スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

体重70トン


70トンの巨体。

既知の恐竜としては最大のティタノサウルスの化石が大量に発見される(アルゼンチン)

およそ1億年前、地球が珍しいほど暖かく、顕花植物が多様化し咲き乱れていた頃、既知のものとしては最大の陸生動物が餌となる植物を求めてのっしのっしと歩いていた。


ティタノサウルスである。

新たに特定されたティタノサウルスは、69トンとアジア象12頭分にも匹敵する体重を誇り、これまで最大であったティタノサウルス類アルゼンチノサウルス・フインクレンシス(Argentinosaurus hiunculensis)を破り、記録上最大の恐竜の座に着いた。


新たに発見されたティタノサウルスの化石

世界最大の陸生動物を発見できただけでも素晴らしいが、今回は少なくともティタノサウルス6体分にはなるだろう大量の化石が発見されている。これらを比較することで、包括的なティタノサウルスの系統樹が作られた。


それによると、

アルゼンチノサウルス、

プエルタサウルス(Puertasaurus)、

ノトコロッサス(Notocolossus)、

そして今回特定された恐竜を含め、ティタノサウルスの一部は同じ分岐群に属しているようだ。


パタゴティタン・マヨラムの分岐群は、記録上最小のティタノサウルスが属するリンコンサウリアの近縁。小さいと言っても、リンコンサウルスやサルタサウルスは6トンあった。

調査を率いるアルゼンチン国立研究評議会(CONICET)のホセ・ルイス・カルバリード(Jose Luis Carballido)博士によると、この分岐群は、竜脚類の歴史の中で巨大化が発生したのは、いくどかに分かれてではなく、一気に起きたことを示しているという。


巨大な発見

白亜紀中期の恐竜の最新の研究が本格的に始まったのは、アルゼンチン、パタゴニアの羊牧場で恐竜の化石らしきものが発見された2012年のことだ。それから18ヶ月かけて発掘が行われ、2.4メートルもの大腿骨など、少なくとも6体分の化石が発見された。

ニューヨークのアメリカ自然史博物館で展示するために組み立てられた化石は全長37メートル。1つの部屋に収まりきらないほど巨大で、頭が廊下に突き出るような形で展示され、来客を迎えた。

その後、骨の解析が進んだことで、それらの化石はパタゴティタン・マヨラム(Patagotitan mayorum)と正式に命名された。パタゴティタンは化石が発掘されたパタゴニアとギリシャ神話の巨人の神々のことで、マヨラムは牧場主の名にちなんだものだ。


超巨大

いずれも巨躯の恐竜でありながら、大腿骨5本と上腕骨1本の解析結果からは、それぞれの成長はまだ止まっていなかったことが判明した。それでも首をまっすぐ持ち上げればほとんど15メートルに達するほどだ。

完全に成長しきっていなかったことを考えると、もっと大きな恐竜が未発見のまま眠っている可能性もある。だが驚くべきは、体重で見た場合、パタゴティタン・マヨラムですら世界最大の動物ではないことだろう。最大の栄冠は体重200トンにも達するシロナガスクジラの手に渡る。


湖の枯渇

6体は異なる3つの地層から発見された。そこでたくさんのティタノサウルスが死んでいたのは、おそらくかつて一帯に湖があり、水場として集まってきていたからではないか、とカルバリード博士は推測する。場所忠実性(site fidelity)という概念がこのような大型動物について記録されたのは今回が初めてのことだそうだ。

当時、湖が干ばつで干上がってしまい、6体のティタノサウルスは渇きで死んだのかもしれない。死体の腐敗臭がティラノティタンなどの肉食獣脚類を引き寄せ、死体を食い始めた。そうするうちに一部のパタゴティタン・マヨラムは泥の中に押し込められ、やがて化石となったと推測することができる。


規格外の大腿部

発見された化石の保存状態はきわめて良好で、しかも巨大だ。その大腿骨は記録されているあらゆる大腿骨の化石の大きさを上回る。この大きさが体の大きさの上限を引き上げたであろうことは疑いない。巨体にはつきものの圧力に適応した手段を示す興味深い事例である。

南アメリカ南部に最大の恐竜が生息していたのは、1億1,300万年から8,300万年前の白亜紀中期とかなり短い期間であったと推測される。この時代は珍しいほどに暖かい時代だったが、おそらくは長い首と尻尾が熱を逃がす上で有利だったようだ。

この研究結果は『Proceedings of the Royal Society B』で発表された。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11646474c.html
日記

猫背は万病のもと

背中丸めた「悪い座り方」が頭痛・肩こりを招く!
「良い座り方」とは?
背中を丸めた「悪い座り方」が頭痛・肩こりを招く

私のスタジオには多くの頭痛・肩こりでお悩みを持った方が来られますが、その方々の座り方をチェックすると、骨盤を後ろに倒し背中を丸めた、いわゆる「悪い座り方」をしていることがほとんどです。その方々の職業はデスクワークの事務職から陶芸家まで様々ですが、中には母親に連れ添われて小学生が来るケースもあります。
「悪い座り方」を長く続けると、頭痛や肩こりをはじめとした多くの悪影響があるため、常日頃から骨盤を起こした「良い座り方」を心がけることが重要となります。

背中を丸めた「悪い座り方」による影響
悪い姿勢とは、背中を丸める、机に肘をつく、体が利き手の方に傾く、足を組むなどがあげられます。このような姿勢を長く続けると「頭の重みで筋肉が緊張して血流が悪くなり、疲労物質が増えて痛みを誘発する」と言われていますが、実は痛み以外にも様々な悪影響があります。次のような症状があれば、悪い姿勢の影響が疑われます。
肩こり・腰痛などの痛み 呼吸がしにくくなる 内臓の働きが悪くなる 体型が崩れる 自律神経系がアンバランスになり、頭痛・眩暈・吐き気・寝つきが悪いなどの症状が出る。

なぜ「悪い座り方」になるのか
「悪い座り方」になる原因として、椅子中心の生活様式になり、正座など骨盤を起こすことが少なくなったり、文化的要素の変化、例えばスマートフォンを長時間利用する際の姿勢が悪い座り方になったりするなどの他に、筋力の低下や柔軟性の低下などの身体的な要素も影響していると考えられます。

@ 生活様式や文化的要素
スマートフォンなどの普及による姿勢の悪化 生活様式の変化により、姿勢を正す意識の低下 長時間のデスクワーク

A 身体的要素
姿勢維持筋(インナーマッスル)の低下 柔軟性の低下
「良い座り方」とは
「良い座り方」のポイントを以下にあげますので普段から意識することが重要です。あまりにも筋肉が硬かったり、左右の歪みがあったりする場合は、最初に簡単なストレッチを行うと効果的です。
椅子の背もたれにもたれかからないように腰掛ける 脚の裏全体を均等に床につける 骨盤を立てる(腰骨を立てる) お腹・お尻を引っ込める 胸を開いて肩の力を抜く 頭のてっぺんが天井に引っ張られるイメージで顎を引く

良い座り方で健幸ライフへ
「悪い座り方」は、肩こりや腰痛などの痛み、頭痛や睡眠障害や集中力の低下などにも関与します。是非、普段から「良い座り方」を心がけていただき健幸ライフを手にいれてもらえたら幸いです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11646382c.html
日記

世界のカメラ44兆個に


5年以内に世界には44兆個のカメラが存在する社会になるという予測

スマートフォンの爆発的な普及、IoT機器の登場、走り始めた自動運転カーとともに世の中に広まっているのが、それらの機器に搭載されているカメラです。ある調査によると、今から5年後の2022年には世の中に44兆個ものカメラが街中にあふれることがわかっています。

主にコンピュータービジョン技術などの画像認識テクノロジーに投資を行っているベンチャーキャピタル「LDV Capital」が公表した調査結果によると、2017年時点で14兆個のカメラセンサーが街中に存在しているのに対し、今後は右肩上がりで増加して2022年には44兆4000億個、2017年比で216%の増加を見せると予測されています。

これは、市街に設置されている監視カメラの数だけではなく、スマートフォンやAmazon Echoのようなスマートホーム機器、ロボット機器などに搭載されるカメラを含めたものです。

14兆個のカメラセンサーが存在しているという2017年時点では、その72%がデジタルカメラやスマートフォンなど、手持ち型デバイスに搭載されているもので、7%がロボット機器、3%がセキュリティ機器、そして18%が「その他」となっています。2022年には手持ち型デバイスの比率は59%に減少し、スマートホーム機器が18%へと大きく増加する見込み。そして興味深いのが、セキュリティ機器が8%へと増加しているところといえそう。2017年に比べて2倍以上の伸びを見せることとなっており、今後はセキュリティを目的としたカメラが身の回りに増えるであろうことが予測されています。

LDV Capitalは2022年までに、スマートフォンには3Dセンサーなどを含めて4個から10個のカメラが搭載されるようになると予測。しかし、スマートフォンを含め、さまざまな機器に搭載されたカメラが捉えた画像や映像の大部分は、もはや人間が見るものではなくなる、というのも今後の特徴とのこと。カメラが捉えた画像や映像はコンピューターに入力され、AIが解析処理を行うことで、膨大な画像や映像から有用なデータを取り出す「データマイニング」に用いられたり、自動運転カーでドライバーの状態を認識することや、自宅にいる家族の安全状況を自動で検知するなどの目的に使われたりするとのこと。また、今後の普及が予測されるロボット機器に搭載されるカメラの数は20倍にも増加することが予測されています。

従来にはなかった技術により、人々の生活はより便利になることが期待できますが、一方ではハッキングによって人々のプライバシーが侵害されたり、良からぬ行為の踏み台にされてしまう可能性も指摘されています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11646345c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 119 993830
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード

|

外苑東クリニック
東京 人間ドック