スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ガンワクチン


「がんワクチン」によって全身の腫瘍が消滅することがマウスによる実験で明らかに
多くの人を苦しませている「がん」の治療でまた新たな成果が報告されています。スタンフォード大学の研究チームは、2つの免疫系刺激物質をマウスの腫瘍に直接注入することで、その部位だけでなく全身に分散していた腫瘍までをも消滅させることができたと発表しています。
がん治療の際に用いられることが多い「抗がん剤」には副作用が多くみられるため、一定のリスクが伴うといわれています。
しかし今回、スタンフォード大学の研究チームが開発した方法によると、2種類のごく少量の薬剤を腫瘍部位に直接注入することで効果的に腫瘍を小さくし、消滅させることが可能になるとのこと。
この薬剤は、体の免疫系に対して刺激を与える物質などからなっており、腫瘍学の教授であるRonald Levy博士はその効果について「このアプローチは、腫瘍特異的な免疫ターゲットを特定する必要性を回避し、免疫系の大規模な活性化や患者ごとの免疫細胞に応じたカスタマイズを必要としません」と従来の治療法との違いを述べています。
Levy博士は、がん治療のために身体に備わった免疫系を活用する「がん免疫療法」の先駆者で、悪性リンパ腫の治療に用いられる抗体薬(モノクローナル抗体)である「リツキシマブ」の開発を導いたこともある人物です。
今回用いられた手法は、腫瘍のある部位に2種類の薬剤をそれぞれ100万分の1グラムレベルの分量で注入することで、特定のガン細胞に作用するT細胞 を活性化させるというもの。
2種の薬剤のうち、一つは「CpGオリゴヌクレオチド」と呼ばれるもので、T細胞の表面上のOX40と呼ばれる活性化レセプターの発現を増幅するために、他の近くの免疫細胞と共に働くもの。
そしてもう一方は、OX40に結合する抗体であり、T細胞を活性化して癌細胞に対する攻撃を率いさせるために用いられます。これら2つの薬剤は主要部分に直接注入されるため、その部位にあるT細胞だけが活性化されます。
このアプローチを実験用のマウスで実施したところ、著しい成果が確認されたとのこと。マウスの体内の2カ所にリンパ腫腫瘍を移植し、2つの薬剤を1つの腫瘍部位を注射したところ、治療が行われた腫瘍だけでなく、体の別の場所にある第2の未治療の腫瘍でも組織の退行が見られたそうです。
この処置により、90匹中87匹のマウスでがんが治癒したことが確認されています。また、3匹のマウスではがんが再発しましたが、2回目の治療の後に組織は小さくなったことが確認されているとのこと。
この結果は、乳房、結腸および黒色腫の腫瘍を持つマウスにおいて同様に確認されているそうです。
また、10個ある乳房組織すべてにおいて乳がんを自然発生的に発生させるように遺伝子操作されたマウスも、この治療に反応したことがわかっています。
そして、最初に起こった腫瘍を治療することで、将来の腫瘍の発生を予防し、個体の寿命を有意に延長することができることも分かっています。
さらに詳細なデータをとるために、研究チームは2種類の腫瘍をマウスに移植することによってT細胞の特異性を調査しています。
マウスにはまず、元と同じリンパ腫がん細胞を移植してから、別の場所に大腸癌細胞株を移植。こうして別の腫瘍細胞を持つ状態にした上で処置を行ったところ、結腸がんの細胞だけが影響をうけなかったとのこと。
つまり、特定のがん細胞だけを攻撃できる手法であることが確認されたというわけです。Levy博士はこの結果に対し、「これは非常にターゲット性が高い手法です。T細胞が認識しているタンパク質を正確に特定することなく、特定の標的を攻撃しています」と語っています。
今後、Levy博士は低悪性度のリンパ腫患者約15人を募って臨床実験を実施する予定とのこと。これが成功した場合、Levy博士はこの治療が多くの腫瘍タイプにとって有用なものになると考えています。
Levy博士は「免疫系によって攻撃を受けるものである限り、私たちは潜在的に治療できる腫瘍の種類には限界があるとは思っていません」と述べています。



先月のNHKラジオ第二放送によりますとガンの免疫療法について最前線の治療方法が述べられていました。
外科療法、化学(抗ガン剤)療法、物理(放射線)療法、などで効果の無かった患者であっても免疫療法では完治することがあるようです。
おおいに注目すべき内容でした。



ガン細胞を元の良性細胞に戻すことが可能である研究結果が明らかに
ガンは一般的に完治することが難しい疾患として知られていて、手術治療や抗がん剤治療など患者に大きな負担がかかる治療法が適用されるのですが、アメリカにあるMayo Clinic病院の研究グループがガン細胞を元の良性細胞に戻す実験に成功しており、新たなガン治療の方法として大きな注目を集めています。
通常の細胞は接着タンパク質という物質のおかげで細胞同士がひっつくことができており、この接着タンパク質は上皮組織を形成するのに必要不可欠なガン抑制因子でもあると長い間考えられてきました。しかしながら、Mayo Clinicの研究者たちはこの理論に異論を唱え、接着タンパク質がガン細胞にも存在し、ガン細胞の成長に必要な要素であるという理論を主張していました。接着タンパク質には「ガン抑制因子」と「ガン細胞の成長に必要」という相反する2つの側面をもっている可能性があるというわけです。
そこで研究グループが実験をしたところ、ガン細胞内に接着タンパク質が存在することがわかり、また、接着タンパク質に異常が発生したときにガン細胞が常軌を逸したスピードで成長することが判明しました。研究グループが主張した理論が正しかったと証明されたというわけです。
この実験ではもう1つ重要なことが判明しています。それは「接着タンパク質」と「microRNA」という分子に相互作用があることです。通常の細胞同士が接触する場合、microRNAは細胞の成長を促す遺伝子の動きをストップさせる作用があるのですが、ガン細胞内の接着タンパク質に異常が発生すると、microRNAにも異常がでていることがわかりました。
さらに研究者グループは実験を続け、通常の細胞内にあるmicroRNAを破壊すると、細胞の結合を切断するPLEKHA7というタンパク質の生成が防がれ、細胞が増殖を繰り返しガン細胞に切り替わることが判明しました。また、そのプロセスを反転させる、つまりガン細胞中のmicroRNAを通常レベルにまで修復すると、ガン細胞の成長が止まるどころか、成長が退化し元の細胞に戻ったことが確認されました。簡単に言えば、細胞の過度な増殖と危機的な成長を防ぐ機能(microRNA)を修復することで、ガン細胞の成長をストップさせ元の細胞に戻すことができた、というわけです。
実験を率いたAntonis Kourtidis博士は「一連の実験により接着タンパク質とmicroRNAというかけ離れた存在同士に相互作用があることがわかったことは、今後のガン治療に光をさすかもしれません」と話しています。ただし、ガン細胞が元の良性な細胞に戻ったのは、急性の乳ガン、肺ガン、膀胱ガンでの場合のみです。研究グループは「厳しい化学療法や手術を必要とせずにガン治療ができる未来がくるかもしれない」と希望を抱いています。
なお、日本では鳥取大学医学部の研究グループが、2014年にmicroRNAを悪性度の高い未分化ガンに注入すると、正常な細胞に戻すことが可能なことを世界で初めて発見しました。ただし、日本の鳥取大学医学部が行った実験はマウスを使ったものなので、今後の実験により人間への効力が証明されることが期待されるところです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11706822c.html
日記

キュランダ鉄道


元祖インスタ映え! 

テレビ番組「世界の車窓から」の幕開けを長年飾ったキュランダ鉄道

気ままなマイカーやスピード感のある飛行機など、旅の移動手段はいくつもある。そのなかで特に旅情を誘うのが、列車の旅ではないだろうか。

オーストラリアのキュランダ高原列車は、誰もが一度は目にしたことがあるだろう長寿番組『世界の車窓から』(テレビ朝日系)のオープニングを10年間も飾ったことで有名。レトロな車両と自然の絶景のコントラストが絶妙で、まさに元祖インスタ映えする旅なのだ。

オーストラリア北部の熱帯雨林を縫って走る歴史ある列車

今回のキュランダ高原列車の出発点は、キュランダ。

到着点はオーストラリア北部の町、ケアンズ。グレートバリアリーフの玄関口やアイランドリゾートの起点として、日本人にも人気のリゾート地だ。そのため海のイメージが強いが、うっそうとした熱帯雨林のジャングルが間近に控えている。

キュランダ高原列車の開業は1891年と歴史は古く、国内外の旅人に今も愛され続けている。 33kmの距離を約1時間45分かけてのんびりと走るため、慌ただしい毎日を過ごす人にとってはそれだけで癒されそう。国立公園に指定されている峡谷を縫って走り、途中では雄大なバロン滝を眺めるために列車が停車するサービスもある。列車に乗るだけでワクワクする冒険感を満喫できるのも人気の秘密だ。

1世紀を経て進化し続ける

レトロな車両やかわいい駅舎など、キュランダ高原列車はビジュアルもかなり高得点。普通車両でも十分にその雰囲気を満喫できる。だが、2006年から新たに導入された“KSRゴールドクラス”は、本物を知る大人に人気が高いそう。まず、深みのあるグリーンの外観や、各所にベルベットを用いたビクトリア調の内装など、車両そのものが特別仕様になっている。

車内には専用のアテンダントがおり、列車の歴史や窓から見える景色にまつわる逸話などを披露してくれるほか、乗車中のケアもしてくれるのだという。軽食や冷えたビールやスパークリングワインなども用意されているそうなので、大人のリラックスした旅にうってつけだ。

キュランダ駅を降りると世界遺産のジャングルが!

“キュランダ”とは先住民の言葉で、熱帯雨林にある町という意味。片道約2時間の旅の出発点、キュランダ駅は世界遺産に登録される熱帯雨林の中にある。映画『アバター』で描かれた森も、ここをモデルにしているというからいかに緑深い森かわかるだろう。太古の大自然が息づきながら、一方で豊かな文化も育まれているのがキュランダの懐の深いところ。温かな気候と自然のパワーに魅せられ、1960年代頃からはヒッピーやアーティストがこぞって集った。今も流れる肩のこらないゆるやかな空気が、多くのツーリストを引き寄せている。

キュランダはわずか人口700人程度の小さな村だが、遊ぶ場所には苦労しない。アーティスト手作りの作品やオーガニックな品々などを買えるマーケットは、お土産探しにオススメ。探検好きなら、熱帯雨林の中を散策するのもいい。整備された遊歩道なので初心者も安心にトレッキングできるだろう。オーストラリアのシンボル、コアラを抱っこできる動物園や、見たものは幸せになれると言い伝えられる青い蝶“ユリシス”が見られるバタフライサンクチュアリなど、生き物好きにたまらない場所も点在する。だがもしも、やりたいことが見つからなかったら、無理に見つける必要はない。そこにただぼんやりと居るだけで、十分に心が満たされるはずだから……。いつ誰と行っても、きっと楽しめる何かが待っているに違いない。

日本からはケアンズへの直行便もあるが、すぐには行けないという人も多いはず。そんな方は、まずは番組を見てゆるやかな空気漂う暖かな気候と絶景を眺められる列車に乗った気分になってみてはいかがだろうか。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11706742c.html
日記

南極観測隊用防寒具

「安いよね」南極観測隊が−20度で着るあったか防寒具の総額 マツコが驚き
1月31日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」(テレビ朝日系)で、南極観測隊が身に付ける防寒具の総額が明らかになった。
番組では、今冬の異例の寒波を暖かく過ごすべく、−20度の南極で活動する観測隊の防寒具に着目した。どれだけ暖かいかを試すのは、全裸でお盆を使った芸をするアキラ100%だ。
スタッフは南極観測隊が所属する国立極地研究所に連絡。送られてきた個人装備のリストを見ると、mont-bellやpatagoniaなど市販メーカーが中心だったという。
そのリストから以下の14点を番組が用意して紹介した。
(1) 靴下 マウンテニアリング・Smart wool(3,348円)
(2) 目出し帽 SONIC BALACLA・VA・OUTDOOR RESEARCH(5,400円)
(3) 手袋 メリノウール インナーグローブ タッチ・mont-bell(1,512円)
(4) 上半身インナー Capline TWクルー・patagonia(1万1,880円)
(5) 長袖シャツ R1 Hoody・patagonia(2万1,600円)
(6) 防寒キャップ Expedition Cap・THE NORTH FACE(1万2,960円)
(7) ネックゲーター ストレッチ CP200 ネックゲーター・mont-bell(1,944円)
(8) フリースジャケット Super Versa Loft Jacket・THE NORTH FACE(2万7000円)
(9) オレンジ色のアウター ポーラーダウンパーカー・mont-bell(3万9,420円)
(10) 下半身インナー Capline TW ボトム・patagonia(1万1,880円)
(11) ズボン ポーラーダウンビブ・mont-bell(2万9,700円)
(12) 靴 IMPACT・BAFFIN(269.99カナダドル/約2万4,000円)
(13) ゴーグル GUEST-MPDH・SWANS(1万5,120円)
(14) 手袋 セキュアサーモ ネオ・AOI WORKS(2,980円)
アキラ100%は、南極と同じ寒さである−20度の冷凍庫で、1点ずつ着ていった。全裸にお盆ひとつで入ると1分も耐えられない中、素足のアキラ100%が最初に求めたのは(1)靴下。内側全体にクッションがあり、起毛の毛足が長く暖かいそうだ。
次は顔が寒いと訴え、(2)目出し帽をかぶる。続いて、上半身用のアイテムである(3)〜(9)を身に着けた。(9)のダウンは一般的なものと違い、風の侵入を防ぎ、抜群の保温性だそうだ。
続けて、ようやく(10)以降の下半身の防寒を開始し、(11)のズボンは「羽毛布団に入ったときみたい」だとか。(12)の靴は、−100度まで耐えられるそうで、アキラ100%も思わず「あったけぇ! あったけぇ!」と連呼していた。
最後に、アキラ100%が−20度の冷凍庫から出ても、全14点の防寒具を身に付けていると「差がほとんどない」ように感じられたとのことだ。
なお、南極観測隊が身に付ける防寒具の総額は約22万円だった。スタジオの有吉弘行は「ダウンだけで、それだけするかと思ったけど」「もっと特殊なもん、使ってるかと思った。宇宙服ぐらいのね」と驚いた。マツコ・デラックスも「安いよね」「全部、買えんだね」と漏らしていた。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11706700c.html
日記

人食い山で遭難しました


フランス・サランシュの病院でAFPの取材に応じる登山家のエリザベート・レボルさん(2018年1月31日撮影)

登頂の喜び一転、救出された女性登山家 恐怖の下山語る

【AFP=時事】「人食い山」の異名を持つパキスタン北部にある世界最高峰クラスの高山、ナンガ・パルバット(Nanga Parbat、標高8125メートル)で、夜間の困難な救助活動により遭難から救出されたフランス人登山家のエリザベート・レボル(Elisabeth Revol)さんが、衰弱し出血していた登山パートナーを残して暗闇の中、単独下山せざるを得なかった状況を語った。

フランスのオートサボア(Haute-Savoie)県の病院でAFPとの単独インタビューに応じたレボルさんは、救助隊からポーランド人のトマシュ・マツキェビッチ(Tomek Mackiewicz)さんを残して下山するよう強く求められたと語った。

レボルさんにとって4度目、マツキェビッチさんとは3番目の挑戦となったナンガ・パルバットの冬登山で、ふたりは極寒と強風の困難に見舞われた。ポーランド人の精鋭登山隊が何とかレボルさんのいる場所まで登ることはできたが、さらに高所で動けなくなったマツキェビッチさんまでたどり着くことはできなかった。

レボルさんの救出後の体重はわずか43キロ。レボルさんは12月15日にフランスを出発、1月20日にマツキェビッチさんとともに登山を開始した。

数日後、頂上に接近した2人は「とてもいい気分だった」とレボルさんは振り返る。夕方の早い時間、ついに山頂にたどり着いた。レボルさんは、酸素ボンベや案内人なしで冬季のナンガ・パルバット登頂に成功した最初の女性となった。

だが彼らの喜びは長くは続かなかった。

「トマシュが『もう何も見えない』と言ったのです」とレボルさんは話す。

「日中少しもやがかかっていたので、彼はマスクを使用しませんでした。そして日が暮れる頃には眼炎になっていたのです。山頂にいたのはほとんど一瞬でした。下山を急がなければならなかったのです」

■遭難信号

マツキェビッチさんがレボルさんの肩にしがみつき、ふたりは暗闇の中で長く困難な下山を始めた。

「ある地点で彼は息ができなくなったのです」とレボルさんは語った。「口の前につけていた防護具を取り外したところ、凍え始めたのです。鼻が白くなり、手そして足が白くなりました」

2人はクレバスの中で夜通し身を寄せ合い、身を切るような強風から必死に身を守ろうとした。だがマツキェビッチさんはもはや下山を続ける力を失い、夜明けまでに状態はさらに悪化した。

レボルさんはマツキェビッチさんが「口から血を流していた」のを覚えているという。むくみの症状だ。体内の液体が鬱滞(うったい)する、急性高山病の最終段階だった。緊急に手当てをしなければ命取りとなる。 

レボルさんは出来る限りの人々に遭難信号を発したが、送信の途中で消えてしまったメッセージもあった。

ついに救助隊から指示が来た。「彼らは私に、『6000メートルまで下山すれば迎えに行ける。そして7200メートル地点でトマシュを救助する』と言ったのです」「私が決めたことではありませんでした。私に課されたのです」

マツキェビッチさんに対しレボルさんは「いい?午後ヘリコプターが到着する。私は下りなければならない。救助隊はあなたを迎えに来る」と簡単に伝えた。

救助隊へGPS座標を送信しながら、生きて帰ると自分自身に言い聞かせ、何も持たずに下山の路についた。「テントも布団も、何も持たずに」

■幻覚

レボルさんは救助隊がその午後遅くに到着すると思っていたが、現れなかったため、クレバスの下でもう一夜過ごすことを余儀なくされた。

ただ、「脱け出せると思っていた。穴の中にいて凍えるほど寒かったけれど、絶望的な状況ではなかった。私よりずっと衰弱していたトマシュのことを心配していた」と言う。

そこで彼女は高所で起こる幻覚を見始めた。皆が温かいお茶を持ってきてくれるのだが、そのお礼に靴を差し出さなければならなかった。裸足のまま5時間を過ごしたため、足が凍傷にかかった。

6800メートルのところでレボルさんは疲労困憊(こんぱい)し、体力を温存し体温を保つために動かずにじっとしていることにした。

ヘリコプターのプロペラの音が頭上に聞こえたとき、彼女の希望が高まった。ただ風が強度を増し、救助隊は着陸できなかった。

外で3回目の夜を過ごさなければならないと知った時、レボルさんは「生きられるかどうか疑い始めた」と語った。また、ポーランド人の登山隊が送信したとされる、迎えに行くというメッセージは受け取っていなかったという。

ついに彼女は濡れた手袋と凍りついた足で最後の下山を始めた。そして何とか午前3時頃、テント小屋のひとつにたどり着いた。

「そして二つのヘッドランプが近づいてくるのを見たのです。そこで叫び始めました。そして自分に『オーケー、もう大丈夫』と言い聞かせました」

「感無量でした」

レボルさんはその後、パキスタンのイスラマバードに飛行機で移動し、その後スイス経由でフランスに帰国した。

また登山をするかとの問いにレボルさんは「すると思います」と答えた。「私には必要なんです」 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11706698c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 45 999666
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック