スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

退職金クライシス



15年で1000万円減!退職金クライシスの現実と対処法
退職金はこの15年間で1000万円ダウン
ひと昔前までは、退職金で住宅ローンを完済したり、子育ても終わって悠々自適に老後を過ごす…といったことが可能だったかもしれません。しかし、これから老後を迎える世代にとっては、そうもいかなそうなのです。
厚生労働省の「就業条件総合調査」によると、退職金(大卒、就業20年以上)は1997年の2868万円をピークに、2002年2499万円、2007年2280万円、2012年1941万円と15年で約1000万円近く下がっている計算。退職金制度がない会社も24.5%と全体の約4割。しかもその割合は年々増加しています。
弊著の「60代の得する「働き方」ガイド」では、65歳までフルタイムで働く「仕事バリバリ派」の近代太郎さん(仮名)が登場します。59歳の会社員で、長女は24歳、長男は28歳。ともに独立して、教育費の心配はない。60歳の定年退職時に1000万円の貯蓄があり、退職金を1764万円もらう設定。定年退職後は定年時50万円だった給料が26万円に下がるが、65歳の誕生日まで働く優等生です。その結果、貯蓄が底をつくのは84歳のとき。
このように退職金が貰えれば、もう少し日々の生活を切り詰めたり、0.5%でも運用すれば、なんとか年金生活を安泰を暮らせる計算でした。
しかし、この試算。もしも退職金が0だったらという試算に変えると、結果は大きく変わります。65歳までフルタイムで働くとしても、65歳のときは貯蓄が底をついてしまうのです。年金生活に入る前に老後破たんしてしまうという、とんでもない結果に……。
退職金がゼロだとどうなる?
以前もご紹介しましたが、60歳から65歳は、ライフイベントや第2の人生の門出としての出費が多い時期です。(参考:定年後「子や孫」にかかる出費に要注意!)
近代太郎さんの場合も、60代前半は、夫婦で海外旅行、車の買い替え、自宅のリフォーム、長男・長女の結婚式への援助、孫誕生のお祝い金など、ライフイベントの出費でいっぱいです。
でも退職金が0になったら、上記のようなイベントはもちろんすべて中止。それどころか、夫だけでなく、妻も夫が定年退職しても働き続ける必要があります。今まで50代で子どもたちに教育費がかかり、それまでの貯蓄が切り崩されても、退職金があるからなんとかリカバリーできたのが、日本人のライフプランでした。しかし、退職金がなくなると、多くの会社員が老後破たんを迎えてしまうのは間違いないのです。
退職金クライシスを回避するには
さて、ではどうしたらいいのでしょうか。まず、定年を迎える前から準備をすること。下流老人の記事でもお伝えしましたが、子育てが終わったからと気を緩めて贅沢をしてしまわずに、収入が多いうちに日々の生活費をダウンサイジング。「なんとかなるだろう」と問題を先送りにせず、コツコツ貯金を増やしておきましょう。
そして、これからの時代は70歳まで働くことも視野に入れること。定年までに高いポジションにいたからと、「事務職がいい」「お給料が高くないと…」と、こだわりを持ちすぎず、割り切ることも大切です。例えばマンションの管理人のアルバイトをして、月に15万円稼いだとすると、1年で180万円。65歳〜70歳の5年間で900万円にもなります。定年前のポジションやお給料にとらわれすぎずに、地道に収入を確保していきましょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11731689c.html
日記

白髪が増える原因

ストレスで白髪が増えるは本当だった。 ストレスホルモンを制御する遺伝子が色を作る毛包を変化させる(米研究)
仕事や人間関係などのストレスのせいで白髪が増えたと感じているなら、本当にそうかもしれない。新たなる研究によれば、ストレスは実際に白髪を増やすのだそうだ。
若白髪が遺伝子のせいで絶対に防止できないのかどうかについては、これまでも議論が交わされてきた。しかし最近の発見では、体がストレス(病気やショックなど)を受けると二重の影響が現れることが明らかになった。
まず免疫系が防衛反応を見せる。そして、これが髪の色を作る毛包の細胞に変化を起こすのだ。こうして髪の毛が白や灰色に変わってしまう。
防衛反応が髪の色を作る細胞のスイッチを切ってしまう
この髪の色を制御する遺伝子と体に感染と戦うよう信号を出す遺伝子との驚きの関係を明らかにしたのは、米アラバマ大学バーミンガム校の研究者だ。
また、このメカニズムは髪の色だけでなく、皮膚の色まで変えて、尋常性白斑を生じさせることもある。あのマイケル・ジャクソンが患っていたのもこれだ。
『PLOS Biology』に掲載された研究によれば、体が攻撃を受けると、細胞はインターフェロンという化学信号を発する。インターフェロンはウイルスを撃退し、防衛機構全般を強化させるために、細胞を変化させる。
ところが、この防衛機構の思わぬ副作用として、髪の色を作る細胞のスイッチが切れてしまうのである。
この発見から、髪や皮膚の色素を制御する遺伝子は、先天性免疫機構をも制御する働きを持っていることが窺える。
このことは、尋常性白斑のような色素異常と先天性免疫機構との関連を理解する助けとなるだろう。尋常性白斑は、皮膚の色が斑状に薄くなる症状で、人口の0.5〜1パーセントの人に発症する。
ショックのあまり1日で髪の毛が真っ白になることはある?
ところで、ショックのあまり髪の毛が一晩で真っ白になったという話を耳にすることがある。例えば、マリー・アントワネットは、「処刑されるショックで、一晩のうちに髪が真っ白になった」 というエピソードがある。これは本当にありうるのか?
科学的にはありえないという。生物学的には死んでいる髪の毛がそのように変化するメカニズムがないため、実際に起きるとは考えにくいからだ。
しかし遺伝のために若くして白髪になることならあるだろう。昨年、英国の科学者によって「IRF4」という髪を白髪にする遺伝子が初めて発見されている。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11731528c.html
日記

巨大スペースデブリ 原子力衛星1818の巻


現在も地球の軌道を周回する危険な物体

今日、地球の軌道上には少なくとも50万個(70万個にも達するという試算もある)の物体が漂っている。

そのうち2万1000個は10センチ以上の大きさであり、宇宙旅行や地上の生命にとって危険極まりない代物となっている。

それらの多くは人工衛星同士が衝突して発生した破片だ。

現在、稼働している人工衛星は約1700ほどあるが、稼働していないものは約2600もある。

それらはミッションを完了したか、故障したかでそのまま放置されているものだ。

また稼働していない人工衛星のうち30機は原子力を利用しており、核廃棄物が漏れ出すリスクもある。


2. コスモス1818(ロシアの原子炉搭載人工衛星)

1987年、ソ連(現ロシア)は原子炉「TOPAZ 1」を搭載するコスモス1818を打ち上げた。海洋偵察衛星として設計されていたが、残念ながら5日だけ稼働した後、機能停止に陥った。

1978年、類似の人工衛星が大気圏に突入し、カナダ上空で放射性物質を撒き散らしたことがあった。コスモス1818はこうした事故を防ぐために高高度軌道へと打ち上げられたが、それは衝突の可能性が高まることでもあった。

何かに衝突すれば、汚染物質の地球への降下を加速させるだろう。人工衛星から放出された物体や液体の一部は放射性があり、現在も軌道を漂っていると考えられている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11731517c.html
日記

巨大スペースデブリ 原子力衛星1867の巻


3. コスモス1867(ロシアの原子炉搭載人工衛星)

こちらも1987年にソ連が打ち上げた人工衛星で、1818の双子の兄弟である。しかし1867の場合は11ヶ月間作動した。

兄弟と同様に高高度軌道に存在したため、繰り返し照らされる太陽の熱によって壊れてしまった。その結果、原子炉の冷却チューブにひびが入り、液体金属を宇宙空間に放出した。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11731500c.html
日記

巨大スペースデブリ 原子力衛星1900の巻


4. コスモス1900(ロシアの原子炉搭載人工衛星)

RORSATミッションで用いられた制御式アクティブ衛星(Controlled Active Satellite)である。1987年にソ連によって打ち上げられたが、最初からトラブル続きで、予定していた巡行軌道に達することすらなかった。

ロケットブーストで軌道を修正しようと試みるも、徐々に高度を失った。1995年、NASAは1900から漏れ出たと考えられる放射性液体物質の雲を特定。この漏出は他の人工衛星と衝突したことが原因である可能性が高いとされている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11731486c.html
日記

最後の論文


スティーブン・ホーキング博士の最後の論文が発表される。

「宇宙の永遠の膨張と安定」

3月に亡くなったスティーブン・ホーキング博士の最後の仕事が発表された。

『Journal of High Energy Physics』に掲載されたのは「A Smooth Exit from Eternal Inflation?(永遠の膨張からの滑らかな出口?)」という論文だ。昨年オンラインで公開されたもので、査読を受けて掲載に差し支えないと確認された以外、大きな変更はない。

宇宙の性質に関する論文

論文は宇宙の性質について論じている。多くの科学者の仮説によれば、ビッグバンが生じた直後に宇宙は光よりも速く風船のように膨張したという。

このプロセスを宇宙のインフレーション(膨張)という。量子力学的な小さく、無作為なエネルギーの揺らぎが凝集した部分と虚空を作り出し、やがて宇宙という巨大な構造を作り出した。

一説によると、インフレーションが継続している場所と、その間に安定したポケットとしてインフレーションしていない宇宙(我々の宇宙など)が存在する。

このような泡のそれぞれが、より壮大で絶え間なく膨張する多元的宇宙の中にある一つ一つの宇宙であるという。

多元的宇宙が有する無限の予測不能性に疑問

ホーキング博士と共著者であるベルギー、ルーヴェン大学のトーマス・ヘルトーク氏は多元的宇宙が有する無限の予測不能性が気に入らなかった。

そこでその挙動を単純化したモデルと数学的アプローチを考案し、あり得る多元的宇宙の数を大きく制約しようと試みた。その結果、残ったのが我々のものと似た物理が働く宇宙である。

「このことは、永遠のインフレーションによって、インフレーション宇宙領域で隔てられたパッチ状の泡モザイク構造を持つ、非常に不規則な宇宙が生じるという広く普及した考えに対して疑問を突きつける」と論文では述べられている。

論文はあくまで理論的なものにしか過ぎず、それを物理的には検証できない。

だが理論物理学とはこういうものだ。理論物理学者は、数学を用いて、宇宙に関する壮大な問いに答えようとする。

彼らが考案するアイデアは、誰かがそれが発展させ、実験によって検証可能な予測をなしてくれることを期待して提唱される。

ホーキング博士は人生最後の年になっても、宇宙を理解するために最新の理論に挑戦し続けていた。その前向きな姿勢はホーキング博士がホーキング博士である所以なのかもしれない。




宇宙はたくさんあるようです

故ホーキング氏の論文発表 別の宇宙、証拠の観測も

「車いすの天才科学者」として知られた英物理学者スティーブン・ホーキング博士が、3月に死去する前に書き上げていた論文が2日、海外の科学誌に発表された。

論文は、われわれの宇宙とは別の宇宙が複数あり、その証拠を観測で捉えられるかもしれないという内容。共著者のベルギーの大学教授は、宇宙から届く電波や、星の合体などで出る重力波の観測によって論文の内容が検証できるとみている。

これまでの学説は、138億年前にビッグバン(大爆発)で生まれた宇宙は急激に膨らみ、一部が枝分かれして、無数の宇宙をつくったとする。ホーキング博士はこの学説に不満だったという。

博士が在籍していた英ケンブリッジ大によると、生前の博士は新しい論文について「存在するだろう宇宙の数は(無数ではなく)もっと少ないと示すことができた」と話していた。別の宇宙が存在する証拠を観測し、検証することが現実味を帯びてきたという。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11731480c.html
日記

インサイトが火星探査に出かけます


NASAの火星探査機「インサイト」がついに火星へ出発!

未知との遭遇に期待(アメリカ)

NASAの火星探査機「インサイト(InSight)」と小型人工衛星2機が火星へ向けて出発した。

インサイトとキューブサット2機は、かつてキュリオシティを打ち上げた「アトラスV(Atlas V)」ロケットに搭載され、米太平洋時間5日午前4時5分、カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地から打ち上げられた。

火星の内部構造を調査するために開発されたインサイトは、6ヶ月の旅路を経て火星に到着する。


バンデンバーグ空軍基地からの打ち上げ

これまで、ロケットを火星へ打ち上げる場合、地球の東向きの自転でロケットの推進力を補うために、フロリダ州ケープカナベラルのケネディ宇宙センターが利用されてきた。

しかしアトラスVは、そのような補助がなくても十分強力なために、NASAにとってより利便性の高いバンデンバーグ空軍基地から打ち上げられた。火星ミッションとしては初のことである。



パラシュートで火星に降下

火星に到着したインサイトは、パラシュートで火星の薄い大気を降下する。本ミッションにおいて最も危険を伴う過程だ。

NASAの科学者は、宇宙船が大気圏に突入する際の速度が時速1万9000キロにも達するため、その不安定な挙動を「恐怖の6分間」と形容する。パラシュートを展開したインサイトは、地上に着陸する直前に完璧な逆噴射を行わねばならない。

首尾よく着陸できれば、インサイトは火星地上で地質観測装置を展開し、火星の地震を観測する。観測にあたっては、地中4.8メートルまで穴を掘り、温度計を設置したりもする。

これによって、火星の冷えた内部や初期太陽系で岩石惑星が形成されたプロセスの理解を進めることができる。


火星の揺れを徹底調査

車ほどの大きさのインサイトは、「SEIS」というドーム状の機器(大型電子レンジくらいの大きさ)を設置し、これによって地震を計測する。

計測器はきわめて感度が高く、火星に生じた微細な揺れはもちろん、火星のどこかで衝突した隕石の衝突すら検出することができる。

地球のように溶岩を吹き出す惑星とは違い、火星はその生涯のほとんどが地質学的に死んだ惑星だったと考えられている。しかし、その凍える岩の表面の下で実際に何が起きているのかは未だ不明なままだ。

インサイトが火星の地上で地震を観測する間、2機のキューブサット「マーズキューブ・ワン(Mars Cube One)」は上空に残り、インサイトから送られてくるデータを地球へと送信する。

この実験に成功すれば、他の惑星ミッションでも同技術が応用可能となり、宇宙に探査機を送り出すコストを大幅に低下させられるようになる。

インサイトとマーズキューブ・ワンは11月に火星到着を予定している。

なお現在NASAではアトラスVの飛行のライブ映像をYOUTUBEで公開している。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11731429c.html
日記

太陽が長期休暇を取る予定です


氷河期の到来か? 

太陽の黒点が消え始める時、地球の寒冷化が進む

太陽はおよそ11年の周期で極大期と極小期を繰り返している。前回、極小期がしばらく続き小氷河期が到来した時期は、「マウンダー極小期」と呼ばれており、70年間続いた。

太陽極大期には、太陽がより多くの熱を放ち、黒点が増える。一方、太陽極小期になると、磁気波が減少するために熱の放出量が低下する。

現在は太陽極大期にあるが、2021年頃には太陽極小期へと移り変わり、太陽から届く熱が下がり始めると予測されている。

太陽の黒点が6割減少

今年、2017年の同時期と比べて、黒点の数が6割少ないことが判明した。これは太陽が不活発な周期へと変わる準備をしているためだと考えられている。

スペースウェザーによると、黒点が「通常以上の速度で消失」しており、「まる数週間黒点がない期間があった」という。

「黒点の消失は予想外のことではない。ここ数年来、現在の太陽周期が終わろうとしており、こうしたことが起きるであろうと予測されてきたからだ。予想外なのはその速さである」と同サイトは伝える。

アメリカ海洋大気庁は、「第24太陽周期は予報よりも急速に衰えている」と述べる。

「2018年4〜5月の平均黒点数は、約15個と予測されている。しかし実際の数はそれを下回る」

太陽極小期は地球寒冷化へ

太陽極小期が早く始まるのだとすれば、それは地球の寒冷化をも促すだろう。

マウンダー極小期は1645年に始まり、1715年まで続いた。この間、黒点は滅多に出現しなかった。気温は世界平均で1.3度低下し、季節が短くなったために食糧難の原因ともなった。

気象学者のウェブサイト、ヴェンコアウェザーでは、「太陽活動の低下は、地球の気象や気候に影響を与えることが知られている。また大気圏上部に到達する宇宙線の増加とも関連がある」と説明する。

「黒点のない太陽は、次の極小期が近づいている前兆である。今後数年で黒点のない日が増えるだろう」




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11731425c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 158 1009448
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック