スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

紳士になりました


過激言動のドゥテルテ大統領、習近平氏の前で「ガム」 天皇陛下の前では...?

フィリピンのドゥテルテ大統領が天皇皇后両陛下の前で見せた「礼儀正しさ」が、フィリピンメディアの間で驚きをもって受け止められている。

ドゥテルテ大統領は麻薬の売人の殺害を容認するなど過激な言動で知られ、日本政府内では懸念の声もあがっていたという。2017年10月下旬に北京を訪れた際は、習近平国家主席を前にガムをかんでいたことが問題視されたばかりで、動向が注目されていた。

過去の言動から「日本政府の一部からは懸念の声も」

ドゥテルテ大統領の訪日は今回が2回目。16年10月の初訪日の際にも両陛下と会見予定だったが、三笠宮さまの逝去で中止になっていた。

日本メディアが宮内庁の話として報じたところによると、会見は17年10月31日に約25分間にわたって行われ、天皇陛下は第2次世界大戦で多くのフィリピン人が犠牲になったことに言及。ドゥテルテ大統領は、両国は過去を乗り越えて協力関係を築いたことを指摘し、日本による継続的な支援に感謝を述べたという。

ジャパンタイムズによると、

「政府筋によると、過去の議論を呼んだ発言を理由に、大統領の訪日日程に両陛下との会見が含まれることについて、日本政府の一部からは懸念の声もあがっていた」

というが、実際の会談では

「皇族に尊敬の念を持ち、部屋に入る際に一礼するなど、会見の冒頭では緊張している様子だった」

という。

この異例の態度にはフィリピンメディアも注目しているようだ。ニュースサイト「ラップラー」は、

「ドゥテルテ氏はスーツを着て、普段よりも礼儀正しく控えめな様子だった」

と指摘。大手テレビ局のGMAは、ドゥテルテ大統領が天皇陛下との会見後に

「恐れ多いことだった」

と述べた、と報じている。

中国ではポケットに手を入れたまま部屋に入り、居眠り

ドゥテルテ大統領は10月の訪中では、全く違う態度を見せていた。前出の「ラップラー」は、10月20日に北京で行われた中国とフィリピンの間の協定調印式で、ドゥテルテ大統領が習主席を前に「ガムを噛んでいた」と動画つきで指摘。

「両国の政府関係者、記者、カメラマンがいる前で、ズボンのポケットに手をいれたまま部屋に入ってきた」

「目を閉じて、うとうとしている様子だった」

などと態度を非難していた。

もっとも、ドゥテルテ大統領は親日家として知られており、10月29日にフィリピン国内で開いた会見で、

「天皇陛下の退位前に会見できるのは光栄なこと」

で、

「おそらくフィリピンからの心からのご挨拶をお伝えする以外は、言葉を選ばなければならないだろう」

と発言している。ドゥテルテ大統領ですら、天皇陛下に対する尊敬の念が態度に現れた、ということのようだ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11677020c.html
日記

年賀状



え、これがマナー違反? 

意外と知らない、年賀状を作るときに気をつけたい5つのこと

本日11月1日は年賀状はがきの発売日。そろそろ年賀状の準備を始める時期ですが、年賀状には色々と気をつける点が多いもの。知らずに恥ずかしいことをやってしまっていることがあるかも! 年賀状の準備とともに、年賀状の注意点をおさらいしましょう。

気をつけたい「賀詞」の選び方

賀詞は「祝意を表す言葉」で、年賀状の文頭に使う決まり文句。この賀詞には様々な種類がありますが、送る相手によって使い分ける必要があります。

また、最近では被災などで新年を祝う気分になれない人に配慮して、「おめでとう」や「祝う」などの言葉のない賀詞を使ったり、賀詞を入れずに「年始状」(年賀状の「賀」にはおめでたい意味があるため)として送る人も増えています。送る相手のことを考えて賀詞を選ぶようにすると良いでしょう。


やりがち! 言葉の「意味の重複」

年賀状でもっともやりがちのミスは、同じ意味の言葉を重複して使ってしまうこと。賀詞では「新年あけましておめでとう」という言葉に要注意! 「新年」は「年があけた」ことを意味しているので、「あけまして」と重複してしまいます。

年号で「1月1日 元旦」と書くのも重複。「元旦」はそれだけで「1月1日の朝」を表すので、「◯◯年 元旦」を書くのが正解。「元日」は「1月1日」ことを指します。

使ってしまうと子ども扱い? 「、」「。」には気をつけて!

先ほど紹介した賀詞や添え書きに「、」「。」を使うのもNG。元々これら句読点は「子どもが読みやすいように」と使われ始めた記号なので、相手に敬意を示す挨拶状などで用いることは失礼にあたります。慶事に「区切りをつけない」という縁起を担ぐ意味もあるそうなので、「、」「。」は使わないようにしましょう。

はがきの向きは縦? 横? 宛名の向きも注意

年賀状デザインには様々なものがありますが、本来日本語は縦書きが正式であるため、目上の人や仕事関係の相手に出す際は縦書きのデザインを選ぶのが無難です。また、意外と見落としがちなのが表裏の書き方。表裏の書き方は揃えるのが基本なので、裏面に横向きのデザインを選んだ時は、宛名も横書きにすると良いでしょう。


価格変更ではがきの料金も要チェック!

2017年6月1日から郵便はがきの料金が62円に変更されましたが、年賀状は52円のまま。料金不足で戻ってきたりしないように、価格が変わる条件をチェックしておきましょう。

いかがでしたか? 意外に知らないことも多いのではないでしょうか。この時期に書店で販売されている年賀状素材集には、様々なデザインやパーツの他、今回のような年賀状を出す上での注意点やマナー、添え書きの文例集など、年賀状を出す上で必要なものが一冊にぎゅっと詰まっています。

「社会人として初めて年賀状を出すけど、非礼にならないか心配…」「子どもが生まれたので年賀状を出したいけど、久しぶりでどう書いたらいいかわからない」など、不安な方は年賀状素材集で解決しちゃいましょう! 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11676806c.html
日記

東芝社員

待遇悪化に嘆く東芝社員「節電で暖房オフ、冬は本当に寒い」
「ご心配をおかけして、心からお詫び申し上げます」。10月24日、千葉市内で開かれた臨時株主総会で、東芝の綱川智社長(62才)は深々と頭を下げた。総会では2時間52分にわたる審議の末に、グループ中核の半導体子会社『東芝メモリ』の売却などが承認された。出席した株主が憤る。
「壇上に居並ぶ経営陣は、いつも通りの形だけの謝罪を繰り返し、『悪いのは歴代トップだ』という思いがにじみ出ていた。東芝メモリはグループの収益の9割を稼ぐ中核企業です。それを売り渡すなんて、まさにお先真っ暗ですよ」
かつて東芝は両国国技館で株主総会を開き、株主には国技館名物の焼き鳥弁当やお土産を配っていた。当時を知る別の株主も渋い顔だ。
「今は事前に『お土産、お弁当はご用意いたしておりません』という招集通知がくる始末です。将来的な展望がまったくなく、経営陣がひたすら謝る株主総会を見ると、あの“大東芝”が…と本当に情けなくなります」
140年の歴史を誇る日本を代表する超名門企業、東芝が窮地に陥って久しい。東芝をここまで追いやった原因を簡潔にいえば、「粉飾決算」と「原発」である。『東芝崩壊 19万人の巨艦企業を沈めた真犯人』(宝島社)の著者・松崎隆司氏が指摘する。
「東芝の第三者委員会の報告書によると、西田厚聰氏が社長を務めていた2008年には不正会計が行われていたことがわかっています。西田氏は当時、『東芝チャレンジ』と称して、損失の圧縮を部下に厳しく求め、続く佐々木則夫社長と田中久雄社長もこれを踏襲した結果、部下はそのプレッシャーから不正会計を繰り返した。3社長の言う『チャレンジしろ』は、『不正をしてでも利益を出せ』ということを意味していたのです」
この不正会計が2015年7月に内部告発で発覚し、東芝が過去7年間で1500億円を超える利益を水増しし、長期にわたって粉飾決算していた事実が明らかになった。経営危機に陥った東芝は1万4000人規模の人員削減や半導体チップなどの事業の売却を余儀なくされた。
さらに2017年2月には、米子会社のウェスチングハウス(WH)の原子力事業が原因で、約7125億円もの巨額損失を計上することを発表した。
「結果として東芝は2017年3月期決算で約5500億円の債務超過に陥り、東証2部に降格しました。このまま債務超過を放置していると来年3月で上場廃止となるので、現在は必死になって子会社の売却や人員整理などのリストラを進めています」(経済ジャーナリストの磯山友幸氏)

◆現役社員達からあがる嘆きの声と「東芝愛」
これに悲鳴を上げるのが、関連会社を含めると19万人を超える現役社員たちだ。50代のベテラン社員は、不正会計の発覚以降、業績の悪化とともに仲間たちが次々といなくなったと嘆く。
「部下や若く有望な社員たちは、退職金が割り増しされる早期退職制度を利用して次々と会社を去っています。しかし、私のように50代になるとなかなか次の就職先が見つかりません。会社の先行きも不透明で、この先、自分や家族の人生がどうなるかわからない。地獄のような日々が続いています」
待遇の悪化を嘆くのは40代の中堅社員だ。
「昔の海外出張はビジネスクラスの時もありましたが、今は全部エコノミーです。上からは出張回数を減らすよう指示されるし、事業所は節電で暖房を切っているので、冬は本当に寒い(苦笑)。以前は1回500円で利用できた提携のスポーツクラブも約3000円のビジター料金が必要になりました」
それでも長く勤続してきた現役社員に共通するのは、「東芝愛」の強さである。それだけに彼らは、東芝を窮地に追いやった経営陣に強い憤りを感じている。
「子会社や有力部門を次々と売却して、今や東芝という企業は死に体同然です。東芝にプライドを持って働いてきたのに2015年の粉飾発覚以降、わずか2年余りでどん底に叩き落とされた。経営陣への怒りとともに、『なぜこんなことになったのか』という無力感でいっぱいです」(前出・50代ベテラン社員)
※女性セブン2017年11月16日号



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11676803c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 31 990730
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック