スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

磁極反転


地球の磁極の反転が迫っている? 

大規模な停電・電波障害が懸念される

地球の核によって生じる磁場は、強烈な太陽風から地球を守っている。それは宇宙にまで広まっており、オーロラから送電網までさまざまなものに影響を与えている。

地上の生命にとっても重要であるが、実は地球の磁場は過去200年の間におよそ15パーセントも弱まっている。

前から言われていることだが、地球の磁極が反転する兆候であるかもしれないという。

米コロラド大学ボルダー校のダニエル・ベーカー博士によると、本当に反転が起きた場合、送電網が大打撃を受けて、一部地域は「住めなくなる」恐れがあると話している。


地球に悪影響を与える磁極反転

磁極反転の結果、太陽から放たれる強烈な粒子、宇宙線、放射線で劣化したオゾン層を通過して届く紫外線といった目に見えない力が押し寄せ、生きとし生けるものが殺されてしまうかもしれないのだ。

地球の磁極が逆転。その時どうなる? : カラパイア

最新のデータによると磁極反転は目前に迫っている

歴史を振り返れば、北極と南極の磁極はおよそ20万〜30万年ごとに反転を繰り返してきた。しかし、前回反転したのは78万年前のことで、通常の周期はとっくに過ぎてしまっている。

欧州宇宙機関(ESA)の地磁気観測衛星SWARMが集めた最新データは、溶鉄・ニッケルが磁場の発生源の近くの核からエネルギーを漏洩させており、反転が目前に迫っている可能性を示唆する。

反転の具体的なメカニズムまでは定かではないが、専門家によると、特定の”落ち着きのない挙動”から磁場反転の準備が進んでいることを読み取れる。


もし磁極反転が起きると?

仮に磁場が反転してしまえば、地球は太陽風にさらされ、オゾン層に穴が開く恐れがある。そうなれば送電網の壊滅など、甚大な影響が生じるだろう。

それはとても深刻なことだ。数ヶ月間電力が使えない状況を想像してほしい。現代文明は電気なしでは何もできないのだ。

気候の激変も予想される。デンマークで行われた研究では、温暖化は二酸化炭素の排出よりも磁場に関連すると論じている。

それによると、現在地球は大気に入射する宇宙線の量が減少したために、地表を覆う雲が減ってしまう自然の周期を迎えているという。

そのため地上に届く放射線が増加し、がんが2倍に増えるという説も出ている。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン、コリン・フォーサイス博士によると、人為的なオゾンホールによる増加に比べて、放射線が3〜5倍も増える。

それだけでなくオゾンホールは大きく、かつ長期的なものとなるという。


地球は火星のようになってしまうのか?

古代の土器は、磁鉄鉱という鉄に基づく鉱物を含んでいるが、これはコンパスの針のように地球の磁場の流れに沿って並ぶ性質がある。この性質を利用することで過去の磁気の様子を知ることができる。

これを調査した研究者は、過去において磁場が劇的に変化してきたことを発見した。磁北は漂流しており、数十万年に1度の割合で南北が反転しているようなのだ。

仮に磁場がこのまま弱まり続け、数十億年も経過すれば、地球は火星のようになってしまうかもしれない。火星は今は生命など住めない荒涼とした惑星だが、かつて海が存在していたこともある。

だが地球の場合、減衰の速度が速すぎて、核が単に燃え尽きてしまうということはない。代わりに、古代の土器が告げているように、反転が間もなくであると予測される。

既に過ぎてしまった磁極反転サイクル

英国地質調査所によると、地球の磁場は数百万年ごとに4、5回磁極が反転しているが、現在はそのサイクルをかなり過ぎてしまっている。

前出のフォーサイス博士は「磁場反転の時期を正確に予想することはできない」と語る。彼らはおよそ170年間にわたり磁場を記録してきたが、それは反転にかかると考えれられる時間のわずか1〜15%に過ぎないというのだ。

宇宙は生体組織にとって歓迎できないもので満ちあふれている。大気がなければ、そうしたものに直撃されていただろう。その大気を太陽風から守っているのが磁場なのだ。

キツネには地球の磁場を読み取れる力があるという。それを利用して獲物を探し当てているそうだが、鳥、サメ、カメ、アリなどもそういった力を持っているそうだ。

キツネや他の動物たちをじっくりと観察し、そのお力をお借りするときが来たようだ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11707709c.html
日記

消える自販機



消える街角の飲料自販機 「台数至上主義」からの転換

街角にある飲料の自動販売機が次々と姿を消している。

飲料メーカーが長年続けてきた「台数至上主義」を転換し、採算がとれない屋外の立地から撤退を進めているためだ。飲料各社は代わりに屋内での設置に力を入れているが、国内の設置台数は減少傾向が続く。

東京・JR秋葉原駅から徒歩5分。大通りを1本入ったマンションの前の自販機が昨秋に撤去された。周辺の半径100メートルほどのエリアでは、最近2年間でほかに3台が相次いで撤去された。業界関係者は「都内でも屋外の自販機は飽和状態。急速に淘汰(とうた)が進んでいる」と話す。

日本自動販売システム機械工業会によると、全国の飲料自販機の設置台数は2005年の267万台をピークに減少基調が続く。16年は247万台で、ピークから20万台減った。飲料各社が新規の設置を絞り込み、不採算の立地で撤去を進める動きが続いている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11707702c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 77 1017620
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック