スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ビットコイン





つい先日の特集「らじるらじるラジオ仕事術」番組ではビットコインについての放送があったばかりです。

ブロックチェーンやマイニングをはじめとする仮想通貨の仕組みや流れが詳しく分かりやすく説明されていました。

このシステムはすばらしいもので仕事や勉学に応用すれば効率が格段に向上するのではないかという内容でした。



ビットコイン、いま大暴落したら一体どうなるか 

金や株式投資など同様、一般人にはリスキーな投資です

どんな影響が?

'17年は、インターネット上の仮想通貨・ビットコインが急激な値上がりを続けた年だった。'09年に運用が開始されたビットコイン(単位はBTC)は、'17年4月には1BTC=14万円前後であったが、同年12月には190万円前後と10倍以上に高騰しているのだ。

バブル期を彷彿とさせるような狂乱の相場とあって、世界中のプロ・アマチュア投資家がビットコイン投資に殺到。ビットコインの時価総額は12月13日の時点で2940億ドル(約33兆円)、トヨタをも抜き去った。だが急激な値上がりから、その崩壊を予期する向きも多い。不動産や株式とも違う新しい投資対象である仮想通貨は、もし崩壊すれば市場経済にどのような影響があるのか。

そもそも仮想通貨が「通貨」なのかどうかというと、法的にはもちろんだが、経済学上もそれに当てはまらない。経済学における通貨の3要素は、(1)価値の尺度(2)交換の媒介(3)価値の保存であるが、少なくとも(3)は満たしていない。

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長も、仮想通貨は「極めて投機的な資産」であり、「法定通貨としての性質を持たない」との見解を示した。さらに、「ビットコインは現時点で支払いシステムとしての役割は非常に小さい」、「価値保存の手段として安定していない」とも述べている。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁も、オーストラリア準備銀行のロウ総裁も、イエレン議長と同様に仮想通貨について懐疑的な見方を示している。

仮想通貨を支えるインターネット上のシステムは「ブロックチェーン」と呼ばれるものだ。複雑なので詳細な説明は省くが、この技術のおかげで、中央銀行や政府といった支配的な組織が介在しなくても、世界中の人々と自由に取り引きできるようになる。

この技術は間違いなく素晴らしいもので、やがて仮想通貨だけでなく証券取引や選挙投票など、いろいろな形で社会に取り込まれていくことになるだろう。

しかし、仮想通貨そのものを資産としてみるのは、一般の人にはリスキーだ。というのも、昔から言われていたことだが、おそらくビットコインの大口保有者は知り合い同士で連絡を取り合い、相場を動かしているからだ。

わずか1000人の投資家が40%の資産を握っているとされる市場だが、そのような「馴れ合い」が有価証券で行われていれば間違いなく金商法違反である。

12月18日、シカゴ・マーカンタイル取引所でビットコインの先物取引が開始された。先物取引においては、連動するかたちで上場投資信託(ETF)が導入される場合がある。だがビットコインの場合は、その放埓な市場の性格から現物を裏付けとするETFの申請はすでに却下されているため、先物に連動するETFも却下されるだろう。

つまり、現状のままビットコインが崩壊したとしても、他の市場と連動しているわけではないため、直接的な影響を与えるわけではない。保有者が損失を被り、株式や証券に資金を逃がす際に若干の価格の揺れが起きる程度だろう。

ビットコイン価格の動きは魅力ではあるが、現物をプロの馴れ合いで売買しているわけで、一般人にはリスクの大きいものと考えるべきだ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11698008c.html
日記

詐欺サイト


簡単な詐欺サイトの見分け方
Instagramにまだたくさん出てくる詐欺サイト。
カナダグースとモンクレールのはすべて詐欺。
偽物でもいいやと買う若者がいるかもしれないが、偽物でさえ送ってこない。
逆に個人情報を売られます。
消費者庁も警告を再三出しています。
これは消費者庁の見分け方のイラストですが、これだと素人さんはなかなか大変ですよね。日本語も最近は上達してきて一見わからないのも多いです。
ところがふと思いついてある事を試したところ、ほぼ100%の確率で見破れることを発見しました。なにかというと
SSLの有無です。
SSLって汽車かよという人のために簡単に説明しますと、URLがhttpsで始まっているのがSSLを設置しているサイトで、httpが設置してないやつ。ちなみにこのブログは
ですので全ページSSL化しています。
で・・・・SSL化って、なんのためにするのかというとざっくりふたつの意味があり
1 暗号化して個人情報の抜き取り防止と
2 ちゃんとしたサイト主の証明
ということです。1のほうは問い合わせフォームやカートの決済画面から個人情報を抜き取られないようにするのが役目で、カートを借りてるだけの古いタイプのショップではカート以外のページはhttpで、カートに入って決済に行くときにSSL化されてhttpsになったりします。ですがGoogleが全ページのSSL化を推奨しているため、わたしがいま作ってるのは最初から全部SSLにしています。
蟹サイトも
https://xn--lck4c.co/
になってます。なってないのは徐々に全ページSSLに移行するようにしています。
これには意味があって、SSLにするためには証明書が必要で、そのためには会社や個人のメルアドや連絡先を登録する必要があります。つまり全ページSSLになっているところは本人確認が取れていると考えるとよろしい。ほとんどが有料ですが、非営利団体がやっている無料のSSLもあります。
このブログのSSL証明書はブラウザの左の鍵マークをクリックすると出てきます。このブログのために年間30000円以上払っております。
で、ふと思ったわけです。詐欺サイトはいつ検索から外されてもいいと思ってるわけで、犯罪だから誰がやってるのかおおっぴらにはできない。要するにSSL化しているわけないじゃん!と。
いろいろチェックしたところ、その通りと分かりました。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11697957c.html
日記

電力業界の懸念


記者会見する電気事業連合会の勝野哲会長

自分たちの首を絞める?

EV普及で実は大変なコトわかった電力業界の懸念

電力業界が普及の期待の高まる電気自動車(EV)関連の事業に乗り出している。

自動車メーカーと手を組み、EVを蓄電池として活用するなど電力システムへの囲い込みを狙う。電気の販売先の広がりにもつながる見込みの一方で、大口取引先である自動車産業の構造変化を促すことになり、それが電力業界の懸念になっているという。自分たちの首を絞めることになりかねないのだ

「(EVで)ポイントをためられるのが楽しい」。平成29年12月に東京電力ホールディングスが実施した実証試験に参加した同社の社員はこう声を弾ませたという。

試験は日産自動車と共同で、東電社員約30人が参加。日産のバン型EVを借りて、太陽光などの発電量が増えそうな指定時間帯に充電するとインターネット通販のポイントがもらえる。

天候によって発電量が変わる再生可能エネルギーの導入が進む中、EVを使って出力を抑制する取り組みだ。時間帯は天気予報を基に3〜4時間ごとに指定し、充電1キロワット時あたりネット通販サイトで使える20〜60円相当のポイントがもらえる仕組み。

経営技術戦略研究所の篠田幸男・プロジェクト推進グループマネージャーは「EVで出力の変動を調整できれば、蓄電池への投資を抑えられる」と語る。試験は30年1月末まで実施し、平日と休日の参加状況の違いや、ポイントの効果を調べる。EVの普及が「数万台規模」に達すれば、事業化を検討する。

中部電力も29年6月、トヨタ自動車などとプラグインハイブリッド車(PHV)や工場の蓄電池を制御し、再エネの変動に合わせて発電量を調整する実証試験を始めた。また、中部電は、トヨタの「プリウスPHV」所有者向けに、充電量に応じてポイントを与えるサービスも実施している。

国内の電力会社がEV関連の事業を模索するのは、欧米でEVへの移行を促す規制が相次いでいるためだ。ドイツは2030年、フランスは40年にガソリン車などの販売を禁止する方針。世界最大の自動車市場の中国も19年からEVなど「新エネルギー車」を一定割合販売するようメーカーに義務付ける。世界を相手にする日本メーカーも、EVのラインアップ強化が進んでいる。


このため、電気事業連合会の勝野哲会長(中部電社長)は「EVの普及で、販売電力量の増加が一定程度見込める」と評価する。

だが、電力量への影響は限定的とする試算もある。電力中央研究所の林田元就氏の試算によると、30年にEVが国内の乗用車保有台数の15〜20%を占めても、電力量の増加は1%程度にとどまる見通し。

EVは電力1キロワット時あたり7キロ走り、1台の年間平均走行距離を7000キロと想定。国内の乗用車登録台数約6125万台(軽含む)がすべてEVに代わるとして、電力量は約612億5000万キロワット時。EVが15〜20%を占めると予想すれば、92億〜123億キロワット時とする計算だ。経済産業省によると平成28年度の販売電力量8997億キロワット時に占める比率は1〜1.4%となり、「消費量への影響はあまり大きくない印象」(林田氏)。

さらに、電力業界では、EVがもたらす産業構造変化への懸念が大きい。EVは駆動システムが電池やモーターで、エンジンを持つガソリン車に比べて部品点数が少ないためだ。部品数が減れば製造時の消費電力が減り、収益の打撃になる見込みだ。

勝野会長は「製造時の消費電力量が減少することに伴う販売電力量への影響のみならず、裾野の広い自動車産業の変革に伴う地域経済への影響が生じる可能性もある」と指摘する。実際、国内の電力量の3分の2は高圧という大工場やオフィスビルなど主に産業用だ。EVによる需要増とてんびんにかけ、期待よりも懸念が勝るのは必然だ。

欧米や中国が打ち出すEV化の波の中で、電力業界は新たな収益源を見いだすことができるのか。「出遅れ」が指摘される日本の自動車メーカーとともに、採算性や将来性を見極める先見性が試される。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11697890c.html
日記

大寒波襲来


サメさえも凍って死んでしまう大寒波が発生

2017年年末からアメリカ全土が記録的な大寒波に襲われており、その寒さは水中を泳いでいるサメが死んでしまうほどとなっています。

Sharks are freezing to death in the US, due to a record cold winter - Quartz

https://qz.com/1169540/sharks-are-freezing-to-death-in-the-us-due-to-a-record-cold-winter/

It's So Cold Outside That Sharks Are Actually Freezing to Death - VICE

https://www.vice.com/en_ca/article/xw4gxk/its-so-cold-outside-that-sharks-are-actually-freezing-to-death-vgtrn


2017年12月27日(水)、大西洋ホオジロザメ保護団体は低温ショックによって座礁して死んでしまったオナガザメがいたことをFacebookで報告。

そして12月30日にも同様に低温ショックで座礁したサメを発見。3匹とも検死しようとしたものの、体が凍っていて即座に検死できる状態ではなかったそうです。そのため、体が適度に解凍されるまで待って形態計測データや臓器・細胞のサンプルが集められたとのこと。

生物は極端に温度が下がると筋けいれんや心停止を起こすことがあり、サメは水中でこのような状態に陥り海岸に押しやられることで窒息したものだと見られています。海洋学者のGreg Skomal氏は、サメのえらの繊維は非常に繊細であるがゆえに冷たい空気にさらされたことで、サメは短時間で死んでしまったのだろう、とニューヨーク・タイムズに語りました。


また、ナイアガラの滝は凍り……

The frozen beauty of #NiagaraFalls in winter, is the #EveryDayAPhoto by @SharonCantillon. Find other photos in our gallery here: https://t.co/2aenOyZiNn pic.twitter.com/hJBCaKeiEe? Buffalo News photo (@BNphotographers) 2017年12月31日

カナダの気温は火星以下に。2017年12月27日時点の火星の気温はマイナス29度ですが、カナダ・サスカチュワン州最大の都市であるサスカトゥーンは日中でもマイナス43度を記録し、寒さに関して言うと火星よりも厳しい環境となったようです。

2018年1月1日のシカゴの気温はマイナス17度。これは1872年からの記録から見て日中の最高気温としては過去最低となっています。

So far the temperature made it to 1oF in Chicago on January 1st, 2018. That's the coldest New Year's daytime high since record keeping in 1872. Previous was 5oF (1969) ?? Ryan Maue | weather.us (@RyanMaue) 2018年1月1日


この寒さを利用して実験を始める人もいました。以下は石けんと塩、コーンシロップを混ぜたものでシャボン玉を屋外で作ると、あっという間にシャボン玉が美しい結晶と化していく様子。

More freezing of bubbles. Now, better lighting and corn syrup has been added to my mixture of dish soap and salt (had to wait for Sobeys to open )@PrairieChasers @PhotoEdCANADA pic.twitter.com/batEJwiXWW? Chris Ratzlaff (@ratzlaff) 2017年12月26日

動画では割れたシャボン玉が一瞬で凍り、ガラス片のようになっていく様子が記録されています。

大寒波の原因は北極および南極の上空にできる大きな気流の渦「極渦」にあり、通常は北極の上空で発生する冷たいジェット気流が南下して北米に大きな影響を及ぼしているとのこと。

A monster storm is headed for the East Coast, but don't worry, it's only expected to become a [squints at notes] "bomb cyclone" https://t.co/tLjbbRCQiD? Washington Post (@washingtonpost) 2018年1月2日


一方で、2017年は観測史上2番目の暑さだったとも言われています。

2017年は観測史上2番目の暑さになることがほぼ確実、気象の極端化傾向も明らかになってきました。

今年の夏は史上最高の暑い夏になることを期待いたします。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11697791c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 206 996169
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック