スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

紙は凶器なり


なぜ紙で指を切るとこんなにも痛いのか?

アウチッ!くぅ〜薄っぺらい紙のくせになんでこんなに痛いんじゃい!もうプンスカプンスカ!!って経験はないだろうか?

日常のちょっとした苛立ちの中でも、紙による指の切り傷は最悪の部類に入る。

それは大騒ぎするほど深刻な怪我ではないのだが、ちょっとした怪我にしてはやたらと痛い。なぜ紙で指を切るとこんなにも痛いのだろうか?


指先には神経がたくさん集まっている

主に非難されるべきは神経終末である。指先の疼痛受容体は、人体のほとんどの場所よりも痛みを感じさせる。

これは熱いものを触ったことがある人なら、とっくにご承知のことだろう。

「指先は私たちが世界を探り、細かい作業を行う場所です」とカリフォルニア大学ロサンゼルス校の皮膚科学者ヘイリー・ゴールドバッハは話す。

「そのために、そこに神経終末がたくさんあるのは理に適っているでしょう。一種の安全装置です」

これらの神経終末は「侵害受容器」といい、脳に警告を出す。痛みという感覚によって、高温や危険な化学物質、あるいは皮膚を破りそうな圧力などについて教えるのだ。


紙にも問題が

また紙の方にも原因がある。紙の端は遠目で見るほどには滑らかではなく、すぱっとした切れ目というよりは、皮膚に荒々しいまでの破壊の痕跡を残すのだ。

軽い傷だから防衛システムが働かない

ついでに、紙による切り傷は人体の自然の防衛システム(血液凝固や痂皮形成など)を起動させるほどに深くないことが多い。そのために指の損傷した神経終末はさらされたままになる。

そればかりか、手を使うたびに傷口が捻じ曲げられ、その都度傷が刺激される。

これらすべてが紙の切り傷の異常な痛みにつながる。少なくとも、今ある限られた証拠からはこう考えられる。

指を紙で切られるのを並んで待ってくれる被験者などいないのだから、人体についてこれまでに知られてきたことから、妥当な推論を行うしかない。


神経終末を確認する方法

だが自分自身で仮説の検証をしてみることはできる。クリップを曲げて両端が同じ方向を向くようにする。それで背中や足を突いて、二つの先端を区別できるかどうか確かめてみよう。

それが終わったら、手や顔でも試して見る。こちらの方が容易に先端を区別できるだろう。それは神経終末が多いからだ。

また心理的な影響がある可能性も指摘されている。それがそこまで痛いのは、小さく一見無害に見えるものによる怪我であるからかもしれない。

さあ、紙の切り傷がやたらと痛い科学的な理由が分かったところで、肝心な点は何だろうか? 

紙を扱うときは細心の注意を払うべしということだ。


ゴミ対策のため10年以上も前から紙を極力使わないようにしているので紙に触れることはなくなりました。

トイレットペーパーや新聞紙で切り傷を負うことはめったにありませんがチラシには要注意です。

また下記記事のように切り傷にはオロナイン軟膏は避けた方が賢明です。


ロキソニンSやオロナインH軟膏に新たな副作用 厚労省から指示

2014年からの4年間で副作用が追加された薬について週刊ポストが報じている

解熱鎮痛剤の「ロキソニンS」や、切り傷に効く「オロナインH軟膏」など

副作用は、厚生労働省からの指示によって医薬品の添付文書に追記されるそう

知っているようで知らない薬の副作用リスクがある。一般に医療用医薬品の副作用は「医薬品添付文書」でチェックできる。問題は、薬の発売後に新たに発覚して「追加」として記載される副作用が多いことだ。

発売後に薬を処方した患者に副作用が出たら、その薬を製造した製薬会社や医師などが厚労省所管のPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)に報告する。ここが医薬品と副作用の因果関係などを精査し、製薬会社への照会などを経て、厚労省が「医薬品添付文書の改訂」を製薬会社に指示する。だが問題はこの情報がなかなか患者に届かないことだ。

そこで本誌・週刊ポストは、国内の売上高上位100薬品(2016年度決算・日刊薬業調べ)と、高齢者の使用頻度が高い薬のうち、この4年間で副作用が「追加」された薬54種類をリストアップした(関連記事〈副作用が新たに見つかった有名薬、54種類全実名リスト〉参照)。

リストアップされたものは医師の出す処方薬(医療用医薬品)である。しかし、処方薬で副作用の改訂指示があった場合、同成分の市販薬(一般用医薬品)も改訂するよう指示される。

多くの人が服用している市販薬にもこの4年で新たな副作用が追加された。注意したいのは、市販薬は購入時に同封されている「使用上の注意」の中の「相談すること」という項目に新たな症状が追加されることだ。これが“副作用”を意味する。

「文書の形式が違うため『相談すること』という項目に症状が記載されますが、ここに追加された症状は医療用医薬品と同じく、薬の副作用という意味です」(PMDA企画調整部広報課)

2016年3月に「使用上の注意」を改訂したのは解熱鎮痛剤の「ロキソニン」だ。同じ成分である市販薬の「ロキソニンS」も同様に指摘を受けた。医薬情報研究所の取締役で薬剤師の堀美智子氏が解説する。

「『相談すること』の欄に『小腸・大腸の狭窄・閉塞』が追加されました。いわゆる腸閉塞のことで、最初は下痢が生じ、その後に激しい腹痛や吐き気が起きます。ガスや便が出なくなったら危険信号です」

腸閉塞は放置した場合、死に至ることもある。

風邪の諸症状に効く薬として知られる「ベンザブロックLプラス」の場合、同成分の処方薬に副作用が追加されたわけではなく、この薬単独で「急性汎発性発疹性膿疱症」が追加された。

「高熱とともに全身が赤くなったり、赤い斑点や白っぽい膿みのようなぶつぶつが出現します」(堀氏)

切り傷ややけど、しもやけや水虫などに効く「オロナインH軟膏」は、同成分の処方薬「ヒビテン・グルコネート」、「デスパコーワ」などに2017年10月、「ショック(アナフィラキシー)」が追加されたのを受け、同じ副作用の明記を指示された。急激に生じるアレルギー反応で、口や手足の痺れから始まって次第に脈が弱くなり、血圧が急低下し、放置すると意識を失う怖れがある。

しかし、本誌が6月20日に薬局で購入したオロナインH軟膏の添付文書に「ショック(アナフィラキシー)」の文言はなかった。これについて製造販売元の大塚製薬工場は、「既に改訂後の添付文書を封入した製品を製造、出荷していますが、店頭の製品がすべて添付文書改訂後のものに置き換わるには時間を要することになります」(総務課広報担当)と説明する。

販売されている薬には、新たに追加された副作用が記載されていないものも存在しているということだ。

処方薬の場合でも、本誌記者が6月21日に薬局で受け取った鎮痛剤であるボルタレンの説明文書には、この4年間で追加された〈消化管の狭窄・閉塞〉に関する記載がなかった。処方薬に関する副作用の記載は各薬局に任されており、すべての副作用が明記されることはほとんどない。

ロキソニンSは第1類医薬品、オロナインH軟膏とベンザブロックLプラスは第2類医薬品に分類される。

同じ市販薬でも第1類医薬品は薬剤師が居なければ購入できず、第2類医薬品は薬剤師または登録販売者がいれば購入できることになっている。つまり、第2類医薬品は薬剤師経由で副作用を知ることなく使用する可能性が高い。

薬剤師を活用

このように副作用の最大の問題は、一般患者への周知が遅れていることだ。医療ガバナンス研究所理事長で医師の上昌広氏が解説する。

「すべての副作用を説明したら患者が不安になって薬の服用を拒否するかもしれず、それを避けるために医師が事細かな副作用の説明を行なわない傾向もあります」

活用したいのは薬剤師だ。

「ほとんどの薬局はPMDAに登録していて、製薬会社からも随時情報が来るため、説明文書には書いてなくても薬剤師はアップデートされる副作用情報を把握しています。有害事象よりも圧倒的に効果が高いのが薬です。副作用を怖がりすぎるのではなく、副作用の情報には注意し、服用後に副作用が疑われる症状が出たり、少しでも不安に感じることなどがあれば、迷わず薬剤師に相談してほしい」(前出・堀氏)

過度ではなく“適度”に怖れるためにも、新たな副作用の情報を知っておきたい。

※週刊ポスト2018年7月6日号




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11754238c.html
日記

モモ2号打上失敗(1)


<モモ2号機爆発>ホリエモン「今までない失敗 次の糧に」

「改善やバックアップ態勢を」と3号機開発に意欲示す

小型ロケットMOMO(モモ)2号機の打ち上げ失敗を受け、インターステラテクノロジズの稲川貴大社長は30日記者会見し、メインエンジンに何らかのトラブルが起きた可能性があると説明し、「期待に応えられず申し訳ない」と謝罪した。

イ社を設立した実業家の堀江貴文さんも同席し、「今までにない形の失敗だった。次の実験のための改善やバックアップ態勢を考えていきたい」と3号機開発に意欲を示した。


「格好悪い失敗」「うそ」暗転に肩落とす見物客

北海道大樹たいき町で30日早朝にあった小型ロケットの打ち上げでは、大勢の見物客が集まり、民間単独初の宇宙到達に期待を膨らませたが、暗転に声を失った。

「MOMOモモ2号機」の打ち上げ場所から約3キロ離れた無料観覧会場。午前5時25分頃、ロケットを開発した同町の宇宙新興企業インターステラテクノロジズから「決行」が告げられると、観客は会場に設置された大型モニターに見入った。

約5分後、発射時の轟音ごうおんが響き渡り、大きな拍手が湧いた。

だが数秒後、横倒しになった機体がモニターに映し出され、「うそ」「何で」などと困惑が広がった。

旭川市から両親とともに訪れた小学生男児(11)は「格好悪い失敗だった。楽しみにしていたのに……」と肩を落とした。

一方、代休を取って来たという千葉県の会社員の男性(37)は「開発初期の失敗は付き物。『不可能はない』ことを示してほしい」と次回の挑戦に期待した。


「MOMO2号機」4秒後に推力失う 稲川社長はロケット問題解決と前進を宣言

インターステラテクノロジズの稲川社長は2018年6月30日、記者会見にて打ち上げの失敗した「MOMO2号機」について現段階で判明している情報を公開しました。

打ち上げについては、T(打ち上げ時刻)から4秒後に推力が失われたことが確認されています。

まず打ち上げから1秒後に燃焼圧力が一時的に低下し、再び復帰。この現象の理由については判明していません。

また5秒後には、ホットガススラスタの圧力の低下も確認されました。

2号機では機体の構造強化やロール制御方式が変更されましたが、これは今回の失敗に直接的な影響を与えなかったことが考えられます。

一方、テレメトリのデータは送信され続け、電子系に異常はなかったとみられます。今後は外部の有識者が参加して、ロケットの問題解析をすすめたいと表明されました。

また、3号機の計画についてはなにも決めていないとのこと。しかしインターステラテクノロジズとしては問題を解決し、さらなる協力を得てロケット開発を進めたいと発言しています。

またファウンダーの堀江貴文氏も、全力でのバックアップを明言しています。


ロケット失敗 堀江氏「これまでにない」

「インターステラテクノロジズ」の打ち上げた小型ロケット「MOMO」2号機は30日早朝、打ち上げに失敗した。

同社を設立した堀江貴文氏は記者会見で、「これまでになかった失敗だ。次の3号機を打ち上げるためにどう改善するかが課題だ。バックアップ態勢を強化したい」と述べた。共同通信が報じた。


<モモ2号機爆発>見守った600人 落胆も励ましの声

「アーッ!」「ウソー」??。ロケット発射場から1.5キロ離れた北海道大樹町の多目的航空公園のパブリックビューイング(PV)会場。30日朝、巨大モニターに機体炎上の瞬間が映し出されると、約600人で埋まった観客席からは驚きと落胆の声が上がった。「めげずに前に進んで」と、技術者らを励ます声もあった。

モニターには午前4時すぎから発射台に立つ小型ロケット「MOMO(モモ)」2号機が映され、発射前のカウントダウンが始まると熱気も頂点に。しかし、機体は浮いた直後に落下して横倒しとなり、一気に燃え上がった。激しく炎上する機体の衝撃的な映像が流れ続けた。

旅先で打ち上げを知り、前日午後8時から会場前で待った千葉県佐倉市の丹下光至さん(64)は「わくわくして待ったが残念。せめてもっと上まで行ってくれれば」と話した。

父親と未明に札幌市を出発して駆けつけた同市立あやめ野中1年、関根悠月さん(13)は「いきなり爆発してびっくりした。ロケットには関心があるので、次もぜひ見に来たい」と声を弾ませた。

打ち上げ予定日には必ずPV会場に来ている大樹町の高橋幸子さん(71)は「機体の炎上は予想していなかったがチャレンジ精神で頑張ってほしい。成功するまで応援し続ける」とエールを送った。

航空宇宙産業を町づくりの軸に据える大樹町の酒森正人町長は「正直、言葉が出ない」と落胆。「ロケット発射は本当に難しいと改めて思った。しっかり分析して、次の成功につなげてほしい」と語った。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11754227c.html
日記

モモ2号打上失敗(2)


海外の論評

日本の民間ロケット打ち上げ失敗に中国ネットは「なぜか妙にうれしくなってしまう」「民間企業でここまでできたら大したもの」―中国ネット

新浪新聞は30日、中国版ツイッター微博アカウント・微天下を通じて日本の民間ロケットが打ち上げに失敗したと伝えた。

微天下は日本メディアの報道を引用し、「北海道大樹町の民間企業が開発した全長約10メートルの小型ロケットが、30日午前5時30分ごろに発射されたが、直後に落下して炎上した。同企業によると、けが人はいなかった。報道によると、この民間企業は単独でのロケットの研究開発に努力しており、昨年7月にもロケットを発射したが、高度1万メートルで故障したほか、今年4月には、発射直前に問題が見つかり発射を延期していた」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「ずいぶん大きなロケット花火だな」「ロケット花火ほども高く上がらなかったんじゃないか」「みんな安心しろ、日本のロケットは日本海すら飛び越えられないんだ」「なぜか妙にうれしくなってしまう」などのコメントが寄せられた。

一方で、「民間企業がしているということは敬意を示すに値する」「民間企業でここまでできたら大したものだ」「スペースXだって何度も失敗してから成功したからな」「失敗は成功のもとだ。がんばれ」など、応援するコメントも少なくなかった。



ホリエモンロケット打ち上げ失敗も、韓国ネットは大チャレンジを称賛=「格好いい」「これがもし韓国だったら…」

2017年7月31日、日本初の民間宇宙観測ロケットの打ち上げが失敗に終わったことを韓国・聯合ニュースが伝え、話題を集めている。 

日本の報道によると、実業家の堀江貴文氏らが創業したベンチャー企業開発の宇宙観測ロケット「MOMO初号機」は、30日午後4時32分に打ち上げられたが、発射後66秒で機体からの通信が途絶えたためエンジンが緊急停止され、太平洋に落下した。到達高度は約20キロとされている。 

打ち上げを行ったベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」の社長は、「機体が破損するなどの不具合があった」とし、「宇宙には届かなかったが、機体のデータを取るという意味では満足」と述べた。一方、堀江氏は「後継機を3カ月後に開発する」と次の計画を語った。 

堀江氏の愛称から「ホリエモンロケット」とも呼ばれる「MOMO」は長さ10メートル、重さ約1.1トンの1段式小型ロケットで、通常の宇宙観測ロケット1機当たりの製造・打ち上げに5億円以上が必要とされる中、5000万円以下の費用で打ち上げられたという。 

インターステラテクノロジズは2013年に発足、若い社員を中心に14人が宇宙観測ロケット開発を行っており、これまでエンジン燃焼試験を100回以上行っている。今後もクラウドファンディングや新規スポンサーを通じた資金の募集を進める方針を明らかにしている。 

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「純粋に挑戦としてみたら、格好いい」「失敗したとしてもうらやましい」「若いスタッフ14人、開発費5000万円を投入して失敗。これを笑う人間は愚か者だ」「小さなベンチャー企業がロケット打ち上げに挑んでいるんだね」など、ロケット打ち上げに失敗したことよりも、小規模のベンチャーが大きなチャレンジをしたことへの称賛の声が多く寄せられた。 

また、「韓国の民間企業でロケットを打ち上げる技術や資本力を持つ会社はあるのだろうか?サムスンくらいかな」「韓国も規制を緩和して、こういう挑戦ができる国になれるといい」「韓国だったら、研究者140人、予算5000億ドル(約55兆円)かけた末に失敗、というニュースになるだろう」など、自国と比較したコメントもみられた。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11754226c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 114 1015087
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック