スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

体重70トン


70トンの巨体。

既知の恐竜としては最大のティタノサウルスの化石が大量に発見される(アルゼンチン)

およそ1億年前、地球が珍しいほど暖かく、顕花植物が多様化し咲き乱れていた頃、既知のものとしては最大の陸生動物が餌となる植物を求めてのっしのっしと歩いていた。


ティタノサウルスである。

新たに特定されたティタノサウルスは、69トンとアジア象12頭分にも匹敵する体重を誇り、これまで最大であったティタノサウルス類アルゼンチノサウルス・フインクレンシス(Argentinosaurus hiunculensis)を破り、記録上最大の恐竜の座に着いた。


新たに発見されたティタノサウルスの化石

世界最大の陸生動物を発見できただけでも素晴らしいが、今回は少なくともティタノサウルス6体分にはなるだろう大量の化石が発見されている。これらを比較することで、包括的なティタノサウルスの系統樹が作られた。


それによると、

アルゼンチノサウルス、

プエルタサウルス(Puertasaurus)、

ノトコロッサス(Notocolossus)、

そして今回特定された恐竜を含め、ティタノサウルスの一部は同じ分岐群に属しているようだ。


パタゴティタン・マヨラムの分岐群は、記録上最小のティタノサウルスが属するリンコンサウリアの近縁。小さいと言っても、リンコンサウルスやサルタサウルスは6トンあった。

調査を率いるアルゼンチン国立研究評議会(CONICET)のホセ・ルイス・カルバリード(Jose Luis Carballido)博士によると、この分岐群は、竜脚類の歴史の中で巨大化が発生したのは、いくどかに分かれてではなく、一気に起きたことを示しているという。


巨大な発見

白亜紀中期の恐竜の最新の研究が本格的に始まったのは、アルゼンチン、パタゴニアの羊牧場で恐竜の化石らしきものが発見された2012年のことだ。それから18ヶ月かけて発掘が行われ、2.4メートルもの大腿骨など、少なくとも6体分の化石が発見された。

ニューヨークのアメリカ自然史博物館で展示するために組み立てられた化石は全長37メートル。1つの部屋に収まりきらないほど巨大で、頭が廊下に突き出るような形で展示され、来客を迎えた。

その後、骨の解析が進んだことで、それらの化石はパタゴティタン・マヨラム(Patagotitan mayorum)と正式に命名された。パタゴティタンは化石が発掘されたパタゴニアとギリシャ神話の巨人の神々のことで、マヨラムは牧場主の名にちなんだものだ。


超巨大

いずれも巨躯の恐竜でありながら、大腿骨5本と上腕骨1本の解析結果からは、それぞれの成長はまだ止まっていなかったことが判明した。それでも首をまっすぐ持ち上げればほとんど15メートルに達するほどだ。

完全に成長しきっていなかったことを考えると、もっと大きな恐竜が未発見のまま眠っている可能性もある。だが驚くべきは、体重で見た場合、パタゴティタン・マヨラムですら世界最大の動物ではないことだろう。最大の栄冠は体重200トンにも達するシロナガスクジラの手に渡る。


湖の枯渇

6体は異なる3つの地層から発見された。そこでたくさんのティタノサウルスが死んでいたのは、おそらくかつて一帯に湖があり、水場として集まってきていたからではないか、とカルバリード博士は推測する。場所忠実性(site fidelity)という概念がこのような大型動物について記録されたのは今回が初めてのことだそうだ。

当時、湖が干ばつで干上がってしまい、6体のティタノサウルスは渇きで死んだのかもしれない。死体の腐敗臭がティラノティタンなどの肉食獣脚類を引き寄せ、死体を食い始めた。そうするうちに一部のパタゴティタン・マヨラムは泥の中に押し込められ、やがて化石となったと推測することができる。


規格外の大腿部

発見された化石の保存状態はきわめて良好で、しかも巨大だ。その大腿骨は記録されているあらゆる大腿骨の化石の大きさを上回る。この大きさが体の大きさの上限を引き上げたであろうことは疑いない。巨体にはつきものの圧力に適応した手段を示す興味深い事例である。

南アメリカ南部に最大の恐竜が生息していたのは、1億1,300万年から8,300万年前の白亜紀中期とかなり短い期間であったと推測される。この時代は珍しいほどに暖かい時代だったが、おそらくは長い首と尻尾が熱を逃がす上で有利だったようだ。

この研究結果は『Proceedings of the Royal Society B』で発表された。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11646474c.html
日記

高画質ドラレコ


60fpsで高画質、HDRにも対応し証拠を撮り逃さない上海問屋のドラレコ

ドスパラは8月9日、同社が運営する「上海問屋」にて、小型のドライブレコーダー「SN-914778」を発売した。価格は12,999円(税込)。


SN-914778は、LED信号の色が消えずに録画できるドライブレコーダー。LED信号は、東日本では1秒間に100回、西日本では1秒間に120回、目に見えない速さで点滅している。

一般的なドライブレコーダーは、1秒間に30カット撮影して映像を記録するため(30fps:フレームレート)、フレームレートとLED信号の点滅周期が重なると信号機が消灯状態で記録され、事故があった時の証拠映像として利用しにくくなる。


SN-914778は、LED信号機の色の記録に対応し、4種類のフレームレートを設定できる。解像度2,560×1,440ドットでは30fps/27.5fps、1,920×1,080ドットでは60fps/45fpsの4種類だ。


例えば西日本では30fpsではなく、27.5fpsや45fpsを設定することで、信号の色が消えることを避けられる。なお、2,560×1,440ドット設定時にはHDR機能が自動で動作し、逆光や夜間、トンネル内の撮影が鮮明に記録できるという。


エンジンをかけると自動で録画が始まる。また、駐車中でも衝撃を感知すると約20秒間録画を行うため、いざという時の証拠を撮り逃さない。レンズは7層のガラスレンズを使用し、透明感のある映像が撮影できるという。

映像確認用に、2.7インチのモニターも搭載している。


サイズはW89×D31×H52mm、重量は約83g。動画のコーデックはH.264で、記録媒体は別売のmicroSDカード(最大128GBまで)を使用。映像処理チップは、米Ambarella社の「A12A55」を採用した。

カメラの画素数は400万画素。レンズ視野角は150度。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11646470c.html
日記

ワイヤレスイヤフォン



9,800円で手に入る完全ワイヤレスイヤフォン「Air Twins」

完全なワイヤレス。


Air Twinsは、9,800円(税込)という低価格ながら、左右をつなぐケーブルのないBluetooth接続のワイヤレスイヤフォン。簡単に言えば、Air Pods的なイヤフォンです。重量は5gと軽量。装着していることを忘れそう。

充電は簡単。ケースを開いてイヤフォンを入れるだけ。マグネット式になっているのでセットもラクラクです。セット後くるりとケースを回すと蓋が閉まるので、バッグのなかでイヤフォンがばらばらになったりはしません。


そして、本体には給電用のUSB端子を装備。そう、このケースがモバイルバッテリーにもなるんです。容量は2,800mAhなので、スマートフォンなら約1回分充電可能です。

イヤフォンへの充電に関していえば、約60時間分。イヤフォンはフル充電で約3時間の連続再生が可能です。


カラーは、ホワイト、ブラック、レッドの3色。うーん、僕はブラックがいいかなー。

ワイヤレスイヤフォンであり、モバイルバッテリー。そして9,800円。いろいろ心惹かれる要素が多い製品ですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11646428c.html
日記

シルバー民主主義

シルバー民主主義は日本をどのように変えていくのか?
シルバー民主主義とは?

少子高齢化の進展に伴い、選挙などを通じて高齢者の政治的影響力が過剰に強まる現象を指す言葉「シルバー民主主義」が、最近話題になることが増えています。シルバー民主主義の進展により、社会保障費が膨張し所得移転の不均衡さから世代間対立が深まるなど、現代日本が抱える諸問題の根源と見なされることが多く、さまざまな議論が行われています。
民主主義における政治的な意思表示は、選挙での投票によって行いますが、少子高齢化が進むことで、「有権者の中で60歳以上の高齢者の票が占める割合」が高まっています。その割合が、2010年の38%から2050年には過半数を超える52%になるという予測もあります。高齢者層の政治的影響力は、その人口構成比だけではなく、投票率の高さにより一層強まっていきます。
例えば、3年間隔で定期的に実施される参議院選挙での年代別投票率は、長年安定した傾向を示していますが、直近の実績値では、60歳代の投票率は68%で、20歳代の33%の倍以上になっています。この投票率を不変とすると、「投票者に占める60歳以上の割合」は、2010年の44%から2050年には57%に達する可能性があります。
こうした投票者の内訳が、政治家の政策提言に影響を与えます。なぜなら、政治家にとって、次の選挙に勝つことが何よりも重要なので、得票数を稼ぐためには、100年後の世代や選挙権を持たない世代よりも、選挙権を持つ世代、特にそのなかでも人口割合も投票率も高い高齢世代を優遇することが合理的な方針になります。その結果、他の世代の負担を増やしてでも高齢世代を利する政策を多く提案するインセンティブが、各政治家や政党に強く働くこととなります。このように、高齢世代の政治的プレゼンスの大きさが、各政党の高齢世代への過剰な配慮を生み出し、シルバー民主主義が台頭していると言われています。
具体例をあげると、2015年大阪都構想が住民投票において否決されたことや、同じ年に全日本年金者組合が全国13都道府県で行った年金額引き下げを憲法違反とした提訴を、シルバー民主主義に求めることがあります。また、日本に留まらず、2016年英国がEU離脱を決めた住民投票の結果もシルバー民主主義の弊害だとする主張があります。それぞれの事案が、本当にシルバー民主主義のために若年層の利益を奪い高齢者層を利するだけの結果になっているかどうかの判断は難しいのですが、「シルバー民主主義」というキーワードに注目を集めるのに役立った出来事であったことは、間違いありません。

シルバー民主主義の根底にある問題
このような特定の事案に対する賛否にシルバー民主主義の影響が疑われるだけではなく、世代毎の政治への要望が基本的に異なることが、シルバー民主主義の根底にあります。高齢者層の政治への最も大きな期待は、「現在の社会保障の充実」ですが、若年〜壮年層にとっては、現在の税負負担等の軽減であり、自らが将来利益を享受出来るように制度が維持されることです。現役世代は、将来のために費用を負担する役割が強く、高齢世代は、現在利益を受け取る立場という違いがある中で、増加した高齢者の多くが、目先の個人的利得を第一に政治的意思決定をするようになれば、現役世代の不満が増幅するだけではなく、財政破綻により制度自体が瓦解しかねないリスクが生まれるところに、シルバー民主主義の本質的な問題があります。
しかし、冷静に考えてみると、仮に有権者の世代別構成比がどうなろうとも、常に「市民」としての自覚を持つ人々が大多数を占める社会であれば、各人が自身の利害ばかりを優先することは少なく、民主主義的意思決定によって制度やコミュニティが存続の危機に瀕することはないはずです。では有権者のうち、高齢世代だけが自分勝手で、その他の世代は優れた「市民」感覚を持っているのでしょうか。
シルバー民主主義を問題視する最近の言説の中で、「老害」を筆頭に「頑固で自己中心的な老人が公益を損なっている」とか「老人は他にやることがないから投票にいく」などの人格攻撃を多く見受けます。そこには、高齢者層が加害者で若年〜壮年層が被害者のような対立の構図が採用されていますが、自己中心的にものごとを考える傾向が強いことは、老若関係なく全世代に共通した現代日本社会の特徴ではないでしょうか。
現に年齢が若い人ほど私利私欲を捨てて公益を第一に考えているわけではありません。「将来受け取れるかどうか分からない年金の保険料を支払うのはバカバカしい」という理由で、国民年金保険料の納付率が低いことが問題になっています。納付率は2016年度実績で65.0%、保険料を免除・猶予される人を加えた実質的な納付率は40.5%です。

シルバー民主主義が投げかける「民主主義自体の限界」
したがって、シルバー民主主義が投げ掛けている問題は、世代間対立といった矮小化された話ではなく、「民主主義自体の限界」という大きなテーマなのです。民主主義とは、最初から至高の政治手法として誕生したものではありません。理論上は特定の「賢人」や「哲人」による「賢人政治」の方が、はるかに合理的かつ効率的な行政を実現できる可能性があります。ただし問題は、その「賢人」を誰がどう選ぶのかについて適切な手続きを定義出来ないことです。
万が一「賢人」ではない「愚人」に誤って全ての決定を委ねるリスクを考えると、まだ「人民のための政治」の方がマシということに過ぎません。民主主義のもとでは、意思決定の原則は多数決ですが、多数派が支持することが集団にとって必ずしも適切ではないことは分かりつつも、多数決に基づいた政治が行われることで、人々の多用な「民意」が尊重され「最大多数の最大幸福」が実現できるという政治的な擬制が成立しているだけです。
さらに深掘りをすると、シルバー民主主義は政治的な課題に留まらず、資本主義とも密接に関係しています。政治経済学においては、資本主義は「市場を通じた資源配分」、つまり市場による自律調整を原則とし、民主主義は「投票を通じた権力配分」、つまり民意に基づく価値の配分を正当なものとする、という役割分担があるとされています。そして、民主主義は過度な利潤追求に向かいがちな資本主義に対して制動をかける役割を期待されています。
しかし、戦後の日本人が身に付けてきた価値観を集約的に表現するならば、精神的にはミーイズムであり物理的にはエゴイズムに象徴される「自己中心主義」と、ミクロ的には拝金主義でありマクロ的には経済至上主義に象徴される「商業主義」ではないでしょうか。
だから、個人生活においては「自己責任論」が幅をきかせ、互助は姿を消し公助頼みへ移行しています。また、企業を「社会の公器」だと本気で考えている人経営者は少なく、最優先は株主利益の最大化であり、自社の利潤が確保出来れば、競合他社が潰れようが非正規労働者が低賃金で働いていようが、その問題解決は誰か他の人がやればいいと思う傾向が強まっているのです。
こうした社会環境の中で、長年仕事をし、生活をして来た人々に、今さら価値観の大転換を迫り、民主主義が健全に機能するために、模範的市民としての振る舞いを求める難しさは、想像をはるかに上回っています。
つまり、民主主義による資本主義への抑制能力が失われ、資本主義的価値観が優位に立っているのが、日本社会の特徴です。ですから、対症的ではなく、より本質的にシルバー民主主義が表象している問題を解決していくためには、資本主義の改革というテーマを避けては通れません。この主題についての基礎的な理解を得るためには、2014年にヒットしたトマ・ピケティ『21世紀の資本』まで遡る必要があります。
そこまで視界を本格的に広げることは別の機会に譲りますが、ピケティの言葉を借りれば、資本主義は近代国家の不可欠な基礎条件であり、社会生産の持続的な増大がなければ、万人の「自由」の解放ということが不可能です。しかも、仮に資本主義に多くの問題があり、他の経済システムに置き換えたくても、オルタナティブは今のところ存在せず、格差や富の支配をいかに市民的に制御できるかにフォーカスするしか手がありません。

シルバー民主主義に対する処方箋は今のところない
シルバー民主主義に対する処方箋として、高齢者層の政治力を抑えるために一票の重みを余命によってウェイト付けをしようとか、世代毎に定数を決めて議員を選出しようとか、有権者の投票行為を義務化しようとか、方法論のレベルではいろいろアイデアが出されています。しかし、そのアイデアを選挙によって有権者の承認を得るという従来どおりの意思決定方法を採用し続ける限り、特に高齢者層の不利益に繋がる施策については、それを掲げる政治家や政党が信任を得ることは難しいというジレンマが発生します。
専門家の多くは、このジレンマに対して「日本の高齢者層が、頑迷で自己中心的だとは限らない」「孫の顔が描かれているクレジットカードを使っていると思えば社会保障のマイナスも受け入れるはずだ」「目先の損を嫌えば、早期の制度崩壊を招き、高齢者が存命の間に自分が不利益を被ることになることを知れば、損得の上からも同意を得られる」など状況打開のための正論を述べています。
しかし、正論であるから受け入れ難い話に同意を得られるわけではありません。「何を語るか」より「誰が語るか」の方が重要なのです。日本の政界は、衆議院議員の平均年齢が55歳で65歳以上の議員割合が22%、閣僚の平均年齢が61歳という状況です。一方、英国の場合、国会議員の平均年齢が50歳、閣僚の平均年齢が49歳です。この状況を見ると、そもそも国会自体がシルバー民主主義になっています。しかも、昨今の不祥事続きの事態を鑑みると、日本国の百年の計を第一に活動する政治家が皆無という現実があります。今後、トップリーダーとして賢人が現れる可能性はゼロではありませんが、もしそうならない場合、日本で少子高齢化の進行によりシルバー民主主が一層亢進した結果、日本の民主主義がどういう姿になるかは、現時点では霧中にあるとしか言いようがありません。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11646386c.html
日記

猫背は万病のもと

背中丸めた「悪い座り方」が頭痛・肩こりを招く!
「良い座り方」とは?
背中を丸めた「悪い座り方」が頭痛・肩こりを招く

私のスタジオには多くの頭痛・肩こりでお悩みを持った方が来られますが、その方々の座り方をチェックすると、骨盤を後ろに倒し背中を丸めた、いわゆる「悪い座り方」をしていることがほとんどです。その方々の職業はデスクワークの事務職から陶芸家まで様々ですが、中には母親に連れ添われて小学生が来るケースもあります。
「悪い座り方」を長く続けると、頭痛や肩こりをはじめとした多くの悪影響があるため、常日頃から骨盤を起こした「良い座り方」を心がけることが重要となります。

背中を丸めた「悪い座り方」による影響
悪い姿勢とは、背中を丸める、机に肘をつく、体が利き手の方に傾く、足を組むなどがあげられます。このような姿勢を長く続けると「頭の重みで筋肉が緊張して血流が悪くなり、疲労物質が増えて痛みを誘発する」と言われていますが、実は痛み以外にも様々な悪影響があります。次のような症状があれば、悪い姿勢の影響が疑われます。
肩こり・腰痛などの痛み 呼吸がしにくくなる 内臓の働きが悪くなる 体型が崩れる 自律神経系がアンバランスになり、頭痛・眩暈・吐き気・寝つきが悪いなどの症状が出る。

なぜ「悪い座り方」になるのか
「悪い座り方」になる原因として、椅子中心の生活様式になり、正座など骨盤を起こすことが少なくなったり、文化的要素の変化、例えばスマートフォンを長時間利用する際の姿勢が悪い座り方になったりするなどの他に、筋力の低下や柔軟性の低下などの身体的な要素も影響していると考えられます。

@ 生活様式や文化的要素
スマートフォンなどの普及による姿勢の悪化 生活様式の変化により、姿勢を正す意識の低下 長時間のデスクワーク

A 身体的要素
姿勢維持筋(インナーマッスル)の低下 柔軟性の低下
「良い座り方」とは
「良い座り方」のポイントを以下にあげますので普段から意識することが重要です。あまりにも筋肉が硬かったり、左右の歪みがあったりする場合は、最初に簡単なストレッチを行うと効果的です。
椅子の背もたれにもたれかからないように腰掛ける 脚の裏全体を均等に床につける 骨盤を立てる(腰骨を立てる) お腹・お尻を引っ込める 胸を開いて肩の力を抜く 頭のてっぺんが天井に引っ張られるイメージで顎を引く

良い座り方で健幸ライフへ
「悪い座り方」は、肩こりや腰痛などの痛み、頭痛や睡眠障害や集中力の低下などにも関与します。是非、普段から「良い座り方」を心がけていただき健幸ライフを手にいれてもらえたら幸いです。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11646382c.html
日記

世界のカメラ44兆個に


5年以内に世界には44兆個のカメラが存在する社会になるという予測

スマートフォンの爆発的な普及、IoT機器の登場、走り始めた自動運転カーとともに世の中に広まっているのが、それらの機器に搭載されているカメラです。ある調査によると、今から5年後の2022年には世の中に44兆個ものカメラが街中にあふれることがわかっています。

主にコンピュータービジョン技術などの画像認識テクノロジーに投資を行っているベンチャーキャピタル「LDV Capital」が公表した調査結果によると、2017年時点で14兆個のカメラセンサーが街中に存在しているのに対し、今後は右肩上がりで増加して2022年には44兆4000億個、2017年比で216%の増加を見せると予測されています。

これは、市街に設置されている監視カメラの数だけではなく、スマートフォンやAmazon Echoのようなスマートホーム機器、ロボット機器などに搭載されるカメラを含めたものです。

14兆個のカメラセンサーが存在しているという2017年時点では、その72%がデジタルカメラやスマートフォンなど、手持ち型デバイスに搭載されているもので、7%がロボット機器、3%がセキュリティ機器、そして18%が「その他」となっています。2022年には手持ち型デバイスの比率は59%に減少し、スマートホーム機器が18%へと大きく増加する見込み。そして興味深いのが、セキュリティ機器が8%へと増加しているところといえそう。2017年に比べて2倍以上の伸びを見せることとなっており、今後はセキュリティを目的としたカメラが身の回りに増えるであろうことが予測されています。

LDV Capitalは2022年までに、スマートフォンには3Dセンサーなどを含めて4個から10個のカメラが搭載されるようになると予測。しかし、スマートフォンを含め、さまざまな機器に搭載されたカメラが捉えた画像や映像の大部分は、もはや人間が見るものではなくなる、というのも今後の特徴とのこと。カメラが捉えた画像や映像はコンピューターに入力され、AIが解析処理を行うことで、膨大な画像や映像から有用なデータを取り出す「データマイニング」に用いられたり、自動運転カーでドライバーの状態を認識することや、自宅にいる家族の安全状況を自動で検知するなどの目的に使われたりするとのこと。また、今後の普及が予測されるロボット機器に搭載されるカメラの数は20倍にも増加することが予測されています。

従来にはなかった技術により、人々の生活はより便利になることが期待できますが、一方ではハッキングによって人々のプライバシーが侵害されたり、良からぬ行為の踏み台にされてしまう可能性も指摘されています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11646345c.html
日記

新種の恐竜


モンゴルで新種の恐竜を発見 - 北大

北海道大学は、モンゴル・ゴビ砂漠のトゥグルギンシレに分布するジャドクタ層から発見した化石が新種のオルニトミムス類恐竜であることを明らかにし、「エピオルニトミムス・トゥグルギネンシス(Aepyornithomimus tugrikinensis)」と命名したと発表した。

同成果は、北海道大学大学院理学院、モンゴル古生物・地質研究機関のTsogtbaatar Chinzorig氏、北海道大学総合博物館の小林快次氏、モンゴル古生物・地質研究機関のKhishigjav Tsogtbaatar氏、カナダ・アルバート大学のフィリップ・カリー氏、早稲田大学国際教養学部の渡部真人氏、モンゴル古生物・地質研究機関のRinchen Barsbold氏らによるもの。詳細は、「Scientific Reports」(オンライン版)に公開された。

今回見つかった化石は、これまでに同地層から見つかっていた2例と比べても保存状態がよく、完全な左足と部分的なかかとの骨が残っていた。これらとオルニトミムス類を含む獣脚類恐竜99種と568個の骨学的特徴に基づいて比較・解析を行った結果、今回発見された化石は複数の固有の特徴を持つ新種の恐竜であることが明らかとなった。

また、系統解析の結果から、エピオルニトミムスはオルニトミムス類の中でもオルニトミムス科に属することが判明したほか、得られた系統樹により、原始的なオルニトミムス類は連続的に進化を遂げた一方、派生的なオルニトミムス類は3つの大きな分類群に分かれたことが判明した。

これにより、アジアのオルニトミムス類の進化史のギャップが埋まり、オルニトミムス類の初期進化過程が明らかとなったと研究グループは説明しているほか、オルニトミムス類が乾燥した環境のような、これまで知られていなかった環境に適応し、生息していたことが示されたとする。

なお、同研究グループは「今回発見された化石は足の部分のみだったため、詳細な系統位置の特定は困難。今後の発掘で追加標本を発見することにより、系統関係や生態に関する詳細が解明されることが期待される」とコメントしている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11646343c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 130 987273
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック