スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

永久凍結

1万4000人フォロワーいる僕のTwitterが突然凍結された話

どうも、1万4000人からフォローされていたTwitterアカウントを、原因不明の凍結処置にされた「わかり手」と申します。

凍結された僕のTwitterは主にメンタルヘルスの情報発信を行うアカウントで、性的な画像や他人に対する脅迫などは一切含まれていないと断言できるアカウントでした。

突然のTwitterアカウント永久凍結
事前通知などは一切なく、朝起きてスマホからTwitterにアクセスしようとしたら、全く使えないようになっていた…という状況でした。僕の場合、仕事の告知や取引先との連絡などにもTwitterを使っていたので、凍結以後とても困った状態に陥っています。

このままでは仕事に支障が出るということで、急遽新たに凍結対策アカウントを作り直しました。登録する電話番号やメールアドレスは以前とは別のものにし、全くのゼロからアカウントを作り直しました。「凍結したわかり手のサブアカウントです」と告知し、1時間でフォロワーが50名ほど戻ってきたタイミングで、そのアカウントも再度凍結…。

完全に意味がわかりませんでした。そのアカウントでの発言はまだ3ツイートほど。規約違反になる発言など明らかに含まれていません。それでも、あえなく凍結…。
その時点でようやく焦り始めます。なんとかアカウントを復旧しなくては…。

「作成時期が古いアカウントなら凍結しづらいのでは」と考え、以前botとして運用しようとして放置していた2010年産のアカウントを復旧。Bioに「衆議院議員」と入れると凍結されないなどという当時飛び交っていた噂を信じ凍結対策文言をbioに追加。

その後は、不適切な発言がないか、目を細めてチェックし運営していますが、それから1週間たつ現在、なんとか凍結されずに運用できています。

しかし、1万4000人のフォロワーがいる本アカウントは凍結されたままです。

凍結が多発している背景
今までは性的なイラストを描くユーザーや、政治的罵倒合戦を繰り返すユーザーくらいにしか縁のなかった「凍結」が、それらに該当しない穏当なユーザーたちにまで波及するようになってしまいました。

このような凍結基準の変化には、どのような背景があるのでしょうか。

一説には「AIによる自動凍結システムを導入したことが原因ではないか」との声がささやかれています。

エンジニア向け情報共有サービス「Qiita」でユーザーアカウントの凍結に関わっていたmizchiさん(自身も9月27日にTwitterアカウント凍結)は、今のTwitterは「『この言葉が投稿されたら凍結する』などのルールを、一律に適用しているのではないでしょうか」
とITmediaニュースの取材に対して語っています。

つまりプログラムに「殺す」「しね」などの発言をピックアップさせ、自動的にアカウントを凍結させる。そのようなAIによる自動凍結判断システムを導入しているのではないか──ということです。

一見効率的に見えるシステムですが、多くの人が入り混じるSNSでこれを導入するのは大きなリスクが生じます。

例えば「どうていを殺す服」というファッションが一時Twitterで話題になりましたが、この話題に言及している人は高い確率で「殺す」というキーワードを含む発言をしています。すると、脅迫などの意図がない、単にファッションについて呟いているユーザーが自動的に危険なアカウントとしてAIにピックアップされてしまうことになる。

8月27日には、蚊に何カ所も刺されたあまり「しね!」と(蚊に対して)ツイートしたユーザーが凍結されるなどの事態も発生しました。

Twitter Japanは「そのようなことは起こり得ない」と否定していますが、その後の無作為かつ納得し難いアカウント凍結の実施を見る限り、極めて疑わしいと言わざるを得ません。

このように、「AIによる検閲システム」導入の結果として、今のTwitterの言論統制が成立している可能性は極めて高いと言えるでしょう。

「凍結解除」は可能なのか
「凍結解除」は極めて難しい、というのが現状です。

凍結されたユーザーはTwitterのサポートチームに対し意義申し立てをすることができますが、力を入れて文書を練っても自動返信のようなメールが返ってくるだけです。

自動返答のようなメールに対し、なんとか経緯の説明やどのようなツイートが凍結の原因になったのかという質問を現在進行形で行っていますが、手応えはありません。

ただし、ひとつだけ例外があります。それはTwitter社への直接訪問です。

政治活動家の外山恒一氏がTwitterアカウントを凍結させられた時、東京にあるTwitter Japanのオフィスまで抗議に行くというアクションを起こすことで、アカウント凍結が即座に解除されたという前例があります(https://nikkan-spa.jp/1358243)。
漫画家の「やしろあずき」氏の凍結解除の例もあります。氏はアクションの全貌を未だ明らかにしていませんが、「Twitter社の方と凍結の仕様について直接お話するというアクションについては企業協力のもと継続していきます。」とツイートしているように、やはりTwitter社に直接働きかけることで凍結が解除されたということのようです。

僕も、先人に倣い、近日中にTwitter Japanを訪問する予定です。その計画や顛末についてはまたどこかで発表させていただくと思います。

しかし、何万というアカウントが不当に凍結させられているのに、それを解除するには内部の人間と直接コンタクトを取らねばならないとは、こんなに不合理なことはありません。

Twitterには、一刻も早く元の自由な言論プラットフォームに戻ってほしい。
いちユーザーとして、強くそう願っています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668213c.html
日記

電流電圧チェッカー


その電流と電圧、適切? 

上海問屋のQC3.0対応USB電圧・電流チェッカー

ドスパラが運営する上海問屋は10月5日、スマホやタブレットなどのデバイスを充電しているときに、適切な電圧・電流が流れているかをチェックするUSB電圧・電流チェッカー「DN-915087」を発売した。価格は1,299円(税込)。

DN-915087は、USB Type-Aに向きを気にせず上下どちらからでも挿せる端子を持ち、これをUSB充電器につなぐ。

反対側(USB Type-Aコネクタ)にUSB充電ケーブルを挿すことで、流れている電流、電圧を測定できる。QC3.0(クイックチャージ)に対応したUSB機器にも利用可能だ。USB充電器の性能チェックや、スマホが充電できていないな、と感じるときに、その原因がUSB充電器にあるのかケーブルにあるのかを特定できる。

QC3.0は、Qualcommの急速充電規格で、対応スマホやタブレットなどのデバイスを高速で充電できる。

測定したい時間は自分で設定可能だ。設定時間を過ぎると電源が自動でオフになる「タイマーモード」、設定した電圧を超えると行っている充電を中止する「電圧保護機能モード」、「設定した電流を超えると充電を中止する「電流保護機能モード」を備えている。

測定できる電圧は4Vから30V、電流は0.5Aから5A。本体サイズはW24.5×H14×D71mm、重量は約15g。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668191c.html
日記

旅行日程自動作成


ワンタッチで旅程を作成するアプリ「Planme」 

ズボラなボクもこれで安心

ソフトバンクグループのSBイノベンチャーは10月3日、ワンタッチで詳細な国内旅行プランを自動作成する無料アプリ「Planme(プランミー)」を発表した。

本アプリはiOS9.0以降に対応し、Android版は今後用意する予定だ。

PlanmeはAIを活用して、目的地や日時、人数などを入力すると、宿泊施設や食事場所だけでなく、どの観光スポットを回るかまで、国内旅行のプランを詳細にたててくれるアプリ。

出されたプランが気に入らない場合は「再生成」ボタンを押すことで、別のプランを提案してくれる。訪問場所や移動手段など、アプリが示したプランの一部分だけを変更することも可能だ。出されたプランは家族や友人に、LINEやTwitterなどSNSでシェアできる。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668188c.html
日記

消費増税


消費増税による借金返済は景気を悪くする

2019年10月に予定されている消費増税。自民党が増収分の半分を教育無償化などの社会保障に充当するとしている一方で、民進党は全額を社会保障に回すとしていた。それに対し希望の党は、消費税率引き上げの凍結を打ち出している。3つの案は、日本の経済にどんな影響を及ぼすと考えられるのか。第一生命経済研究所・首席エコノミストの永濱利廣氏が分析する――。

■借金返済分は3.3兆円程度か

消費税率が8%から10%に引き上げられれば、増収分の5兆円の恒久財源が確保されることになっている。資料1は、社会保障と税の一体改革に基づく財源の使途を示したものである。

まず消費増税に伴う財源は、食品などに低い消費税率が適用される軽減税率を反映することで当初の見込みの6兆円から5兆円に減少する。そして、医療・介護・子育て・障害の自己負担に上限を設ける総合合算分の4000億円を見送ると想定すれば、社会保障の充実には1.05兆円の分配になる。

また財源の使い道としては、消費税率引き上げによる社会保障費増に0.45兆円が分配される。そして、基礎年金国庫負担割合1/2化(基礎年金の財源は年金保険料+国庫負担)のために0.2兆円が分配されることになっている。

以上より、借金返済に回る金額は、軽減税率導入ベースで見れば、3.3兆円の財政健全化効果があることになる。

■各政党案で異なる社会保障充実額と借金返済額

続いて、報道されている各政党の公約が使い道の変更に及ぼす影響について検証する。

消費増税に伴う財源の使途変更、たとえば借金返済分を社会保障に回すということは、公的部門から民間部門への所得移転を意味する。そこで、先に用いた消費増税財源の使い道を基に、各政党の使い道を推計すると、自民党は財政健全化分の半分を回すことによって社会保障の充実が1.65兆円増える一方、全部を回す民進党は同3.3兆円増えることになる(資料2)。

一方、消費増税を凍結する希望の党の負担減額を試算すると、当然ながら税収が増えないので、まず社会保障の充実分である1.05兆円が失われることになる。また、財政健全化分(借金返済)では、全て社会保障の充実に回す民進党案と増税自体を凍結する希望の党案では財政健全化の減少分が大きく、半分を社会保障の充実に回す自民党案では減少分が小さいといった特徴がみられる。このように、政党の違いによって社会保障の充実額や財政健全化に回る額が大きく変わってくることになる。

■増税の使途見直し度合いで異なる影響

以下では、前述の推計結果をもとに、増税使途見直しがマクロ経済に及ぼす影響を試算する。具体的には、増税使途見直しが実質GDPに与える影響を、借金返済の半分を社会保障充実に回す(自民党案)、借金返済分の全額を社会保障充実に回す(民進党案)、消費税率引き上げを凍結する(希望の党案)、についてそれぞれ先行き3年間の影響を試算した。

まず(自民党案)についてみると、2019年度には増税→消費減少による実質GDPの押し下げ効果は▲0.12%程度にとどまる。すなわち、現状との比較(資料では「見直しなし」)で見れば、2019年度には0.05%ポイント程度の実質GDP押し上げが期待できることになる。さらに2020年度には実質GDPが0.17%、そして2021年度には駆け込み需要の反動減の影響が緩和することで、実質GDPは0.05%程度の押し下げに止まることになる。こうした効果も加味すれば、自民党案のGDP押し上げ効果は2021年度時点で現状に比べて実質GDPを+0.14〔−0.05−(−0.18)〕%ポイント押し上げる効果を持つ。

一方、借金返済分の全額を社会保障充実に回す(民進党案)について見ると、社会保障の充実に伴う個人消費拡大効果が見られるものの、2019年度は増税によるマイナス効果これを上回り、実質GDPが▲0.07%程度押し下げられることになる。ただ、2020年度には乗数効果の顕在化により実質GDP押し下げ効果は▲0.06%程度に縮小し、2021年度には駆け込み需要の反動効果の出つくしなどで、実質GDPへの影響は+0.09%程度の押し上げ効果に転じる。つまり、民進党案のGDP押し上げ効果は2021年度時点で現状に比べて実質GDPを+0.27〔0.09−(−0.189)〕%ポイント押し上げる効果を持つ(資料3)。

そして、消費税率引き上げを凍結する(希望の党)の影響を試算すると、2019年度は+0.17%ポイント程度の実質GDP押し上げ効果となるが、2020年度には消費増税に伴う反動減がないことなどから実質GDPは+0.28%ポイント程度の押し上げ効果となる。そして2021年度には見直しなしのケースが駆け込み需要の反動減効果が剥落することから、その押し上げ効果は+0.18%ポイント程度にまで縮小することになる(資料4)。

なお、本試算では内閣府のマクロ計量モデルの乗数を用いているため、社会保障充実の効果が平均的に出現する試算となっている。しかし、相対的に限界消費性向(たとえば所得が100円増えたときにいくら消費に回すかの割合)の低い世帯を中心に社会保障の充実が図られることになれば、それだけGDP押し上げ効果も変わる可能性があることには注意が必要だろう。

■求められる実証的な政策議論

一方、増税使途見直しの効果は、財政収支の動向と切り離して評価することはできない。そこで続いては、プライマリーバランスの見通しについて、内閣府マクロモデルの乗数を基に、増税使途見直しに伴う経済動向の変動を通じて事後的にプライマリーバランスに及ぼす影響を試算した(資料5、6)。

まず、自民党案の前提をもとに得られた推計結果によれば、増税使途見直しに伴うプライマリーバランスへの影響は、借金返済に回る財源が半減することから、GDP比で見て2019年度▲0.16%ポイント、2020年度▲0.32%ポイント、2021年度▲0.32%ポイントのプライマリーバランス悪化要因となる。

民進党案では、借金返済分が全て社会保障の充実に回る。このため、プライマリーバランスへの影響はGDP比で見て2019年度▲0.31%ポイント、2020年度▲0.63%ポイント、2021年度▲0.64%ポイントとなり、プライマリーバランスを悪化させることになる。

希望の党案では、2019年度以降の3年間でそれぞれ▲0.21%ポイント、▲0.48%ポイント、▲0.52%ポイントのプライマリーバランス/GDP悪化要因となる。

すなわち、増税使途見直しはいずれも財政赤字の拡大要因となるが、増税分のほとんどを社会保障に回す民進党案よりも、増税を凍結する希望の党案のほうが財政収支の悪化度合いがやや少ないことになる。

以上見てきたとおり、増税使途見直しは再分配政策として検討に値する効果があるといえよう。各党の比較をまとめれば、自民党案が最も経済活性化効果は小さいが財政悪化の程度も最も小さい一方、民進党案が最も経済活性化効果が大きいが財政悪化の程度は最も大きいことになる。

しかし、希望の党案も消費増税が凍結される分、ほかで財源を捻出しないと本来予定されていた1兆円強の社会保障の充実が削られることになる。従って、わが国が深刻なデフレ均衡にさらされていることも勘案すれば、2014年4月の消費増税で得られた恒久財源8.2兆円のうち、借金返済に回っている3.4兆円分の使途を見直すことも検討に値するのではないか。

いずれにしても、増税の使途見直しが経済の各部門にさまざまな影響を及ぼすことを勘案すれば、増税の是非や使途見直しを国民に十分に納得させるには、実証的な政策議論が不可欠といえる。従って、各党は消費増税をめぐる議論において、定量的な影響分析についても議論し、そのうえで国民に審判を問うべきであろう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668182c.html
日記

自転車にも電子キー


パナソニックは電動アシスト自転車の鍵を電子キーにし、持っているだけで解錠できるようにした

かばんにキー入れたまま解錠 電動アシスト、さらに進化

パナソニックは4日、電子キーをポケットやかばんに入れておけば、鍵を開けられる電動アシスト自転車を11月20日から販売すると発表した。電動アシスト自転車は子育て世代が主な利用者で、子どもを乗せていても、鍵を開けるときに目を離さずに済む。電子キーでシェアの拡大を狙う。

電子キーにした電動アシスト自転車「ギュット・アニーズ・KE」は、後部に子どもの座席がある。ハンドルにある電源ボタンを押せば、後輪の鍵があく。鍵をかけるときはレバーを下ろせばよく、抜き取る鍵はない。希望小売価格は19万8千円(税抜き)で、ホワイトグレーなど4色ある。

これまで子どもを乗せる利用者らから、「子どもから目を離すのが心配」「かばんから鍵を探すのが面倒」などの声があがっていた。パナソニックはそういった声を反映させた。

パナソニックは2016年度、国内向けに出荷された電動アシスト自転車は約57万台と推計し、今後も伸びると見込む。国内はパナソニックとヤマハ発動機、ブリヂストンサイクルの3社が主なメーカーで、販売台数ではパナソニックが約4割を占める。同社はスポーツタイプの新製品や電子キーの採用などで品ぞろえを増やし、3年以内にシェア5割をめざしている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668175c.html
日記

睡眠時間

「ベストな睡眠時間」や睡眠量の多寡が体に及ぼす影響を医師に聞く
私たちは基本的に毎日就寝することで、体と脳を休めている。健康的な日々を過ごすために睡眠は欠かせないが、人によって寝る時間は異なる。一日最低8時間は寝ないと体調が優れないという人もいれば、毎日4時間の睡眠でバリバリと仕事をこなす人もいる。
個人によって睡眠時間に極端な差がある場合、私たちの体調に何らかの影響を及ぼす可能性も懸念されるが、実際のところはどうなのだろうか。精神保健指定医の高木希奈医師にうかがってみた。
――人によって睡眠時間にかなりバラつきがありますが、睡眠量の多寡が体に及ぼす影響はあるのでしょうか。
睡眠不足になると糖尿病や肥満、心疾患などのリスクが増加することを示唆した研究がこれまでに報告されています。ただ、そういったデータを気にして厳密に「毎日何時間以上寝ないといけない」と感じると返ってストレスになりますし、睡眠以外の要因がそういった疾病へ与えている影響もあるため、そこまで過敏になる必要はないと思います。
――各々に見合った「理想の睡眠量」「ベストな睡眠時間」みたいなものはあるのでしょうか。
睡眠時間に関しては個人差が大きいため、「何時間寝るのが理想」とか「何時間寝ないと不眠になる」ということはありません。日中の眠気がひどくなければ大丈夫です。日中の眠気やだるさがひどく、日常生活や仕事に支障があるならば改善の必要性はありますが、そうでなければ大丈夫です。
つまるところ、長時間寝ればよいというものではなく、時間よりも質が大事です。「何時間寝ても疲れがとれない」「寝た気がしない」という睡眠を長時間とるよりも、短時間であっても、疲れもとれて頭も冴え、朝にすっきり起きられる質のよい睡眠のほうが効果的です。
――睡眠時間が多い分には健康上の問題は発生しないようなイメージがあるのですが、過眠は何らかの疾患と関連性があるのでしょうか。
過眠で考えられる精神疾患は、非定型うつ病や睡眠時無呼吸症候群などが挙げられます。質のよい睡眠がとれていないことが過眠の原因になるケースもあります。また、日中に突然の強烈な眠気が襲ってきて所かまわず寝てしまうような場合は、ナルコレプシーという病気の可能性も考えられます。
――続いて短時間睡眠についてですが、睡眠時間が短くなる理由としては過重労働や単なる夜更かしなどいろいろありますが、「不眠」もその一つに挙げられますよね。不眠に悩まされている人は少なくないと思いますが、その原因を教えてもらえますか。
不眠の理由や原因としては、昼間の活動量が少なかったり、寝室環境が悪かったりといった「生活習慣」、何かストレスがあったり、寝る前にいろいろ考えてしまったりして眠れない「神経症性不眠」、睡眠相後退症候群や非24時間睡眠覚醒症候群などの「原発性不眠(狭義の睡眠障害)」、睡眠中に10秒以上呼吸が止まる症状が一定時間内に一定回数以上起きる「睡眠時無呼吸症候群」などがあります。
さらに身体的・精神的疾患が不眠を引き起こしているケースもあります。前者はアトピー性皮膚炎や気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫など)、逆流性食道炎、腰や頭などの疼痛、神経痛、頻尿などがあり、後者はうつ病や双極性障害、統合失調症などがあります。睡眠時無呼吸症候群やそのほかの身体・精神疾患がある場合は、まずはそちらの治療を優先してもらうことになります。
一つ注意していただきたいのは、睡眠時間が2〜3時間などの短時間でも、全く問題なくバリバリ動けるという場合は、双極性障害の軽躁〜躁状態の可能性があります。
――不眠に陥ることなく、質のよい睡眠確保のためにした方がよいことはありますか。
まず大前提として、何かストレスや心配事、不安となっている要因がある場合には、その対処をすることが大切ですね。
具体的な方法としては、上昇した体温が下がってくる際に眠気が出てくるため、寝る少し前にぬるめの湯に浸かってリラックスするのがお勧めです。就寝直前に熱いお湯に浸かると返って眠りを妨げてしまうので注意が必要です。適度な運動も安眠につながりますが、夜に激しい運動をしてしまうと眠れなくなるため、運動は夕方までに終わらせて寝る前には軽いストレッチをしましょう。
そして、質のよい睡眠のためには生体リズムを整えることが大切です。寝る時間は多少前後しても構いませんが、起きる時間は毎日一定にして、朝起きたら太陽光などの明るい光を浴びるとよいですね。逆に夜、特に就寝前はスマートフォンやテレビなどから発せられる明るい光を避け、部屋の照明は暗めにしましょう。寝室はやわらかい光の間接照明にするのがよいと思います。
――食事面での注意点はいかがでしょうか。
寝る3時間前までには食事をすませ、コーヒーなどに含まれるカフェインは覚醒作用があるため、寝る数時間前から摂取しないようにしましょう。一方で寝る前にホットミルクを飲んだり、バナナを食べたりするのは有効です。
眠れないからといって寝酒をされる方もいるかもしれませんが、逆効果になります。アルコールを飲むと確かに寝つきはよくなりますが、眠りを浅くする効果もあるため、質のよい睡眠がとれません。夜中に何度も目が覚めたり、朝早くに目が覚めて寝ざめが悪くなったり、なかなか起きられなくなったりします。
また、お酒を飲み続けると、次第に適量では眠れなくなったり、摂取量が増えたりしてアルコール依存症に陥る危険性もあります。眠れないからといって、お酒に頼るのはやめてください。
――快眠のためにはハード面の充実も重要となってくると思いますが、何か工夫の余地はあるのでしょうか。
質のよい睡眠のためには、寝室の騒音や温度、湿度、明るさ、寝具なども重要となってきます。外の物音がうるさい場合は耳栓を使い、静かな環境で休みましょう。自分がリラックスできる音楽をかけるのも有効ですし、ラベンダーなどのリラックス効果のあるアロマオイルを垂らすのもいいですね。
温度・湿度に関してですが、身体が冷えていると寝つきが悪くなります。エアコンは有効ですが、部屋の空気が乾燥するので加湿器も一緒に使ってください。電気毛布は、身体の体温調節機能がうまく働かなくなるのでお勧めできません。どうしても寒い場合はぬるめの湯たんぽを用意し、温かい羽毛布団などを使用してください。低温やけどの可能性があるため、必ず湯たんぽはぬるめにしてください。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668155c.html
日記

じいちゃんのジオラマ捨てます


祖父が遺した鉄道ジオラマ そのクオリティと今後に模型ファン騒然

鉄道が好きな人、多いですよね。一口に鉄道といってもそのジャンルは細分化されています。列車に乗ることをメインに楽しむ乗り鉄、鉄道写真をメインにしている撮り鉄、鉄道部品や関連アイテムなどを収集するコレクター、車両研究、車内放送や駅メロなどの音響系をメインにした音響研究、時刻表マニアなどなど各分野にはそれぞれに深い造詣を持ち合わせている人も。そんな鉄道趣味の一つに「鉄道模型」というものがあります。

ツイッターユーザーの てみおじさん(@405murtagh )のお祖父さまの遺品。Nゲージという鉄道模型でジオラマが組まれています。その造形のセンスと精巧さがあまりにも高いクオリティで投稿された写真が大きな話題になっています。

「少し前に亡くなった祖父が作っていた鉄道ジオラマを初めて見せてもらった。全部一から設計して賞なんかもいただいたジオラマらしいが勝手のわかる祖父が亡くなった今処分するしかないらしいこんなにすごいのに……」という言葉には形見となったジオラマの写真が添えられています。

投稿されたてみおじさんによると、「祖父は長く病気を患っていたので、話を聞く機会は殆どありませんでした。 製作歴は父にもわからないそうです。鉄道模型も沢山あったそうですが祖父が亡くなったとき処分してしまったようです」との事。てみおじさんが幼少の頃からの趣味でお祖父さまが作られていたようですが、残念ながらお身内に詳しい事を知る方はいないようです。

この緻密で精巧な造形は、雑誌『鉄道模型趣味』が毎年開催している鉄道模型コンペにお祖父さまが投稿されていたらしく、1997年にTMSレイアウトコンペ賞を受賞されるという功績を残しています。さらにその後、雑誌『Nゲージマガジン』にもそのジオラマが掲載されており、多くの人の記憶に留まる事となりました。

ツイッターに投稿されたジオラマの写真に対する反響の多くが「素晴らしい作品なので是非どこかに保存して欲しい」という声でした。また、鉄道模型雑誌の読者の方からも続々と情報が寄せられ、いかに素晴らしいレイアウトのジオラマであったかが明らかにされています。

このジオラマ写真が雑誌に投稿された当時の街並みと路面電車や車両の車庫、転車台、山間部の雰囲気などは実に精巧で、このジオラマの中を鉄道模型が実際に走る事が出来た様です。今となってはメンテナンスも難しく部品も手に入りにくい状況のようです。

この素晴らしい作品が少しでも良い状態のまま保存されるといいですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668066c.html
日記

AIスピーカーに参入します


JBLもスマートスピーカー、

Google Assistant搭載の「JBL LINK」

ハーマンインターナショナルは10月5日、Googleの音声アシスタント機能「Google Assistant」を搭載したスマートスピーカー「JBL LINK 10」「JBL LINK 20」を発表した。発売は2017年内。価格はオープンで、公式通販サイトでの販売価格は、JBL LINK 10が15,000円前後(税別)、JBL LINK 20が20,000円前後(税別)。

両製品は、Googleの音声アシスタント機能「Google Assistant」を利用できるスマートスピーカーだ。Wi-Fiでインターネットに接続し、「OK Google」とスピーカーに声掛けした後に用件を伝える。たとえば「OK Google、今日の天気を教えて」というと天気を教えてくれる。ほかにも、スケジュールを登録して、「OK Google、明日の予定は? 」と尋ねると予定を確認できる。

また、「Chromecast built-in」テクノロジーにより、Google Play MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスにアクセスして、音楽の再生も可能だ。コンパクトながら、JBL製のフルレンジスピーカーを2基搭載。パワフルで迫力のあるJBLサウンドを楽しめるとしている。再生周波数帯域は65Hzから20kHz。

電源はリチウムイオンバッテリー。IPX7の防水性能も備えているため、屋外のアウトドアでも使える。Bluetoothスピーカーとしても利用可能で、Bluetoothのバージョンは4.2。コーデックはSBCで、24bit/96kHzの音源を再生可能だ。

JBL LINK 10は、サイズがW86×H169×D86mm、重量が約710g.45mm径のフルレンジスピーカーを2基搭載し、最大出力は8W×2。充電時間は約4時間、連続再生時間は約5時間。充電用USBケーブルが付属する。

JBL LINK 20は、サイズがW93×H210×D93mm、重量が約950g。50mm径のフルレンジスピーカーを2基搭載し、最大出力は10W×2。充電時間は約4.5時間、連続再生時間は約10時間。充電用USBケーブルのほか、AC電源アダプタが付属する。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668062c.html
日記

アマゾンの圧勝


AIスピーカー市場は「アマゾンの圧勝」 ガートナーが予測

2014年に「アマゾンエコー(Amazon Echo)」が初めてリリースされたとき、多くの人はどう使えばよいのか戸惑った。しかし、AIアシスタント「アレクサ」を搭載したエコーは大ヒットとなり、その後グーグルやアップルが慌ててスマートスピーカー市場に参入した。
アマゾンは9月27日、シアトルで開催のイベントで、エコーの新型モデルをはじめ、アレクサを搭載した多数の新デバイスを発表した。同社はユーザーのあらゆる生活シーンにアレクサを対応させたい考えだ。
第2世代のエコーのカラーバリエーションは6色で、黒と白の2色展開の現行モデルに比べてスタイリッシュだ。また、ドルビープロセッシングを採用し、音声品質が向上している。しかし、なんといっても最大の違いは価格が大幅に安くなったことだ。新型エコーの価格は、現行モデルの180ドルを100ドルも下回る。
150ドルの「エコープラス(Echo Plus)」は、スマートホームにおけるハブとしての機能を果たす。ZigBee内蔵のスマートホームデバイスであれば、「アレクサ、デバイスを探して」と声を命令するだけで自動的にセットアップ設定をしてくれる。また、35ドルの「エコーコネクト(Echo Connect)」は、アレクサ搭載デバイスを固定電話に変えてくれるアダプターだ。電話回線だけでなく、インターネット回線に接続することもできる。
130ドルの「エコースポット(Echo Spot)」は、ディスプレイ搭載で目覚まし時計のような形状をしている。サイズは、同じくディスプレイを搭載した「アマゾンショー(Amazon Show)」よりも小さい。
ガートナーのアナリスト、Werner Goertzはスポットを高く評価する。彼はエコーよりも小型で価格も安い「アマゾンドッツ(Amazon Dots)」を自宅で数台使用しているが、今後は全てスポットに置き換える予定だという。「音声だけでなく、ディスプレイもあることは非常に重要だ」と彼は言う。
「アマゾンの戦略は明確だ。彼らは、あらゆる生活シーンでアマゾンのサービスにアクセスできる環境を提供しようとしている」とGoertzは話す。

BMWにもアレクサを投入へ
イベントでは、アレクサをBMWに搭載する計画も合わせて発表された。まずは、BMW傘下のミニに搭載され、2018年中頃に実現する予定だという。
アマゾンの圧倒的な拡大戦略は、グーグルやアップルらの追随を困難にするだろう。グーグルは130ドルのスマートスピーカー、「グーグルホーム(Google Home)」を普及させようとしている。また、グーグルは、「グーグルアシスタント」のSDKを公開してサードパーティ製デバイスへの搭載を可能にしたが、アマゾンのアレクサに大きく後れを取っている。
アップルも「ホームポッド(HomePod)」を発表したが、350ドルという高額な価格が障害となり、広く普及させるのは難しいだろう。
しかし、アップルとグーグルには、アマゾンにはない強力な武器がまだ残っている。それは、スマートフォンだ。iOSとAndroidのエコシステムは既に多くのユーザーを囲い込んでおり、音声アシスタントを端末に搭載すれば、多くの家庭にリーチすることができる。
一方、アマゾンにとって幸運なのは、エコーのような音声アシスタント専用のデバイスに対する需要が急増しており、スマートフォンを製造していないことが必ずしも不利に働かないことだ。
「アマゾンには先行者利益がある上、幅広い製品ポートフォリオを揃えたことで、グーグルなどの競合が追随することが非常に困難になった。アップルは参入時期が遅かったことに加え、価格を350ドルに設定したことで、さらに厳しい状況に置かれている。私は、アップルが今後一層アマゾンに引き離されると予測している」とGoertzは話した。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11668061c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 115 987408
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック