スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

みちびき

準天頂軌道衛星「みちびき」ってどんな衛星? 
GPSとどう違うの?
準天頂軌道衛星「みちびき4号機」の打ち上げが10日に予定されています。これまでに3機が打ち上げられており、成功すれば、2018年度からは静止衛星1機を含む4機体制で測位システム「みちびき(準天頂衛星システム:QZSS)」が本格的に運用される予定です。日本版GPSとも言われるこの「みちびき」、従来のGPSの弱点を補うとともに、さらに高精度な測位も可能なシステムです。

私たちが使っているGPSってどういうもの?
私たちがふだん、カーナビゲーションシステムなどで現在位置の測定に使っているGPS(Global Positioning System)は、米国防総省が運用する測位システムです。地球上のほぼすべての場所が測位できるよう、9月末現在で31機(運用中断中の1機を含む)のGPS衛星が地球の上をまわっています。
便利なGPSですが、たとえば、ビルに囲まれた都会の道路でカーナビの地図を見ると、自分たちが実際にいる位置とは離れた場所にいるかのように表示されていた、ということもあるでしょう。このようにGPSには、測位する場所によって誤差が大きくなるという課題があります。
測位するには、最低でもGPS衛星4機の電波が必要なので、地上に高い建物や山があると、GPS衛星からの電波はさえぎられるなどして、3機以下になると測位不能になります。
たとえ反射された電波が受信側に届いたとしても、GPS衛星から直接届くよりも時間がかかってしまいます。GPSの測位には、衛星と受信機側との距離を用いますが、実際よりも電波の到達時間が長くなると、受信側は衛星との距離の長さを勘違いして計算してしまい、誤差が生じるのです。誤差の発生原因は、ほかにも電離層による電波遅延などがあり、これらを含めてGPSの測位誤差は10メートル程度生じるそうです。

みちびきとGPSはどう違うの?
「みちびき」は、GPSとの連携運用によってこのような測位誤差を改善すると期待されています。「みちびき」には、国土地理院の電子基準点の活用などによりGPSの誤差を修正する機能があり、測位誤差をGPS単独使用時の10メートルから、数センチメートル程度にまで高められるそうです。
そのポイントは、「準天頂軌道衛星」の活用にあります。
「天頂」とは「観測者の真上」を意味する言葉ですが、この場合は「日本の上空」を指します。「準」がつくのは「ほぼ」という意味です。準天頂軌道衛星は、日本のほぼ真上と、オーストラリアを含む南半球を8の字の軌道を描きながら1日で1周します。日本上空には、1機につき1日8時間滞在。3機で24時間カバーする計画です。
日本上空にある時、準天頂軌道衛星はほぼ真上から電波を発信しますので、地上の建物や山に電波がさえぎられたり、反射したりしにくい、というメリットがあります。GPS単独で利用していた従来よりも、電波を受信できる衛星が増えますので測位の精度が増すほか測定不能に陥るケースが減り、電波を直接受信側に届けられる可能性も高くなりますので誤差を小さくできるというわけです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668773c.html
日記

住めば最悪

「東京にいても良いことない」と自嘲する都会人は寂れてしまった地方の実態を知らない
都会と田舎。住むならどちらがいいのか。あなたは考えたことがあるだろうか。僕は田舎者だが、どっちかにしろと言われれば10対0で都会に住みたいと答えるだろう。だってもう、交通の便が全く違うし、娯楽の数も段違い。その上仕事をするにも田舎より選択肢が多い。
これは僕個人の考え方に過ぎないので、異論は多くて当たり前。僕と同郷の友達の中には「田舎が一番だ」とUターン就職した奴もいる。また、生まれも育ちも東京の知人は「田舎って憧れます」とか言っているし、人それぞれ意見が違うものなのだ。
ただ、やっぱり僕は田舎で暮らすというのは、場合によっては本当に耐えられないものであるということは、声を大にして言いたい。
田舎も東京も、それぞれに致命的な弱点を抱えているとは言うが…

先日、2ちゃんねる改め5ちゃんねるに「田舎者『東京に住みたい!!』東京人『東京にいても良いことないよ?』」というスレッドが立ち、田舎派と東京派で議論が行われていた。田舎推しの人からはこんな声が出ていた。
「山に住んでるが毎日静かで快適だわ。この生活に慣れたらもう東京には戻れない」
「田舎人だが東京みたいな空気は汚いわ飯は不味いわ景色は無いわ、ゴミゴミしたとこに行きたいと思ったこと一回もない」
たしかに、田舎は人がいないから静かだ。それは間違いない。一方でやっぱり東京がいい、という人も多い。
「老後は田舎でのんびりしたいとか言ってる都会人も間違ってる。田舎は病院が少なくてどこも混んでて医療レベルが低い」
「東京住んだら皆優しくて人情あって驚いたよ。下町だったからかな。東京はよそ者にも優しい」
このように、都会の良し悪し、田舎の良し悪しなどがいい具合にバランスよく並んでいた。

田舎も都会も、どちらに住むにせよ、メリットとデメリットは存在しているので、結局どちらが素晴らしいということもないのだ。
ある地方都市の没落…衰退を急がせるのはいつの世も地元の馬鹿な有力者
僕は、宮崎の北部にある工業都市で生まれ育った。工業都市と言ったって、今や人口は10万人を割る勢いの寂れた町だ。
だけど、昔から寂れていたわけじゃない。元々そこは城下町。僕がまだ小さくて可愛かった頃……もう30年近くも前のことになるけど、間違いなく当時は今よりも地元は活気付いていた。
まだ若い人も大勢町に残っていた。デパートもあった。たまに祖母と一緒にバスを乗り継いで出向いては、家が貧乏なのに怪獣ソフビをおねだりして困らせたものだ。夏祭りともなれば出店もいっぱいあって、本当に楽しかったものだ。

しかし徐々に凋落の一途を辿ることになる。数十年後の地元の発展を願った革新派が唱えた、駅前再開発。それを地元の商店街の面々が目先の利益のために断固阻止して、今で言うデモを起こして頓挫させ、同時に、かつてはかなり勢いのあったダイエーの誘致にも反対した。
ところが地元の商店街が寂れてくると、今度はこれまで町の発展を阻止し続けてきた面々がダイエーを無理矢理呼び込むという恥知らずっぷりを披露する。そのダイエーもようやく町に来た頃には落ち目になっていて、結局5年で撤退。跡地は何年も放置される有様。
このとき、折からの不況と若者の県外流出もあって地元に残っていたデパートも撤退し、中心通りは一気に閑古鳥が鳴くことに。かつて再開発構想を反対し続けてきた駅前商店街はとっくのとうにシャッター通りで猫も通らない寂れ具合ときたものだ。
都会生まれ、都会育ちの知人はしばしば言う。「ミゾレちゃんの地元に遊びに行きたい」と。

そんなとき僕は、胸を張って「おいで」と言えないほどに廃れきった地元を思って悲しくってたまらなくなる。
東京で暮らしたこともある、いち田舎者として書かせてもらうが、都会の人たちは田舎の「終わってる感」を本質的に分かってなさ過ぎる。こんなケースは別に珍しくはない。発展し続ける町もあれば、僕の地元のように腐る一方の町もたくさんある。
そして腐り続けている町には、偏屈な老人の作った意味不明なルールが横行し、とてもじゃないけど余所者が穏やかに暮らすことなんかできない。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668726c.html
日記

住めば地獄

「住んだら地獄」な街ランキング
TVのイメージとは大違い!? 
買い物が不便、週末は大渋滞…

タワマンが林立する再開発エリアに、メディアで話題の人気スポット……。憧れの街も実情は「ヤバかった」なんてことも。そこで、首都圏の「ヤバい街」を徹底調査。ジャンル別にランキング化して紹介していく!

◆TVドラマや旅番組のイメージとは大違い!
各メディアが取り上げるような「人気スポットに住んでみたい」と浮かれた気持ちで引っ越したら、生活に不便。快適なイメージとは、かけ離れた地獄のような街はどこなのか。

今回、匿名を条件に答えてくれた不動産コンサルタントのA氏に「住んだら地獄な街」の特徴を聞いてみると、
「@生活に必要最低限な商業施設が少なく、夜も暗く活気がない。
A不動産の資産価値が落ちる可能性が高い。
B災害発生時のリスクが大きい」の3点を挙げてくれた。

そのうえで、ランキングをSPA!編集部で作成(※下記参照)。第1位に輝いたのは“谷根千ブーム”で人気の台東区谷中だ。
「昨年引っ越しましたが、生活するには最悪の街。夜が早く20時にはほとんどの店が閉まり、外食できる店の選択肢も少ない。土日はブームのせいで人でごった返し、昼間は外に出ることもできません」(20代・谷中在住女性)

前出のA氏も谷中には辛辣な評価を下す。
「墓が多く、全体的に街が暗い。女性が夜歩くのは怖いでしょう」

谷中同様、メディアが伝えるイメージとの格差が激しいのが、2位の鎌倉だ。風光明媚な景色は何度も映画などで取り上げられているが、地獄度は年々増している。

「週末は観光客の車で鎌倉街道が大渋滞。本来なら15分足らずで着く鎌倉から北鎌倉間に2時間かかることも」(在住歴9年の男性)

結果、週末は地元民が“避難”するケースも珍しくないのだとか。
「子供を遊ばせるためにわざわざ平塚の公園に行ってます」(同)

観光地が地獄ならば、閑散とした郊外も地獄。不動産コンサルタントの長嶋修氏は、埼玉県郊外の春日部市を挙げる。『クレヨンしんちゃん』の舞台として有名な同市は、ゆったりとした郊外暮らしに向いている気もするが……。

「駅前は老人のみで閑散としています。昨年市内のロビンソン百貨店がつぶれ、若者の市外への流出が止まりません。事実、’00年を境に人口は激減。固定資産税と地方税収入は県内最下位です。不動産の資産価値が下がる可能性が高いです」

老人ばかりといえば、南北線の白金高輪もイメージ負けしているという。「シロガネーゼと言いますが、実態はババアだらけ。夜は早いし、高級料理店ばかり。そもそも、本来の白金は『白金台』のことですから場所も違う」(A氏)。
千葉県からは海浜幕張がランクインした。

「住宅地のコンビニは2軒のみで、どちらも23時に閉まるので不便。週末は路駐がひどいです」(幕張在住歴27年・女性)と不満の声が。
人気に釣られて住めば、とんだ地獄が待っている。

<住んだら地獄な街ランキング>
1位 谷中……夜は早く、店がほぼ閉まって真っ暗
2位 鎌倉……尋常じゃない車渋滞に地元民は困惑
3位 春日部……若者は市外で遊ぶため、老人ばかり
4位 白金高輪……夜は早く、人通りも少ない
5位 幕張……治安は悪くないが、迷惑な路駐だらけ



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668724c.html
日記

折りたたみ傘大人気


訪日中国人の最新の爆買い対象は「折り畳み傘」
2017年10月7日、中国メディアの海外網が、訪日中国人の爆買い対象が折り畳み傘になったと伝えた。

記事は、今年の国慶節の長期休暇でおよそ600万人の中国人が海外旅行へ出かけたが、日本は2番人気となり、日本の至る所に中国人観光客の姿を見ることができたと指摘。

かつての爆買いは影を潜めたものの、まだまだ人気の商品があり、今の人気は「折り畳み傘」だと伝えた。
例えば、銀座タカゲンが訪日中国人に人気の店リストに含まれているが、この店の折り畳み傘が中国人に好評だという。
店員によると、昨年あたりから来店する中国人が増え、今年は折り畳み傘の販売数が昨年比で20%上昇したという。
特に高価格の傘が人気なため、売上額は昨年の10倍になるという。

また、傘メーカーのWorld Partyの中村俊也社長によると、一昨年の折り畳み傘の売上は32億円だったのが、昨年は38億円となり、6億円も増加したという。
国内市場が停滞していることを考えると、売り上げが増加した主な理由は訪日外国人によるものだと考えられるという。
中村俊也社長は、「これまでは中国人女性を主なターゲットと考えたことはなかったが、国内市場が縮小する中で、今後は中国市場を重視していく必要がある」と語っている。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668683c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 38 993749
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード

|

外苑東クリニック
東京 人間ドック