スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ポケモンハンター



外国人「ハードコアなポケモンハンターのおじいちゃんを目撃した…」目を疑う光景2016年に登場し、社会現象を起こすほどのブームとなったポケモンGO。

海外で目撃されたおじいちゃんが、「ハードコアなポケモンマスター」だと注目を集めていました。

どの辺がハードコアなのか、写真をご覧ください。

自転車に設置したスマホの数、なんと6台!

長時間の活動に耐えられるよう、すべてに充電ケーブルがつなげられています。

恐るべし……。

思いっきり危険運転だと思うのですが、その辺が大らかな途上国ならではの光景なのでしょう。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●オーキド博士!? あなたなのですか?

↑彼はビリリダマを自転車のバスケットかどこかに持っているに違いない。6台のスマホを同時に充電できるようにね。

↑USBカチュウ。

●子どもたちよ、さぁ!!

ハードコアなポケモンハンターじいさん

●今どきのバッテリーパックの安さはクレイジーだよ。うちの会社ではイベントのときには配っている。この前コストコにいったら6000mAhが2パックで20ドル(約2200円)だった。

↑なのにアップルは3000mAhを交換するだけで75ドル(8200円)も請求してくる。

●ポケモンGOが登場した頃、大勢が外を歩き始めたのが奇妙だったのを覚えているかい。みんなゲームをしている人をクレイジーなまなざしで見てたような。

↑うちのご近所さんとは、そうやって知り合ったよ。

↑ポケモンGOのおかげでデートできたよ。前の彼女に浮気されて別れたばかりだったんだが、いつも同じ2人と家の近くで会っていた。2人はカップルだと思っていたら、兄妹だった。そのあと妹と付き合い始め、彼女を持ったことで自分は激変した。

肥満で鬱で価値のない人間だったが体重を減らし、健康に気を遣うようになった。そして自分にとってマイナスになる人間関係を取り除いた。

このゲームは自分の人生に大きな変化をもたらしたよ。そんなに長く遊びはしなかったけどね。

●自分にとって最も思い出深い2週間だったね。特に誰かと長期で知り合いになったとかではないが、そのときはみんなと誰とでも話せた。最初のポケモンが流行ったときは子どものものと言う感じだったが、スマホのポケモンGOは誰でも参加できた。

ちょっと不具合があったのは残念だ。トラッキングがあいまいなので興味が失せた。

●毎月コミュニティの日には、まだ公園がにぎやかになるよ。

●観光客よりマニアたちが都市部に出てきていたのはすごかった。

●当時うちの子は9歳と7歳で大都会に住んでいた。毎週金曜の夜になると何時間もプレイしながら歩いたよ。ジムやストップがたくさんあった。

●台湾では高齢者がまだプレイしているよ。夢中になっている。

●6人のために歩いているの? 時給はいくらなんだろう。

↑きっと孫のため。

●きっと充電ビジネスなんだ。

●おそらく彼はポケモンが大好きなんだ。あるいはロケット団が彼を雇ったんだ。

いつのまにかポケモンGOの思い出話で盛り上がっていました。

今も人気ゲームですが、初期のブームはすごいものがありましたね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11734653c.html
日記

タチヨタカ



「目の前にポケモンに出てきそうな鳥がいた…」南米ベネズエラで撮影された写真

世界には珍鳥と呼ばれる鳥がたくさんいますが、南米産の鳥「タチヨタカ」はトップクラスに入ると思われます。

南米ベネズエラで撮影された、タチヨタカの写真をご覧ください。

わ、目の前に鳥……。

ホントに鳥なのかな!?

見れば見るほど奇妙な姿。

体は鳥ですが、顔はトカゲのような風貌。

こんなポケモンがいても不思議に思えないほどです。

たまたまベネズエラで見つけた人が撮影したとのことです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●タチヨタカは隠れていないときはちょっと怖いね。そして隠れているときはすごい。カモフラージュ能力はすごいよ。コスタリカで見たが枝じゃないとは信じられなかったよ。

↑見つけるまでダマされているのかと思った。

↑動くまで待ってしまったよ。

●写真ではトカゲに見える。

●撮影用の生物に見える。ワイルドで奇妙だよ。

↑宇宙人が人類をスパイするために、鳥に似せて作ったかのようだ。

↑どちらかというと、トカゲがフクロウを妊娠させたみたいだ。

●60cmをちょっと超えるほどしか大きくならないので、写真で見るほど怖くないよ。

↑60cmは巨大な鳥だろう。

●見たことがない人が大勢いるのに驚きだ。

●この生き物がマイルドに怖い。

↑リスの目をしたクチバシのない鳥? 見たことあるよ。ポケモンで。

●かわいいのか恐怖なのか決められずにいる。そしてずっと見つめてるだけ。

●この写真は鳥が恐竜から進化したとは信じない人用の写真だ。

夜行性の鳥なので、こんな風に日中に見られることは大変珍しいそうです。

何度見ても変わった生き物に見えますね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11734649c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 76 1022941
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック