションが設置されていて、色んなメーカーの燃料電池車が充電していますよね。

バイクは車に比べて若干電動に乗り遅れてる感はありましたが、やっとバイクも波に乗れそうです。今後の情報に期待です!



家庭のコンセントから手軽に充電できるのは素晴らしいことです。

腕に自信のある方なら太陽光発電で充電すれば電気代はタダになります。

DIYの世界が開けてきます。

さらに予備のバッテリーを用意すれば家庭内の照明や家電製品にも使用できます。

災害などによる停電時にはありがたさが実感できます。

過疎地なら遠くのGSもお呼びではなくなり経済的には相当な節約になります。



ハーレーダビッドソン、2019年に初の電動バイクLiveWire発売へ。さらに2モデルも開発中

ハーレーダビッドソンといえば、アメリカンスタイルバイク(クルーザー)の代名詞として長い歴史を持つ、米国を代表するオートバイメーカー。古参メーカーだからといって先端技術に疎いわけでもなく、2014年にはProject LiveWireとして電動バイクのコンセプトモデルを発表しています。そして今回、ハーレーはLiveWireに改良を加えた市販モデルを、2019年にも発売する計画を明らかにしました。LiveWire市販版の発売は、次世代のバイカーたちに訴求する戦略のひとつとしてアピールするものです。ハーレーダビッドソンは「クラッチ操作の必要もなく、スロットル・アンド・ゴーで操るれるよう設計されたLiveWireが、ハーレーダビッドソンを電動スポーツバイクのリーダーとしての立場を確立した」とプレスリリースに記しました。

とはいえ、現時点でプレスリリースにはプロトタイプの画像しかなく「このモデルは開発中のものであり、生産モデルとは仕様が異なる可能性があること、またすべての市場で発売されない可能性があることなどといったよくある注釈が添えられています。

実際にどのような外観の電動バイクが出てくるのかは発売時期が近づくまでわからないものの、2016年にはLiveWireを市販するための開発目標としてフル充電での航続距離をプロトタイプの2倍にするとしていました。2019年には、もしかすると安心して長距離も走れるハーレーならではの電動バイクとなって登場するかもしれません。

一方、ハーレーは他にも2車種の電動バイクの用意があることを明らかにしました。まずひとつめは、軽量なダートスタイルのモデル、もうひとつは街乗り用スクータータイプになるとのこと。いずれも2022年に発売する予定だとしています。

また、その他として発表されたエンジン搭載モデルは、ハーレー初のアドベンチャーツーリングモデルPan America 1250と975ccのStreetfighter(仮称)がいずれも2020年発売予定。さらにカウルなどを省き必要最低限の装備にした"ストリップダウンスタイル"の1250cc Custom(仮称)を2021年に発売の予定とのこと。




過去記事

バス、トラックも電動化加速=日野自、2050年にエンジン車終了

世界的な環境規制の強化を受け、トラックやバスなど商用車の分野でも、電気を動力に使う「電動化」に向けた開発が加速している。日野自動車は、ディーゼルエンジンだけで走行する車両の販売を2050年までに終える方針。政府の後押しもあり、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)や、電気自動車(EV)などの普及が今後本格化するとみられる。

商用車は乗用車と異なり、多くの荷物や乗客を運ぶ性能が必要。EVの走行距離を伸ばすために大量の電池を積めば、車体が重くなり輸送量が減る。日野自の遠藤真副社長は「商用車には環境性と利便性の両立が求められるため、しばらくはHVが電動車の中心になる」と指摘する。

日野自は19年夏に初の大型HVトラックを投入。地形の勾配を人工知能(AI)で予測し、下り坂で効率的に充電することで、燃費がエンジン車より15%改善する。

一方、独ダイムラー傘下の三菱ふそうトラック・バス(川崎市)は、昨年発売した量産EVトラックの次世代型を20年に投入する計画だ。ハートムット・シック社長は「今後HVの開発は進めない」とEVに経営資源を集中する考えで、メーカーによる戦略の違いが鮮明になっている。

いすゞ自動車は、年内にEVトラックを試験投入するほか、日野自と共同開発するHVバスを19年に実用化する予定。日野自はEV開発でトヨタ自動車などと協力しており、メーカー同士の連携も広がっている。

政府は50年までに、日本車1台当たりの温室効果ガス排出量を10年比8割削減する目標を掲げ、電動化を推進する考えだ。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11763787c.html
日記

■同じテーマの最新記事
タツノオトシゴの新種発見
細胞の老化逆転に成功
ISSの居心地
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 24 1017932
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック