スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

新サウンドシステム


近い将来、クルマからスピーカーが消える? 

直接ボディから音が出るサウンドシステムが登場

8トラック・プレーヤーにカセットデッキ、そして最近ではCDプレーヤーやアンテナもクルマの中から消えつつある。

そして次になくなるカーオーディオはスピーカーかもしれないと、『ニューヨークタイムズ』紙が伝えている。

タイヤと自動車用部品のサプライヤーであるコンチネンタルAGによって、「Ac2ated Sound」と呼ばれる新しいサウンド・システムが開発されたからだ。

これは弦楽器の原理を利用しており、銅のコイルで巻かれた磁石から成るトランスデューサという小さな装置が、電気エネルギーから微小振動を引き起こす。

しかし、従来のスピーカーのような振動板を振動させる代わりに、より大きな既存のインテリア・パーツを振動させて音を発生させ、高品質の3Dオーディオを作り出すというものだ。

大きくて重いフロントやリアのウィンドウはサブウーハーの役目を果たし、フロア、ドア・パネル、ダッシュボードが中音域、Aピラーは高音域用のスピーカーとしての機能を果たす。

バイオリンが木製のボディを通して音を出すのに似ている。弓で弦を弾いた時の振動をバイオリンのボディが捉えるように、車内の様々なパーツを振動させて音楽を鳴らすのだ。

「3Dの没入型サウンド・システムで、音楽を特別な方法で体験できます。音の中にいる感覚です。からだ全体で音を感じることができ、あなた自身も音に新たな広がりをもたらします」とプロジェクトを率いるチームのリーダー、ドミニク・エーフル氏は『ニューヨークタイムズ』紙に語っている。

このサウンド・システムは、従来のように複数のスピーカーを搭載するよりも軽量で場所も取らず、電力消費量も少なくて、どんなクルマにも搭載可能だという。

同社よると、従来の高性能なオーディオ・システムは10個以上の重いスピーカーに頼っているため重量が9kg近く、体積は30リッターもあるそうだ。一方、コンチネンタルの新しいシステムは重量がわずか0.9kgで、1リッターの設置スペースで済むという。

同社では2021年までにこのシステムを導入する見込みだというが、どの自動車メーカーのクルマに搭載されるのかは明らかにしていない。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724480c.html
日記

ICチップ交換詐欺拡大中


デビットカードのICチップを交換する詐欺が拡大中とシークレットサービスが注意喚起

すごいことができるんですね!

アメリカ合衆国大統領の警護を行う執行機関であり、アクション映画やスパイ映画などでも度々名前のあがるあの「シークレットサービス」が、金融機関に対してICチップ付きのデビットカードに関する新しい手口の詐欺が横行している、と注意喚起しています。

シークレットサービスが注意喚起している新しい手口の詐欺というのは、デビットカードに付いているICチップを他のカードのものに付け替えるというもの。カードのICチップが付け替えられている可能性を頭に入れていない場合、泥棒は改造したカードを使って自由に買い物が可能になります。

上の写真はICチップのみ付け替えられたデビットカード。ICチップ周りに小さな穴が空いていたり、熱による損傷が見られるのが「ICチップを付け替えられたカード」の特徴とのこと。

詐欺グループの手口は以下の通りです。

1:詐欺グループは金融機関から大企業宛に送られた荷物を秘密裏に盗み出し、荷物の中に入っていた「大量の資金にアクセスできるデビットカード」をもとに詐欺を働くことを計画します。

2:詐欺グループは盗んだデビットカードの表面に付いているICチップを、温めることで接着剤を溶かしてはがします。

3:盗んだカードのICチップを、古いチップや無効なチップに置き換え、ICチップを付け替えられたカードは企業宛に送るために再びパッケージし直します。

4:有効なICチップは、詐欺グループの手元にある古いデビットカードに装着。

5:元々金融機関から大量のデビットカードを受け取る予定だった大企業は、詐欺グループから送られてきたデビットカードのICチップが交換されていることに気づくことなくカードを受け取ります。

6:企業はデビットカードを有効にします。しかし、カードに付いているのは古いICチップなので、カードは使うことができません。

7:詐欺グループは企業がデビットカードを有効にしたのち、盗んだICチップを使ってカードを利用して金品を購入。

詐欺グループがわざわざカードのICチップ部分を交換するという手間のかかる手順を踏んだのは、盗みだしたデビットカードがその時点では使用できないものであったから。カードを有効化することができなかったため、ICチップの付け替えという地味な作業をこなし、あえて企業に送ることでデビットカードが有効化されることを待ったものと思われます。

シークレットサービスは詐欺グループが配送のどの段階でカードを盗み出したのかについて記していませんが、アメリカ合衆国郵便公社もしくは他の郵便サービスの従業員が関係している可能性が示唆されています。もしくは、泥棒が何らかの形で直接会社の郵便ボックスにアクセスした可能性もあるとのこと。いずれにせよ、今回のシークレットサービスによる注意喚起は、詐欺グループが大企業などをターゲットにする際の過程を詳細に記した貴重なものと言えます。

デビットカードを狙った新手の詐欺について、なぜシークレットサービスが警告しているのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、シークレットサービスは「南北戦争時代に偽造通貨の横行に対する防諜・捜査機関として誕生した」機関であるので、これを踏まえると真っ当と感じられるかもしれません。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724479c.html
日記

必要貯蓄率



あなたの必要貯蓄率は?

人生100年の中での「お金」の考え方

一生お金で苦労しないための必要な貯金額の計算方法

お金について「不安」を持っている人は多いと思います。そのココロは、この先何がどう変化するかわからないから。でも、年を取ってからお金が足りないなんて悲惨な目には遭いたくはない!というところでしょうか。わたしは一体何歳まで生きるのか、年金はちゃんともらえるのか。年金だけで暮らしていけるのか。老後のことを考えるとなんだか暗い気持ちになってきます。そんな心配することはありませんよ、と申し上げたいところなのですが、私たちは、想定以上に長く生きることになるでしょうから、リタイア後はかなり長いと覚悟しておいた方がよいでしょう。

国立社会保障・人口問題研究所の予想では、2050年には、女性の4人に1人は98歳まで、男性の4人に1人は93歳まで生きるとされています。また、総務省の家計調査によると、60歳以上で2人以上の無職世帯の消費支出は、現役時代の50歳代の支出の約7割ということです。定年後の消費支出は半分くらいになるのではないかなどと楽観視していてはいけませんね。

しかし、ご安心ください。老後までにはまだ時間があります。今から準備をすればよいのです。やみくもに不安がる必要はありません。一番よくないのは、不安だからと言って、銀行の窓口に行って相談したり、個人年金保険をすぐに買うことです。商品を選ぶのは一番最後です。基本的な手順は6ステップあります。このコラムでご紹介しますので、ぜひ、続けて読んでください。


明確な意思を持ち、未来をイメージする

話を元に戻し、これからやるべきことは、とにかくお金を貯めることです。月々のお給料の中から貯蓄をするということは、今のお金を未来に移動させるということです。あなたは、欲しいものを手に入れるという目先の欲望より、自分の未来のために貯めることを優先すべきなのです。所得の中で、消費と貯蓄のバランスを取る必要があるのです。受給できる年金だけで足りますか?あなたは、どのような人生を望んでいますか?お金が足りなくなって悲惨なことになりたくない。そう思うのならば、あなたが今すべきことは、必要貯蓄額を貯めていくことです。

何歳まで働き、リタイア後は、今の生活費の何割くらいで生活するつもりですか?

まずファーストステップは、人生設計の基本公式を使って、必要貯蓄率を求めて、月々どのくらい貯蓄をしなければならないかを明確にすることです。以前の記事(貯められない人が教育費をつくるコツ)の中でご紹介した「人生設計の基本公式」を使って、必要貯蓄率を求めます。

これは、老後、自分がイメージする生活を送るためには、今からどのくらい貯蓄をしていけばよいのかを求めることができる式です。この公式のよいところは、誰でも、何歳であっても使えて、過去を一切問題にしないことです。これまで貯められなかった人も、お金の問題を避けてきた人も、ぜひ計算してみてください。これから、始めればよいのです。

必要貯蓄率を計算する

式に必要な数字を入れていきましょう。一見すると、分数の中に分数があったりして、見ただけでイヤ!と思われるかもしれませんが、計算はとても簡単です。では、電卓とメモ用紙をご用意いただき、早速計算していきましょう。


1.まず、分子の方から計算します。「手取り年収(Y)」を入れます。これは、今の手取り額ではなく、生涯の手取り年収の平均です。業種にもよりますが、45歳のときの年収が平均になるようです。わからない人は、会社の先輩などに聞いてみて下さい。夫婦共働きの人は、手取り年収を合計します(例では、480万円にしています)。分母の手取り年収も同じ金額を入れます。 

2.次に、「現在資産額(A)」を入れます。預貯金や株や投資信託の時価、貯蓄性の保険や個人向け国債など全て入れます(例では600万円にしました) 。

3.「老後年数(b)」を入れます。退職後何年間かですが、例えば65歳で退職したとしたら、95歳まで生きると想定して「30年」とします。わたしはそんなに長生きしないからと思っていても、95歳まで生きるものと想定しておきましょう(例では30年をいれました)。分母のbにも同じ数を入れます。上の2÷3を計算して出した数をメモしておいてください(例では20になります)。これは、「現在資産額」を「老後年数」で割ったもの、つまり、現在の資産を老後に取り崩せる1年当たりの金額になります。例では、1年間に20万円取り崩すことができるということです。 

4.次に、「老後生活比率(x)」を入れます。現在の生活費の何割で生活をするのか。7割くらいだと思えば「0.7」、住宅ローンも終って、子どもの教育費もかからなくなるので「0.5」と、かなり圧縮できる人もいるでしょう(例では「0.7」にします)。分母のxにも同じ数を入れます。そして、分子の「老後生活比率×手取年収を計算してメモをしてください(例では、480万円×0.7=336万円です)。

5.次に「年金額(P)」を入れます。今後年金額は減ることが予想されますので、少々厳しめにして、会社員の人は「手取り年収」×0.3で計算してください(例では、480万円×0.3=144万円とします)。自営業の人は「手取り年収」×0.1〜0.15で計算してみてください。そして分子全体を計算しましょう(例では、336万円-144万円-20万円=172万円です。分子は「172万円」)。

6.分母に移ります。今後何年働くか「現役年数(a)」を入れます。35歳の人が65歳まで働くとすれば「30」になります(例では「30年」とします)。「現役年数(a)」÷「老後年数(b)」を計算してください(例では、30年÷30年=1です)。そして、この数字に「老後生活比率(x)」を足します(例では、1+0.7=1.7です)。出た数字に、「手取り年収(Y)」をかけます。これが分母の数字です(例では、1.7×480万円=816万円 分母は「816万円」)。

7.分子を分母で割ってください。これがあなたの必要貯蓄率になります。例では、172万円÷816万円=0.21で、必要貯蓄率は21%です。 


毎月いくら貯めればいいの?

必要貯蓄率がでたら、手取り年収にかけてみましょう。例では、480万円×0.21=100.8万円となります。12ヶ月で等分するとしたら、毎月約8万4000円を貯蓄していかなければならないことになります。これは、結構きつい金額でしょう。

そこで、退職金があることを思い出したならば、その金額を「現在資産額」に加えてみてください。例えば退職金の1500万円を加えれば、必要貯蓄率は、14.9%に下がります。更に、「老後生活比率」を「0.6」に下げると、必要貯蓄率は9.6%になります。このように、様々なケースで計算をしてみてください。何はともあれ、ご自身の経済的な現実をみることが大切です。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724467c.html
日記

ガソリンスタンド半減


ガソリンスタンドが20年前と比べて半減、なぜこんなに減っているの?

今後10年でさらに半減する予想です!

全国のガソリンスタンドが急激に数を減らしています。ガソリンスタンドはなぜ数を減らしているのでしょうか。

資源エネルギー庁の調べによると2016年度末における国内のガソリンスタンド数は3万1467カ所でした。

20年前には、5万9615カ所ありましたから、半分近くに減った計算です。日本では人口の減少やそれに伴う都市部への人口シフト、若者の車離れなどガソリンには逆風が吹いていますが、こうした需要面の衰退だけではここまでの減少は説明できません。

ガソリンスタンドがここまで数を減らした最大の理由は、ガソリンスタンドが儲からなくなったことです。

各ガソリンスタンドは、エネオスや昭和シェルといったブランド名を掲げていますが、ほとんどが零細事業者による経営となっています。

日本の石油流通は、大手の石油元売り各社を頂点とするピラミッド構造になっており、ガソリンスタンドを経営する事業者は、これら元売り各社とブランドの使用許諾契約を結んだ上で、ガソリンを販売しています。

高度成長時代には、ガソリンの需要はうなぎ登りでしたのでどのガソリンスタンドも儲かりました。

現在も国内には多数の自動車がありますから、一定の需要は存在しますが、かつてのような伸びは期待できません。

また、ガソリンは寡占状態にある元売り各社が精製したものですから、どこで買っても品質は同じです。そうなってくると、より安い価格を提示したガソリンスタンドに顧客が集まることになります。

価格のみを差別化要因にした体力勝負では零細の事業者が生き残るのは困難といってよいでしょう。これがガソリンスタンドの数が減少してきた最大の理由です。

しかも困ったことに、今後はEV(電気自動車)化の流れが加速する可能性が高く、さらにガソリンスタンドへの需要は減少します。

今後十数年でガソリンスタンドの数がさらに半減するという衝撃的な予測も出ているようです。

ガソリンスタンド各社は、こうした事態を受け、コンビニ併設型店舗やカーシェアとの連携など新しい事業形態を模索しています。

ホームセンターや郵便局など他業種もガソリン販売への新規参入に意欲的ともいわれており、相互乗り入れが進む可能性も高まってきました。

10年後には、単独のガソリンスタンドというのは、珍しい存在となっているかもしれません。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724405c.html
日記

素晴らしい出会い

マネックス「素晴らしい出会い」 買収経緯は…
ネット証券大手のマネックスグル―プは、巨額の仮想通貨流出問題を起こした「コインチェック」とともに会見を開き、同社を36億円で買収すると発表しました。
マネックスグループ・松本大社長:「コインチェックは仮想通貨ビジネスにおける日本のみならず世界的な先駆者。本当に素晴らしい出会いであり、素晴らしいことができたと思っている」
コインチェック・和田晃一良社長:「躊躇(ちゅうちょ)や迷いは基本的にはございませんでした。これだけの事件を起こしてしまって、私が代表取締役を降りるというのは当然、手段の一つとして考えうるところだった」
買収の経緯についてマネックスの松本社長は、仮想通貨の流出事件が起こった直後に以前から親交のあったコインチェックの和田社長らに「何かできることはあるか?」と尋ね、3月になってコインチェック側から「話がしたい」と連絡があったということです。今後、和田社長らは取締役を退任し、マネックスの勝屋敏彦常務が社長に就任します。そのうえで、2カ月ほどをめどに事業の全面再開と仮想通貨交換業者の正式登録を目指す考えです。また、コインチェックの名前については今後も残るということです。




コインチェックの財務諸表が初開示、17年3月期の純資産は5.4億円
[東京 6日 ロイター] - マネックスグループ<8698.T>は6日、仮想通貨取引所コインチェックの完全子会社化を発表する公表資料で、コインチェックの財務諸表の主要項目を開示した。コインチェックの財務状況が明らかになるのは初。
公表資料によると、コインチェックの2017年3月期の売上高は16年3月期比9.1倍の772億3000万円、営業損益は7億8600万円の黒字(16年3月期は営業利益がゼロ)だった。
なお、仮想通貨の売却収入から売却原価を控除した純額を売上高とした場合、17年3月期の売上高は9億8000万円、営業利益は7億1900万円(いずれも概算額)。 
17年3月期の純資産は16年3月期比7.8倍の5億4000万円。マネックスGはコインチェックの18年3月期の純資産の見込み額について、コインチェックが3月に実施した仮想通貨NEMの保有者への補償後も、17年3月期末の純資産額を下回らないと認識しているとした。
仮想通貨の流出事件後、コインチェックは財務諸表の開示を拒んできた。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724398c.html
日記

廃業予備軍

廃業予備軍「127万社」の衝撃 後継ぎ不足、企業3割
後継者がいない
東京商工リサーチによると、後継者難などで毎年3万件の企業が休業や廃業、解散している。
技術やノウハウが失われかねない事態にどう対応すべきか。
JR大宮駅から北へ約10キロ。埼玉県伊奈町の事業所や工場が集まる一角に、円戸(えんど)幸雄(82)が1989年に創業した三協技研がある。複数の素材を貼り合わせて包装材などに仕上げるラミネート加工が専門だ。
社屋に隣接する工場では、ゆっくりと回る二つのローラーから出た2枚の素材を自動でぴったり接着させる工程が続いていた。できたシートは、住宅の鉄骨と外壁の間に入れられ、緩衝材の役目を果たす。
円戸が考案したこの製法は、大幅な自動化で人件費を抑えられるのが特徴で、特許もとった。製品は全て大手住宅メーカーが買い上げる。「この製品は営業する必要がないんです」。需要は増加傾向という。
そんなアイデアと技術力で会社を引っ張ってきた円戸だが、悩みがある。自社の将来を任せる後継ぎがいないのだ。
3人いる娘はすでにそれぞれの道を見つけた。10年ほど前から、取引先企業に頼んで、優秀な社員を後継候補として何人か送り込んでもらった。
しかし、どの候補者も定着しなかった。中小企業の社長は、営業から開発、製造まで、細かく把握する必要がある。円戸は住宅だけでなく、土木、金属、食品、化学繊維など幅広い取引先から細かい悩みを聞き、独自の技術提案をして商機につなげてきた。同じことを後継者が務めるのは簡単ではない。
会社の売却という道もあるが、密接な取引がしづらくなると心配する取引先からは、独立経営をお願いされる。「あと3年のうちには跡取りを見つけなければ」。あらゆるつてをたどって探すつもりだ。
経済産業省によると、この20年で中小企業の経営者の年齢分布は47歳から66歳へ高齢化。2020年ごろには数十万人の「団塊の世代」の経営者が引退時期となる。「中小企業の競争力の源泉は『社長』自身であることが多く、創業者はなおさら。引き継ぐのは簡単ではない」(大手銀行幹部)。少子化や「家業」意識の薄れもあり、後継ぎのめどが立たない企業は多い。
経営者が60歳以上で後継者が決まっていない中小企業は、日本企業の3分の1にあたる127万社に達する。事業が続けられず廃業する企業の半分は黒字とされ、25年ごろまでに650万人分の雇用と22兆円分の国内総生産(GDP)が失われる可能性がある。
首都圏近郊の板金会社の社長だった女性(60)は昨春、板金工の兄が約40年前に創業した会社を畳んだ。精密加工技術が評価され、製品は新幹線の車体にも採用された。11年に兄が急死し、社長を継いだ。出入金管理や不利な手形取引の見直しを進め、就任3年で無借金経営に転換した。
しかし、兄の一人息子は後継に一時意欲を見せたが、結局別の道を選んだ。古株の従業員にも引き継ぎを断られた。「私が会社をみとろう」と決めた。
取引先からは「同じ品質のものが調達できなくなる」と嘆かれた。廃業すれば、サプライチェーン(部品供給網)の分断にもつながる。何とか技術は残せないかと考え、同業者と交渉し、設備やノウハウ、従業員を譲渡することでまとまった。
機械設備を売り払って廃業してしまう方が、手続きは簡単で、多くの金額が残る可能性はあった。でも、事業譲渡で技術を引き継ぐことを優先した。女性は言う。「会社をつくり、経営したのは私たちだけど、培った事業は社会のものですから」=敬称略(榊原謙)
中小企業の事業承継の足かせの一つが、経営者が後継者に引き継ぐ自社株の扱いだ。政府は今後10年間に限り、後継者が受け取る株式にかかる税金を全額猶予し、承継に伴う税負担を緩和する。
経営者が後継者に自社株を渡すと、相続税や贈与税の納税義務が後継者に発生する。億単位になることもあり、代替わりにちゅうちょする一因になっていた。
既に、後継者が引き継ぐ株式の3分の2を上限に、80%まで納税を猶予する制度はある。ただ、フル活用しても税額全体の53%までしか猶予されず、中途半端さは否めなかった。
そこで政府は来年度から、納税猶予の対象株式を「3分の2」から「全株」に、納税猶予の割合を「80%」から「100%」に拡充、承継時の税負担をゼロにすることにした。新制度を使えるのは今後10年以内に実際に会社を引き継ぐ人のみ。中小の事業承継への決断を早める狙いがある。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724396c.html
日記

生きがいは見合いなり

100人と見合いした41歳女性が受けた仕打ち
この連載は、仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当て、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく。
今回は、婚活歴3年、100人近くと見合いの末に婚約に至ったが、破談になった41歳バリキャリ女性のストーリー。破断になった原因とは? どのような結婚相手を選んだら幸せになれるのか?
3カ所の結婚相談所を渡り歩いた
国木田知恵(41歳、仮名)が、私のところに婚活相談に来るのは、これで2回目だった。
自立して生活をするバリキャリで、スラリとした長身の美人だ。最初にやってきたのは昨年末のこと。そのときは、大手結婚相談所で出会った男性と結婚の話が進んでいるのだが、このまま結婚していいものかどうかで悩んでいた。
「38歳のときから、3カ所の結婚相談所を渡り歩いてきました。お見合いを100人近くしたのにうまくいかなかった。そんな中でやっと出会った男性なんです」
それが田渕則雄(44歳、仮名)だった。大手のメーカーに勤めていて、年収は800万ほど。たまたま同じ町に住んでいて、お互いに一人暮らし。ウィークデーの会社終わりに地元で会えたことも、2人の仲を急速に近づけた。3回、4回と会っていくうちに、互いの家を行き来するようになり、男女の関係にもなった。
なぜ結婚を悩んでいるのか。それは、ささいなことにもキレて怒り出す則雄の性格にあった。深い関係になる前から、取るに足らないことで気分を害するのが目についたが、互いの家を行き来する仲になると、感情をむき出しで怒るようになった。
最初に爆発したのは、知恵の家で、手作りした夕食を食べているときのことだった。
「彼が鼻水をタラーッと垂らして、それがテーブルに落ちたんです。だから、『風邪ひいたの? 鼻水ふいてよ。おかずに入るじゃない』って言ったんです。そのとき、私が少し顔をしかめたのかもしれません。『お前だって、風邪ひけば鼻水くらい垂らすだろう!』って、ものすごい勢いで怒りだしたんです。箸をバン!とテーブルの上に置いて、そのまま自分の家に帰ってしまった」
ところが、家に帰った則雄から、すぐに謝りの電話がかかってきた。
「ごめん。風邪をひいて体調が悪くてイライラしていた。せっかく夕食を作ってくれたのに悪かったよ。風邪が治ったら埋め合わせするから。何かおいしいものを食べに行こう」
しおらしく謝られると、彼が愛おしくなり、“これからは私も言い方に気をつけよう”と思った。
しかしながら、その後もささいなことで怒りだすことが続いた。則雄の家で豚肉の生姜焼きを作り、キャベツの千切りと合わせてお皿に盛りつけ、食卓に出したときのこと。知恵が生姜焼きばかりを食べていると、「キャベツも食べろよ」と急に語気を荒らげ、食事をするのをやめて別の部屋に行ってしまった。ソファーに並んで座ってテレビを見ていたときのこと。知恵はじゃれあいのつもりで、ふくよかな則雄のお腹の肉をつまみ、「これは、なんだ〜〜」とおどけると、「何するんだよ!」と、その手をパンとはねのけ、驚くほどの大声で怒鳴りだした。
また、コンビニの若い女性店員から不愉快な対応された知恵が、そのことを愚痴ったときのこと。「俺がお前を不愉快にさせたわけじゃないだろう。こっちは疲れてるんだ。くだらない話するな!」とキレて、デートの途中で家に帰ってしまった。
「お前が俺を怒らせているんだ」
則雄はいったん怒りだすと、怒りがどんどん増幅していく。目が据わり、ウーッと歯を食いしばったかと思うと、罵詈雑言を並べたてて喚き散らすという。そして、決まって言う。
「お前が俺を怒らせているんだ。どうしてくれるんだ」
ひどいときは、1時間も2時間も怒り続けるという。
そんな話を聞いて、私は知恵に言った。
「人には“喜怒哀楽”の感情がありますよね。 “怒”の感情をあらわにする人を結婚相手に選ぶと、心が休まることがないですよ」
怒りの沸点が低い人は、ストレスや不満を感じやすい気質だ。自分の考えている筋道があり、そこに横やりが入ると突然怒り出す。つまりはそういう脳の構造なのだ。また、プライドが高く、その裏返しで劣等感も持ち合わせている。ことに男性の場合、恋愛関係において女性よりも優位に立ちたがる。自分の気にさわるようなことを言われると許容できずに、怒りの感情をあらわにするのだ。
「怒るという行為は、相手の人格を攻撃するということ。人に備わっている防御本能から、怒りやすい人と一緒にいると、相手を怒らせないように、いら立たせないように、いつも顔色をうかがうようになりますよ。そんな相手と結婚生活を送るのは疲れるんじゃないですか?」
「わかりました。彼と結婚して本当に幸せになれるのか、もう一度よく考えてみます」
年末の相談のときは、こう言って帰っていった。
婚約、成婚退会、新居購入後に破断
そして、先日、再び相談にやってきた。入会したいという。
「あれから結局お付き合いを続けていました。そして、12月にプロポーズされて、結婚相談所を成婚退会したんです。その後、それぞれの親にあいさつに行って、新居のマンションまで購入しました。ところが3月に入って、彼から婚約解消を言い渡されたんです」
こういうと知恵は、あふれ出てくる涙をハンカチで拭った。
「前回相談に来て、いろいろお話を聞いて、“やっぱりこのお付き合いは、やめたほうがいいのかな”とも思いました。でも、彼にもいいところがある。怒らないときは、優しい人なんです。それにキレて罵詈雑言を並べたてるけれど、私には決して暴力を振るわない。仕事にはまじめで、稼ぎもある。怒るところさえなくなれば、理想の人だった。だから、別れられなかった」
そしてなにより41という年齢が、まとまりかけた結婚を壊す気持ちに歯止めをかけた。
「彼と別れたら、次がいつ現れるのかわからない。今結婚すれば、最後のチャンスで、子どもも授かることができるかもしれない。ならば、私が彼を怒らせないように気をつければいい。私が彼に愛情を注いで生活をしていくうちに、怒りやすい性格も直るんじゃないかって思ったんですね」
そう思って付き合いを続けていった。キレてケンカになるのはしょっちゅうだったが、その都度仲を修復して、婚約までこぎつけた。
ところが、ある出来事が決定的な破局につながった。
則雄の家に遊びに行ったときのこと。ある新興宗教団体が発刊している小冊子がテーブルの上に置かれていた。ソファーに座ってテレビを見ていた彼に聞いた。
「この宗教に入っているの?」
「ああ、名前だけな。両親は熱心にやっているけれど」
「私、その団体は好きじゃないよ。結婚して家計から寄付金を出すとか嫌だからね。それに、どんなに勧められても私は入らないよ」
その一言が、また怒りを買った。
「なんだ、その言いぐさは! 俺はしぶしぶ名前だけ入れてるんだよっ!!」
目の前のコップを知恵めがけて投げつけてきた。それが知恵の体に当たった。物を投げつけられたのは初めてで、頭の中が真っ白になった。暴言を吐くものの、知恵には手を上げなかったのに、初めて暴力を振るわれたような気持ちになった。
「何するのよー!」
とっさに近くにあったボール紙を丸めて、則雄に向かって投げつけると、それが彼の足に当たった。
「お前こそ何するんだ! 骨折したらどうするんだよ」
「骨折? 紙で骨折なんかするわけないじゃない?」
これまでずっと抑えつけてきた感情が一気に爆発し、怒りに任せて則雄と同じテンションで怒鳴り返した。
すると、則雄はさらに怒りを増幅させ、これまでで一番の大声で怒鳴った。
「帰れ! さっさ消えろ!!  結婚は取りやめだっ!!!!」
その日は、泣きながら自分の家に帰った。しかし、1日経ち2日経ちすると、知恵には後悔の念が押し寄せてきた。やっとのことで結婚できる相手に出会い、新居まで購入したのだ。なんとか修復できないか。その後は何週間にもわたって、何度も何度も泣いて謝ったが、則雄は聞く耳を持たず、「結婚はできない。買ったマンションは俺が引き取る」の一点張りだった。
見た目や年収よりも、穏やかな人がいい
破局に至った経緯をここまで話すと、知恵は言った。
「20代のころ、8年付き合っていた人がいたんです。大学在学中から、30歳になる直前まで。今考えれば、めったに怒る人ではなかったし、その人をもっと大事にして結婚してしまえばよかった。あまりにも付き合いが長すぎたのと、最後の3年は彼が仕事で転勤になって、気持ちがすれ違ってしまった。あのときは彼と別れても、次がすぐ見つかると思っていた。でも、30歳を過ぎたら恋愛できる相手も急激に減ったし、35歳を過ぎてからは、恋愛する相手すら見つからなくなった」
さらに、知恵は続けた。
「3年前結婚相談所に入った当初は、年収、見た目にこだわっていたけれど、今は、まじめに仕事をする人で、ちょっとしたことでは怒らない、穏やかな人がいいなと思います。でも、そういう人は、出てくるんでしょうかね?」
「出てくるまで、逢い続けましょう。伴走しますよ」
すると、やっと笑顔を作った。
「そうですね。残りの人生をひとりぼっちで生きていくのは、やっぱり寂しいですから」
こうして知恵の新たな婚活が、リスタートした。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724388c.html
日記

自動運転死亡事故


ドライバーが死亡したテスラ・モデルXの事故は過去のケースと同じような状況で発生していたことが判明

2018年3月23日に起きたテスラ・モデルXの事故では、高速道路を走行中の車両が道路を隔てる中央分離帯に衝突して運転席に乗っていたドライバーが死亡しました。事故の当時は自動運転支援機能「オートパイロット」がオンになっていたことが分かっているのですが、この事故が起きた状況は2017年9月に起きていた事故とよく似た状況であったことがわかっており、特定の状況下で事故が発生しやすくなる可能性が指摘されています。

この内容を報じているのはアメリカのディズニーABCテレビジョングループ傘下にある西海岸ローカル局のKGO-TVのニュース番組です。同局の「I-Team」の取材で明らかにされた内容がニュースで報じられています。

高速道路の中央分離帯に衝突して大破したテスラ・モデルS。しかしこれは2018年3月発生した事故の様子ではなく、2017年9月21日の朝に発生した事故の状況です。

この事故が起きた直後の様子を、大型トラックのカメラが収めていました。まだ昇りかけの朝日がまぶしい高速道路を走っていると……

中央分離帯に衝突した直後のモデルSに遭遇。このあと、トラックのドライバーは事故車に駆け寄って救助に向かいましたが、2018年3月の事故もこのような太陽の逆光がまぶしい状況で起こった事故であるとのこと。

中央分離帯に衝突し、大きく壊れたモデルX。周囲に消化剤が散らばっていることからもわかるように、事故後は激しい炎が上がったという報告も寄せられているとのこと。そして両方の事故に共通していることの1つが、「オートパイロットがオンになっていた」という状況です。

事故直後の様子はこんな感じ。車体前部が跡形もなく吹き飛んでしまっていることがわかります。

I-Teamの取材班が調査を進めると、これらの事故によく似た状況に陥ったドライバーが何人もいるという事実が浮上してきました。あるドライバーは、朝の時間帯にオートパイロットをオンにして同じ高速道路を走っている時、車両が勝手に中央分離帯めがけて走り続けていることに気づきました。慌ててハンドルを握ってブレーキをかけたことで事故は免れましたが、もう少しで中央分離帯に衝突するところだったとのこと。

別のドライバーは、夜間走行中に中央分離帯に衝突しそうになり、急ブレーキをかけることでギリギリのタイミングで回避に成功。いずれも、オートパイロットがオンになっており、道路に引かれた白線に沿って走行している状況で発生した出来事だそうです。

同様の状況を再現してみた様子も公開されています。車線の多い高速道路のジャンクションを走行中のモデルS。オートパイロットはオンの状況で、車線の真ん中を走っていますが……

徐々に車が道路の左側へと寄っていきます。

カメラには、高速道路の本線から降りる退出路とそれに沿って引かれた白線、そしてその向こうに中央分離帯の様子が収められています。怖くなったドライバーはすぐさまハンドルを握って元の車線に戻るよう操作を行います。

無事に元の車線に戻り、事なきを得たドライバー。この検証ではドライバーがハンドルを握り直しましたが、2018年3月23日の事故では車両がドライバーの操作がないことを検知して、アラートを出していましたが、事故の瞬間までの6秒間にドライバーがハンドルなどを操作した形跡は残されていないそうです。

これらのことから総合すると、オートパイロット機能がオンになっており、特に太陽光や照明などの強い光がカメラに入った状況下でコンピューターが判断を誤るケースがあることが浮き彫りになっています。技術革新によって投入されたオートパイロットをはじめとするこれらの技術ですが、いずれもまだ完全に判断を任せて良い「自動運転」ではなく、あくまで「半自動運転」であり「運転支援機能」であることは厳然たる事実です。テスラもオートパイロット機能の注意事項として「オートパイロットは完全な注意状態にあるドライバーのみが使うことを想定した機能です」という項目を挙げています。

モデルXの説明では「自動ハンドル機能はベータ版です」という一文も添えられているとのこと。万が一の際の責任を回避するためのエクスキューズという要素もあると思われますが、あくまで自動運転機能は発展途上にあり、まだまだドライバー自身が安全に注意を向けなければならないことに変わりはないと認識する必要があるようです。

なお、「自動運転」機能を搭載する車両の中には、ドライバーの注意力低下を警告するものも存在しています。GM車の運転支援機能「SuperCruise」は運転席を映すカメラを使うことで、ドライバーが進行方向から目をそらすと警告する仕組みを備えているとのこと。I-Teamは同様の機能をテスラも搭載すべきだとニュースの中で述べています。

ちなみに、中央分離帯に衝突した事故は、白線の状況にオートパイロットのコンピューターが惑わされた可能性もありそう。以下の写真のように、事故現場は2本の白線がある状況になっているのですが、この手前の白線の引かれ具合によっては「分岐路」ということがうまく認識されずに通常の車線と誤認したことで、中央分離帯に激突してしまった可能性も残されているのかもしれません。


運転席も助手席もクルマの前半分ははるかかなたへ飛んでいきました。

自動運転事故のすさまじさ。



テスラの株価下落、モデルSのリコールより「心理」が影響

米電気自動車(EV)メーカーのテスラは先ごろ、2016年までに製造した「モデルS」12万3000台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。パワーステアリングのボルトを交換する必要があるためだ。

不具合による事故や負傷者の発生は確認されていないが、モデルSを寒冷地で使用した場合、路面の凍結防止剤に含まれる塩化マグネシウム、塩化カルシウムの影響によってボルトの腐食が急速に進行する恐れがあるという。

リコールの発表を受け、テスラの株価は3月29日の時間外取引で2.5%以上下落。同社の株価は3月12日以降、数日を除いて値下がりが続いている。

業績への影響はわずか

12万3000台となれば相当の数ではある。だが、筆者の考えでは、リコールが同社の財務状況に重大な影響を与えることはない。ボルトの交換にはボルトそのものの調達費用と人件費がかかるが、対象となる車が全て修理に持ち込まれたとしても、間接費と合わせた総額は約1000万ドル(約10億5900万円)と推計される。この金額は、2018年に予想されるテスラの売上高およそ196億7000万ドルの0.05%だ。さらに、修理を希望する人が所有者のうちの多数には上らない可能性もある。

投資家の影響

一方、「モデル3」の生産を急ぐテスラは、2つに分類することができる心理的影響を受けている。投資家と顧客の懸念だ。

テスラが12万3000台のモデルSを生産するには、4年を要した。だが、モデル3はその生産台数を1年もかけずに実現することを目指している。3月29日の時間外取引での値動きからも分かるように、投資家たちは今後も、モデル3をテスラにとってのもう一つのリスクと見なすだろう。同モデルに何か問題があれば、修理にかかるコストはモデルSを大幅に上回ることになる。

投資家の懸念をさらに強めているのが、モデル3が3月末までの実現を目指していた週産2500台を達成できなかったことだ。2月27日には格付け会社がテスラの格下げを発表したことから、同社株が今後さらに売られるとの懸念が強まった。投資家らは考えるよりもまず行動する(売る)状態に陥っている。

顧客の影響

顧客の心理は、テスラにとっての不確定要素とも言える。モデルSのリコールは対象となる台数が少ないと考えられることや現在の状況から、あまりこの問題にとらわれない人たちもいるかもしれない。

だが、モデル3については購入を遅らせる人たちがいるかもしれない。同モデルを購入して運転する人が増え、欠陥があればそれが明らかになり解決されるまで、待つことを選ぶ人が増える可能性もある。テスラの株価は今後も下落する可能性がある。短期的に大幅な値動きがあれば、顧客の心理により大きな影響を与えることになるだろう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724386c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 151 1004942
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック