スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

日本に感謝!

台湾に思い寄せてくれた国、「日本」75・8%
台湾の民間調査研究機関は12日、東部・花蓮県を6日に襲った地震に関する世論調査結果を発表した。
台湾に最も思いを寄せてくれた国を問う設問では「日本」との回答が75・8%に達し、一番高かった。
次は中国だが、1・8%にとどまった。
日本は安倍首相がフェイスブックで応援メッセージを手書きし、激励する動画を公表。
外国として唯一、救助支援の専門家チームも派遣した。
台湾メディアは、東日本大震災時に受けた台湾の支援に報いようと、日本で募金など支援の輪が広がっていることを報じている。
もともと親日的であるうえ、こうした動きが高い評価につながったようだ。
調査は9〜10日に電話で行い、約1000人から回答を得た。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11710188c.html
日記

出題ミスを見破りました

京大と大阪大の出題ミスを見抜いた予備校講師、その人物像
「京大の出題ミスに気づいたのは1年以上経ってからでした。今さら指摘しても、学生たちの人生を大きく変えるし、騒動にもなるので、大学への連絡を躊躇しました。でも、見て見ぬフリはできなくて…」
そう葛藤を語るのは、予備校講師の吉田弘幸先生(54才)だ。
年明け早々、受験生の間に衝撃が走った。昨年の大阪大学、京都大学の物理の入試問題にミスがあり、本来は合格だった受験生が不合格になっていたことが発覚したからだ。阪大では追加合格者30人、京大は17人の追加合格を認め、慰謝料など金銭的な補償も行われる。
2校の入試出題ミスを見破ったのは、いずれも吉田先生だった。万が一にもミスがあってはならない入試問題で、しかも超名門国立大2校のミスを見つけたのが同じ人物だったので、受験業界で吉田先生は一躍、「スーパー予備校講師」だと注目を浴びている。
「ミスに気づいたのはたまたまです。夏期講習の教材で使うために阪大の問題を解いていたら“あれっ?”となった。その後、友人から“京大の問題も怪しい”と言われてチェックすると、たしかに答えが導けない問題でした。毎年、両校の問題を解いているわけじゃなくて、今回はほんとに偶然でした。今受け持っている生徒から、“先生、ニュースに出てたね”と冷やかされるぐらいです(笑い)」(以下、「」内は吉田先生)
そう謙遜はするが、京大、阪大の教授が万全を期して作った問題のミスを突いたのだから、恐れ入る。中学2年生と小学2年生の息子の父親でもある吉田先生は、根っからの理系男子だ。
「中学生の頃から“物理にかかわる仕事で生きて行く”と決めていましたね。高校までは地元の神奈川県の公立でのんびりと勉強し、早稲田大学の物理学科に入って、大学院まで進学しました」
大学生の頃にアルバイトで小さな塾の講師になり、院生になった頃から大手の進学塾でも教鞭を執るようになった。有名予備校の「駿台」や「河合塾」、東大・京大などの難関校を狙う中高生が通う有名学習塾「SEG」でも数学や物理を教えてきた。
「もともと研究職に興味があったんですが、学生に教えるのもとてもやりがいがあったので、予備校の講師に専念することにしたんです」
吉田先生は現在、中高生を対象とした国際コンテスト「国際科学オリンピック」の物理部門の委員も務める。日本代表の選手の選考や指導を行い、3年ほど前のカザフスタン大会には同行したという。吉田先生は、昨年の入試でミスが多発した原因をこう指摘する。
「2年後を最後にセンター試験が廃止され、翌2021年から新しく『大学入学共通テスト』がスタートします。なので、大学の先生方は今まで以上に“思考力を試せる問題にしよう”と工夫されていて、新しい問題づくりが進んでいます。そんな中で、少し工夫しすぎてしまい、ミスが出たんだと思います」
吉田先生の指摘で、多くの学生の人生が変わったわけだが、「1年遅れで追加合格になったことが学生たち自身にとってプラスになるかどうかは、これから彼ら彼女らが大学に入学して頑張れるかどうかです」とエールを送る。最後に、吉田先生が育てたいのは、どんな学生?
「人生にはいろいろなことがありますが、生徒たちには学問的な意味でたくましくなってほしいと思っています。自分の考えを明確にできて、しかも、独りよがりにならずに人の話にも耳を傾けられる謙虚さも持ち、その上で自分の考えを発信し表現できるような、そんな人になってほしいと願っています」
※女性セブン2018年2月22日号



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11710179c.html
日記

シェール革命

米シェール革命が席巻、輸出解禁2年でOPECの脅威に
[ニューヨーク/ロンドン/シンガポール 8日 ロイター] - 米政府が原油輸出を解禁してから約2年で、同国産原油を満載したタンカーが、中国やインドといった大口消費国からトーゴなどの小さな国まで世界30カ国以上に寄港するようになった。
米国のシェールオイルが大量供給されたことで、原油の国際価格は下がり、石油輸出国機構(OPEC)の影響力が弱まるとともに、OPEC加盟国の多くが市場シェアを奪われつつある。
シェール革命以前の2005年、米国の原油純輸入量は日量1250万バレルだったが、今やたった400万バレルだ。
米国勢がアジアや欧州で新たな大口顧客を獲得していることは、サウジアラビアとロシアという米国並みの生産力を持つ2国にとっても脅威となっている。
米国からの原油輸出量は現在日量150万─200万バレル。2022年までにはおよそ400万バレルまで拡大する可能性がある。
輸出の大半は中国向けで、昨年11月以降カナダを抜いて米国産原油の最大の買い手になった。
その中国勢の中で購入量が最も大きいのは、中国石油化工(シノペック)の原油取引部門の中国国際石油化工連合(ユニペック)だ。ユニペックのチェン・ボー社長はロイターに、アジアでの販売拡大や欧州などでの新規顧客開拓のため、今年の米国産輸入は倍増して日量30万バレルになるとの見通しを示した。
ユニペックは、米国のパイプラインやターミナル運営会社との長期供給契約締結を検討しているほか、米国の輸出インフラ改善に関係する企業と提携する可能性もある。
チェン氏は「米国産原油のアジアへの流入は、国際的な石油取引における大きなトレンドだ」と語った。
2010年に日量550万バレルだった米国の原油生産量は、テキサスやノースダコタのシェール開発が急ピッチで進んだことを受け、17年には1000万バレルと1970年代に記録した過去最高水準に近づいた。サウジにほぼ並び、1090万バレルと世界最大のロシアにも肉薄している。
商品取引大手ガンバー・グループのチーフエコノミスト、デービッド・ファイフ氏は、米国産原油生産は今年末まで日量約50万─60万バレル増加するとの見方が大勢だと話した。米エネルギー省の見通しはもっと強気で、年末までに120万バレル増えて生産量は1100万バレルに達するだろうという。
ファイフ氏は「増産分の多くは輸出に回される公算が大きい」と予想した。
米国内市場でも、外国産原油が押され気味だ。06年のピーク時が日量1060万バレルだった米国の原油輸入量は足元で760万バレルまで減少。輸入量に占めるOPEC産原油のシェアは50%強からおよそ37%に低下した。
最も打撃を受けたのはサウジとナイジェリア、アンゴラで、昨年後半に米国がサウジから輸入した原油は平均日量70万9000バレルと1987年以降の最低水準になった。ピークは03年の173万バレル。
米国産原油は、世界第3位の原油輸入国インドにも流入している。インドは原油調達先を多様化するため、昨年10月に初めて米国産原油を輸入した。
トムソン・ロイターが関係者から集めた海運や船舶航行のデータによると、米国産原油の昨年の総購入量は日量800万バレルだった。
欧州に目を向けると、昨年11月時点でフランス向けの原油輸出では米国がナイジェリアやリビア、イラン、北海を上回って第5位に食い込んだことが関税統計で確認された。16年11月には、米国はまだトップ10にさえ入っていなかった。
一方、中国の関税統計に基づくと同国は第4・四半期にナイジェリアからの原油輸入を停止した。また昨年の中国の原油輸入は全体で12%増えたが、サウジからの輸入の伸びは2.3%にとどまっている。
ペトロマトリックスのマネジングディレクター、オリビエ・ジェイコブ氏は「米国勢がOPEC加盟国から本格的に市場シェアを奪取している」と指摘した。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11710157c.html
日記

ナノコイン211億円分流出


約211億円分の仮想通貨Nanoが流出。

被害の取引所CEOは早々に「全額補償は不可能」とツイート

日本の仮想通貨取引所コインチェックから580億円相当の仮想通貨NEMが盗み出されてまだ1か月も経過していませんが、こんどはイタリアの仮想通貨取引所BitGrailから、アルトコインの一種Nano(XRB)が盗まれる被害が発生しました。

被害額はNano 1700万XRBで、直前の価格1250円/XRBで換算すると約211億円が流出したことになります。BitGrailはすべての入出金を停止しており、BitGrail創業者でCEOのFrancesco "The Bomber" Firano氏は早々に、Nano保有ユーザーに対し100%の払い戻しは不可能とTwitterで通知しています。

なお、Nano以外の仮想通貨に関しては被害は発生してないとのこと。

NanoとはもともとRaiBlocksと呼ばれていた仮想通貨で、独自のブロックチェーン構造によってノード実行コストが発生せず、スケーラビリティも備えるなどといった特徴があります。

ただ、盗まれてしまってはそれらの特徴に何の意味もありません。

Nano開発者チームは声明を発表し、この問題に対してNanoプロトコルに問題があったわけではなく、BitGrailの管理ソフトウェアに問題があったようだと指摘しました。

また直ちに法執行機関に連絡するとともに、捜査に完全に協力するとしています。一方で、Firano氏が損失を"なかったこと"にするためNanoの台帳部分の修正を提案してきたものの、チームには(不透明な)BitGrailの経営に責任を負う必要はなく「我々の追求する方向性ではない」としました。

さらに、Nanoチームは「Firano氏は、BitGrailの経営状態について、長い間Nanoチームとコミュニティを欺いてきた来たという確信がある」としており、「Firano氏個人の投稿や告発には対応しない」と、BitGrailおよびFirano氏への不信感を露わにしています。

これに対しFirano氏は「Nanoの言い分こそ根拠のない主張にすぎず、私的会話の公表で逆に捜査を妨害していると警察に伝えざるを得ない」とツイートし、もはや事態収拾に向けた両者の協力は期待できそうもありません。

Nanoチームの主張が本当ならば、BitGrail(というかFirano氏)は危機対応の姿勢もさることながらも、経営のありかたにも問題を抱えているようにも思えます。

いま最優先すべきは何をおいても顧客の資産保護に全力をつくすことのはずですが、CEOからはそういった趣旨の言葉は聞かれず、掲示板サイトのRedditなどではFirano氏による狂言疑惑が囁かれ始めています。

今回の件は金額こそコインチェックの被害に及ばないものの、Nano全体の13%が行方不明になった計算になります。

いまや仮想通貨窃盗は犯罪者にとって最も効率的な仕事になりつつあります。取引所はユーザーに誠実なのは当然として、不正アクセスに対する鉄壁のセキュリティ体制構築もしっかり徹底してほしいところです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11710133c.html
日記

世界最大のプラネタリウム


「世界最大級のプラネタリウム」を支える最新テクノロジー

米ニュージャージー州ジャージーシティにあるリバティー・サイエンス・センターが2017年12月、「Jennifer Chalstyプラネタリウム」をオープンした。

ドームは直径が89フィート(約27メートル)と世界最大級で、最新の天文学的発見が詳細に観察できる。

「小さなドームや解像度の低いスクリーンでは不可能だった詳細な映像を見せることが可能だ」と同プラネタリウムでディレクターを務めるMike Shanahanは言う。

実現は簡単ではなかった。この施設は元々IMAXが導入された映画館だったが、老朽化とフィルムでのプラネタリウム作品のリリースが減ったことを受け、リニューアルが決まった。

協力企業は20社を超え、500万ドル(約5億4600万円)の費用がかかった。この資金はリバティー・サイエンス・センターの役員を務めるJennifer Chalstyが寄付したものだ。

この規模のプラネタリウムの建設事例が少ないため、作業は困難なものとなった。

「参考にできる施設がなかった。思い通りに仕上がるようにシミュレーションと科学を信じた」とリバティー・サイエンス・センターのCEOのPaul Hoffmanは語る。

プラネタリウムのスクリーンには588枚のアルミパネルが使われ、シームレスに見えるように仕上げている。

また5つのスピーカーと16のサブウーファーで5.1chサラウンドを実現した。画像処理のために20台以上のコンピューターを導入し、8K動画を投影可能な10台のクリスティ・デジタル・システムズのプロジェクターを採用した。

「プロジェクターが膨大な熱を発するので冷却する必要があり、電気系統と暖房、換気、空調のシステムは作り直した」とHoffmanは言う。

これほどの大規模な施設だが、ショーを見せるのに必要な人員は1人で済むという。「1つのマウスと2つのコンピュータースクリーンを用い、プレゼンターが解説と操作の両方を行える」とShanahanは説明する。

ソフトウェアはEvans & Sutherlandが作ったDigistar 6。コンテンツはNASAや欧州宇宙機関、そして民間企業などが保有するものを使っている。

リバティー・サイエンス・センターはこのプラネタリウムが科学の新発見を世界に知らせる場所にしたいと考えている。

「世界中の観測所が天文学上の最新ニュースを発信する場所にしていきたい」とHoffmanは語った。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11710132c.html
日記

コタツで寝て死にました


同僚が「こたつ」で居眠りしていたら脳出血で亡くなった…

投稿が話題に、どんなことに注意すべき?

こたつで居眠りをすることに対する注意喚起の投稿が先日、SNS上で話題になりました。会社の仲間が亡くなったという投稿者は、その死因について「コタツで居眠り、脱水症状からの脳出血でした」と投稿。

「発見が遅れた」ことも一因だとした上で「コタツでの居眠りは最高に気持ちいいですが、皆様もご注意ください」と呼びかけています。

これを受けてSNS上では「風邪を引くとはよく聞くけど、死の危険もあるなんて…」「私の知人も昔こたつで亡くなっているので、この危険性がもっと認知されてほしい」「コタツで寝落ち常習犯なので気をつけます」など、さまざまな声が上がっています。

こたつには実際、こうした危険性が潜んでいるのでしょうか。

医師の市原由美江さんに聞きました。

血管が詰まって脳梗塞や心筋梗塞に…

Q.こたつでの居眠りが死を招くメカニズムについて教えてください。

市原さん「こたつで寝ると体温が上がり、発汗することによって脱水状態になります。脱水状態になると血液がドロドロとし、血栓ができやすくなり、血管が詰まることで脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病気を発症します」

Q.こたつを使用する際に気を付けるべきことは何でしょうか。

市原さん「こたつは下半身だけ温まるため、知らないうちに汗をかき脱水を起こしてしまうことがあります。

脱水予防のためにこまめな水分摂取を心がけましょう。また、こたつで寝てしまう状況を避けることが大切です。

特に食後や帰宅後は眠気が増すため、こたつで横にならないように注意しましょう。どうしても寝てしまいそうな時は、あらかじめタイマーを利用し、こたつの電源が切れるようにしておくと安心です」

Q.こたつ以外で、使用時に注意すべき家電製品などはありますか。

市原さん「電気毛布や電気カーペットも注意が必要です。体全体が温まるため、寝ている時に使用すると体温調節ができなくなり、こたつと同様に脱水を招く恐れがあります。

また、低温やけどを起こす可能性もあります。寝る直前に電源を切ったり、タイマー機能を使ったりして予防しましょう」




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11710128c.html
日記

奨学金破産


奨学金破産、過去5年で延べ1万5千人 親子連鎖広がる
奨学金破産
国の奨学金を返せず自己破産するケースが、借りた本人だけでなく親族にも広がっている。
過去5年間の自己破産は延べ1万5千人で、半分近くが親や親戚ら保証人だった。奨学金制度を担う日本学生支援機構などが初めて朝日新聞に明らかにした。無担保・無審査で借りた奨学金が重荷となり、破産の連鎖を招いている。
機構は2004年度に日本育英会から改組した独立行政法人で、大学などへの進学時に奨学金を貸与する。担保や審査はなく、卒業から20年以内に分割で返す。借りる人は連帯保証人(父母のどちらか)と保証人(4親等以内)を立てる「人的保証」か、保証機関に保証料を払う「機関保証」を選ぶ。機関保証の場合、保証料が奨学金から差し引かれる。16年度末現在、410万人が返している。
機構などによると、奨学金にからむ自己破産は16年度までの5年間で延べ1万5338人。内訳は本人が8108人(うち保証機関分が475人)で、連帯保証人と保証人が計7230人だった。国内の自己破産が減る中、奨学金関連は3千人前後が続いており、16年度は最多の3451人と5年前より13%増えた。
ただ、機構は、1人で大学と大学院で借りた場合などに「2人」と数えている。機構は「システム上、重複を除いた実人数は出せないが、8割ほどではないか」とみている。破産理由は「立ち入って調査できず分からない」という。
自己破産は、借金を返せる見込みがないと裁判所に認められれば返済を免れる手続き。その代わりに財産を処分され、住所・氏名が官報に載る。一定期間の借り入れが制限されるなどの不利益もある。
奨学金にからむ自己破産の背景には、学費の値上がりや非正規雇用の広がりに加え、機構が回収を強めた影響もある。本人らに返還を促すよう裁判所に申し立てた件数は、この5年間で約4万5千件。16年度は9106件と機構が発足した04年度の44倍になった。給与の差し押さえなど強制執行に至ったのは16年度に387件。04年度は1件だった。
奨学金をめぐっては、返還に苦しむ若者が続出したため、機構は14年度、延滞金の利率を10%から5%に下げる▽年収300万円以下の人に返還を猶予する制度の利用期間を5年から10年に延ばす、などの対策を採った。だが、その後も自己破産は後を絶たない。
猶予制度の利用者は16年度末で延べ10万人。その期限が切れ始める19年春以降、返還に困る人が続出する可能性がある。(諸永裕司、阿部峻介)
〈国の奨学金制度〉 1943年に始まり、現在は日本学生支援機構が憲法26条「教育の機会均等」の理念の下で運営している。2016年度の利用者は131万人で、大学・短大生では2・6人に1人。貸与額は約1兆円。成績と収入の要件があり、1人あたりの平均は無利子(50万人)が237万円、要件の緩やかな有利子(81万人)が343万円。給付型奨学金は17年度から始まり、新年度以降、毎年2万人規模になる。
高校生向けの奨学金事業は05年度に都道府県に移管されており、全額が無利子の貸与となっている。大学生向けで給付型を採り入れている自治体もある。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11710121c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 58 999679
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック