スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

スマホ世代とPC

「スマホ世代」はPCが使えない 
ディスプレー押しながら「電源どこ」
米アップルの「アイフォーン(iPhone)」が誕生してから10年が過ぎ、スマートフォン(スマホ)は世界中に広がった。今日では、インターネット接続機器の主役はパソコン(PC)からスマホに交代している感もある。
スマホの機能が向上し、1台あればPCがなくても事足りるようになってきた。特に若い世代はスマホ操作に習熟する半面、PCを使わないがゆえの弊害も出ている。
10代のスマホ利用時間は休日5時間
若者のスマホ利用の伸びは顕著だ。総務省の2017(平成29)年版「情報通信白書」の中に10代、20代の情報行動の解説がある。まず「2012年と2016年とを比較すると、10代はパソコンの利用時間が32分から15分へと顕著に減少している。20代も2016年には自宅でのパソコンの利用は減少している」と説明。反対にモバイル機器を使った10代のネット利用は、12年の75分から16年には108分に増加した。
さらに16年のスマホによるネット利用時間を見ると、10代は平日で185分、休日になると316分に達する。特に休日はSNSに2時間以上、動画投稿サイトの視聴やオンラインゲーム・ソーシャルゲームにそれぞれ1時間程度を費やしている。
他の年代のスマホ利用時間を見てみよう。平日の場合、30代は89時間、40代は80時間だ。休日では30代が118時間、40代が101時間。いずれも10代には遠く及ばない。働き盛り世代から見ると、例えば職場の若者や、あるいは自分の息子や娘がスマホのさまざまな機能やアプリを軽々と使いこなす様子を羨ましく眺める場面があるかもしれない。
しかし就職すれば、文書やプレゼン資料の作成、メールの送受信といったビジネスの基本的な作業は、今のところPCの使用が前提だ。これが、日常生活でPCを必要としない10代にとって悩みの種となる。
東京都内の大学で、PCの基本スキルを学生に教える教員にJ-CASTニュースが取材した。1年生対象の授業で、受講生70人の年齢は18歳がほとんど。デスクトップPCを使って「ワード」「エクセル」「パワーポイント」といったソフトの基本操作を教える。
初めの授業で、教員はひとりの学生にこう声をかけられた。
「電源が入りません」
見ると、PC本体ではなく机の上のデイスプレーを必死に押していたという。
「全角半角キー」の位置が分からず四苦八苦
一部の学生は、キーボード操作でも教員を驚かせた。キーの位置が分からないのだ。「ワード」を使って英語で文書を作成する課題で、半角と全角を切り替えるキーの存在を知らないため、「英語入力ができない」と助けを求めてきた学生がいたと教員は話す。入力作業そのもののスピードも、全体的に遅いと感じている。
クラスにはPC操作やソフトの使い方をある程度習得している学生もおり、できない学生との差が大きい。教員は、「高校までに受ける情報教育の差があるのかもしれません」と推測した。一方で授業の休み時間に学生たちの様子を見ていると、スマホは慣れた手つきで使っていたと明かした。
さらに若い世代はどうだろう。中学2年の娘を持つ都内在住の会社員男性に話を聞いた。娘は普段、スマホで通話や無料メッセージアプリを使い家族と連絡を取り、勉強や音楽・動画鑑賞にはタブレット型PCを活用していると話す。半面PCを利用するそぶりは全くない。学校で課題が出た時に、校内にあるPCを使ったそうだが、家庭では文書の作成といったPC操作はしていない。高校に進学すればPCに触れる授業があるかもしれないが、日常生活では今のところ必要としていないのだ。
だが社会に出れば話は別。オフィスのIT環境は今もPCが主流というところが多いだろう。かつてはデジタル機器に疎い「おじさん世代」を悩ませたPCだが、今は逆にデジタルネイティブ世代がPCを学ぶ時代というわけだ。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11706999c.html
日記

無限とは何か


「無限」とはいったい何なのか?

単なる抽象的概念なのか?

現実に存在するものなのか?

「無限」ってなんだろう?深く考えなければそれは単純に「限界のない」ことである。だが、その意味を深く考えれば考えるほど良くわからなくなってくる。

無限とは単なる抽象的概念だろうか? 

それとも現実に存在するものなのであろうか?

かの天才物理学者、アインシュタインはこんな名言を残した。

無限なものが2つある。宇宙と人間の愚かさだ。

宇宙については断言できないがね!

アリストテレスからドイツの数学者ゲオルク・カントールまで、古今東西の偉大な頭脳たちが「無限」について思索してきた。では結局無限とは何なのか?

無限は一種類だけではない

無限は数学の世界にはきっちり根付いている。だが米コーネル大学の数学者ジャスティン・ムーアによれば、この分野のそれは世の中のそれとは少々異なっている。

「多くの場合、実数直線の終わりにある一種の仮想数を意味しています。あるいは整数で数えるには大きすぎるものを指す場合もあります」

また無限は一種類だけではない。

例えば、数を数えるという行為は、終わりのないある種の無限を象徴している。いわゆる可能無限というやつだ。

理論的には、最大の数に到達することはなく、永遠に数え続けることができる。しかし例えば無限の記号のように、無限に境界を設けることもできる。そしてその境界内にある限りは、際限なく繰り返すことができる。

あらゆる無限が等しく等価であるわけでもない。19世紀末、カントールは、実数の集合が、自然数の集合よりも大きいことを証明したと主張して議論を巻き起こした。整数はすでにして無限であるために、一部の無限は他の無限よりも大きいということになる。またその整数のような集合と対照的に、ある種の無限が不可算である可能性も示した。

「当時、それは衝撃的なことでした」とノルウェー、オスロ大学で論理学と数学を哲学するオイスタイン・リネボは説明する。「しかし数十年をかけて数学の中に取り込まれていきました」

無限がなければ、多くの数学的概念は破綻してしまう。

例えば、円、球、楕円が関係する幾何学の公式に必須である円周率πは、本質的に無限と繋がりがある。それが無理数(分数として表すことができない数)であり、無限に続く小数で構成されているからだ。

また無限が存在しなければ、最大の数というものもあることになる。それは完全なナンセンスである。あらゆる数にさらに大きな数がなければ、きちんと機能しないのだ。

測定不能なものを測定できるか?

しかしながら実世界ではまだ無限は見つかっていない。

もしかしたら、向かい合わせた鏡の表面で無限に反射する様子は見たことがあるかもしれないが、それは光の効果に過ぎず、物体自体はもちろん無限ではない。

「現実に無限が存在するのかどうか、それは大いに疑義のあることです。それに無限は測ることもできません」とリネボ。

その存在を証明するために無限を計測しようと試みても無駄だ。計測できるとは、それはつまり有限であることを意味しているのだ。そう試みても具体的な量を掴めないという結果になる。

「メーターが振り切れます。分かるのはそれだけです」とリネボは説明する。

実世界で無限を探し求めようという試みでは、大抵は宇宙に目が向けられる。我々が知る中では最大の実体だ。それでも、それが無限なのか、それともただやたらと大きいだけなのか証明するものはない。

アインシュタインは、宇宙は有限であるが、境界がないと提唱した。無限と有限の中間のようなものだ。彼は、それを想像できない一種の球であると説明した。

無限というと大きいものが連想されがちだが、数学者の中には無限に小さいものを見つけようとする者もいる。

理論上、線に2つの点の間の区間をとれば、それを二分し続けることができるはずである(これは二分法として知られるゼノンのパラドックスの一種である)。

同じ理屈を物質に当てはめようとすれば、たちまち壁に突き当たる。現実世界の物体を原子やそれを構成する素粒子にまで小さく分解することは可能だ。しかし現在の科学では、亜原子粒子をそれ以上分解できないことになっている。

特異点の無限

現実世界で無限が見つかるとすれば、その最有力候補はブラックホールかもしれない。ブラックホールの中心には、特異点と呼ばれる膨大な質量を内包すると考えられている1次元の点がある。物理学者によれば、この奇妙な1点の密度や曲率といった特性は無限であるという。

特異点において、そうした無限によって多くの等式が破綻するために、ほとんどの物理法則は通用しなくなる。例えば、時空はもはや別個の存在ではなく、融合すると考えられる。

しかしリネボに言わせれば、ブラックホールは実体としての無限の実例には程遠いものだ。「私の印象ですが、物理学者の大半はそこで彼らの理論が破綻すると言っているように思います。無限の曲率や密度になってしまえば、理論が適用できる範囲を超えているというわけです」

ゆえに特異点を説明する新しい理論が必要になるだろう。それは物理世界での可能性を超越するように思える。

現時点において、無限は抽象的概念に留まっている。人間の頭脳によって作り出された概念であるが、果たしてあなたにはそれを思い描くことができるだろうか? そのためには我々の頭脳もまた無限でなければならないに違いない。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11706993c.html
日記

異星人の数を推定する


意外なほど多かった!

シンプルな公式で宇宙に存在する異星人の数を推定。


知的生命の一番近い場所

数十年前、異星人の存在を信じていると堂々と公言するのは、ちょっと気恥しい感じだった。だが今や状況は変わったようだ。

宇宙には2兆もの銀河が密集している。そこにいるのが人間だけだと発言しようものなら、逆に独善的だと言われかねない。

米国で行われた最近のアンケートによると、54パーセントが知的生命体の存在を信じている。半数以上だ。

だが異星人が存在するという具体的な証拠は一切ない。それでも多くの科学者が、宇宙には地球外生命が散りばめられているという見解を支持している。

では異星人はどれくらいいるのだろうか?そして最も近くにいる異星人と地球人との距離を推定することはできるだろうか?

この問いに挑んだ科学者がいる。


異星人の数を推定するドレイクの方程式

1961年、フランク・ドレイクというアメリカの天文学者は、銀河に存在する技術的に発達した文明の数を推定するシンプルな方程式を考案した。

これは「ドレイクの方程式」と呼ばれるもので、アインシュタインの「 E = mc2 」に次いで有名な公式だ。

この公式は、他の恒星の周囲にある居住可能な惑星の数、そこに生命が宿る確率、それが文明を築くまでに進化する確率を考慮したものである。


6つの恒星のうち1つは生命が居住できる可能性が高い

だがドレイクの方程式に頼らずとも、地球外文明の数とその地球との距離を推論することは可能だ。

最近の研究によって、恒星6つのうちの1つは、生命が居住可能な惑星を有していることが明らかにされた。

100万に1つなどというレベルではなく、6つに1つである。これを踏まえて、いくつかの問いを立ててみる。

例えば、地球サイズの惑星100万個のうち、そこに存在する者が技術的に高度に発達しているケースはどのくらいあるだろうかといったものだ。


居住可能な惑星のうち半分が生命を宿したとしてもおかしくない

地球の生命はあっという間に誕生した。それは3億5000万 × 1兆ガロンという海水で無作為に生じた化学反応によって、数百万年を経てもなお再生することができる分子が誕生するという現象である。

これを念頭に置いて考えると、懸命になって煽り立てずとも生命は芽生えることが分かる。ゆえに居住可能な惑星のうち半分が生命を宿すと仮定したとしても、妥当性を欠くわけではない。


知的生命体が存在する確率は高額宝くじを当てるレベル

もちろん、知性を宿すか否かはもっと不確かだ。

仮に生命を宿した惑星100個のうち1つに、思考能力を備えた生命体が誕生するとしよう。そしてフランク・ドレイクの仮定に従い、地球外生命は絶滅までに1万年ほど存続するものとする。

すると恒星系1億個のうち1つに技術的に高度な生命が存在すると算出できる。

これは某宝くじの当選確率にも似ているかもしれない。


異星人の居場所との最短距離

では異星人の居場所との最短距離はどうだろうか。

我々が暮らす銀河における恒星同士の平均距離は地球から恒星「プロキシマ・ケンタウリ」までの距離に等しい4.2光年である。

つまり1辺4.2光年の立方体の中に平均1つの恒星があるということだ。

ここで1辺2000光年というもっと大きな箱について考えてみる。

すると、そこには1億個の恒星が存在し、おそらく高度な文明が1つ存在するということになる。


最も近い異星人文明は2000光年先に1つか2つ存在

こうした計算はかなり大雑把なものだ。それを前提で言うと、最も近い異星人文明は2000光年先に1つか2つ存在すると推定されている。

と言うことは、オリオン座のベルトの部分で輝く3つの星よりも近いということだ。

もちろん、異星人がそれよりも遠い、あるいは近いところにいるという可能性がないということではない。

だが、推定された距離は地球のご近所に異星人はいないと示唆している。

彼らが地球を訪問するインセンティブなどないだろうし、おそらく地球の存在も知らないだろう。


地球人は異星人を訪問することができるのか?

また地球人が他の惑星にいる異星人を訪問することも無理だ。

最速のロケットですら到着までに2000万年かかるのである。地球外生命は存在する可能性が高く、おそらく我々の銀河には1万の文明があり、他の銀河でもそうだと考えられる。

彼らは地球の近所とは言い難いが、それでも発見するだけなら十分近いかもしれない。ゆえに天文学者は今も夜空を見上げ、異星人が発する電波を探し求めているである。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11706991c.html
日記

10大脅威2018

「情報セキュリティ10大脅威2018」発表 
偽警告やビジネスメール詐欺が初ランクイン
情報処理推進機構(IPA)は1月30日、「情報セキュリティ10大脅威 2018」の順位を発表しました。今年は新たに偽警告やビジネスメール詐欺、セキュリティ人材の不足などが10大脅威としてランクインしています。
個人・組織でのセキュリティに関する10大脅威を発表
情報セキュリティ10大脅威 2018は、2017年に発生した情報セキュリティ問題の中で社会的に影響が大きかったものを、情報セキュリティ分野の研究者や企業の実務担当など約100名によって審議・決定されたものです。
昨年同様に、個人・組織という異なる視点での10大脅威が発表されました。
個人の脅威では「ネット上の誹謗・中傷」「偽警告」が新たな脅威に
「個人」の10大脅威におけるトップ3は、1位「インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用」、2位「ランサムウェアによる被害」、3位「ネット上の誹謗・中傷」でした。
順位「個人」の10大脅威昨年順位1位インターネットバンキングやクレジットカード情報の不正利用1位2位ランサムウェアによる被害2位3位ネット上の誹謗・中傷7位4位スマートフォンやスマートフォンアプリを狙った攻撃の可能性3位5位ウェブサービスへの不正ログイン4位6位ウェブサービスからの個人情報の窃取6位7位情報モラル欠如に伴う犯罪の低年齢化8位8位ワンクリック請求等の不当請求5位9位IoT 機器の不適切な管理10位10位偽警告(初のランクイン)ランク外
特に3位の「ネット上の誹謗・中傷」に関しては、昨今SNSを使った犯罪が社会的問題にもなっていることから、昨年の7位より順位を大幅に上げています。
また、4位には「スマートフォンやスマートフォンアプリを狙った攻撃の可能性」、10位には昨年ランク外だった「偽警告」がランクインしています。
2017年はApple Storeにおいても悪質アプリが混入されていたり、iPhoneユーザーを標的にした偽のポップアップ画面でパスワード等が盗み取られる事案も発生していました。
組織の脅威では「ビジネスメール詐欺」「セキュリティ人材不足」などがランクイン
「組織」の10大脅威におけるトップ3は、1位「標的型攻撃による情報流出」、2位「ランサムウェアによる被害」、3位「ビジネスメール詐欺」でした。
順位「組織」の10大脅威昨年順位1位標的型攻撃による情報流出1位2位ランサムウェアによる被害2位3位ビジネスメール詐欺(初のランクイン)ランク外4位脆弱性対策情報の公開に伴い公知となる脆弱性の悪用増加ランク外5位セキュリティ人材の不足(初のランクイン)ランク外6位ウェブサービスからの個人情報の窃取3位7位IoT 機器の脆弱性の顕在化8位8位内部不正による情報漏えい5位9位サービス妨害攻撃によるサービスの停止4位10位犯罪のビジネス化(アンダーグラウンドサービス)9位
1位・2位に関しては昨年と同順位ですが、3位「ビジネスメール詐欺」や5位「セキュリティ人材の不足」に関しては初のランクインとなり、これまでとは異なる脅威が確認されています。
ビジネスメール詐欺に関しては昨年、日本航空(JAL)が約3億8,000万円を騙し取られたことでも大きな話題となり、世間の注目を集めました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11706961c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 49 999670
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック