スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

寿命の限界


人間の寿命の上限を予測。
男性114.1歳、女性115.7歳
男女差ほとんどなし

およそ1年前、米アルベルト・アインシュタイン医学校の研究者がヒトの寿命の限界を特定したという研究を発表した。(人間は125歳以上生きる可能性が低いという研究結果)
それによれば人間の寿命の限界は115歳あたりであるという。この度オランダのティルブルフ大学とエラスムス・ロッテルダム大学の研究者もそれを確認したようだ。
最近発表された論文では、寿命の上限は男性114.1年、女性115.7年で、昨年の研究とほぼ同じ結論が得られている。
ジョン・アインマール(John Einmahl)氏とローレンス・デ・ハーン(Laurens de Haan)氏によると、人間の寿命は栄養状態・医療・生活環境が改善しているにも関わらず限界に達しているそうだ。
寿命を延ばす要因が改善したとしても、上限自体は変わらないだろうという。

人間の寿命の限界に達している
アインマール氏らは、極値理論という統計手法を用いてオランダの75,000人の故人のデータを解析した。その結果、1986年から2015年まででヒトの最長年齢は上昇していないことが判明した。
この結果は、昨年の研究結果と一致しているが、2016年のものはいくつもの統計上の欠点があるとみなされていた。今回の結果によって、より一貫した寿命の限界が明らかにされた形だ。

科学の力で寿命をのばせるか?
しかし、これらはアンチエイジングに関するいくつもの最新の研究を考慮していない。ヒトの寿命を伸ばす科学は大きな注目を集めており、加齢は治療可能な病気であると考える専門家が増えている。この分野ではバイオテクノロジーや遺伝子工学を用いて加齢に取り組もうとする。
また新薬の開発も加齢に対抗する手段だ。アルツハイマー病の特効薬など、いくつかの治療薬が治験を行なっている最中である。

関連記事
世界初のアンチエイジング薬「メトホルミン」の人体治験が開始される
またマウスなどで加齢を抑制するらしい薬も見つかっている。そうした新薬開発にはAIが利用され、開発の効率化が図られている。
こうした研究者の努力が、”若さの泉”を見つけ出す日もそう遠くないかもしれない。だが1つだけ覚えておこう。いかなる薬であっても永遠の命を手にすることまではできない。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11658402c.html
日記

睡眠不足は脳疾患のもと

うつで不眠になるのではなく、不眠がうつを作る可能性。
不眠治療で不安症やうつの症状が緩和されることを確認(英研究)

不眠治療によって、不安症やうつの症状まで緩和されるらしいことが明らかにされた。
睡眠の問題は、不安症やうつといった心を病んだ人たちに一般的だ。実際、睡眠障害はよく心の病の1症状だとみなされる。しかし新たに判明したことによると、正しくは実はその反対なのかもしれない。つまり心の病は睡眠不足に起因しているという可能性だ。

不眠の治療を受けたグループに不安症やうつの改善効果が
『The Lancet Psychiatry』に掲載された英オックスフォード大学ダニエル・フリーマン(Daniel Freeman)教授の研究は、不眠症のイギリスの大学生3,700人以上(平均24歳)を対象に行われた。
被験者は無作為に治療グループと対照グループに分けられ、治療グループの被験者はオンライン認知行動療法を受けた。
認知行動療法は、考え方や信念に取り組む手助けをする手法で、ここではCBT-Iという1ヶ月以上続く不眠症にまず試される不眠症向けの療法が施された。

その結果10週後、不眠症の治療を受けたグループの被験者は対照グループとの比較で、不眠が緩和された上に幻覚や偏執症も軽減したことがわかった。
さらに不安症やうつも緩和しており、心理的な健康や認知された機能(自らの日常的な機能についてどのように考えているか)の改善が見られた。

解析からは偏執症の改善の6割が睡眠の改善に紐づけられることも判明した。
偏執症:妄想性パーソナリティ障害の一種で、不安や恐怖の影響を強く受けており、他人が常に自分を批判しているという妄想を抱く

睡眠とメンタルヘルスには大きな関連性
この結果から、睡眠はメンタルヘルスにおいて重要な役割を果たしており、医師はまず患者の睡眠改善を優先すべきであると結論づけられた。
「これまで不眠症は他の精神疾患の1症状にすぎないと矮小化されてきたが、多くの人にとってメンタルヘルスの問題の複合的な問題の一部」とフリーマン教授は説明している。
その一方で、多くの被験者が実験を最後まで終えていないことやCBTの長期的な効果をさらに調査する必要があることなど、本研究には限界があることにも注意しなければならない。
睡眠中は記憶を整理したり、いらない記憶を消去するなど、脳のメンテナンスが行われているようなので、これが正常に働かないとなると心に問題が起きるといったところなのだろうか?





過去記事
うつ病を治す鍵は不眠症にあり(スイス研究)
睡眠不足状態をうまく使ってうつ病治療に利用する睡眠剥奪療法は何年も行われてきたが、なぜ効果があるのかははっきりとわかっていなかった。スイス、チューリッヒ大学精神科クリニックの研究者たちが脳をスキャンしてその変化を追った。
研究チームは、被験者を夜普通に眠ってもらう場合と、途中で起こして翌日の夕方まで起きていてもらうという場合に分け、脳の異なった部位の間のつながりがどう変わるかを見た。途中で覚醒した12人の被験者の脳内をfMRI(機能的磁気共鳴画像)で詳細にみるのと同時に、頭に電極をつけて脳波も測定した。
脳にはなにもしていないときでもさかんに活動している領域があり、それをDMN(デフォルト・モード・ネットワーク)と呼ぶ。この領域の活動は神経線維によって情報のやりとりをしている。
うつ病の人はこのDMNが過剰に活動していて、異なった脳の部位の結びつきが強すぎるハイパーコネクティビティ状態になっている。精神医学部長のエーリッヒ・ザイフリッツによると、睡眠をとらないことによって、この過剰なつながりを減らすことができるという。
睡眠を妨害することは、脳の一部を落ち着かせる効果があり、特にうつ病の際に活性化しすぎて感情不制御などをもたらす神経ハブ部分にも良い影響を与える。睡眠を妨害することで、神経ハブ部分から負荷を取り除くことができる。脳をスキャンし、脳波を見てみると、脳内の違う部位のつながりは睡眠量によって変わってくることがわかった。
効果的な治療につながるメカニズムがわかるほど、モデル治療の開発を進めることができる。病気の生物学的なメカニズムを理解することは、その患者にどの治療法が一番効果的かをより簡単に見定めることができる。うつに苦しむ患者の研究はすでに行われていて、来年にはなんらかの結果が期待できそうだという。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11658209c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 59 1015979
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック