スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

カテゴリカルデータ


なぜ不景気でも「平均所得」は上がるのか

■統計データは見せ方次第で意味が変わる

さまざまなニュースや論評などで、根拠として各種の統計データが用いられる。データがあれば信憑性が増し、視聴者や読者の納得を得やすいからだ。

しかし、統計データは見せ方次第で意味が変わってくることがあるので、注意が必要である。たとえば、インターネットのブログに次のような内容が書かれていたとしよう。

「景気は回復傾向にある。なぜなら年収1000万円以上、同500万〜1000万円未満、同500万円未満のどの階層でも、平均所得が上がっているからだ」――。

なるほど、高所得層も低所得層も平均所得が増えているということは、景気が上向いていると考えられる。しかし、自分の所得は増えていないし、景気回復も実感できない……。

この疑問を解くために、ここではわかりやすく、ある国の国民を「高所得者」と「低所得者」の2種類のカテゴリに分けて考えてみる。両者のボーダーラインは500万円だ。そして、この国の人口は4人で、それぞれ所得は1400万円、600万円、300万円、200万円である(図)。2つのカテゴリの平均所得額を見ると、高所得層の平均は1000万円、低所得層は250万円ということになる。

ところが、不景気になり全員の所得が2割減ったとしよう。すると、高所得者のうちの1人(600万円)は、低所得者のカテゴリに移動する。その結果、高所得カテゴリにいるのは元1400万円(現1120万円)の人だけになり、平均はその人の所得1120万円とイコールになる。

一方、低所得カテゴリは、元600万円(現480万円)の人が移ってきた影響で全体が押し上げられ、カテゴリの平均は293.3万円となった。つまり、不景気で4人全員の所得が2割減ったにもかかわらず、いずれのカテゴリでも平均所得は上昇したのである。


■データと実感の間に「差」が生まれる理由

今回は4人という少ない人数で見たが、実際に「全カテゴリの平均所得が上昇すると同時に、貧しい人が増える」という状態は、景気の悪化局面で起きることがあるのだ。

さて、前述のネットブログは、景気回復の根拠として、どの階層でも平均所得が上がっていることをあげていた。しかしいま見たように、必ずしもそうとは言えないことがわかる。これがデータと実感の差、違和感への答えである。このような「集団全体の性質と、集団を分けたときの性質が異なる」現象を、「シンプソンのパラドックス」と呼ぶ。

ちなみに、今回のカテゴリは500万円を境界線にしたが、400万円にするとどうなるか。元600万円(現480万円)の人も高所得カテゴリに残り、高所得層の平均は「(1120万+480万)÷2=800万円」。低所得カテゴリは「(240万+160万)÷2=200万円」となる。不景気になり、確かに両カテゴリともに平均所得が下がっている。

このように不連続なデータを「カテゴリカルデータ」というが、もともと連続なデータを自分の主張に合わせて区切り方を調整することができる。したがってデータが正しいからといって、その主張が必ずしも正しいとは言えないこともあるので注意したい。

(東北学院大学 工学部教授 神永 正博 構成=田之上 信)




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698709c.html
日記

予言的中


エコノミスト(1988年)が2018年のビットコイン隆盛を完全予言していた! 

イルミナティの計画が実現、イーサリアムもNWOの一環だ!

あのビル・ゲイツも愛読しているイギリスの政治経済紙「The Economist」。

世界の各地域をカバーした鋭い分析からなる記事が情勢に与える影響も大きく、世界でもっとも重要な政治経済紙の一つと見なされている。

また、毎年年末に刊行している『世界はこうなる』シリーズの表紙は、翌年の世界情勢を暗示しているとして有名だ。

そして、今回ご紹介するのは、過去にエコノミストの表紙で予言されたことが、完全に実現してしまった例である。


■1988年の「The Economist」がビットコインの出現を予言していた!

オンラインニュースサイト「Collective Evolution」(4日付)が、1988年に刊行された「The Economist」の表紙が2018年の状況を完全に言い当てていたと報じているのだ。

紙の紙幣が燃える中、どこか見覚えるのある硬貨が真ん中に描かれている。そして、その硬貨には2018とはっきりと記されているではないか。

さらに、右上には「世界通貨に備えよ!」とまで書かれているのだ。まるで30年も前に昨今のビットコインの隆盛を完全に見抜いていたかのような印象を受ける。

「Reddit」ユーザーによると、同紙9〜10ページには次のような“予言”まで書かれているという。

「今から30年後、アメリカ人、日本人、ヨーロッパ人、他の豊かな国の人々も比較的貧しい人々も同じ通貨で買い物をするようになるだろう。

その通貨はドルでも円でもドイツマルクでもなく、“フェニックス”と刻印されることだろう。企業や消費者は、その利便性において、このフェニックス通貨を既存の国家通貨よりも好むようになるだろう」

ビットコインの運用が開始されたのは2009年のこと。それ以前にも仮想通貨という概念は90年代半ばからあったようだが、1988年の時点では今日の仮想通貨の隆盛を予言することは普通に考えればほぼ不可能だろう。

一体どうして「The Economist」はこれほど正確な予言を30年も前にすることができたのだろうか?

イルミナティの計画が実現か

ここで思い起こされるのが、世界の統一を目論む秘密結社「イルミナティ」と、彼らの悲願であり、一部の資本家とエリートが全世界の民を管理する計画「新世界秩序(NWO)」である。

実は「The Economist」グループのオーナーにはロスチャイルド家が名を連ねており、ユダヤ金融資本の手中にあることは明白な事実なのだ。おそらく、彼らは自分たちの計画の一端を「The Economist」の表紙を通して布告していたのではないだろうか? 

すると、これは予言が的中したのではなく、「計画が実現した」ということになるだろう。

昨年、ビットコインは急騰・急落を繰り返しながらも、12月には1ビットコインの価値が初めて12000ドルを超えた。

2018年のビットコイン予想はそれほど明るくないが、ここに来て大きな注目を浴びているのが、ロスチャイルド家とともに「イルミナティ」の中核を成すロックフェラー家の息がかかっているといわれる仮想通貨「イーサリアム」であることも興味深いだろう。

イーサリアムはマイクロソフトやロックフェラー系投資銀行のJPモルガンからも支持されていることから、2018年にはビットコインに迫る仮想通貨になるとも目されている。

ちなみに、マイクロソフトもJPモルガンも、もちろんニューワールドオーダー側である。

いずれにしろ、2014年にビットコイン交換所である「マウントゴックス」社が破産した頃からは考えられないほど、仮想通貨は世界的な知名度を獲得し、我々の生活に浸透しつつあることは確かだ。

「The Economist」が暗示するように、ビットコインやイーサリアムが世界通貨になる日もそれほど遠くないのかもしれない。

今後の仮想通貨情勢からますます目が離せない。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698684c.html
日記

予習か復習か

「学歴は浮輪。人生を泳ぎやすく」
ロザン菅さんの“勉強法指南本”が人気「身の丈にあった勉強法」
30代の女性と結婚したことを元日にツイッターで明らかにした、お笑いコンビ「ロザン」の菅広文(すが・ひろふみ)さん(41)が、相方で京都大学法学部卒の宇治原史規(うじはら・ふみのり)さん(41)の勉強法を元ネタにした勉強指南本「身の丈にあった勉強法」(幻冬舎)を出版した。
「予習と復習、どちらかを捨てるべき」など理想論を捨てた勉強法は、ユニークだけれど納得のいくものも多い。
いわば宇治原の伝記です
菅さんと宇治原さんは、大阪教育大学の附属学校である大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎の同級生。京大に現役合格した宇治原さんの勉強法をずっと観察してきた菅さんは、これまでにも宇治原さんを元ネタに、「京大芸人」や「京大芸人式日本史」など数々の本を出版、ベストセラーも生み出している。
新刊「身の丈にあった勉強法」は、普通の人に向けて、勉強へ取り組む姿勢や具体的な方法に言及した1冊だ。菅さんは、「まあ、宇治原を使った金もうけですよ(笑)」と前置きした上で、「世の中にかしこい人が書いた勉強法の本はたくさんある。でも、普通の人はやりづらい方法であることも多い。普通の人の偏差値が5上がる勉強法を書きたかった」と説明する。
勉強の本なら、宇治原さんが書いたほうがいいという声もあるが、宇治原さんは「菅さんはおもしろい本を書くことができる。ぼくは、自分の勉強法を説明はできるんですけれど、おもしろく書くことはできないので」と話す。
“高性能勉強ロボ”とも言われる宇治原さんの勉強法を、大阪府立大中退で、自称“中学歴”の菅さんのフィルターを通すことで、わかりやすく、おもしろく描き出している。
「いわば宇治原の伝記です。徳川家康の伝記って徳川家康が書いていないですよね。本人が書くと周りの目を気にするから、ちょっと嘘をついたり、かっこよくしたりすると思うんですよ。たとえば、宇治原なら毎日11時間勉強したのに、ちょっと短めに言うかもしれない」と菅さん。
「身の丈は変わる」
本書で紹介される勉強法は、一般的に言われていることとは逆の思い切った提案も少なくない。しかし、菅さんの体験や宇治原さんのエピソードを元に、ユーモアたっぷりに論理展開されると、すっと納得できてしまう。
たとえば、《『予習』と『復習』、どちらかを捨てるべき。》という提案。
菅さんは、《まじめな子ほど、予習・復習両方やろうとするので時間がなくなってしまうのではないでしょうか?》と問題提起。睡眠時間が削られて授業中寝てしまうことはあるだろうとした上で、《聞いていなかった授業の復習をしても意味がないです》と断言。予習のため、教科書をぱらぱら読むだけでも、授業の理解度が変わってくると説明する。
勉強にまつわる常識や理想論を疑い、現実的な方法を探していくのだ。
書名に「勉強法」とあるものの、学生だけでなく、子供のいる親や、社会人にも受け入れられているようだ。菅さんは「印税を考えて誰でも読めるようにしました」とちゃかす。
キーワードとなるのが、タイトルにも使われている「身の丈」という言葉だ。
ビジネス書や自己啓発本では、「理想」や「成長」など前向きな言葉が多く使われる。そういった言葉に比べ、「身の丈」はややネガティブな印象を持たれたようだ。
しかし、菅さんは「この本の取材を受けていて、身の丈という言葉が肯定的にとらえられていないということに驚いたんです」と明かす。「普通の人がいきなり東大を目指す勉強法をやってもたぶん、成績は変わらない。身の丈にあった勉強をしていくうちに、偏差値も5上がり、10上がりと、なっていくはず。ぼくは身の丈は変わると思っているんです」
《『偏差値30アップの勉強法』は、ほとんどの人にとって意味がない。》
《身の丈にあっていない高校・大学に入ると、成績が伸びなくなる。》
これらの勉強法を通して、繰り返し菅さんが語るのは、自分の現在いる場所を知り、自分がどう生きたいか、将来をきちんと考えることの大切さだ。それは、ありのままの自分を見つめ、自分なりの成長方法を模索することでもあるし、背伸びせずに楽に生きる方法でもある。
「子供には学歴を求める傾向がある」
宇治原さんをネタに数々の本を執筆してきた菅さんだが、根底にあるのは、宇治原さんをはじめ勉強を頑張ってきた人への尊敬のまなざしだ。
「勉強ができる人がもっと評価されてもいいのに、というのが裏のテーマ。運動ができるとか絵がうまいとかと一緒の評価でもいいはず」と菅さん。
本書でも学歴についての考え方を明かしている。
《高学歴の方は、スポーツで結果を残した方よりも、結果を言いにくい現状があると思います。》
《高学歴の方はもれなく、僕よりも頑張っていました。宇治原も、僕よりも頑張って勉強をしていました。(中略)だから僕は、胸を張って宇治原を尊敬していると言えます。》
もちろん社会には、学歴がなくても成功する人はいる。しかし、菅さんは自分が体感した傾向として、《「学歴があろうが、なかろうが、自分の子供には学歴を求める」》と指摘する。
菅さんは「学歴は浮輪のようなもの。自分の子供が海やプールで泳ぐときに、親は最初、浮輪をつけさせますよね。自分が浮輪をつけていなかった人は泳げたけれども、すごくしんどかったと思うんですよ。だから子供には浮輪を使わせたい」。一方で、“浮輪”にはデメリットもある。「欠点は、泳ぐスピードが遅くなること。ある段階で、浮輪を取らないと難しいかな。ただ、宇治原さんは、ずっと浮輪で泳いでいますよね(笑)」。
京大卒が、芸人としての売りにもなっている宇治原さんは「ぼくは浮輪泳法を編み出したんです。浮輪をつけても早く泳げると自負しています」ときっぱり。菅さんは「ぼくは、浮輪泳法をしている宇治原さんの足をつかんでいるんですよ。『浮輪はええなあ』って」とにやりと笑った。
宇治原さんが出演するクイズ番組の賞金も、菅さんの本の印税も折半制だという2人。お互いへの尊敬が、コンビの活動をより広げているようだ。(文化部 油原聡子)
ロザン 1976年、大阪府高石市生まれの菅広文さんと、同年、大阪府四條畷市生まれの宇治原史規さんによるお笑いコンビ。96年結成。ふたりは高校(大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎)時代の友人。デビュー当時は宇治原さんが京都大学、菅さんが大阪府立大学の現役学生(後に中退)だったので、「高学歴お笑いコンビ」としても知られている。
大阪を中心に活動していたが、ツッコミ担当の宇治原さんが2006年、「平成教育予備校」(フジテレビ)をきっかけにクイズ番組などの特番で引っ張りだことなり、全国区に進出。
一方、ネタ作りを担当する菅さんは08年、宇治原さんの京大合格までの勉強法やコンビ結成、オーディション合格までを書いた「京大芸人」(講談社)、09年にその続編「京大少年」を刊行。合わせて20万部に迫るベストセラーに。菅さんはツイッターで、30代の一般女性と結婚ことを17年元日に明らかにした。その中で、「「祝儀はこちらでお願いします」と、「身の丈にあった勉強法」のサイトへのリンクを張った。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698674c.html
日記

男はすぐやせる


朗報!実は「男の脂肪」は簡単に落ちる

無理なく25キロ落とした筆者が語る

年を重ねるにつれ貫禄が出るのはいいが、ベルトの上にはみ出す“おやじ腹”はいただけない。でも面倒な運動はしたくないし、飲みの誘いも断れない。ダイエットなんて遠い話……と諦め気味の男性諸君、大丈夫、男は思い立てばすぐに痩せることができるのだ。

人とのコミュニケーションが苦手で40歳でうつ病を発症、体重が83キログラムまで増えてしまった筆者が、 『なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』(かんき出版)にまとめた、2年間で25キログラムを落とした方法を公開。腹が凹めば人生が変わる。それをぜひ体感してほしい。

ついつい宴会で食べすぎた翌日、体重がなんと2キログラムも増えていた……!?慌てて昼食を抜き、夕食を減らし、ほっとひと安心。でも日々こうして努力しているのに、一向に痩せる気配がないのはなぜなのか……。

そんな悩みと脂肪のついた腹を抱えているそこのあなた。その努力、ちょっとズレているのかもしれない。

「食べすぎの翌日に食事を抜く」のはNG!

1日で2キログラムの増加、驚き焦ってしまうのもわかるが、しかしそれを「太った」と安易に捉えるのは間違いだ。肉屋で2キログラムの肉塊を見たことがあるだろうか??そもそもあんな巨大な脂肪のブロックが1日にして体につくわけがないことは明らかである。

この際の体重増加の要因は、胃腸の中に未消化で残っている食物や「体内の水分量の増加」によるもの。塩分を多く摂取すると細胞外の浸透圧が高まり、均衡を取るため体は本能的に水分を多く溜めこむ。塩辛いものを食べると喉が渇くのはこのためだ。つまり、食事で摂った塩分量に比例して水分量が増加し、その分体が重くなっているだけ。時間が経てば徐々に普段の体重に落ち着くのである。

これを太ったと早合点して、翌日に1食抜くなどといった「1日で帳尻を合わせようとする」行為は、最もやってはいけないこと。飢餓から身を守る本能にスイッチが入ってしまい、体が余計な脂肪を蓄え、かえって食欲も増大させてしまうという危険性があるからだ。

女性より男性の脂肪が落ちやすいわけではやっぱり毎日つらい食事制限が必要なのか……と肩を落としたそこのあなた、いやそうではない。実は、きつい運動や厳しい食事制限などせず、ダイエットに関する意識のズレを少々修正するだけで、男は簡単に痩せられる体に変身する。

そう、幸いなことに、“男性は女性よりも脂肪を落としやすい”体質なのだ。「簡単に」と聞いて、眉唾だと感じる人もいるかもしれない。しかし安心してほしい。実は筆者自身、83キログラムという立派なメタボ体型から2年間で25キログラムのダイエットに成功した実績を持っているのである。

体がスリムになったことで自信がついた。周囲の目も変わった。仕事での信頼感もアップし、人とのコミュニケーションがうまくいくようになった。人生自体がスリム化され、劇的に変わったのだ。腹を凹ませたことによるこの好循環を、ぜひすべての男性に体験してほしい。そう思い、男性のための体の絞り方を日々レクチャーしている。

話を元に戻そう。「男性は痩せやすい」。この理由は、男性と女性の脂肪の付き方の違いにある。

一般的に男性は腹回りに「内臓脂肪」がつきやすく、女性は下腹部や腰回り、太ももなどに「皮下脂肪」がつきやすい。よく男性の肥満は「リンゴ型」、女性の肥満は「洋ナシ型」と言われるが、これは男女の太り方の違いをよく表している。

そしてこの「内臓脂肪」は、「皮下脂肪」に比べて血中に溶け出しやすいという特徴を持つ。溶け出した脂肪は燃焼させやすい。つまり、男性は女性に比べて比較的簡単に脂肪を減らすことができるというわけだ。しかも最もつきやすい腹の脂肪は最も落としやすい脂肪でもある。腹を凹ませるということは、思いのほか簡単なことなのだ。

世にあふれているダイエットについての情報は、やはり女性向けのものが多い。男性に適したダイエット法を知ることが、体を絞るいちばんの近道となる。

女性のダイエットに有効なのは「有酸素運動」だが、筋肉量の多い男性に有効なのは「無酸素運動」。負荷の軽い筋トレを続けることが最も効率的なのである。基礎代謝については今後詳しく解説していくが、筋肉を鍛えることが体の基礎代謝を上げ、脂肪燃焼につながるのである。

必要なのは、週に1、2回の激しい運動ではなく、細く長く続ける軽い運動だ。男のダイエットは「一時的に脂肪を落とす」ことではなく、「勝手に脂肪を燃やしてくれる体をつくる」行為であるという意識改革が必要なのだ。

「運動しなければ」と気負うことなく、簡単な運動を日常の行動に組み込むだけで“痩せる体”に変えることができる。ちょっとした工夫で、通勤電車やオフィスをスポーツジムに変身させることができてしまう。

以下に、筆者が実際に行った、電車内でも社内でも手軽にできるエクササイズを紹介する。参考になれば幸いだ。

通勤電車をスポーツジムにする方法

・カバンは携帯できるダンベルと思うべし

PC入りの重いカバンを持って通勤している人、それはチャンスだ。これをダンベル代わりにして、上腕二頭筋を鍛えよう。

やり方は簡単。ひじが直角になるようにカバンを持ち、上下にゆっくり小さく動かすだけ。10〜20回をワンセット、一日に数回が目安だが、わざわざ重いものを入れたり過度に行うのは禁物。「少し足りない」くらいから始めて徐々に負荷を上げていくのが長続きさせるコツだ。

・電車のつり革をひそかに活用すべし

通勤に電車を使っているなら、このエクササイズを。両手で2本の、もしくは1本のつり革にぶら下がるような形ではなく軽く握り、下腹部に力を入れてかかとを5ミリ〜1センチ浮かせる。揺れも手伝って自然と下腹部に力が入り体幹が鍛えられる。

つらいと感じたら無理せずにかかとを下ろして休んで構わない。たとえば一駅上げたら一駅休む、など自分なりのルールを設け、ゲーム感覚で続けてみると良いだろう。

・席を立つ行為をスクワットに変えるべし

トイレに行く、コピーを取る、給湯室や喫煙室に行く。デスクワーカーでも一日に何度も席を立つ場面があるだろう。このときに意識して、机に手をつかずに立ち上がってみよう。大したつらさは感じないかもしれないが、何度も続けることによってスクワット効果を得ることができる。回数を数えていれば自然とやる気も湧いてくるだろう。

完璧主義は捨て、長いスパンで継続せよ

このほか、伝達事項を電話やメールで済ませずに直接席まで足を運ぶ、重いものを運んでいる社員を見つけたらすかさず駆け寄り手伝うなど、意識的に動く場面を増やしていこう。もちろんエレベーターをやめて階段を上り下りする、万歩計をつけるといった定番のアプローチも非常に有効だ。

こうして日々、筋トレできるチャンスをうかがっているうちに、あなたはいつの間にか“フットワークの良い、気の利く人”になっている。

さてちなみに、冒頭のように前日食べ過ぎてしまったシチュエーションでは、どうするのがよいか。

この場合にできることといえば、十分な水分を摂ったうえで、いつもよりもひと駅分多く歩いてみる、ランチにちょっと遠出してみるなど、やはりほんの少し運動量を増やし、体の各器官の働きを正常に戻してやることだ。

また、食事量を減らすのではなく、食べる内容に気をつけたい。たとえば前日にたんぱく質を多く摂りすぎたのであれば体が酸性に傾いているので、カリウムの多い「バナナ」「アボカド」「納豆」「ホウレンソウ」などを食べるとよいだろう。これらは体のPH値を平常値に戻す手助けをしてくれる。

もちろん暴飲暴食はせず、なるべく日々節制に努めることが望ましい。だが、飲みすぎ、食べすぎてしまった際にも自分を必要以上に責めることはない。完璧主義なタイプは、一回の失敗を強く悔み、かえって挫折してしまいがちだ。「そんな日もある」とできない自分を許し、一喜一憂せずに普段の食事・生活ペースを淡々と守ることが大切だ。

「ダイエット」は短期のイベントではない。「生活習慣」として身につけ、長いスパンで取り組むこと、そうすれば「勝手に痩せる体」は自ずと手に入るのである。

次回は自ら運動せずとも“内臓に運動をさせる”方法を公開する。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698663c.html
日記

南極点到達


日本人初、無補給・単独歩行で南極点到達

南極点に徒歩で到達。日本人初の快挙です。

北海道在住の冒険家、荻田泰永さん(40)は去年11月、南極大陸の海岸を徒歩で出発。

6日午前1時45分、南極点に到達したと東京都内の遠征事務所に連絡が入りました。食料などの補給を受けず、50日かけて1126キロの道のりを踏破しました。

単独徒歩での南極点到達は日本人初です。荻田さんは「一歩一歩を重ねていけばどんな遠くにでも行ける」と喜びを語りました。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698651c.html
日記

阪大入試ミス


阪大で入試ミス、30人追加合格
外部の指摘2回見逃す
大阪大学は6日、昨年2月に実施した入学試験の物理で出題と採点にミスがあり、誤って30人を不合格にしていたと発表した。
在籍中の学生9人も第1志望の学科で不合格になっていた。阪大は同日付で30人を追加合格とし、希望者は今年4月から入学を認めるほか、経済的な補償を検討する。
9人の在校生も転学科を認める。
記者会見した小林傳司副学長は「受験生、在校生、家族に多大な迷惑を掛けた」と謝罪した。
阪大によると、ミスがあったのは2問。問題の数値設定を誤る出題ミスと、複数の回答が導けるのに一つだけを正答とした採点ミスだった。
昨年12月に外部からメールで指摘があり、複数の教員が調査していた。
12月のメールの前にも外部から同様の指摘が2回あったが、入試問題を作成した理学部教授2人が問題なしと回答していた。
ミスを見逃したことについて、阪大は「出題した教員に思い込みがあった」と釈明した。



予備校講師「昨夏に指摘したのに…」 阪大入試ミス
昨年8月、阪大に対して入試問題が誤っていた可能性があると指摘した東京都内の予備校講師、吉田弘幸さん(54)が取材に応じた。
吉田さんは昨夏、講習の教材として阪大の問題を使おうとした際に誤りの可能性に気付いた。8月初旬に複数の解答例を示しつつ「問題設定に不自然さがある」とメールで指摘したが、同下旬、阪大から誤りはないとの返信があった。
吉田さんは再度、理論的に誤りがある可能性を指摘したが、その後、阪大から返信はなかったという。このため、文部科学省にも問い合わせた。
入試ミスが発表された6日、阪大から指摘に対するお礼や追加合格を決めた経緯がメールで送られてきたという。
吉田さんは「入試問題は人間が作るのでミスが出るのは仕方がないが、受験生がいることを踏まえ、すぐに詳細な調査をしてほしかった」と話した。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698594c.html
日記

医療保険


<医療保険>90歳でも加入OK 高齢者向け増加
長寿化で「人生100年時代」が近づく中、高齢者向けの保険商品が増えている。保険会社は、将来蓄えが尽きて医療費が払えなくなる「長生きリスク」に備える保険商品を相次いで投入。先月には90歳からでも入れる終身医療保険が初めて登場した。長らく現役世代をターゲットにしてきた保険業界だが、人口構成の変化で商品戦略も大きく変わりつつある。
90歳でも入れる医療保険を発売したのは、明治安田生命保険。従来の商品は80歳までしか入れなかったが、この商品は50?90歳を対象とした。
入院1回につき10万円、手術1回につき5万円を給付する。退院から30日間空くと通算100回まで支払われる。月額100?500円程度の特約を付ければ、白内障の先進的な手術など公的保険対象外の「先進医療」の費用も通算2000万円まで補償する。保険料の払込期間は95歳までで、例えば加入時60歳女性なら月額8220円、90歳男性なら2万4880円となる。
保険加入年齢を引き上げるのは、医療保険への高齢者のニーズが高まっていると見ているためだ。日本人の平均寿命は年々延び、2049年には100歳以上人口が50万人を超える見込み。明治安田の担当者は「医療保険加入者のうち、高齢者が占める割合は高まり続けるだろう」と話す。
他社も、主力の死亡保障から長生き保障へのシフトを進めている。アフラックは13年8月、終身医療保険の加入年齢を80歳から85歳に延長した。第一生命保険グループのネオファースト生命や住友生命保険グループのメディケア生命も85歳まで延ばしており、80歳以上の新規加入は年間計約9000件に上る。アフラックの担当者は「医療費に不安がある80歳以上の人は相当数いる」という。
早く死亡すると損が出る代わりに、長生きするほど多くの年金が受け取れる「トンチン年金」と呼ばれる商品も人気だ。日本生命保険や第一生命保険などが16年以降、相次いで販売を始め、契約件数は計5万件を超えた。明治安田の担当者は「老後の生活を充実させるための保障はますます重視される」とみる。【松本尚也】

◇医療費の不安背景に
高齢者の医療費に対する不安が加速している背景には、長寿化や医療費の高額化がある。
国立社会保障・人口問題研究所によると、1980年に968人だった100歳以上の高齢者は、2017年には70倍の6万7824人に増加。49年には50万人を超えると推計されている。07年に生まれた子供の半数が107歳より長く生きるとの試算もあり、「人生100年時代」は確実に近づいている。
医療技術の進歩も医療費を押し上げている。厚生労働省の統計によると、15年度の75歳以上の国民1人あたりの医療費(公的保険適用分)は92万9000円。10年前から1割増えた。
75歳以上の医療費の窓口負担は1割(一定以上の所得がある場合は3割)だが、公的保険対象外の先進医療も増加。厚労省によると、白内障の先進的な手術で55万円、脳腫瘍などに用いられる陽子線治療で276万円など、先進医療を利用すれば負担額は急増する。
生命保険文化センターの16年の調査では、「けがや病気に不安がある」と回答した人のうち、53.6%が「長期入院で医療費がかさむ」ことを理由に挙げた。安倍政権は、超長寿社会のあり方を考える「人生100年時代構想会議」での議論に基づき、社会保障を高齢者中心から全世代型に切り替える方針を掲げているが、高齢者の不安にどう応えていくかは依然、大きな課題となっている。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698553c.html
日記

億り人


仮想通貨ブロガー・イケダハヤト、“億り人”になったと報告

仮想通貨ブロガーであるイケダハヤトさんが1月4日、保有する仮想通貨が円換算で1億円を超えたことを自身のブログで明かした。この日、アルトコインのNEM(XEM)の価格が急騰したことで、いわゆる「億り人(おくりびと)」になったという。


1年かけて保有を10倍に

投資元本を1,000万円ほどからスタートしたイケダさんは、現在保有している仮想通貨が1億円を超えたことに対して「1年で10倍。異常な数字に見えますが、実はパフォーマンスは悪い方なんです」とコメント。続けて、「モナコインをもっと買っておけば今ごろ3億くらいになっていますからねぇ……。BTCをガチホしてれば年末には億いってますし……」と心境を明かす。また、1億円を超えたものの「銘柄選びをミスりました。多大なる反省中」と謙虚な姿勢も見せている。

イケダさんがビットコインを買い始めたのはちょうど1年前。まだまだ伸びている市場に対して「1億といわず、100億JPYくらいまで資産を増やしたいですね?」とつづったうえで、「この時点で利確するのはまったく賢くないので、含み益の状態を維持しつつ、JPYを仮想通貨に変えていきます!」と今後の意気込みもみせていた。


1億円の仮想通貨「利確はしない」

また、同日に更新されたブログでは「利確(利益確定)しない」意思も表明。「この仮想通貨は、日本円に変える予定はゼロです。税金払う原資がどうしても足りないときに使う可能性があるかな?という程度ですね」と自身の考えを明かした。

利益確定、つまり日本円に替えれば1億円相当になる。ところが、「今、仮想通貨を日本円にしてしまうのは、完全に機会損失になると思うんですよ。まだまだ市場が伸びるので」と明かし、「ぼくの脳みそで普通に考えると、市場規模が10〜20倍になるわけです。このまま放置すれば、たぶん10億円相当にまで増えます。ネガティブなストーリーでも、3〜4億にはなるでしょう」と利確しない理由を述べた。

また、1億円の仮想通貨を日本円にした場合、税金で5,000万円取られることも“不利すぎる”といい、「税制自体は今後整っていくと思うので、焦る必要はないでしょう」とつづった。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698550c.html
日記

老後は安泰!

老後のお金不安が少ない!
安泰な人の特徴
■老後が安泰な人と、そうでないケースの特徴とは
多くの家計を見てきましたが、老後が安泰だと思える人には特徴があります。特殊なケースではなく、一般的に見て、老後が安泰になりやすいケースとそうでないケースがあります。
勤務先や制度の事など、自分で変えることができないこともありますが、自分はどちらのケースに当てはまるかを考えてもらい、だからこそどう備えるべきか?ヒントにしてもらえると嬉しいです。

■老後が安泰な人の特徴
▼特徴1 厚生年金(会社員)・共済年金(公務員)の期間が長い会社員や公務員の場合、社会保険料として労使折半で年金を納める仕組みに なっているので納め忘れるということがありません。
従って、未納期間がほとんど無く、国民年金と厚生(共済)年金の2階建てをしっかり受取ることができます。
▼特徴2 企業年金がある今でも大企業を中心に確定給付型企業年金の終身型・有期型をお見かけしますが、多くの企業が確定拠出年金に移行されてきました。
公的年金以外に年金があるというのは老後の安定に大きく影響します。
▼特徴3 個人年金がある早いうちから個人年金保険でコツコツお金を貯めてきた人は、安心度が高くなります。
個人年金という名称でなくとも60〜70歳に満期を迎えるように設計された保険商品を持っている方も同様です。
▼特徴4 住宅ローンが60歳までに完済予定である通常、家計の中で一番大きな支出は住居費(住宅ローンや家賃)です。
この費用が60歳までに完済予定だと、家計はぐっと楽になります。退職後、収入が減るのに対し、住宅ローン等で支出は多いままだと、精神衛生上も負担がかかります。
▼特徴5 家賃収入や配当金収入といった資産から生まれるお金があるアパートや貸家の家賃収入や、まとまった株式などの配当金収入といった「不労所得」があると心強いです。
60歳以降は若い頃のように体を資本にした働き方では体がもちません。
資産から生まれるお金があると余裕が生まれます。しかし、資産を持つ以上、子どもへの贈与や相続といった継承についても配慮する責任が生まれます。
▼特徴6 60歳以降も自分で稼げるスキルがある自営業の人は定年という概念がありませんので、働ける時まで自分で稼ぐことができます。
また、会社という看板を外しても、自分で稼げるスキルがある人は、老後も強い家計を作ることができます。
会社員でも老後を見据え、40〜50代から新しい事を始め、退職後には自分の好きな仕事で稼いでいく方もいらっしゃいます。
そのような方は、活き活きとしているので年齢を感じさせません。60歳以降も現役でいられる事や稼げることが自信となってその人を輝かせているのでしょう。
▼その他の特徴金銭面以外では、健康や人間関係が老後の生活を大きく左右します。親子関係や兄弟姉妹関係が良ければ多少お金に困ることがあっても助け合うことができます。
また、精神面では孫の世話や地域のボランティアなど、「生きがい」を持つことがポイントになります。
・健康であること
・親子・兄弟の仲が良い事
・地域や友人との人間関係が良い事

■老後が不安な人の特徴
▼特徴1 国民年金しかない自営業者やパートの場合、国民年金しか支給されず、平成29年度の国民年金の満額は年77万9300円です。
月に換算すると約65,000円と、年金だけでは当然生活は難しくなります。自営業者の場合リタイヤ時期は自分で決められますので、稼いで小規模企業共済や確定拠出年金等を活用し退職金や「自分年金」を作り上げる必要があります。
▼特徴2 貯蓄がない・個人年金がない公的年金だけでは不足する分を、貯蓄や個人年金でカバーする必要があります。
お金を貯めるには時間がかかります。貯蓄も個人年金もないまま60歳を迎えるのは不安で仕方がないはずです。早いうちから貯めていくことが重要です。
▼特徴3 退職金がない中小企業では退職金制度のない会社も珍しくありません。退職金がないとわかっているからこそ、早いうちからの準備が大切になります。
▼特徴4 持家ではない家計の中で一番大きな支出である住居費は現役で収入があるからこそ、支払えるものです。
賃貸派で気楽に過ごしてきても、老後は逆に家賃が負担になります。実家を相続できるならいいですが、そうでない場合はライフプランや老後の生活観を想定した住まい選びが重要になります。
▼特徴5 離婚してパートナーがいないパートナーと死別した場合には遺族年金が家計を助けてくれますが、離婚の場合は自分一人で老後の生活費を作り上げる必要があります。
生活費は二人より一人の方が割高になりますので、お金を貯めるスピードも一人だと遅くなります。
離婚が想定される場合には、よりしっかりとしたマネープランを考えていく事が大切になります。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698520c.html
日記

マンガ村の裏では・・・


子どもまで当たり前に使ってる……

マジコンに続く新たな社会問題「漫画村」を見てはいけない

また悪質なサイトが登場した。雑誌や単行本などを違法にアップロードし公開するサイトの登場と摘発のいたちごっこは、やむことがない。

2017年には、日本最大級の海賊サイトとまで呼ばれた「はるか夢の址」が摘発され、運営者ら9人が逮捕された。

だが、類似のサイトは雨後の筍のように登場する。その中でも、特に悪質なサイトとして話題になっているのが「漫画村」である。このサイトが扱うのは単行本から雑誌まで多岐にわたる。

「漫画村は日本国内のいかなる企業・個人との関わりはありません」とし、漫画村内のサーバーには画像を保管していないので違法ではない、あるいは、運営は海外なので日本の法律は適用されないなど、さまざまな方便を用いて著作権権利者からの批判や摘発から逃れようとしている。

この巨大な海賊サイトの問題は、あまりに浸透しすぎていること。17年12月頃からはネットのあちこちで「小中学生が当たり前のように使っている」といった書き込みに始まり、子どもだけでなく親までもが、違法だと知りながら利用しているという証言が見られるようになっているのだ。

子を持つ親世代が「うちは貧乏だから」などと無理矢理に泥棒を正当化する行為。かつて「マジコン」で起こった現象が、再び繰り返されているようだ。

だが、そうした人々の小さな悪は、より巨大な悪に使用されているのである。この漫画村は会員登録も不要で、まったく無料で閲覧することができる。だが、おいしい話には裏がある。

17年10月時点の報告では、漫画村のサイトには、仮想通貨マイニングのスクリプトを埋め込み、閲覧する機器のCPUと電力を使って閲覧者にマイニング(採掘)させることが可能になっていたというのである。

結論だけいえば、ここでマンガを読んでいると、その裏では新規発行される仮想通貨が運営者にジャラジャラと流れ込むといったプログラムが埋め込まれているというわけである。

同様の行為は、さまざまな海賊サイトで行われてるとされ、多くの小さな悪がマンガをタダで読むという代償を払っているのである。

こうした悪質な企みに対して、17年12月末には、オペラが最新ブラウザ「Opera 50」のベータ版で主要ブラウザとしては初となる仮想通貨マイニングスクリプトのブロック機能を内蔵するなど、ブラウザ側の対策も始まっている。

とはいえ、最良の方法は怪しげな海賊サイトを使用しないこと。これが原因で好きな作家が心が折れたら困る。そういえば、少しはわかってもらえるだろうか?




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698518c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 195 996158
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック