スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

逃げ場なし

日本激震列島“逃げ場なし”
(1)「大阪直下の揺れで南海トラフ地震が迫る!」
日本列島が揺れている。大阪府北部で6月18日に発生した震度6弱の地震から1週間余り。関西地方は不気味な沈黙を守っている。だが、前日の6月17日には群馬で震度5弱を記録。千葉では不可解な揺れが断続的に続いている。はたして我が町の周辺は大丈夫か。専門家に聞いた。
大阪の北部で6月18日、震度6弱を記録する強い揺れが起こりました。
今回の地震は、東西に延びる「有馬−高槻断層帯」、南北に延びる「上町断層帯」や「生駒断層帯」の境目付近で発生したと見られています。
東京と違って近畿圏では、活断層は見えていることが多いですが、今のところ、震源がどこか確定はしていない。これらの断層帯のいずれか、もしくは複数が影響した可能性が考えられ、気象庁の発表によると、今回の地震は「有馬−高槻断層帯」の影響が大きいと見られています。
現在の日本列島は、2011年の東日本大震災によってゆがんだり、よじれたりして、非常に地震が起きやすい状況が生まれています。
過去の歴史を振り返ると、西日本では南海トラフ(駿河湾から四国沖にかけての地震発生帯沿い)地震の前に、直下型地震が起こる傾向がある。そのメカニズムは今の地震学では解明できていないものの、経験則でわかっています。
南海トラフ地震はこれまで13回起きており、直近のものとしては1944年に発生した東南海地震と46年に起きた南海地震がありました。そして、いずれの巨大地震もその前には、北丹後地震や但馬地震と呼ばれる直下型地震が起きているのは紛れもない事実です。
直下型の最近のものは、2013年に淡路島付近を震源として発生したM6.3震度6弱の地震や、15年の徳島県南部を震源とするM5.0震度5強の地震があることから、南海トラフ地震はいつ起きても不思議ではありません。
今回の震源として有力視されている有馬−高槻断層帯では、1596年に慶長伏見地震が発生していますが、同じ断層帯での地震発生となれば、実に約400年ぶりになります。
中央構造線沿いで発生した慶長伏見地震は、実はわずか5日のうちに起きた三つの大地震のうちの一つとして知られています。
1596年9月1日、まず発生したのは慶長伊予地震でM7.0。その3日後には大分に場所を移して慶長豊後地震(M7.8)が起こった。そして、その翌日の9月5日、慶長伏見地震が起こったのです。
さらに1605年には、南海トラフ地震の一つとされる慶長地震が発生しています。
こう考えていくと、内陸の直下型地震も怖いが、もっと怖いのはそのあとにくる南海トラフ地震そのものだと言えるでしょう。
南海トラフ地震が発生した場合、経済被害額が20年間で1410兆円という推計を土木学会が初めて発表しましたが、人的被害もまた大きい。
一方、6月17日、群馬県渋川市で震度5弱を観測する地震が発生しました。震源の深さは14キロ、M4.6と推定されます。群馬県内を震源とする地震で震度5弱以上の揺れを観測したのは、1923年に統計を取り始めてから初めてのことですが、群馬のケースは西日本から延びてきている中央構造線という日本最長の活断層が起こしたものなのかもしれません。
これに付随して千葉県でM4.0以上の地震が相次いでいることと関係するのではないかと考えている人もいます。房総半島沖でプレート同士が地中の境界でゆっくり滑る現象「スロースリップ」が起き、地震を誘発しているのが原因ですが、房総半島沖では2〜7年間隔でスロースリップが発生しています。陸側と海側のプレート境界が約1週間で10センチ程度ずれ、群発地震を誘発していますが、過去にも5〜6年置きに起きているものの、大地震には至っていない。今後、大地震に結び付くものなのかどうか、正直まだわからないというのが実情です。
スロー地震は巨大地震の発生と因果関係があり、観測によって巨大地震の発生を予測できるとする学説はあるのですが、今の地震学では解明できていないのです。


日本激震列島“逃げ場なし”
(2)「群馬の震度5でわかった首都直下地震に備えよ」
大阪北部地震の発生で、専門家が口をそろえて指摘するのが、「今後数十年以内に南海トラフ地震が発生する」というものだ。だが、それだけだろうか。今回の地震発生のみならず、日本列島そのものがきわめて活発な地震地帯であることは間違いないようだ。
東海大学海洋研究所地震予知・火山津波研究部門長の長尾年恭教授に聞いた。
「長期的に見れば、2016年4月に発生した熊本地震(M7.3)、同年10月に起きた鳥取中部地震(M6.6)、今年4月に起きた島根県西部地震(M6.1)、そしてまた今回の地震も、来たるべき南海トラフの巨大地震が最終段階に入ったと位置づけられると思います。前回の南海トラフ地震の前には鳥取地震、河内大和地震などが発生したことが知られていますが、さらに歴史を遡って見ていきますと、1925年の北但馬地震(M6.8)などもあったことがわかっています」
関西圏で記憶に新しいのは、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災(M7.3)だろう。神戸の繁華街はもとより、兵庫県全域に及んだ犠牲者は実に6434名。さらには、5年前の2013年には淡路島地震(M6.3)も発生しているだけに、西日本もまた、常に巨大地震の危険にさらされていると言っていい。
それだけではない。今回の大阪北部地震の震源と有力視されている有馬−高槻断層帯は約400年前、慶長伏見地震が発生しており、日本列島を東西に走っている中央構造線が活性化するだけでなく、他の場所でも地震が起こる可能性はあるのか、気になるところだ。長尾教授は言う。
「今回の震源が有馬−高槻断層帯によるものかはまだ議論が分かれています。ただ、熊本地震の発生もありましたし、中央構造線沿いの地震活動が活発化するという可能性はあります。また、M6クラスの地震は日本中、どこでも発生する可能性があります」
つまり、日本列島のどこにも「逃げ場はない」というのである。しかも、約400年前の慶長伏見地震では、大規模地震が三つ続いたため、大地震が連鎖する可能性についても、慎重ながら注意を呼びかけている。
「熊本地震からすでに26カ月が経過しています。ただ、地学的には1週間も26カ月もあまり変わらないという考えもあります。現時点では、(中央構造線の他の場所で起こる)可能性はないと言い切ることは科学的ではありませんね」
日本最大の断層である中央構造線は西は九州から東は関東にまで延びているため、首都直下地震につながる可能性についても聞いてみたが、
「今回の地震が直接、首都直下地震の引き金になることはありませんが、首都直下はこの地震と無関係に、発生がきわめて切迫していると考えるべきです」
実際、6月17日には、群馬で震度5弱という地震があったばかりだが‥‥。
「群馬の地震は関東地方の地震活動が活発化しているという証拠になるかもしれません。群馬県は非常に地震が少ないのです」
そして、千葉で続いている震度3程度の地震についても、M7クラスの地震がありうると指摘する。
「千葉のスロースリップは繰り返し発生しています。M8クラスの巨大地震は現時点では発生の可能性は低いと思われますが、M7クラスの発生が房総であるかもしれません」
もはや例外なく、日本国民は、我が家の震災対策を考えるべき時期に来ていると言えるだろう。


東京五輪が中止になる「首都直下大地震」は明日にでも来る!(3)「核のゴミ」が世界中の海を汚染
人間が作り出した「核のゴミ」と、人類との共存は不可能だ。フィンランドでは使用済み核燃料を地下約450メートルの岩盤地層に埋設。フィンランド語で「洞窟」を意味する最終処分場「オンカロ」は、首都ヘルシンキから約250キロ離れた、バルト海に浮かぶオルキルオト島で整備が進められている。
「付近一帯は花崗岩などの固い結晶質の岩盤で、10億年以上活動していない安定した地質です。オンカロでは、使用済み核燃料を金属製容器に数万年から10万年、地下で隔離する予定です」(経産省詰め記者)
しかし、日本のような地震国では海底埋設に問題がないとは言えない。海洋地質学者で琉球大学理学部の木村政昭名誉教授が憤る。
「日本の周辺には海底活断層がたくさんあるはずです。もし誤って活断層の中に埋設してしまった場合、活断層が動き、M7クラスの大地震が発生すると、核のゴミを封印したはずの容器も崩壊して、放射能が拡散するでしょう。そうなると、世界中の海が汚染される」
前出・経産省詰め記者によれば、
「日本は11年、原子力の技術支援と引き換えに、モンゴルに最終処分場を造る構想が浮上しましたが、モンゴルが拒否し、頓挫した経緯がある。どうして『トイレ(処分場)のないマンション(原発)』を作った日本のトイレを引き受けなければならないのか。モンゴルが反発するのも当然です」
何の展望もないまま原子力政策を進めたツケが回ってきた結果、今度は海底に目をつけたというわけである。島村氏が嘆息して言う。
「日本人が日本列島に住むようになって1万年がたちますが、原発から排出される核のゴミは有害性がなくなるのに数万年かかる。見えないところに保管しておきたい気持ちはわかりますが、そんなものを海底に埋設して、何かコトが起きたらどうするんですか。日本近海といえども、海は日本人だけのものではない。放射能の被害が世界中に拡散したら、いったいどう責任を取るのか。経産省が考えていることは安直すぎますよ」
きたるべき大地震で陸地は惨状に見舞われ、海からはゴミがまき散らす高濃度の放射性物質が襲いかかる。もはや逃げ場のない地震災害を、我々は座して待つしかないのか。
9月1日は「防災の日」だという。明日にでも来るかもしれない大地震で生き残るために、専門家の警告に真剣に耳を傾けるべきではないか。


<地震>青森県下北で震度4 津波の心配なし
2日午前2時27分ごろ、青森県下北で震度4の地震があった。気象庁によると、震源地は青森県東方沖で、震源の深さは約50キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は4.8と推定される。この地震による津波の心配はないという。
各地の主な震度は次の通り。
▽震度4=青森県東通村
▽震度3=北海道函館市、青森県階上町、同県野辺地町


サカナくんも逃げ場なし
津波で魚が中毒になる? 海底の重金属を巻き上げる恐れ
南海トラフ地震が発生して大阪湾に津波が押し寄せると、海底にたまった亜鉛などの重金属が巻き上げられ、海水中の濃度が環境基準を大幅に超える恐れがある――。
そんな研究結果を、神戸大の林美鶴准教授(沿岸海洋学)らのチームがまとめた。
林准教授らは、南海トラフ地震に伴い、大阪湾の湾奥に高さ5メートルの津波が到達するケースを想定。
海底に堆積(たいせき)している重金属の濃度は産業技術総合研究所や海上保安庁による測定値を使用し、シミュレーションを行った。
亜鉛や鉛、水銀、クロム、カドミウムの海水中の濃度を地震発生から10時間後まで計算。いずれも海岸近くや淀川河口域などで高濃度になった。
亜鉛や鉛では、環境基準の100倍を超える水域もあった。
別のシミュレーションでは、巻き上がった重金属のおよそ8割は、1カ月後までに紀伊水道の外側へと拡散することもわかった。
林准教授は「大阪湾は堆積物中の重金属の濃度がきわめて高い。津波で巻き上げられた場合の生態系への影響ははっきりしないが、湾内に生息する魚に中毒を起こす濃度になる可能性がある」と話した。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11754580c.html
日記

■同じテーマの最新記事
メモ帳が機能アップします
働き方革命
バイク大国
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 120 1015093
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック