スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

知的な人


メガネをかけていると知的に見えるが、実際に視力が低い人は頭が良い可能性があるという研究結果(英研究)

メガネをかけていると知的に見えるが、実際に視力の低さに影響する遺伝子と頭の良さには相関関係があることが、30万486人を対象とする大規模調査で明らかになったそうだ。

スコットランド・エンディンバラ大学の研究チームが行った、知能の遺伝的土台を調べた最新の研究によると、メガネ(あるいはコンタクトレンズ)の着用と認知機能とには確かに相関があり、知的な人はメガネ(コンタクト)を使用している可能性が32%高いことがわかったという。

メガネをかけていると知的に見える。はあながち嘘ではない

エンディンバラ大学の遺伝統計学者ゲイル・デイビス氏によるこの研究は、遺伝する可能性がある思考スキルに寄与する様々な遺伝的差異を特定したものだ。

「健康や脳構造に対する共有された遺伝的影響の発見は、こうした差異が一生を通じて思考スキルに影響するメカニズムを調査するための基盤になります」と、デイビス氏。

読書量の多さとは関係ない。遺伝子レベルの関連性

メガネをかけている人は賢いという昔からあるステレオタイプは、そうしたタイプの人は読書量が多すぎるために(したがって学習量が多い)目が悪くなり、メガネが必要になるという想定に基づくのだろう。しかし最新のデータによれば、因果関係はそれほど単純ではない。

デイビス氏のチームは、既存のゲノムデータベスから編集した30万人以上の遺伝情報を精査した。このデータベースは、被験者がDNAサンプルを提出した上で、質問に回答したり、一般的な認知能力を測定するためのテストを受けたりして得られたものだ。

遺伝データを解析した結果、一般的認知機能に関連する148のゲノムワイド領域が発見された。うち58の領域はこれまで知能と関係付けられてこなかったものだ。

また反応時間に関連する42のゲノムワイド遺伝子座も発見された。その40までが新たに発見されたものだ。

近眼の遺伝子を持つ人は知能が高くなる可能性が32%アップ

3つの既存のコホート(観察的研究)からの参加者はいずれもヨーロッパ系の祖先を持つ人たちで、年齢は16〜102歳だった。

このグループの中で、高い知能を示した人たちはメガネまたはコンタクトレンズを着用している率が28パーセント高く、近視である率も32パーセント高かった。

データには他の健康に関するファクターも数多く存在した。

メガネの着用率の以外にも、知的な人は高血圧・心臓発作・扁桃炎・肺がん・変形関節炎になる率が低かった。またうつ病にかかる可能性は30パーセント低く、長生きする可能性が17パーセント高い。

ただしヨーロッパ系の人々を対象とした調査

ただし参加者が全員ヨーロッパ系であるという制限がある。したがって他の遺伝的背景を持つ人々に関しては何ら調査されていないことに注意が必要だ。

それでもコホートの規模がとんでもなく大きいことから、何が人を賢くするかについて深い洞察を得られる豊富な機会をもたらすものであることも間違いない。

そしてもう一つ、あくまでも近視の遺伝子を持つ人が、そうでない人よりも知能が高い確率が上がるというだけで、近視の人全員が高知能であるということではないということも念を押したい。

この研究は『Nature Communications』に掲載された。

また、2016年にドイツで行われた研究でも(こちらもヨーロッパ系対象)メガネ着用と知能レベルの相関関係があるとしており、その結果が裏付けられたこととなる。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11747081c.html
日記

発火で排便


腸は「第二の脳」は本当だった。腸内のニューロンが結腸を動かし排便活動につながることが判明(オーストラリア研究)

脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器と言われている。

これまで、数々の研究が、腸は「第二の脳」であることを示していたが、世界で初めて、腸内で、排便の際に生じるはっきりとしたニューロン発火のパターンが観測された。

マウス実験で排便時のニューロン発火活動パターンを観測

第二の脳と呼ばれる「腸神経系」は、無数の神経細胞ネットワークの網目であり、消化管の制御を助けている。

マウスを対象とした最新の研究では、その”脳細胞”が結腸に用を足させるために発火する様子を捉えた。

「この発見により、これまで明らかではなかった末梢神経系のニューロン活動パターンが特定されます」とオーストラリア・フリンダース大学のニック・スペンサー氏は説明する。

脳と会話する腸

腸神経系は、脳と脊髄で構成される中枢神経系から分けられているという意味で”末梢”だ。

中枢神経系は身体活動の大半を制御・調整するが、第二の脳も怠け者などではなく、中枢神経系とコミュニケーションを図るだけでなく、腸神経系が消化管による自律的な制御を手助けしている。

「文字通り脳」と話すスペンサー氏は、進化の観点からはむしろ第一の脳とみなしうると考える研究があることを指摘する。

「消化管には、固有の完全な神経系を備え、脳や脊髄から完全に独立して機能する唯一の内臓であるというユニークな特徴があります」

排便したい時、ニューロンが発火し、結腸を収縮させ排出する

今回の研究では、安楽死させたマウスの結腸を調査することで、哺乳類における当該神経系がどのように機能しているのか調べた。

マウスの直腸の腸神経系には、およそ40万の個別のニューロンが含まれている。

「消化管の最大の謎の1つは、それほど多数の腸ニューロンが発火し、平滑筋細胞を収縮させ、直腸の内容物を噴射させる行動を起こす仕組みです」

末梢神経系内で起きるニューロン活動のパターン観測は世界初

研究では、高解像度神経撮像法と電極を利用して、マウスの平滑筋組織から生じる電気インパルスを記録することで、腸の平滑筋収縮による大便排出に関与する数百万の細胞におけるニューロン発火のリズミカルなパターンが検出された。

論文によれば、これは哺乳類の末梢神経系内で起きるニューロン活動の主要なパターンを表しており、これまで特定されたことがなかったものだ。

同期した腸神経系の活動には、大量の興奮性ニューロンと抑制性ニューロンならびに推定されている固有感覚ニューロンの同時活性化が関与する。

このようなリズミカルな同期ニューロン発火は、これまでも中枢神経系においては観察されてきた。しかし腸神経系で反復的なバーストが検出されたのは初めてのことで、第二の脳が思考する方法の理解を進めてくれるだろう。

便秘の決定的な解決につながる可能性も?

今回の研究までは、腸神経系のニューロンの大群がどのように腸を収縮させているのか、きちんと理解できていなかった。

ようやく健康な状態でそれが活発化する仕組みが分かったのだから、これを青写真として、直腸でニューロン運動パターンの機能不全が生じる仕組みについて理解を進められだろう。

慢性的な便秘は、世界各国の大勢の人々を苦しめていますが、その原因が不適切な結腸通過であるというのはよくあることだ。便秘を改善する画期的な治療法も誕生するかもしれない。

この研究は『JNeurosci』に掲載された。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11747063c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 51 1011764
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック