スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

水陸両用EV


日本発の小型EV・フォムが発売を開始。ガルウイング&4WDのコンセプトモデルは注目度バツグン【バンコク・モーターショー2018】

タイのバンコク近郊で3月28日から4月8日まで開催中の「第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー」でのFOMM(フォム)の出展の様子です。

フォムは2013年に日本で創業されたベンチャーで、創業者の鶴巻日出夫氏は鈴木→アラコ(現トヨタ車体)→SIMドライブという経歴を持つ人物です。フォムからは注目のモデル2種が登場しました。

 1つはコンセプトモデルのAWDスポーツ・コンセプトです。その名のとおり総輪駆動のスポーツモデルで、ガルウイングドアを持つオープンボディの2シータースタイルが目をひきます。

AWDのシステムは非常にシンプル。4つのホイールすべてにモーターを取り付けたインホイールモーター方式です。最高出力は20kW、最大トルクは1120Nmとなっています。バッテリーはリチウムイオンで、2.96kWhのものが4つ搭載されます。

もう1台はFOMM ONEと名付けられた市販車です。標準価格は66万4000バーツ(約230万円)ですが、初期ロッドの特別価格ということで2000台限定で59万9900バーツ(約205万円)という破格の価格設定が行われています。FOMM ONEは全長×全幅×全高が2385×1295×1560mmとコンパクトなボディサイズですがシートは4座席用意されています。

バッテリーはリチウムイオンで、2.96kWhのものが4つ搭載されます。駆動方式はFFのインホイールモーター方式で、最高出力は10kW、最大トルクは560Nmとなっています。面白いのは冠水被害の多いタイでの使用性を考え、万が一冠水した際もボディを浮かせ、フロントホイールに付けられたフィンで進むことができるようにしていること。ただし、水陸両用という考え方でなくあくまでもエマージェンシーで、水中走行後はメンテナンスが必要としています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724580c.html
日記

■同じテーマの最新記事
ゴジラ座誕生
現代新国語事典
世界最大のブックフェア
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 116 1023383
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック