スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

住宅ローン繰上返済

住宅ローン繰り上げ返済で損する人の条件
決して年収は高くないのに、お金を貯められる人がいる。どこか違うのか。雑誌「プレジデント」(2017年2月13日号)の特集「金持ち夫婦の全ウラ技」より、人生の3大出費のひとつ「住宅」にまつわる知恵をご紹介しよう。第6回は「ローン減税」について――。(全12回)
■最大年間40万円を10年にわたり控除だが…
住宅ローン減税(正式には「住宅借入金等特別控除」)は、国民の住宅取得を促すため、個人が居住用の一戸建てやマンションを住宅ローンで買った際、国が税金を還付する制度だ。年末の住宅ローン残高の1%か、控除限度額のどちらか低い額(控除額)が、その年の所得税から「控除」される。
つまり「所得税−控除額」が実際の税額となり、所得税が減るわけだ。控除額が所得税を上回る場合、その差額は翌年の住民税からも控除される。そして、それらの控除は10年間続く。
消費増税による個人消費の落ち込みを抑えるため、2014年4月から制度が拡充されて、所得税の年間控除限度額が20万円から40万円にアップし、10年間で最大400万円控除されることになった。住民税の年間控除上限額は9万7500円から13万6500円に引き上げられている。住宅ローンが重荷となる現役世代のビジネスパーソンにとっては、大きな朗報だろう。
しかし、その最大400万円の控除を受けられる人はさほど多くない。そもそも、所得税と住民税を合わせて年間40万円納めていないと、控除の最大限のメリットを受けられない制度設計になっている。たとえば、住宅ローン減税による控除額が40万円あったとしても、年収500万円のビジネスパーソンは所得税を14万円前後しか納めていない場合が多く、仮に住民税の控除上限額である13万6500円分でカバーしても、合計で27万6500円ほどしか減税されないことになる。
■10年より短くなると、せっかくの控除枠もなくなる
一方、年間の最大控除額が40万円で、10年間で合計400万円の控除を受けるためには、10年目まで毎年のローン残高が4000万円以上なくてはならない。皆さんおわかりのように、返済が進めば、ローン残高は徐々に減っていく。金利1%で35年間ローンを組んだ場合、5000万円の借り入れでも、返済9年目でローン残高が4000万円を切って、合計400万円という控除をフルに受けられなくなってしまう。
その5000万円のローンであっても、月々の返済額は約14万1142円に上る。普通のビジネスパーソンにしてみたら、その負担は大きく、合計400万円の控除をフルに受けるためのローンを組むのは、かなりハードルが高いといわざるをえないだろう。
このほか、住宅ローン減税のメリットを最大限受けるために、覚えておいてほしい注意点もある。共働き夫婦が住宅を買う際に、夫がローンを支払い、妻が連帯保証することが多い。しかし、夫のローンが4000万円でも、夫の持ち分が2000万円のケースでは、持ち分に相当する2000万円しか住宅ローン減税の対象にならず、妻の持ち分が夫から妻への贈与とみなされて、贈与税が課せられる場合がある。
その対策としては、「フラット35」で妻との「連帯債務」にするか、銀行などの「ペアローン」で夫婦それぞれの借り入れにする方法がある。妻の持ち分も住宅ローン減税の対象になり、贈与の問題も解消する。
なお、住宅ローンを繰り上げ返済する場合、返済当初から完済までの償還期間が10年より短くなると、せっかくの控除枠を失ってしまうので要注意だ。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11709793c.html
日記

飲み会好きは高ストレス


体調崩壊への最短コース!

「飲み会頻度が高い人」はストレス数値も高い

スマホアプリ「ストレススキャン」を提供するDUMSCOは1月31日、飲酒習慣とストレスの関係についての調査結果を発表した。

約7300人に聞いた「直近一週間の飲み会頻度」の回答と、回答者のストレス数値を見てみると、「0回」(46.91%)と回答したグループの平均ストレス数値に比べ、「5回以上」(55.65%)と回答したグループの平均ストレス数値は18.6%も高い結果になった。

次に飲酒習慣のあるグループに対して、お酒を飲む際のシチュエーション志向を聞くと「一人が好き」「数人が好き」「大人数が好き」という選択肢のうち、男性で高ストレスの人ほど「一人が好き」(52.02%)と答える結果に。

女性も同様だった。



また「飲酒量を減らしたいと思うか」を聞くと、

「まったく思わない」

「あまり思わない」

「やや思う」

「強く思う」という選択肢のうち、

「強く思う」と答えた男性グループの平均ストレス数値(55.06%)がダントツで高くなった。

次に「強く思う」と答えた女性グループ(49.35%)が続いている。

一般的に男性の方が日頃から飲酒機会が多いことから、このような結果になったようだ。

調査は2018年1月15日〜22日、ストレスを数値化するスマホアプリ「ストレスキャン」のユーザー約7300人から回答を得た。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11709668c.html
日記

宅配アイデア


たった18ヶ月で100億円を集めた「宅配アイデア」

元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。今では、AppleやUber、Teslaの元社員も集まっているようです。

加えて、アメリカのトップ大学と名高いHarvardやCambridge、MIT、Stanfordの卒業生までも。

そんなアメリカの秀才たちが一堂に会し、「ロボットの良いところを日常生活に最大限活かす」という企業ミッションを胸に、18ヶ月間注力したら…。

なんと、約100億円の出資を集める結果になりました。

いったい、どんなアイデアが生まれたのでしょうか。


荷物を玄関まで無人で届けてくれる

彼らが開発したのは、自動運転技術を搭載した車。使用用途は、何かを宅配するときに使われるようです。

具体的な例は、提携しているスーパーがオンラインで注文のあった商品を、この車に入れて、たくさんの家の前まで配達をするといったイメージ。

つまり、買い物に行く機会がグッと減るということ。


“あえて”小さくしたデザイン

「Nuro」が車のサイズを普通乗用車よりも小さくデザインしています。ここは、ワケがあります。

曰く、コンパクトに仕上げることで、人が急に飛び出して来たときに、轢いたり追突してしまったりする、事故の確率を下げてくれるようです。

ちなみに、すでにカリフォルニア州から走行の許可を得ていて、遅くても年内にテストを実施するとのこと。

買い物に行くのが「めんどくさい」と考える人は、きっと重宝するでしょう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11709633c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 54 999675
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック