スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

超金満生活


日本人が知らないサウジ王族の「超金満生活」

「王族狩り」を始めたムハンマド皇太子(写真右)と父親のサルマン国王(写真左)

世界最大級の産油国サウジアラビアが王族の汚職疑惑に揺れている。不可侵とされてきた王族らが汚職疑惑で拘束されているのだ。サルマン・ビン・アブドルアジーズ国王の子息ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が率いる汚職対策委員会が4日、国王令で突如として創設され、王子11人、閣僚や元閣僚、資産家ら数十人が拘束された。凍結されたサウジ国内の銀行口座はすでに1700を超え、最終的に数百人が摘発される見通しとなっている。

王族の汚職は批判を集め、王子らの散財は国家財政の重荷になっており、国民はおおむね歓迎している。ただ、サウジ王族は約2万人にも上るといわれ、汚職の基準はあいまいで王族の散財は長年の慣行だ。

そこに突然振るわれた「大ナタ」は、ムハンマド皇太子が進める石油依存からの脱却を目指す経済改革に資するものだが、恣意的な政敵の排除に使われているとの指摘もある。次期国王の最有力候補である皇太子の独裁化や王族内部の不和を懸念する声も上がっている。

初代国王の子息には月給3000万円

サウジは1932年、アブドルアジーズ・イブン・サウードが勅令により建国を宣言し、初代国王に就任した。26人の妻との間に少なくとも36人の息子がおり、一夫多妻制によって王族はねずみ算式に増え、第6世代までに約2万人を数えるとの説もある。

そのうち影響力のある王族は約200人だ、とファイサル国王研究センターの上級研究員ジョセフ・ケシェシアン氏は話す。首都リヤドを走っていると、壮麗な王族の宮殿に出くわすこともしばしば。巨大な敷地にプールやテニスコートなどを備え、100を超す部屋があるという。

その資金はどこから出ているのか。王族の財布の中身をうかがい知る機会は少ないが、内部告発サイト「ウィキリークス」が公開した駐サウジ米大使館の外交公電では、1996年時点で制度として石油売却益が王族に分配されている一端が明かされた。

米大使館が、王族に資金を分配するサウジ財務省の部局から得た情報では、アブドルアジーズ初代国王の子息には、月額20万〜27万ドル、孫には月額2万7000ドル、ひ孫には月額1万3000ドル、玄孫には月額8000ドル、遠戚には月額800ドルの固定給が支給されている。

このほか、結婚や宮殿の建設の際には、100万〜300万ドルのボーナスが支給される。この結果、当時の国家予算400億ドルのうち、約5%に相当する約20億ドルが王族に渡っている計算になったという。

サウジ王族の散財ぶりをめぐっては、毎年夏の南仏へのバカンスが話題になる。2015年には同行者を含めて約1000人で3週間滞在し、約6800億円を使ったようだと伝えられた。大型ヨットに高級シャンパンがばんばん開けられ、夏の一時を過ごしたが、治安やプライバシーを理由に海岸から締め出された地元民からは反対運動も巻き起こった。

銀行からの借入金を踏み倒すのは日常茶飯事

有力王族は、固定給だけでは必要な資金は賄えない。政治力はカネと直結するためだ。政府に圧力をかけて国有地の提供を受け、それを不動産開発会社に高額で転売して巨利をむさぼったり、自身の関連会社と不当に高額な契約を結ばせたりするケースが知られる。

欧米の軍需企業との兵器購入での実質的な賄賂も横行してきた。2007年には、英防衛関連大手BAEシステムズが元駐米サウジ大使のバンダル・ビン・スルターン王子に、10年間で10億ポンド(約2400億円=当時)以上の裏金を支払っていたと報じられている。

王族が銀行からの借入金を踏み倒すのは日常茶飯事で、王族のメインバンクであるサウジ国立商業銀行は破綻寸前に至ったこともある。前出の米外交公電では、銀行幹部の話として、銀行側は王族を4階級に分けていたという。

最高位はすでに巨万の財産を保有しているため、資金の借り入れをそもそも求めてこない有力王子たち。2番目が日常的に借り入れを求めるため、銀行側は他行の預金などを担保とするよう内部に周知。3番目は銀行側も資金の貸し付けを拒否する王族で、4番目は実際には王族に属さない取り巻き連中で、相手にするべき対象ではないという。

こうした汚職問題には国民の不信のまなざしが向けられ、2005年に即位したアブドラ・ビン・アブドルアジーズ前国王の時代から手がつけられ始めた。前国王は「肩に汚職問題がのしかかったまま(イスラム教で死後に迎えるとされる)最後の審判にかけられたくない」と兄弟たちに語っていたといわれる。

王子や王女に対する高級ホテルのスイートルームでの無料宿泊や、国営航空サウディアの同行者に対する無制限の無料チケットといった特権が剝奪された。当時のムハンマド・ビン・ナーイフ内相の妻が特権を行使して随行者12人とともにサウディアに搭乗しようとしたところ、「新ルールで無料になる同行者は2人までです」と断られたという。

ただ、アブドラ前国王の汚職対策は、内部からの反発にも直面して、なかなか進展しなかった。初代国王をもじって「サウード株式会社」という、王族の中で蔓延する意識を変えないかぎり、汚職問題はなくならないとの見方が一般的。2030年までに脱石油を目指す経済改革計画「ビジョン2030」で、国民に意識変革を迫る経済開発評議会議長のムハンマド皇太子としては、王族も襟を正す必要性を認識していることは間違いない。

一方、ムハンマド皇太子自身も2015年に5億5000万ドル(約625億円)のヨットを衝動買いしたこともあると伝えられたほか、父親も豪華なバカンスを過ごすことで有名。王族が民間事業に介入して利益を得ることは長年の慣行であり、汚職の線引きは恣意的にならざるをえず、政敵を追い落とすための政略との見方も根強い。実際、皇太子の政治的ライバルと目される、アブドラ前国王の子息で後継候補の1人だったミテブ・ビン・アブドラ国家警備隊長も拘束された。

米ツイッターの大株主も拘束された

今回の拘束劇で意外感をもって受け止められたのは、米金融大手シティグループや、米ツイッターなどの大株主でもある著名投資家で、大富豪のアルワリード・ビン・タラル王子が拘束対象者に名前を連ねていたことだ。

努力家で財を成したアルワリード王子は開明的な発言で知られ、サウジ経済の国際的な顔として積極的にメディアで発言するとともに、ムハンマド皇太子の経済改革にも好意的な発言を行っていた。

それなのに、なぜ拘束対象となったのだろうか。あるサウジウォッチャーは「ムハンマド皇太子がドナルド・トランプ米大統領に配慮した結果ではないか」と解説する。アルワリード王子とトランプ大統領の確執は少なくとも米大統領選前の2015年にさかのぼる。

トランプ氏が提案していたイスラム教徒の米入国禁止問題で、王子は 「あなたは共和党だけでなく、米国全体に対する不名誉だ。大統領選から撤退せよ。勝利することはないのだから」とトランプ氏に向けて投稿。

これに対し、トランプ氏は数時間後、「間抜けな王子が父親のカネで米国の政治家を操ろうとしている。私が当選すればそうはいかない」とつぶやき返した。このつぶやきが仇(あだ)となったらしいのだ。

トランプ大統領とムハンマド皇太子は、年齢こそ離れているが、その政治手法は予測不能で大胆という点で似通っている。スンニ派の盟主を自任するサウジは、シーア派の大国イランと中東地域で覇権争いを演じるが、トランプ大統領は6月のカタール断交や、10月のイラン核合意の破棄警告を筆頭に、サウジ側に立つ姿勢が鮮明だ。ムハンマド皇太子が勢いづいているのは、トランプ氏という超大国の指導者が背後で援護していることも要因の1つだ。

今回の汚職摘発劇でも、トランプ大統領は「サルマン国王と皇太子には絶大な信頼を寄せている。彼らは何をやっているか十分に理解している」とツイートしている。

世界で最も豪華な刑務所

拘束されたと伝えられるのは、アルワリード王子のほか、建設大手ビンラディン・グループのバクル・ビンラディン会長、テレビ局MBCの所有者であるアルワリード・イブラヒム氏ら資産家の面々も含まれる。

米経済紙ウォールストリート・ジャーナルによると、サウジ政府は一連の摘発により、計8000億ドル(約90兆円)の資産の没収を狙っているとの話もある。拘束された王族らが収容されているリヤドの高級ホテル「リッツ・カールトン」は、「世界で最も豪華な刑務所」となっている。

サウジ王族の腐敗問題にメスを入れたり、経済改革を断行したりするのは、人口増加や原油価格の低迷といった構造問題に直面するサウジにとっては不可欠。ムハンマド皇太子の英断は、将来的な課題を先延ばしにせず、手をつけたものとして評価する向きも多い。早い段階で政敵となりうる人物を排除しておくことも、将来的な政治の安定には資するかもしれない。

王室の調和や戒律が厳しいワッハーブ派宗教界との協調で漸進的な改革が進められてきたサウジは、80歳を超す高齢のサルマン国王に代わって実質的に国政を執り仕切るムハンマド皇太子時代になって変質している。

もはや「サウード家のアラビア王国」を意味するサウジアラビアではなく、「サルマン・アラビア」と現国王をもじる表現も登場している。このため、粛清された前国王派らの不満も蓄積している可能性がある。他方、ムハンマド皇太子に権力が集中する現在、反対派として旗幟を鮮明にすれば粛清を免れないだけに、寄らば大樹の陰で皇太子の改革路線に支持が集まるとの予想も多い。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11680178c.html
日記

女子十二楽坊


懐かしい あの女子十二楽坊が9年ぶりに戻ってくる

伝統楽器を操る12人の中国美人楽団「女子十二楽坊」が、11月27日から東京、千葉の3カ所で公演する。

単独で日本の舞台に立つのは9年ぶり。2003年に出したCDを、日本だけで200万枚近くも売った美女軍団だ。懐かしい、という読者も多いのでは。

2003年に大人気

女子十二楽坊は、中国の古典楽器を演奏する女性演奏家集団だ。歌手ではない。2001年に中国で結成され、CDデビュー。

日本にはCD「女子十二楽坊〜Beautiful Energy〜」で03年に進出。これが売れた。実に売れた。集計会社オリコン(東京都港区)による03年の年間順位(アルバムCD)をひもとけば、6位(集計時点枚数116万枚)に入っている。

ちなみに、この年の一番はケミストリー「Second to None」(同200万枚)。次が浜崎あゆみさん「RAINBOW」(同185万枚)。そのほか女子十二楽坊の上にいたのは、B’z、桑田佳祐さん、BoAさん。平井堅さんや中島美嘉さんの作品は「女子十二楽坊」の後塵(こうじん)を拝した。最終的に166万枚を数えた(オリコン集計)。

珍事も起きた。女子十二楽坊が演奏しているのを見て、弦楽器の二胡(にこ)を土産で持ち帰る観光客が増加。が、輸出入規制があるニシキヘビの皮が使われている。必要な手続きをしていない二胡が、関西空港だけで50件も押収された。

音楽評論家の伊藤強さん(1935〜2016年)は当時、産経新聞で「日本の芸能界は、日本だけで成立するのではなく、広くアジア全域で考え、展開していくべきだろう」と指摘した。女子十二楽坊は、大陸からの旋風だった。

楽屋を訪ねた女性

風は、しかし、去った。

「最初のアルバムは約200万枚売れましたが、確か…2作目は20万枚、3作目は2万枚…という感じで下がっていきました」

当時の関係者が振り返る。国内のCD売り上げ枚数自体が減り始めるのと軌を一にしているので、一概に枚数の推移で人気の盛衰は語れない。実際、2作目「輝煌 〜Shining Energy〜」は、前作に続きオリコンチャートで首位を守った。

が、日本でCD制作などの窓口だった会社が07年に自己破産するなどして、08年の公演を最後に日本での活動は収束を余儀なくされた。

ただ、楽団は中国を本拠地に活動を続けた。カナダや北米にも足を延ばしていた。リーダーで琵琶を担当する石娟(シー・ジュエン)さん、同じく琵琶の仲宝(チョン・バオ)さん、竹笛の廖彬曲(リャオ・ビンチュイ)さんをのぞくメンバーは去ったが、若い演奏家が入ってきた。

楽団の創設者でプロデューサーの王暁京(ワン・シァオジン)さんが15年に亡くなると、リーダーの石さんが「演奏家として続けていくために」と16年1月、北京で会社を興してマネジメントも兼ねるようになった。

そんななか、実は16年9月に東京、大阪、名古屋で演奏を行っていた。民謡歌手、尺八奏者らとわけた舞台で、かつ企業による貸し切りという特殊な催しだった。

このときの東京公演の楽屋を1人の女性が訪ねた。鄭宇(てい・う)さん。日本に帰化した中国出身の揚琴(ようきん)奏者だ。揚琴は鍵盤楽器の原型のような楽器で、張った弦をばちでたたいて演奏する。

中国で揚琴奏者として活動していた鄭さんだったが、歌手、山口百恵さんのドラマに夢中になるなどの日本好きが高じて、1990年に語学留学のため、1年のつもりで来日した。

「ところが1年じゃ上達しなかった。もっとしゃべれるようになりたい」と滞在を延ばした。アパートの大家さんが教育者で、千葉大大学院を紹介してくれ、音楽教育を学ぶことになった。現在は、「中国文化から学ぶ中国語」などをテーマに放送大学で教鞭を執っている。揚琴奏者として演奏活動も行っている。

さて、楽屋に石さんを訪ねた鄭さんは、女子十二楽坊の日本でのマネジメントを担当したいと申し出た。

日中国交正常化45年

実は在日中国大使館が、鄭さんに打診していた。

「日中国交正常化45年をきっかけに再び彼女たちを日本で紹介したら、日本の昔のファンは喜ぶのではないか。あなたの会社が女子十二楽坊の日本の窓口にならないか」

鄭さんは、教育者で揚琴奏者でかつ日中の音楽会や文化交流イベント等の企画会社を運営していた。

03年の人気ぶりを目の当たりにしていた鄭さんだが、生演奏は聴いたことがなかった。この貸し切り公演をのぞいて、「同じ音楽家として、とてもすばらしい演奏だった」。終演後、鄭さんは楽屋に駆け込んだ。石さんに時間がないというので、スマートフォンのアプリケーションの連絡先を交換して別れたが、年が明けてことし1月に連絡がきた。

「03、04年の日本での成功はたいへんよい思い出です。自分が楽団の責任者になり、もう一度日本のファンの前で演奏したいという思いを強くもっていました」

石さんは、日本の窓口を鄭さんに託した。2月に正式契約を交わし、9年ぶりの単独公演に向けて動き始めた。

「03年のNHK紅白歌合戦出場はとても光栄でした。日本のファンに恩を返したい。日本に戻りたかった」と石さんは鄭さんに話した。

鄭さんは「今回をきっかけに彼女たちに日本に戻ってきてもらい、2020年東京オリンピック・パラリンピックの際には演奏を通じた国際文化交流をするのが私の目標であり、願いです」と話している。(文化部 石井健)

女子十二楽坊 グループ名の「十二」は「紅楼夢(こうろうむ)」という中国の古典小説に出てくる金陵十二釵(12人の美女)にあやかった。構成人員のことではないが、今回も12人で来日する。ほかに予備軍ともいうべき若手12人も在籍しており、楽団としては総勢24人。2003年にヒットした曲は「自由」「奇跡」。「自由」は紅白歌合戦でも演奏した。

「日中国交正常化45周年 女子十二楽坊 日本公演2017」は、次の3公演。

・11月27日(月)午後6時半開演 東京・新宿文化センター大ホール

・11月28日(火)午後6時半開演 東京・ティアラこうとう大ホール

・12月2日(土)午後5時半開演 千葉県文化会館大ホール

チケットはいずれも全席指定7千8百円(税込み)。セブン−イレブン、ローソンの店舗で購入可。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11680175c.html
日記

グーグルホームミニ


試して分かった「Google Home Mini」の意外な強みと弱み

本連載の前々回で、Google Homeは「今日の予定を教えて」は認識するが「次の予定を教えて」を認識できないという話を書いたが、該当記事が公開される前後にアップデートが行われ、「次の予定を教えて」という言い回しも問題なく認識されるようになった。音声アシスタントのエンジンはクラウド上にあるため、知らず知らずのうちに挙動が変わっていることも多い。まさに日進月歩だ。

などと書いているうちに、先日いよいよAmazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」の日本上陸が発表された。その心臓部たるAlexaを拡張するための265ものスキルも発表された他、時を同じくしてサードパーティー製のAlexa内蔵スピーカーも発表されるなど、日本国内でもいよいよ本格的にスマートスピーカー戦争の火ぶたが切られた印象だ。

本連載ではこのAmazon Echoについてもお届けしていく予定だが、ここまで取り上げてきたGoogle Homeについても、まだまだ紹介すべき機能などが大量にある。今回は10月に発売されたGoogle Homeの小型版「Google Home Mini」について、その特徴や、Google Homeとの違いなどを紹介する。

●なるべく小声で操作するため近くに設置したい

もともとスマートスピーカーは、各部屋に1台設置することが理想とされる。Google Homeにせよ、Amazon Echoにせよ、標準サイズのモデルに加えて低価格の小型モデルが用意されているのは、家庭内の各部屋にくまなく設置するためのもの、という前提だ。

逆に言うと、どの製品であっても、内蔵マイクは室内どこからでも声を拾えるわけだが、それはあくまでも一般的な声の大きさでの話。小声ではうまく反応してくれないことも多いため、夜間などあまり大きな声を出せない場合は、なるべくスピーカーに近づくか、スピーカーの方向を向いて話し掛ける必要がある。

筆者の場合、これまでは作業用デスクとベッドの中間点にあたる場所に、Google Homeを設置していた。距離はどちらからも約1mで、普通の声量で話し掛けるぶんには全く問題ないのだが、なるべく小声で済ませたい夜間は、わざわざGoogle Homeの方向に向き直って話し掛けなくてはならず、やや面倒さを感じ始めていた。

そんなわけでこの度、Google Homeをベッドの枕元付近に移動させたうえで、作業用デスクの近くにもう1台、スマートスピーカーを設置することにした。こうして新しく我が家にやってきたのが、他ならぬGoogle Home Miniというわけである。

Google Home Mini(以下Mini)は、スピーカー部分を簡略化することでボディーを小型化したGoogle Homeだ。直径は10cm弱、やや大きめのドーナツ程度のサイズである。このコンパクトさ故、設置場所を選ばないのが最大の利点だ。

セットアップの手順および機能のほとんどは、Google Homeと同じだ。本体に電源ケーブルを接続した後、スマートフォンでGoogle Homeアプリを起動すると製品が見つかるので、セットアップ手順に従って設置場所を決め、Wi-Fiに接続したうえで、声が認識できるかどうかのテストを行い、残る幾つかの設定を完了させれば使えるようになる。

余談だが、音声ガイダンスの音量が、隣室まで響き渡るほどの爆音なのもGoogle Home譲りだ。本製品は本体上部の左側をタップすれば音量を下げられるのだが、この時点でそれを知っている人はごくわずかだろう。故に多くの人は爆音のまま、セットアップを続行することになる。ここは何とかしてほしい点だ。

●Miniの方が最小音量が小さいというひそかな利点

ところで、2台のうちMiniをデスク側に、Google Homeを枕元に持っていったのには、幾つかの理由がある。

1つは単純に設置スペースの問題だ。Miniは高さがわずか42mmなので、ディスプレイの下のスペースにもすっぽり収まる。チェアに座って作業している筆者から見るとほぼ真正面なので、姿勢を変えることなく小声で操作するには最適だ。体積のあるGoogle Homeでは、このような置き方は難しい。

もう一つは、枕元での操作性だ。Google Homeは天板がタッチパネルになっており、音楽などをワンタップで停止できる。実はMiniも発売前のバージョンでは同様の機能が実装されていたのだが、幾つかの問題により無効化され、今Miniで音声をミュートするには、音声コマンドを使うしか選択肢がない。

特に枕元でアラーム機能を使う場合は、音声コマンドを使うよりも、目覚まし時計と同じ感覚で物理的に止められた方が、何かと重宝する。こうしたことからGoogle Homeはベッドサイド、Miniはデスク側という布陣になったというわけだ。

もう1つ、これは実際に設置してから分かったことなのだが、Google HomeよりもMiniの方がスピーカーの最小音量が小さいのも、筆者の用途に合致している。

Google Homeは最小音量でもそこそこの音量があり、もう少し小さくするようリクエストするとミュート状態になってしまうことが度々あった。その点、MiniはGoogle Homeよりも最小音量が明らかに小さいので、音量を絞りつつBGMを流しっぱなしにする用途であれば、Miniの方が重宝する。

実のところ、Google Homeは音量を下げれば下げるほど、高音が聞こえづらくなる傾向がある。PCの冷却ファンなどがある部屋ではその傾向が顕著で、ある曲などはボーカルとギターが完全に消えてしまい、最初から最後までベースの音だけしか聞こえないこともあったほどだ。

本製品のレビューではよく「音はMiniよりもGoogle Homeが上」と評価されており、それは確かにイエスなのだが、それは部屋中に響き渡る音量で音楽ソースを再生した場合の話。スマートスピーカーは必ずしも音楽再生にだけ使う製品ではないので、用途によっては音質では劣るMiniの方が、使い勝手がよい場合もある。製品を選ぶに当たっては、そうした観点もあってよいのかなと思う。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11680171c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 84 996540
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック