スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

インサイトが火星探査に出かけます


NASAの火星探査機「インサイト」がついに火星へ出発!

未知との遭遇に期待(アメリカ)

NASAの火星探査機「インサイト(InSight)」と小型人工衛星2機が火星へ向けて出発した。

インサイトとキューブサット2機は、かつてキュリオシティを打ち上げた「アトラスV(Atlas V)」ロケットに搭載され、米太平洋時間5日午前4時5分、カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地から打ち上げられた。

火星の内部構造を調査するために開発されたインサイトは、6ヶ月の旅路を経て火星に到着する。


バンデンバーグ空軍基地からの打ち上げ

これまで、ロケットを火星へ打ち上げる場合、地球の東向きの自転でロケットの推進力を補うために、フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターが利用されてきた。

しかしアトラスVは、そのような補助がなくても十分強力なために、NASAにとってより利便性の高いバンデンバーグ空軍基地から打ち上げられた。火星ミッションとしては初のことである。



パラシュートで火星に降下

火星に到着したインサイトは、パラシュートで火星の薄い大気を降下する。本ミッションにおいて最も危険を伴う過程だ。

NASAの科学者は、宇宙船が大気圏に突入する際の速度が時速1万9000キロにも達するため、その不安定な挙動を「恐怖の6分間」と形容する。パラシュートを展開したインサイトは、地上に着陸する直前に完璧な逆噴射を行わねばならない。

首尾よく着陸できれば、インサイトは火星地上で地質観測装置を展開し、火星の地震を観測する。観測にあたっては、地中4.8メートルまで穴を掘り、温度計を設置したりもする。

これによって、火星の冷えた内部や初期太陽系で岩石惑星が形成されたプロセスの理解を進めることができる。


火星の揺れを徹底調査

車ほどの大きさのインサイトは、「SEIS」というドーム状の機器(大型電子レンジくらいの大きさ)を設置し、これによって地震を計測する。

計測器はきわめて感度が高く、火星に生じた微細な揺れはもちろん、火星のどこかで衝突した隕石の衝突すら検出することができる。

地球のように溶岩を吹き出す惑星とは違い、火星はその生涯のほとんどが地質学的に死んだ惑星だったと考えられている。しかし、その凍える岩の表面の下で実際に何が起きているのかは未だ不明なままだ。

インサイトが火星の地上で地震を観測する間、2機のキューブサット「マーズキューブ・ワン(Mars Cube One)」は上空に残り、インサイトから送られてくるデータを地球へと送信する。

この実験に成功すれば、他の惑星ミッションでも同技術が応用可能となり、宇宙に探査機を送り出すコストを大幅に低下させられるようになる。

インサイトとマーズキューブ・ワンは11月に火星到着を予定している。

なお現在NASAではアトラスVの飛行のライブ映像をYOUTUBEで公開している。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11731429c.html
日記

太陽が長期休暇を取る予定です


氷河期の到来か? 

太陽の黒点が消え始める時、地球の寒冷化が進む

太陽はおよそ11年の周期で極大期と極小期を繰り返している。前回、極小期がしばらく続き小氷河期が到来した時期は、「マウンダー極小期」と呼ばれており、70年間続いた。

太陽極大期には、太陽がより多くの熱を放ち、黒点が増える。一方、太陽極小期になると、磁気波が減少するために熱の放出量が低下する。

現在は太陽極大期にあるが、2021年頃には太陽極小期へと移り変わり、太陽から届く熱が下がり始めると予測されている。

太陽の黒点が6割減少

今年、2017年の同時期と比べて、黒点の数が6割少ないことが判明した。これは太陽が不活発な周期へと変わる準備をしているためだと考えられている。

スペースウェザーによると、黒点が「通常以上の速度で消失」しており、「まる数週間黒点がない期間があった」という。

「黒点の消失は予想外のことではない。ここ数年来、現在の太陽周期が終わろうとしており、こうしたことが起きるであろうと予測されてきたからだ。予想外なのはその速さである」と同サイトは伝える。

アメリカ海洋大気庁は、「第24太陽周期は予報よりも急速に衰えている」と述べる。

「2018年4〜5月の平均黒点数は、約15個と予測されている。しかし実際の数はそれを下回る」

太陽極小期は地球寒冷化へ

太陽極小期が早く始まるのだとすれば、それは地球の寒冷化をも促すだろう。

マウンダー極小期は1645年に始まり、1715年まで続いた。この間、黒点は滅多に出現しなかった。気温は世界平均で1.3度低下し、季節が短くなったために食糧難の原因ともなった。

気象学者のウェブサイト、ヴェンコアウェザーでは、「太陽活動の低下は、地球の気象や気候に影響を与えることが知られている。また大気圏上部に到達する宇宙線の増加とも関連がある」と説明する。

「黒点のない太陽は、次の極小期が近づいている前兆である。今後数年で黒点のない日が増えるだろう」




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11731425c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 48 1022913
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック