スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

生物圏の鼓動


NASAが地球の命の鼓動を可視化した映像

過去20年、NASAは地球の生物圏の鼓動を観察し続けてきた。それはそれで貴重なデータなのであるが、時間経過のイメージが可視化してくれるものもまた地球の最もユニークな特徴だ。すなわち命である。

洋観察広視野センサーが記録した地球の鼓動

1997年に打ち上げられた「海洋観察広視野センサー(Sea-viewing Wide Field-of-view Sensor/SeaWiFS)」はその後13年間、700キロの上空を飛び続けた。

その目的は地球の陸と海洋の生光学特性的データを収集することだ。これによって、四季折々で変化する地球の生き物の色彩を捉えることができた。

洋観察広視野センサーが記録した地球の鼓動

この類のセンサーはSeaWiFSが最初ではなく、70年代初頭には「ランドサット」プログラムがあった。また、これで最後ということもまったくなく、様々なデジタルテクノロジーがさらに詳細な解像度によるマップ化を行うために軌道へと打ち上げられている。

長期的なトレンドは近い将来の動向を予測する上でも役に立つ。こうしたプログラムで集められた衛星データは、作物・森林・漁業資源の健康状態を監視するため、あるいはモデルの改善や災害を予測するために用いられる。

また素人の我々なら、まるで呼吸をするかのような地球の美しさを愛でることができる。

イメージを見れば、地球の生きた鼓動を感じることができるだろう。それは氷の拡大・縮小を表す白、植物プランクトンの密度を示す紫、植物と藻類の成長を反映する緑で可視化されている。

基になったデータはSeaWiFSとNASAの気象衛星「テラ」「アクア」「スオミNPP」が収集したものだ。

「これが地球です。地球は日々呼吸し、四季に応じて変化し、太陽・風・海流・温度に反応します」とNASAのゴダード宇宙飛行センターの海洋学者ジーン・カール・フェルドマン博士。

科学技術の進歩は、波長で指の詳細を捉え、化学レベルの動向までは把握できるほどに達している。例えば、植物から反射される光の変化によって、光合成で二酸化炭素と水が糖質に変化した瞬間まで知ることができる。

NASAはこの技術を用いて、米中西部で育てられたトウモロコシの生産性を調査した。

「一種の解放です。そう、それを測定できるんです」とNASAのジョアンナ・ジョイナー博士。彼女によると、トウモロコシはピーク時には地球で最も高い蛍光色を見せるという。

人工衛星のアーカイブが増えるほどに、どんどんダイナミクスを目で見ることができる。地球は生きていることを実感できるのだ。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11696897c.html
日記

倒産の原因


誰もが知る「あの企業」は、なぜ倒産してしまったのか?

日常生活や生き方を通して、お金の価値観・人生観を考えるきっかけになるような話題の本をMONEY PLUS編集部がピックアップ。

書籍の担当編集者に読みどころやこだわり、制作秘話などを語っていただきます。

今回は、帝国データバンク情報部・藤森徹著『あの会社はこうして潰れた』をご紹介します。

『あの会社はこうして潰れた』帝国データバンク情報部・藤森徹著

誰もが知る「あの企業」はなぜ倒産してしまったのか。破綻の裏側にある、想像もしないドラマ。

経理部長の自死、跡継ぎの背任、複雑な不正取引、警察の手が及ばないグレーゾーンなど、実際に見てきた企業信用調査マンが明らかにする。

並製/236ページ/日本経済新聞出版社/2017年4月10日


担当編集者のコメント

企業の倒産数は年々減少しており、まさに「無倒産時代」であるといえます。

著者によれば、地方銀行の現場では倒産を知らない若手支店長も増えているのだとか。

とはいえ、倒産は年間数千件は確実に起きており、為替や景気の動向次第でいつまた倒産ラッシュの時代がやってくるかわからない状況でもあります。

倒産は、あなたの会社、取引先、投資先でも起こりうるのです!

ワインを対象に77億円を集めた人気投資ファンド、創業500年の老舗菓子店、名医が経営する病院、元アイドルが広告塔を務めたアパレル――。

本書に登場する企業、業種はさまざまです。

産業構造の変化、高齢化による人手不足や事業承継の問題。本業は順調なのに、多角的経営や金融取引にのめり込んで多額の損益を出したケース、赤字経営を隠蔽するために不正会計に走るケースなど、倒産の原因もさまざま。

それらの事例をひとつひとつ読み解くと、今の日本経済が抱える問題が浮かび上がってきます。

本書は、どうすれば企業は潰れるのか、なぜ防げなかったのか、起こりやすい傾向、陥りやすいポイントを抑えて解説しています。

企業の倒産情報は、なんとなく外部に伝わるときもあれば、隠されていた都合の悪い情報がいきなり噴出するときもあります。

倒産を予測するにはどうすればよいのかも学べるようになっています。

リアルな企業ドキュメンタリーとして興味深いだけでなく、倒産の実際を学ぶ事例集としても有用な1冊です。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11696830c.html
日記

ジュラシックパーク実現か?



今度こそジュラシックパークの夢が叶う?

保存状態の良い1億3000万年前の恐竜の卵が20個発見される(中国)

中国江西省で、建設現場の作業員が学校の建設が予定されている敷地を掘ったところ、おどろきの発見があったという。

それは20個の楕円形の卵である。殻の厚さは2ミリで白亜紀以前のものだと推測されている。地元の報道によれば、建設現場はすぐに立ち入り禁止となり、卵の発掘が行われる予定だそうだ。


現在の時点で詳しい調査はまだ行われていないそうだが、もしこれが本当に恐竜の卵なら、大ヒット映画『ジュラシック・パーク』実現への期待を抱かせる。

ちなみにこの地域ではたマニラプトル形類(小〜中型獣脚類)の恐竜、オヴィラプトルが多く生息していたそうだ。オヴィラプトルはプロトケラトプスなど、他の恐竜の卵を盗んで食べていた痕跡があることから、属名は「卵泥棒」と名付けられた。

ほんの1週間前、恐竜の羽に付着した9900万年前のダニが発見され、恐竜に寄生していたらしいことが判明。恐竜の寄生虫が発見されることはきわめて稀であり、太古のダニが恐竜の血を吸っていたことがはっきりした。

関連記事:恐竜の血を吸っていたダニが琥珀の中から発見される。ジュラシックパークみたいに恐竜を復元できるのか?(米研究)

だが残念なことに、ダニは完全に石灰化しており、恐竜のDNAを抽出することは不可能だという。でもこの保存状態の良い卵であればあるいは?と夢を捨てきれないでいるダイナソービリーヴァー、そんで、彼女はクイーンなんだ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11696824c.html
日記

グラフェン



銃弾が当たった瞬間、ダイヤモンドより硬くなる。

驚異の素材「グラフェン」を2枚重ねた「ジアメン」で高い防弾効果

炭素原子とその結合からできた蜂の巣のような六角形格子構造を持つシート状の物質「グラフェン」は、ダイヤモンド以上に炭素同士の結合が強く、世界で最も引っ張りに強い物質であり、世界で最も熱伝導率が良い物質とされている。

そのグラフェンを応用し、「最強の防御」を得られるであろう素材が新たに開発された。グラフェンを2層構造にした「ジアメン(diamene)」は、強い力が加わった時、と貫通不能なダイヤモンドプレートに変化するという。

薄い素材で軽量なのにこの防御力。防弾服に最適である。


グラフェンとは?

まず、グラフェンをご存知ない方のために説明しよう。蜂の巣状に並ぶ炭素原子で形成された平らな金網を想像してもらえばいい。

この配列にすると、各炭素原子の3つの電子が原子の手にかたく結びつき、1つは自由に動けるまま残ることから、炭素に素晴らしい特性をもらたす。

ルーズな電子という特性から伝導テクノロジーにも利用できるし、そのメカニカル特性を利用すれば狭いナノチューブを作り出すこともできる。

どちらもの場合も、グラフェンが平らな二次元構造であるゆえに可能になることだ。


グラフェンを二枚重ねることで、弾丸貫通不能な無敵の防御素材に

アメリカ・ニューヨーク市立大学先端科学研究センターの研究者は、グラフェン・シートを2枚重ねて、強い力で潰された時に三次元のダイヤモンド状構造に変化するようにした。

これは4つめの電子が固定されるとグラフェンがまた別の有名な炭素同素体、すなわちダイヤモンドに変化する性質を利用したものだ。

またシートの伝導性が急激に変化することで、いくつか面白い電気的特性が生じる。だが、その応用としてまず考えられるのは軽量の保護材としてである。


ダイヤモンドの硬さを持つ史上最薄のフィルム「ジアメン」

「ダイヤモンドの硬さを持つ史上最薄のフィルムです」と研究の中心人物エリサ・リード(Elisa Riedo)博士は話す。

「グラファイトやグラフェンの単原子層では、圧力を加えても柔らかく感じます。ですが2層にして圧力を加えると、素材が突然とんでもなく硬くなるんです。ダイヤモンド以上にね」


不思議なことに3枚重ねると弱くなる

不思議なことに、層を3重にしてもシートは丈夫にならない。この驚異の特性はグラフェンを2層にした時にのみ発揮されるのである。

「グラファイトもダイヤモンドもどちらも完全に炭素でできていますが、原子の配列は素材によって異なります。

このため硬度、柔軟性、伝導性に違いが現れるのです」と研究に携わったアンジェロ・ボンジョーノ(Angero Bongiorno)博士は説明する。

「新しい技法によってグラファイトを操作し、特定の条件ではダイヤモンドの特性を発揮させることが可能になりました」


最強の防弾服としての未来

応用する方法については今後さらに考案されることだろうが、将来の科学技術ではその構造や伝導性がますます大きな役割を果たすようになることは想像に難くない。

いつの日か、警察官や兵士などがジアメンを使った防弾チョッキで身を守るようになるかもしれない。宇宙を飛び回る小さな隕石から宇宙飛行士を守ってくれるかもしれない。

そして市販化されたら、忌まわしい銃乱射事件の被害者が減るかもしれない。

ついでにナイフなどの刃物からも守ってくれるとよいのだけれど、弾丸や隕石ほどの速さはないからどうなんだろう?




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11696817c.html
日記

地球寒冷化




2021年から気温が下がり始め、30年に氷河期に突入する! 

英数学者「97%の精度で予測。夏は消滅、そして…」

以前より繰り返しお伝えしているが、あと十年余りで地球の気温は下がり、氷河期に突入すると科学者たちは警告を続けている。

気温は2021年には下がり始め、2030年にはかつて世界中で飢饉や恐慌を引き起こしたミニ氷河期が再来するのだという。12月27日付の「Daily Mail」が報じた。


■黒点の減少と地球の気候

2021年からの気温低下をかねてから警告しているのは、英・ノーザンブリア大学の数学教授バレンティーナ・ザーコバ(Valentina Zharkova)氏である。

ザーコバ氏は太陽の磁気エネルギーに関する数学モデルを開発し、太陽が生み出す二つの磁気波の動きを予測した。

その結果、2021年から33年間にわたり太陽の磁気波が急激に減少し、1645〜1715年に観測されたマウンダー極小期が再来するというのだ。

マウンダー極小期とは1645〜1715年の間、太陽の黒点が著しく減少した時期のことを指す。通常であれば総数で4〜5万個が観測されるはずだが、この30年間に観測された黒点はたったの50個ほど。

黒点は太陽の磁場によって発生すると考えられており、およそ11年周期で増減を繰り返している。

黒点数が示す太陽の磁気活動の強弱は地球の気候とも関連しているといわれている。マウンダー極小期の時期、ヨーロッパや北米では気温が明らかに低下していた。

厳しい冬におよそ夏らしくない冷夏、夏のない年すらあったという。イギリスではテムズ川が凍りつき、スケート場になったという記録が残されている。

ザーコバ氏の試算によると、太陽の活動は2030年代におよそ60%低下するという。これはマウンダー極小期の最後の頃とほぼ同じくらいだという。

ザーコバ氏は自身のモデルは97%の精度を誇るとし、予測結果に自信を持っている。


■ミニ氷河期を防ぐ意外な救世主?

だが、その一方でザーコバ氏は太陽活動の低下が気候の寒冷化につながらない可能性も指摘している。

その理由は地球温暖化だ。ザーコバ氏は「地球温暖化が(太陽活動低下の)影響を覆してくれるかもと期待している」とまで述べている。

人類の活動による地球温暖化が太陽の活動低下によるミニ氷河期の訪れを防ぐとしたら、それはそれでなんとも皮肉なことではある。

それでもミニ氷河期が訪れるよりはマシだろう。なにしろ、前回のマウンダー極小期の頃、世界では不作と飢饉が相次ぎ、日本でも幾度となく大飢饉が起きた。

食糧の不足は当然社会不安に直結する。

不満のはけ口なのか、欧米での魔女裁判がより激しく過激になっていったのもこの時期だ。

果たしてミニ氷河期は来るのか来ないのか? 私たちはただその時を待つしかない。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11696806c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 203 996166
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック