スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ぎっくり腰

「ぎっくり腰」の基礎知識
誰にでも起こり得る「ぎっくり腰」。正式には「急性腰痛症」と呼ばれ、急激な負荷が腰に掛かると発症しやすいといわれている。よくあるのは「重い荷物を持ち上げたとき」「同じ姿勢を続け、急に立ち上がったとき」などで、中にはくしゃみをしただけでなるケースも……。さらに長時間にわたる不自然な体勢、疲労、運動不足、肥満、ストレスといったことが原因でなる人も少なくないようだ。まさかのときに備え、「ぎっくり腰」についての基礎知識をスポーツトレーナーの渡邊亜紀子さんに伺った。
■「ぎっくり腰」は季節の変わり目に注意
一度発症すると、癖になるという。できればお付き合いしたくないものだが、その症状や特徴について聞いてみた。
「急に腰が痛くなり動けなくなり、かつて西洋では『魔女の一撃』といわれていたほどです。狭義の急性腰椎症の場合、ほとんどが原因不明の『椎間関節の亜脱臼(ねん挫)』とされています。発症しやすい季節は決まってはいませんが、寒いと身体が縮こまってしまうことも多いので、比較的気をつけたほうがいいかもしれません。また意外と見落とされがちなのが『季節の変わり目』です。特に寒暖差の大きいときは要注意です」(渡邊さん)
ねん挫の一種とのこと。四季のある日本人にとって、要注意だといえそうだ。
■軽い「ぎっくり腰」ってあるの
「ぎっくり腰になると、歩行困難になるほど大変」というイメージがあるが、人によって程度も違うのだろうか。
「足のねん挫を想像してもらえれば分かりやすいのですが、軽めの人もいれば、動けなくなる人までいますよね。実はぎっくり腰にも軽いものはあるのですが、やはり『動けなくなった』ことにより『ぎっくり腰になった』と気がつく人が多いです。癖になってしまった人の中には、『あ、なりそう』と気付く人も少なくありません」(渡邊さん)
気づかない程のぎっくり腰もあるとのこと。症状が致命的になる前になんとかしたいものだ。
■「ぎっくり腰」になってしまったら!さあ、どうする?
いざ、ぎっくり腰を発症してしまったら、どうすればよいだろう。
「無理な姿勢を取らず、楽にすることも大事です。特に仰向けの態勢は苦しくなりがちです。中には脚を持ち上げた仰向けが楽な人もいますが、それよりも楽な姿勢がある場合はそちらをおすすめします。痛みを感じている部分(またはその周辺部分)が熱を帯びている場合は、炎症を起こしていることが考えられますから、すぐに冷やしましょう」(渡邊さん)
湿布についてよく聞かれるというのでここでも教えてもらった。
「炎症を起こしている場合は患部を冷やし、痛くてつらい場合は痛み止めの薬を飲むことをすすめています。理由は炎症が落ち着いたら、今度はゆっくり温めて欲しいからです。薬局によっては炎症を取り、痛み止め効果のある湿布もあります。ただ痛み止めは、貼るものと飲むものが重ならないように注意しましょう。分からないときは必ず薬局の人に聞いてください」(渡邊さん)
治るまで安静にしたいものだが、仕事などでどうしても動かなくてはならない人はどうすればよいだろう。
「炎症を起こしている場合は、同じように冷やしてコルセットやバンドで固定すれば、多少は動けるようになるはずです。また、薬局で手に入る『キネシオロジーテープ』でテーピングするのもいいと思います。腰に不安があるなら、テーピングはおすすめです。炎症があるうちは『お風呂にゆっくり浸かる』のはNGです。軽めに済ませましょう。炎症が引いたらゆっくり入って温めるのがよいでしょう。気をつけたいのは『症状がやわらがないケース』です。この場合は違う病気の可能性もありますので、必ず病院へ行って下さい」(渡邊さん)
ぎっくり腰になったら、「炎症があるうちは冷やす。それが引いたら温める」のが基本のようだ。「慢性的に腰痛があり、ときどきぎっくり腰になってしまう場合は、普段から温めるほうがよいと渡邊さんは教えてしてくれた。季節の変わり目や寒い季節には、お風呂などで体を温める習慣をつけておくとよいだろう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11708507c.html
日記

実力行使


赤字31路線を一斉廃止へ バス会社、規制緩和に抗議

岡山県を中心にバス事業などを営む両備グループは8日、傘下2社の78路線のうち赤字31路線を一斉に廃止すると、国土交通省に届け出たと発表した。

割安運賃を売り物にする他社が、両備の数少ない黒字路線への参入を計画。国も認める見通しとなったのに抗議する、異例の「実力行使」に踏み切った。

地域住民の足への影響が懸念される。

2002年の道路運送法改正で、路線ごとの乗客数に応じ、国がバス事業者の数を制限する需給調整は廃止された。

小嶋光信・両備グループ代表は8日の会見で「法制度を抜本的に改めない限り、どこの地方でも同様の問題が起きる。泣き寝入りはできない」とし、国や関係自治体、住民らを交え、問題解決に向けた協議の場の設置を訴えた。

今回の廃止路線は延べ113・8キロで、2社の営業距離の22%。岡山、倉敷、玉野、瀬戸内の4市にまたがる。

1日の平均乗客数は計約5600人。

20路線が今年9月30日に、11路線は来年3月31日をそれぞれ廃止予定日としている。

両備によると、岡山市中心部で運賃100円均一の循環バスを走らせている八晃(はっこう)運輸(同市)が昨春、両備の基幹路線である「西大寺線」への参入を国に申請した。

運賃は両備より30〜55%安い設定だという。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11708431c.html
日記

タイヤトラブル


自動車タイヤのパンク、なぜ増加? 

メンテ不足の背景に何があるのか

近年、パンクやバーストといったタイヤのトラブルに起因する救援件数が増えています。メンテナンスの不足が要因といいますが、背景には何があるのでしょうか。

高速道路での救援件数は34%がタイヤ関連

パンクやバーストなど、タイヤのトラブルによるJAF(日本自動車連盟)への救援要請件数が増加しています。2009(平成21)年度に約27万5000件だったものが、2016年度には約37万6000件となっており、四輪車の総依頼件数約231万件のうち、およそ16%を占めているそうです。

バースト(破裂)し、ひしゃげたタイヤのイメージ(画像:Akhararat Wathanasing/123RF)。

このためJAFでは近年、ゴールデンウィークやお盆といったクルマの移動が多くなる時期に際して、ドライバーへタイヤのチェックなどを呼び掛けています。なお、2017年末から2018年始にかけての5日間(12月30日から1月3日)でも、救援依頼のあった3万9258件のうち、タイヤに関する内容が4966件に上っています。

なぜタイヤに関するトラブルが増えているのか、JAFに聞きました。

――救援依頼はタイヤ関連のトラブルが最も多いのでしょうか?

現在最も多い救援項目としてはバッテリー上がり(過放電)ですが、走行系のトラブルとしてはタイヤ関連が最多です。高速道路においてはバッテリー上がりなどの件数が少なくなり、相対的にタイヤ関連の割合が増え、2016年度には約34%を占めています。

ガソリンスタンドの変化が一因?

――なぜ増えたのでしょうか?

フルサ?ビスのガソリンスタンドが減少し、セルフ方式が増えたことで、店員さんに空気圧の点検などを行ってもらう機会が減っていることが一因と考えています。

――実際の救援ではどのように対応しているのでしょうか?

応急処置を行う場合もありますが、近年はスペアタイヤを搭載したクルマが減ったこともあり、タイヤがバースト(破裂)している場合は車両をけん引し、ディーラーなどタイヤが交換できる場所に運ぶことが多いです。

※ ※ ※

JAFが2014年に実施したアンケートでは、マイカーの指定空気圧を知らないという人は36%を占め、推奨されている毎月1回の空気圧チェックを行っている人は、14%に満たなかったそうです。

修理の現場ではどうでしょうか。修理サービスなども手掛けるカー用品量販店「オートバックス」を展開するオートバックスセブン(東京都江東区)によると、タイヤのパンクなどで修理に持ち込む件数は全体的には増えていないといいます。ただ、「毎年夏には件数が増加します。クルマを使う方が増えますし、暑さでタイヤも柔らかくなるからでしょう」と話します。近年は、スペアタイヤの代わりにパンク修理材が搭載されているクルマもありますが、「使いかたがわからない方も多いのか、これを使用したうえで修正に出されるケースはさほど多くないようです」とのことです。

JAFによると、「セルフ式のガソリンスタンドでも、無料で使えるタイヤの空気圧を測る機器が備わっている場合があります。これらも活用しつつ、定期的な点検をお願いします」としています。

【グラフ】セルフ式GSで空気圧チェック、活用している人も多い

JAFが2014年に4243人へ実施したアンケートから。セルフ式ガソリンスタンドの機器を活用し自分で空気圧点検をする人が、全体の3割を占めた(画像:JAF)。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11708423c.html
日記

北陸新幹線の雪対策


雪のなかを走る北陸新幹線E7系

北陸新幹線、雪に強い、強すぎる! 


在来線と何が違うのか

2018年2月8日(木)現在、北陸地方では記録的な大雪が続いています。在来線が2日間にわたり軒並み運休するなど交通が乱れるなか、北陸新幹線は運行を続け、「最強説」もささやかれています。在来線と何がちがうのでしょうか。

金沢駅の在来線は軒並み運休 それでも北陸新幹線は動く

2018年2月4日(日)ころから、北陸地方では雪が断続的に降り、福井市では8日(木)10時時点で積雪量が138cmと、平年のおよそ7倍に達する大雪となっています。

JR西日本金沢支社によると、金沢駅に発着するJRの在来線は、2月6日(火)と7日(水)は終日運休。金沢以東の旧北陸本線を営業するIRいしかわ鉄道線、あいの風とやま鉄道線などでも、この2日間は午前中を中心に多くの区間で運休が発生しました。8日も、JR北陸本線の福井〜金沢間は終日運休が予定されているなど、交通の乱れが続いています。

このような状況のなか、北陸新幹線は6日午前に一部区間で徐行運転を行い、金沢〜富山間の「つるぎ」2本が運休となったものの、それ以降「大きな遅れは発生していない」(JR西日本金沢支社)とのこと。在来線が軒並み運休となるなかで高速運転を続けていることから、インターネット上では「北陸新幹線最強説」もささやかれています。なぜ、これほど雪に強いのでしょうか。



まず、在来線とは線路の構造が比較にならないほどちがいます。

北陸新幹線の長野〜金沢間は、全体の約44%をトンネルが占めるほか、トンネルとトンネルのあいだの短い地上区間は、スノーシェルターと呼ばれる屋根で覆われています。そもそも、線路に雪が積もる部分が少ないのです。雪を捨てたり融かしたり

トンネル以外の区間で多くを占める高架線ではどうでしょうか。豪雪地帯を走る上越新幹線や東北新幹線でも、高架橋内の線路脇に雪をよけて貯めておくスペースがありますが、北陸新幹線はこの基本構造に加え、一部区間では高架橋の側壁(防音壁)に斜めのひさしを設けたり、床面に開口部を設けたりして、雪を線路外へ「捨てる」ことが可能です。

高架区間の一部は、高架下へ投雪できる構造になっている(画像:JR西日本)。

とはいえ、雪を捨てられるのはあくまで、線路の周辺にそのためのスペースが確保されている場所に限られます。このため、市街地や道路との交差区間では、線路の側方に幅1mほどの「融雪パネル」が設置されており、パネル内に加熱した不凍液を循環させることで雪を融かしています。

このような雪を融かす方式としては、線路内にスプリンクラーで散水する設備があり、上越新幹線の上毛高原(群馬県みなかみ町)以北や、東北新幹線の八戸〜青森間では多く採用されています。北陸新幹線でも一部で採用されていますが、糸魚川以西では水を大量に調達できる川が少ないこともあり、「融雪」ではなく「除雪」を主体としています。



ラッセルとロータリーの「合わせ技」

ここで活躍するのが除雪車です。

北陸新幹線で使われる除雪車は、車両の片方が排雪板で雪をかきわける「ラッセル式」、もう片方は、回転する刃でかきこんだ雪を線路外へ投げ飛ばす「ロータリー式」となっていることが特徴です。JR西日本金沢支社によると、この除雪車は「列車の走らない夜間、必要に応じて走らせている」とのこと。列車にも先頭車の下方にスカートのようなスノープラウ(雪かき)がついており、これで雪をかきわけながら高速で走ることが可能だそうです。

なお、除雪車は北海道新幹線や、東海道新幹線でも導入されています。

車両にラッセル装置とロータリー装置の双方を装備している。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11708410c.html
日記

あたたか敷きパッド

氷点下の夜の強い味方「あたたか敷きパッド」。
正しい製品の選び方は?
こんにちは、ふとんや元店長の大野です。氷点下の日が続いたりと、今年の冬は本当に寒いですね。こういうときは眠りも妨げられがち。そこでワンランク上の防寒寝具を考えていきましょう。

皆さんは敷ふとんやマットレスの上になにか載せてますか? 店頭に接客していた頃の感じだと「シーツの上は何もなし」という方も多いようです。

しかし、ブロードやサテンなどのなめらかなシーツは触れるとヒヤッとしますし、ニットのような伸び縮みするものは比較的ぬくもりがありますが、限度もあります。
どうしてシーツだけだと暖かみが足りないかというと、厚みがないからです。単純ですね。蓄熱するうえでわた層による嵩(かさ)の存在はとても大切です。

なのでシーツだけを敷寝具に掛けて眠っているなら、敷きパッドを足すだけで簡単に暖かくなれます。
これはなぜかというと、たいていの「あったか敷きパッドシーツ」は起毛してあるからです。パッドシーツは中わただけでなく、この起毛された“繊維の森”にも蓄熱されます。要はかさが起毛の分だけ増すわけですね。逆にシーツの下だと繊維が倒れてしまい効果が減少します。

でも寒いからと言って敷寝具の上のパッドシーツをどこまでも分厚くできるものではありません。過剰に敷くもののかさを高くしてしまうと、今度は寝姿勢が崩れてしまい、それはそれで害悪です。

程度としては敷寝具本体の性質にもよりますが、「敷パッド1枚分+α」がせいぜい。そこで今度は素材の性能差で暖かさを追求していく必要が出てくるわけです。
敷きパッドの素材で使われる表面を起毛させた繊維には、天然のものと人造のものがあります。ウールやコットンなどは天然もの、アクリルやポリエステルなどは人造ものです。

単純に暖かさを比較していくと、おおよそ天然繊維>人造繊維です。
ところで、ほぼ全ての繊維は吸湿発熱性を持ちます。これは繊維が湿気に触れたときに発熱する性質を持っているということで、とても都合がいい機能です。
というのも睡眠中には寝汗がつきものなので、逆にこれを利用して暖かくなれてしまうんですね。

この吸湿発熱力も、天然繊維は人造繊維を凌駕しています。今でも天然繊維が駆逐されることなく普及しているのには、しっかりとした理由があるんです。

「じゃあ暖かく眠るには天然繊維の敷きパッドを使えばいいんだ」となりそうですが、ちょっと待ってください。
天然ものには大きな弱点もあります。ウールは値段が高く、ちゃんとしたものは文字通り桁が違います。またコットンは湿気を吸ったら吸いっ放しなので、すぐに湿ってしまい、かえって冷えてしまいます。

では人造繊維はどうでしょう? 最近は人造繊維ながら吸湿発熱力を高めたものや、特殊な発熱繊維と混紡したものが増えてきています。また発熱力が低いとされたポリエステルでも、加工で発熱力を強化されたものもあります。
具体的には人造繊維でも「吸湿発熱」を謳っている商品なら普通はOKです。

アクリルならレーヨンなどの繊維と混紡したものがそのいい例で、ポリエステルの場合は静電気対策を行なったものか、長めの起毛のものがオススメです。

結論すると、天然繊維にこだわるならコットンは避け、高価だけどウールを狙う。こだわりがなければ人造繊維で。安価な上にちゃんと効果は得られます。

共通しているのは、天然ものでも人造ものでもしっかりと乾かしてから使うということです。湿気は際限なく睡眠時の体温を奪ってしまうので、しっかり除湿してから眠りましょう。
最後に、サテンのさら〜っとしたシーツの感触が大好き、という方はシーツが一番上でも大丈夫です。それでも敷きパッドの中わたや起毛が完全に無駄になることはありません。極寒の夜を、敷きパッドの工夫で乗り越えてくださいね。
【大野悦史】
元寝具店経営者。都内で十数年ほど寝具店を経営し、その後は寝具コンシェルジュとして活動中。最新寝具のレビュー情報や睡眠豆知識を紹介するブログ「寝具の情報・ニュースまとめブログ」も運営している。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11708404c.html
日記

時間栄養学

なぜ夜に飲むべき? 
「時間栄養学」で考える牛乳の飲み方
「朝食には牛乳やヨーグルトが欠かせない!」朝の乳製品は便秘予防に効果があると言われています。しかし、「やっぱり朝がテッパンよね!」と思うことなかれ。便秘予防なら他の食品でも代用が可能です。乳製品は夜飲む、を新常識に変えてしまう「時間栄養学」を紐解いていきましょう。
■体内時計のしくみ
睡眠や空腹と一緒に語られることの多い「体内時計」。実は「時間栄養学」にも欠かせない要素です。
「体内時計」は生活環境の変化に対応するためのシステムで、体温や血圧、睡眠、運動などの生命活動や心身の健康を管理しています。大きく5つの機能が知られていて、具体的には「日周リズム」「週周リズム」「月周リズム」「年周リズム(季節的リズム)」「90分リズム(超短日リズム)」があります。
例えば「年周リズム」ならば、春夏秋冬の暑さ・寒さに身体が順応することで、上手く生活できるようになっています。この5つのリズムが上手く調和し合って「今」という時間を生きています。
「日周リズム」は人間の感覚では25時間程度の周期です。太陽のリズムは24時間なので狂いが生じやすく、私たちは、朝日を浴びることで1時間分のずれを修正しています。
「日周リズム」は日々の繰り返しなので、ごくたまに「友達に付き合って夜更かし」があっても、朝日を浴びることでリセットすれば大きな問題にはなりません。ところが、常に生活が乱れている人の場合、乱れたリズムがその人のリズムになってしまっているため「たまには早起きしてみよう」と思っても「早起きするほうが身体によくない」と錯覚してしまうこともあります。
これは、由々しき問題です。
■骨粗しょう症とカルシウム
少し話が変わりますが、骨粗しょう症という病気をご存知でしょうか。骨がスカスカになってもろくなる病気です。ただスカスカになっているだけであれば生活に支障はありませんが、骨がもろくなるとちょっとした衝撃でも骨折しやすくなります。特に、大腿骨骨折、いわゆる脚の付け根の骨折のリスクが高くなります。大腿骨骨折は寝たきりになる原因のワースト2に挙げられており、予後がよくありません。
骨は常に破壊と形成を繰り返していますが、通常は両者のスピードが同じであるため、骨の強度は一定に保たれています。ところが、女性ホルモンのバランスが崩れるなどの理由で破壊のほうが早くなってしまうと、骨がもろくなり、骨粗しょう症になります。
また、骨粗しょう症の治療方法はあまりありません。骨量を減らさないようにする飲み薬はありますが、使用して効果が出るのは極初期です。そのため「治療をする」というよりも、「予防をする」ことが大切です。「予防」とは、骨がスカスカにならないように気をつけること。それもかなり早期からはじめること。これに尽きます。
骨を強くするには、適度な運動と栄養が必要です。骨の栄養は「カルシウム」と「ビタミンD」の主にこの2つが骨を形成する際に必要になります。骨形成のスピードを遅らせないためには、この2つの栄養素をしっかり摂ることが重要なのです。
ただ、こういうお話をすると「私は毎朝牛乳を1本飲んでいるから大丈夫」という声が聞こえてきそうです。
先にお話しした体内時計を鑑みると、実は朝の牛乳は少し残念な飲み方なのです。
■牛乳は夜飲もう
骨の形成にはもう1つ重要なものがあります。それは「成長ホルモン」です。成長ホルモンは子どもたちの身体を大きくするために必要なホルモンとして知られています。昔から「寝る子は育つ」と言いますが、その言葉通り、成長ホルモンは夜間に分泌が多くなります。もちろん、成人になった後も、成長ホルモンを分泌して骨の形成を行っています。すなわち、骨の破壊と形成は夜間が活発です。
この説明でピン! ときた人もいると思います。骨を作るのに必要な成長ホルモンの分泌が夜間に多いなら、骨の材料であるカルシウムも夜間に摂るのが理想的。成長ホルモンは睡眠に入って1時間半後くらいから出てくるとされています。だから牛乳は、夕食など寝る前の時間帯に飲むのが◎なのです。
古い映画ですが、『ローマの休日』でオードリー・ヘップバーン演じるアン王女がホットミルクを飲んで就寝するシーンがありました。また、日本には銭湯で湯上りに片手を腰に当てて牛乳を飲む、などというオツな習慣もあります。これらはどちらも、非常に理にかなっていたというわけです。
夜の牛乳はカロリーが気になる、という方は、味は落ちますがスキムミルクがオススメ。また、牛乳は苦手という人はヨーグルトでもOKです。
骨粗しょう症の予防は骨量を減らさないことが大切。そのためには1日でも早く予防を始めることが大切です。中高年はもとより、20代、30代の人たちも「まだ先のことだから大丈夫」と思わず、今日から「夜の牛乳」で骨粗しょう症予防を始めましょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11708395c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 61 999682
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック