スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

暗黒星雲


そびえ立つ雲の様に撮影された約1500光年先の暗黒星雲

真はハッブル宇宙望遠鏡が撮影したオリオン座にある馬頭星雲(Horsehead Nebula)。

暗黒星雲に分類される馬頭星雲は、背景により明るい散光星雲IC434があることで馬の頭のような形をハッキリと観測できます。IC434の赤と、馬頭星雲の黒のコントラストが美しく強く印象に残る星雲の一つと言っても過言ではありません。

この写真は赤外線領域にて撮影されている為、実際に目視できる色とは異なり空に浮かぶ雲の様にも見えます。暗かった部分が明るく見え、構造を細かく確認することができますね。

また、馬頭星雲はオリオン座の三ツ星の左下部分と見つけやすい位置に存在しており、双眼鏡や望遠鏡、望遠カメラなどでも天体観測用レンズフィルター(ナローバンドフィルター)を装着する事で個人でもその姿を観測することが可能です。

馬の頭に例えられた馬頭星雲ですが、色を変えてみると従来の印象と大きく異なり映画のワンシーンの様な迫力や既視感がありますね。



20年を超える観測結果として、ハッブル宇宙望遠鏡ガイドスターカタログには

実に2000万個を超える天体の位置や明るさが収録されている。

宇宙の年齢138億年の解明や巨大ブラックホールの発見、

シューメーカー・レビー第9彗星の木星衝突など多くを観測した。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724943c.html
日記

計算方法は2進法なり


<USBメモリー>容量少なく表示されるのはなぜ?

パソコンなどでデータの保存手段として広く普及している「USBメモリー」を使用する際、損をした気分になることはないだろうか。

パソコンに接続すると、購入した時に商品に表示されていた容量よりも少なく表示されるからだ。なぜ、このような現象が起こるのか。メーカーに聞いた。

80億バイトを意味する「8ギガバイト(GB)」のUSBメモリーを購入し、パソコンに接続すると、記憶できる容量は「7.2GB」と表示された。

この現象はUSBメモリーだけのものではない。256GBのメモリーを内蔵したスマートフォン(スマホ)をパソコンにつなぐと表示は238GB、1000GBを意味する1テラバイトのハードディスクの表示は900GBほどで、約100GBもの開きがあり、いずれも1割ほど少なくなる。

USBメモリーやハードディスクを製造・販売している「バッファロー」(名古屋市中区)は、ホームページでその理由を公開している。

最大の理由はパソコンが「2進法」なのに対し、USBメモリーなどは「10進法」で掲載されていることが影響しているという。

同社の広報担当者は「パソコンは1GBを1024×1024×1024で計算するのに対し、USBメモリーなどは1000×1000×1000で計算するため、差異が生じる」と話す。

この計算で言えば、パソコンの1GBはUSBメモリーなどの約1・074GBに当たり、1GBごとに約74メガ(ギガの1000分の1)バイトほどの誤差が生じる。

さらに、USBメモリーには、正常に動かすための「ファームウエア」と呼ばれるソフトウエアや、何らかの障害によって利用できなくなった部分の代替領域などを「システム領域」として組み込んでいる。

計算方式の違いに加えて、こうしたシステム領域の存在が、差が生じる原因という。

しかし、それならば、なぜ商品をパソコンの計算方式に合わせて表示しないのか。「国際電気標準会議でパソコンのような2進法に基づく値は1キロバイト(1000バイト)に当たるものを1キビバイト(1024バイト)、1GB相当を1ギビバイト(1024の3乗)と定義しています」(同社広報担当者)という。

そもそも両者は「別もの」なのだが、「キビバイト」などが普及していないため、混同が起こる。

パソコン間でデータをやりとりする際の定番商品となっているUSBメモリー。現在は「iPhone用と(グーグルの)アンドロイドのスマホ用の製品を製造しています。

スマホで写真を撮る機会が増えアプリを入れる容量が足りなくなったという方も多く、ネット通信を使わずにスマホの写真データを外に移せるUSBメモリーは手軽で良いと好評です」(同)という。

近年はスマホ・タブレットに対応した製品の登場で、再び注目を集めている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724917c.html
日記

プライム会員への誘導


Amazonが配送料値上げ 「プライム会員への誘導」の声

ECサイトのAmazonが4月4日からの配送料変更を発表した。注文が2000円以上の場合は変わらず無料だが、一部の商品を除き2000円未満の場合は値上げとなる。本州・四国(離島を除く)は従来の350円から400円に、北海道・九州・沖縄・離島は440円の配送料がかかるとのことだ。Twitterでは、

“色々不便になりそうですね”

“この前みたいに、「歯ブラシ1本だけAmazonで買う」ということができなくなる”

“通販しか頼れない地方は普通の送料も結構取るのにさらに値上げってのほんと解せない”

と、値上げに対して否定的なコメントもある一方で、

“Amazonの送料が値上げだが対象が非会員で2000円以下な訳だからまだ十分安すぎだな”

“Amazonも値上げを発表。ドライバーさんのことを考えたら致し方ない”

“ドライバーさんいつもありがとう。しかし何でも無料で届くのがおかしいよな”

と、理解を示すユーザーも少なくない。

またAmazonプライム会員は配送オプションにかかわらず、配達無料が継続されるため、

“プライム会員の送料無料は生き残る模様…よかった”

とプライム会員の優位性を再確認する声や、

“Amazonの送料値上げのニュース、プライムへの誘導&顧客の選別説になるほど…と思った”

など、Amazonプライム会員への誘導ではないかと深読みする分析も。

朝日新聞デジタルによると今回の値上げは、「ビジネス環境の変化を総合的に踏まえた結果」(アマゾンジャパン広報)としており、消費者にも一定の負担を求める必要があると判断したようだ。

ネット通販を使う人は増加し続ける一方で、ドライバー不足は深刻化するばかり。ドライバーへの負担を考えると、今後も、配送料の値上げは避けられないのかもしれない。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724912c.html
日記

吹雪のようなヒノキ花粉


もはやバイオテロ。アメリカで吹雪のような花粉の飛散が観測される。

今年は花粉の量が大変なことになっているという。私はインフルエンザから嗅覚障害を起こし耳鼻科に通っているのだが、花粉関連の患者さんがほとんどで、待合室に入れなかった人が玄関前にまで溢れかえっている。

スギ花粉も例年を上回る量だったが、ヒノキ花粉に至っては昨年の総飛散量の10倍以上、テレビ報道によると400倍ともいわれている。

それは日本だけではない。アメリカでも様々な花粉が飛散しており、花粉症に悩まされている人も年々増加している。

今月4月2日、ノースカロライナ州の農場に設置された監視カメラがとらえた映像がとんでもないことになっていた。

まるで季節外れの吹雪のこごとく、大量の花粉が吹き荒れているのだ。もはやこれは災害でありバイオテロだ。

吹き荒れる花粉の嵐

この映像は4月2日20:00頃に撮影されたもので、ノースカロライナ州アペックス在住のジェームズ・フォックスさん宅の監視カメラがとらえた花粉の嵐だ。

肉眼でもわかりすぎるほど明確な花粉の飛散

やけに視界が悪いなと思っていたら...

この日、夜に仕事を終え、農場から帰宅していたフォックスさんは、妙に視界が悪いと感じていた。まるで辺りが濃い霧か煙に包まれているみたいだったのだ。

そこですぐさま監視カメラの映像をチェックした。そこには粉のようなものが大量に舞っており、最初は何だと思ったが、これが花粉だとわかり驚愕とした。

悲しいことに彼も花粉症だったのだ。

アメリカも今、花粉の飛散が常にハイレベルに達している。そしてその花粉は当分とどまったままであると気象予報士がツイートしている。

全世界を襲う花粉災害。急増する花粉症患者。

もう完全にバイオテロじゃないか。

そろそろ陰謀論者が影の政府の陰謀を囁き始めてもいいころだ。

ちなみに日本のヒノキ花粉はあと1か月は飛びまくるそうである。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724800c.html
日記

フェイスブック批判

情報流出、罰金、個人メッセージ削除〜揺れるFacebookの現状
最大8,700万人の個人情報を不正流用したとされるFacebookですが、そのほかにもいくつもの問題に直面していることがわかりました。
ブラジルで多額の罰金
ロイターによると、Facebook傘下のメッセージサービスWhatsAppはブラジルにおいて、警察の捜査に協力しなかったとして、1億1,170万レアル(約35.5億円)の罰金支払いを命じられています。
2016年にブラジルのヘルスケアシステムで詐欺行為を働いた犯人たちが、WhatsAppアプリで交換していたメッセージの内容公開を、Facebookが拒否したのが罰金の理由とのことです。
最大8,700万人分もの個人情報をデータ分析コンサルティング会社Cambridge Analyticaに流出させたとして轟々たる非難を浴びているFacebookが、一方では個人データを保護したために罰金を科せられるというのは、何とも皮肉な話です。
ただしFacebook側は、法に則って求められた情報は提出したとしています。また9to5Macが指摘しているように、WhatsAppのメッセージはエンドツーエンドで暗号化されているため、Facebookはメッセージの内容を知る立場にはなく、提供できるのは誰と誰がいつやり取りしたか程度の情報しかありません。
ザッカーバーグCEOのメッセージが消えた?
個人メッセージといえば、Facebookが、同社のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)とその他役員たちが送信した一部のプライベートメッセージを削除していたことがわかりました。通常は、Facebookメッセンジャーで送ったメッセージは、一度送信してしまえば受信者の受信トレイから消すことはできません。
CEOのメッセージが突然消えたため、一部では「また証拠隠しか」と非難の声が上がっていました。
しかしTechCrunchがFacebookに確認したところ、今後同社は送信したメッセージを取り消す機能を全ユーザー対象に導入するとのことです。メッセージに「タイマー」を設定し、そのタイマーが切れると自動的にメッセージが消えるという仕組みになる模様です。
アカウントが消せない
膨大な量の個人情報流出を受けて、Facebookの使用中止を呼びかける#DeleteFacebookという運動が起きています。実際、Teslaのイーロン・マスクCEOは、個人用、Tesla、そしてSpaceXのFacebookページを削除しました。
ところが一部のFacebookユーザー間で、アカウントを削除しようとしても削除できないというトラブルが発生しているようです。
病院への患者データ共有要請を中止
Facebookは病院などの医療施設に対し、Facebook上で患者データを共有するプロジェクトへの協力を要請していましたが、今回の情報不正流用事件を受けて中止した模様です。


Facebok、社会を分断するような問題広告に認可制度、ページの“身元確認”も 選挙介入対策で
米Facebookは4月6日(現地時間)、“問題”関連広告の認可制度など、2016年の米大統領選でのロシア政府の介入やトランプ陣営下の企業による不正入手個人情報を使った有権者操作の再発防止対策を発表した。
選挙だけでなく、“問題”関連広告は事前審査と出資者の明示が必要に
同社は昨年10月、選挙に関連する広告の審査で、広告主に身元や本拠地などを含む詳細な資料を求めるプロセスを追加した。また、審査を通った広告には政治広告であることと、出資者情報の明示が義務付けられた。この対象に問題関連広告(issue ad)が含まれるようになる。
問題関連広告とは、政治だけでなく、世論を分断するような問題を取り扱う広告を指す。例えば人種問題、LGBT、銃規制なども含まれる。
2016年の米大統領選では、ロシア政府とつながりのある広告代理店が、黒人支援団体のデモへの参加を呼び掛ける広告などを出していた。
ページの過去の広告一覧が可能に
すべてのFacebookページについて、「広告アーカイブ」を閲覧できるようになる。現在カナダでテスト中の機能で、6月には世界で可能にする計画。ユーザーは「いいね!」していないページについてもそのページがどんな広告を出しているかを確認できる。
また、6月からは世界で政治広告のラベル付き広告を検索できる“政治広告アーカイブ”も開設する計画。
多数のフォロワーを擁するページの“身元確認”
一定数以上(その数字についてはまだ不明)のフォロワーがいるページに対し、Facebookによる審査・承認を義務付ける。
これにより、偽アカウントでのページ立ち上げが難しくなる。
また、ユーザーはページが途中で名称を変更したかどうかなどの情報を確認できるようになる。
2016年の大統領選では、最初はペット情報ページとして立ち上げ、多数のフォロワーを獲得してから政治的な投稿で社会の分断を図ったページがあった。
マーク・ザッカーバーグCEOは同日、自身のFacebookで「これらの対策でも(Facebookの)システムを悪用しようとする人を阻止することはできないだろう。だが、ロシア人たちが偽アカウントで立ち上げたページの広告で2016年の選挙で行ったようなことの実施を難しくするだろう。だから、われわれはHonest Ads Acr(ネット広告規制法案)を支持する」と語った。
この法案は、2017年10月に民主党と共和党の両方の上院議員が議会に提出した、インターネット上の政治広告にも、新聞、テレビ、ラジオの広告と同じ情報開示のルールを適用することを義務付けるもの。Facebookは法案提出段階で既に支持を表明していた。



アップルのティム・クックCEO、Facebookのプライバシー基準を批判。
「われわれは顧客を商品とは思っていない」
アップルのティム・クックCEOは、Facebookがユーザーデータの規定外流用を行った件につき、同社のプライバシー情報を取扱う姿勢を批判しました。
この発言は、アメリカのニュース専門放送MSNBCのインタビュー内で述べられ、2018年4月6日(現地時間)に放送予定とされるもの。「最高の規制は(政府の)規制がなく、自己規制だと思います。が、これは限度を超えています」として、Facebook問題につき政府当局による規制が必要との見方を仄めかしています。
Apple's Tim Cook on how to protect privacy:
- I would make sure I understood the privacy policy of every app and every website you frequent.
- I would go into private browsing mode. Think about blocking cookies.
- The only way to protect your data, is to encrypt.#RevolutionCHIpic.twitter.com/ZpTsRxn4KN
- Recode (@Recode) 2018年3月28日
クック氏はケンブリッジ大学の心理学教授らが5000万人分のFacebookユーザーの個人情報を無断流用したことや、Facebookの全体的なアプローチを両方とも批判しています。
が、これは昨日今日に始まったスタンスではなく、2015年にもFacebookとGoogleの個人データ収益化について同様の批判をしています。より遡れば前CEOのスティーブ・ジョブズ氏も、Googleなどのライバル企業とはプライバシー情報に関する姿勢が違うことを強調しており、一貫してブレがありません。
さらにクック氏は「もしも顧客を商品とみなしていたなら、大儲けできるでしょう。我々はそれをしないことを選びました」と述べ、Facebookがユーザーを商品扱いしていると暗に批判しています。
もっとも、アップルは基本的にiPhoneやMacなどを販売するハードウェア企業です。
それに対してGoogleやFacebookは広告ビジネスの中核部分としてユーザーデータを利用している構造があり、「扱っている商品が違うだけ」ともいえます。
リリースされたばかりのiOS 11.3では、アップルが提供する機能が個人情報を使用する可能性がある場合にその詳細を但し書きする画面が常に表示されるアップデートも含まれています。
開発期間を逆算するとFacebook問題に合わせて実装されたわけではないと思われますが、このことを念頭に置いて、クックCEOも「わが社は個人情報を商品としない」スタンスをしたたかにアピールしたのかもしれません。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724793c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 171 1004962
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック