スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

最強の電気自動車




燃料や充電も不要!

ソーラーパネルじゃけぇ。

無敵の太陽光発電キャンピングカーが開発される(ドイツ)

キャンピングカーでいろんな所を旅できたらなぁ、でも燃料代かかるしやっぱ無理・・・と断念する人も、この車ならどうだろう?

ソーラーパネルにすっかり覆われたこちらの車は、なんとガソリンどころか充電すら不要。空から降り注ぐ太陽エネルギーで必要な電力をまかなえるキャンピングカーだ。

この車は昨年秋、世界最大規模のキャンピングカーの展示会で公開された画期的なコンセプトカーで、従来のように縛られず自由になれる車として注目を集めているのだ。

ドイツのメーカーによる次世代型キャンピングカー

キャンピングカーで知られるドイツのデスレフ社が、ソーラーパネルを装備した次世代型キャンピングカー「e.home」を披露した。

デスレフ社の新たなコンセプトカー「e.home」

この車は2017年の秋、ドイツで開催された大規模な展示会で公開された新型モデルで、ガソリンも充電スタンドもいらない画期的な機能が脚光を浴びた。

太陽光エネルギーで消費電力をカバー

e.homeはユーザーに新体験をもたらすべくデザインされたもので、車体を覆うパネルが107馬力の電動モーターだけでなく、すべてのコンポーネントを保つ太陽エネルギーを十分吸収できるようになっている。

まるで走るソーラーパネルのような外観だが、太陽光利用に力を入れているヨーロッパにおいては外壁が丸ごとソーラーパネルの学校もあるため、現地ではさほど突飛には見えないかもしれない。

屋根まで覆うパネルの総面積はおよそ31平方メートルもあり、最大で3000Wのエネルギーを供給可能。そのため充電スタンドも不要だという。

内蔵のバッテリーは容量228Ah(アンペアアワー)のナトリウム塩化ニッケル電池で、仮にパネルがなくとも1回の充電で160キロ近くは走行するそうだ。

このバッテリーは充電1500回、もしくは走行距離25万kmほどまでは十分使用できる。

インテリアも充実。星明りのプロジェクションも

また最近の車同様、運転アシスト機能もついていて、機能的な窓のほか、エコな暖房システムも完備。ドライバーの旅を快適にする要素が盛りだくさんだ。

無線充電ステーションや赤外線暖房パネル、家具なども充実。暖房システムには気温が暖かい日は日中の外気を取り込んでおき、夜間に気温が下がるとその暖気を室内に送る機能もあるという。

しかもちょっとしたお楽しみとしてベッドの天井に星明りを投影するプロジェクションもついている。眠りにつく前に星に想いを馳せたらいい夢が見られるかもしれないのう。

EV車の枠に収まらないかもしれない車

輸送業界は、運転経験と燃料という最も基本的な2つの要素を覆えされつつある。自動運転車や電気自動車は従来の路上の風景に変化をもたらしており、その市場は拡大を遂げる一方だ。

しかし、このキャンピングカーは型破りだ。この車は今後あちこちに設置されるであろう充電スタンドの流れに相反しており、現在のEV車市場に収まるかどうかも定かではない。

とはいえ完全に電力を自給するキャンピングカーは魅力的だ。この車があれば燃料なしであらゆる場所への移動が現実味を帯びてくる。

本格的な独立型住居にもなりうる?

そういえば以前に、発電機能がある単身用カプセル住居というのもご紹介したが、単体で移動して電力も自給するe.homeのほうがより独立した住居になりうるかもしれない。

ただ、太陽光のみに頼るのなら、悪天候が続いた時に充電がどれぐらいもつかも気になるところだ。晴れてるところに移動するとか余分な光を蓄えておけば大丈夫なのかな?

e.homeの予約販売や見積価格などの情報は今のところ明かされていない。だが、こうした新しいコンセプトが今後の自動車業界に刺激をもたらすのは確実といえそうだ。





過去記事

このカプセルがあれば、世界中どこででも暮らしていける。発電機能搭載型単身用移動カプセル住居




未来的な大都市での生活が自分に合わないと感じているのならば、そこから逃避する手段はすぐそこにある。4.2×2.1×2.1mの小さなポッドがあれば、ライフラインは確保され、一人ぼっちでどこでも暮らしていけるのだ。

世界初の完全独立型小型ホームを称するエコカプセルは、太陽と風力だけで発電できるちっちゃなスマートハウスだ。

ビーチ前のコテージ、スタイリッシュな登山テント、あるいはモダンな隠れ家として活躍してくれるだろう。エコカプセルは9700ワット時のバッテリーで充電ができるから、電気自動車の後ろにつないでおけばどこでも好きな場所へ旅をすることができる。

しかも、スマートハウスの名に恥じることなく、便利な機能が満載だ。雨が降れば、これを床下のタンクに蓄えてくれるうえ、屋根には薄膜フィルターが備わっているから細菌の心配もない。

壁に充填された高性能断熱材がエネルギー効率を高め、快適な室温を保証してくれる。きちんとしたトイレも完備しているから、屋外で用を足すことに抵抗がある人でも安心だ。

デザインはシンプル、モダン、かつエレガントで、まるでいつの日か月や火星に作られるであろう未来の住居を彷彿とさせる。

このエコカプセルは来週ウィーンで開催されるパイオニアズ・フェスティバルで公開され、今年後半からは発注の受付が開始される予定だ。

価格はまだ未発表だが、開発のナイス・アーキテクツ社が拠点を置くスロバキア国外にお住いの方は、販売価格に加えて、若干の輸送料金も見込んでおいたほうがいいだろう。それでも、本気で光熱費とオサラバしようと考えているのならば、安い買い物ではないだろうか。

さあ、ポッド時代の幕開けだ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11724273c.html
日記

■同じテーマの最新記事
ゴジラ座誕生
現代新国語事典
世界最大のブックフェア
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 113 1023380
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック