スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

生命表


私たちは何歳まで生きるか 

「生命表」からライフプランを考える


皆さんはライフプランを作るとき、何歳までの計画を立てる予定でしょうか? あまり意識されないかもしれませんが、これはライフプランの要となる問いだと思います。なぜなら、リタイア後の資金として準備しなければならない金額がそれによって変わってくるからです。

例えば、1カ月にかかる生活費を20万円と仮定します。すると、1年間にかかる生活費は240万円、10年間では2,400万円、15年間では3,600万円という金額になります。つまり、人生を80年として計画を立てる人と、95年として計画を立てる人では、リタイア後の生活費に3,600万円もの差が出ることになります。その内の大部分は公的年金などで補えるとは思いますが、不足分がある場合は、時間とともに家計にじわじわと効いてくることでしょう。


「何歳まで生きるか」を客観的に示す基準はある?

そうはいっても、寿命は人それぞれですし、前もってはわかりませんよね。それに何歳まで生きると思うかは、楽観的な人と悲観的な人とでは変わるでしょうし、その人の価値観によって異なることもあるでしょう。では、参考にできる客観的な基準は存在しないのでしょうか。

そんなことはありません。厚生労働省が毎年公表している「生命表」が参考になります。ちなみに、毎年、新聞やテレビで報道される「日本人の平均寿命が過去最高を更新」といったニュースは、この「生命表」が元ネタとなっています。


平成29年3月に公表された「第22回生命表(完全生命表)※1」によると、日本人の平均寿命は、男性80.75年、女性86.99年でした(※2)。それならば、ライフプランは、男性の場合は81歳、女性の場合は87歳まで考えれば十分かというと、残念ながらそういうわけにはいきません。

完全生命表によると、男性81歳時の生存確率は59.6%、女性87歳時の生存確率は61.8%となっており、半数以上の人はまだ生存していると推定されます(※3)。平均寿命とは0歳時の人の平均余命です。したがって、若くして亡くなってしまう人の推計も含んでおり、既に成人している私たちの余命と比べると低めの年齢となってしまっているのです。

それでは、出生者の半数が亡くなるのはいったい何歳のときなのでしょうか。これも「生命表」の寿命中位数を見ればわかります。平成27年は、男性83.76年、女性89.79年となっています(※4)。これは、平均寿命より3年程度高い年齢ですね。

また、65歳時平均余命を参考にしてもよいと思います。これは65歳まで生存した人の平均余命ですので、結果的に若くして亡くなった人は除かれていることになります。65歳時の平均余命は、男性19.41年、女性24.24年となっており、年齢にすると男性は84.41歳、女性は89.24歳となります(※5)。これも平均寿命より3年程度高い年齢になります。


※1 国勢調査による人口(確定数)と人口動態統計(確定数)による死亡数、出生数を基に5年ごとに作成したもの。第22回は、平成27年の結果。

※2 厚生労働省 第22回生命表(完全生命表)の概況 2ページ

※3 厚生労働省 第22回生命表(完全生命表)の概況 9,11ページ

※4 厚生労働省 第22回生命表(完全生命表)の概況 3ページ

※5 厚生労働省 第22回生命表(完全生命表)の概況 9,11ページ

ライフプランを立てるときは平均寿命+8年で考える


皆さんの中には50%の生存確率では物足りないと思う人や、100歳以上生きる自信がある人もいらっしゃるでしょう。それらも「生命表」を見れば、どれくらいの確率で実現するのかがわかります。

例えば、生存している人の数が40%を下回るのは、男性86歳、女性91歳のときで、30%を下回るのは男性88歳、女性93歳のときです。20%を下回るのは男性91歳、女性95歳のときで、10%を下回るのは男性94歳、女性98歳のときです。生存をしている人の数が1%を下回るのは男性101歳、女性104歳のときです(※6)。現在、100歳人口は急増していますが、統計的にはまだまれといえそうです(※7)。

また、平均寿命の推移を見ますと、最近30年で平均寿命は男女とも約5年間延びていて、現在も過去最高を毎年のように更新しています(※8)。それを考えると、皆さんがリタイアされる年齢に達する頃には、平均寿命は更に延びていることでしょう。よって、今後30年も5年程度は平均寿命が延びると考えておいた方がよいでしょう。

平均寿命が今後5年延びるとして、先に述べたように寿命中位数は平均寿命より3年程度高い年齢です。したがって、個人的見解ではありますが、少なくとも平均寿命+8年のライフプランを立てることをお勧めします。となると、男性は、平成27年の平均寿命約81年+8年で89歳、女性は、平成27年の平均寿命約87年+8年で95歳までのライフプランは最低限必要ではないでしょうか。この年齢を基準にして、更に自分の性格や価値観を考慮して、何歳までのライフプランを作るのか決めてみてはいかがでしょう。


※6 厚生労働省 第22回生命表(完全生命表)の概況 9,11ページ

※7 厚生労働省 百歳高齢者表彰の対象者は3万1,747人(平成28年9月13日発表)

※8 厚生労働省 第22回生命表(完全生命表)の概況 2ページ




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11643219c.html
日記

MDを知ってるかい

うわ、マジか!「MD」を知ってる10代は…
約33%しかいないという事実

■20〜50代が10代だった頃の“流行りモノ”ランキング、現代の10代はどれくらい知ってる?
多感な10代の頃に好きだったものや流行していたものって、ずっと忘れられませんよね。
世代によってそれはまったく異なってきますが、たとえば『フィンガー5』、『光GENJI』。それに『たまごっち』や『あいのり』……。名前を聞いただけで、青春が蘇ってきませんか?(そして、何にときめくかによって年齢がバレる)
子どものころに流行っていたものは、大人になった今でも覚えているもの。
ですが、「ついこの間」だった気がするのに、イマドキの10代の子たちは知らないもの、多いんです!
たとえば先日、歌番組で『光GENJI』の映像が流れていたとき、10代の弟に「どうしてこの人たちはローラースケートを履いて歌ってるの? 」といわれたときは衝撃が走りました……。
私たちが10代のときに流行っていたものは、現代の10代にどれだけ認知されているのでしょうか?
ということで今回は、株式会社マクロミルが全国の男女15〜19歳、1000人に調査した「20〜50代が10代だった頃の“流行りモノ”ランキングのトップ10と現在の10代の認知率」をご紹介します。まずは20代からスタート!

■20代が10代だったころの“流行りモノ”ランキングと認知度は……? 
1位(同率):エンタの神様 66.4% 10代の認知度→87.1%
1位(同率):トリビアの泉 66.4% 認知度→65.0%
3位:プリクラ 63.6% 認知度→84.4%
4位:学校へ行こう 61.6% 認知度→47.6%
5位:ポケットモンスター 61.2% 認知度→88.7%
6位:野ブタ。をプロデュース 60.4% 認知度→46.5%
7位:従来型携帯電話(ガラケー) 57.2% 認知度→85.5%
8位(同率):花より男子 52.8% 認知度→82.7%
8位(同率):あいのり 52.8% 認知度→32.6%
10位:mixi(SNS)52.0% 認知度→55.5%
20代が10代のころに流行ったモノは比較的今の10代との年齢差がないため、認知度は高いという結果になりました。
その中でも認知度が50%未満と低い傾向があったのはテレビ番組。特に『あいのり』はついこの間までテレビで放送されていた『テラスハウス』と似たような箇所もあるし、つい最近までやっていた印象なので驚きが隠せません。『学校へ行こう!』も、とにかく学校の話題の中心だったのに……半分も知らないなんて……。すでにショック。
では、30代が10代のころに流行っていたものはどうでしょうか?

■30代が10代に流行っていたモノは?プリント倶楽部とMDの認知度は4割未満!?
1位:たまごっち 74.4% 認知度→87.6%
2位:小室ファミリー 70.4% 認知度→31.2%
3位:ルーズソックス 69.6% 認知度→61.6%
4位:アムラー 65.2% 認知度→32.6%
5位:プリント倶楽部 64.8% 認知度→31.1%
6位:ゲームボーイ 59.2% 認知度→66.8%
7位:マジカルバナナ 54.8% 認知度→52.4%
8位:だっちゅーの 53.6% 認知度→51.7%
9位:MD/エムディー 53.2% 認知度→33.1%
10位:チョベリバ・チョベリグ 52.0% 認知度→44.8%
30代に流行ったモノ第1位の「たまごっち」は去年20周年を迎え、現在でもリニューアル化しているので、今の10代も認知度がダントツで高いという結果となりました。
認知度が低くて衝撃を受けたのは、「プリント倶楽部」。10代の子たちもあれだけ「プリクラ」を撮っているというのに、それが何か……ということは知らないのですね。
こちらは現在あまり使われていないとしても、驚きの認知率の低さを誇ったのは「MD」。え、もう10代の皆さんは最初からiPodやらスマホやらに音楽を入れるんでしょうか。好きな音楽をMDに入れて、音質は低いけれどたくさん曲が入るモードにして延々聴いてた……なんて言ったら「何それ?」って感じなんですね。しょんぼり。
これがMDです。(c)Shutterstock.com
また、「だっちゅーの」はむしろなぜ過半数に認識されているんでしょうか。「アムラー」より知られているなんて。世の中は不思議なものです。
お次は40代!

■40代が10代のときに流行っていたモノ!健在の「ウォークマン」。「おニャン子」と「光GENJI」も認知度高め!
1位:オレたちひょうきん族 67.6% 認知度→31.9%
2位:光GENJI 65.6% 認知度→66.9%
3位:おニャン子クラブ 64.0% 認知度→65.0%
4位:ウォークマン 63.6% 認知度→71.4%
5位:スケバン刑事 62.4% 認知度→40.1%
6位:夕やけニャンニャン 60.4% 認知度→9.0%
7位:BOOWY※ 59.2% 認知度→25.6%
8位:レベッカ 58.4% 認知度→31.2%
9位:東京ラブストーリー 55.2% 認知度→43.5%
10位:なめねこ 51.6% 認知度→33.2%
※正式には2個目の「O」はOにストロークが付いた文字
30代の「たまごっち」と同様、「ウォークマン」もリニューアルされているため、一番認知度が高くなりました。「光GENJI」や「おニャン子クラブ」は今の10代の子の親御さん世代が10代のころに流行っていたアイドルグループだったり、歌番組か何かで見る機会が多いからでしょうか? 比較的認知度が高いのが印象的です。
では最後に50代はどうでしょうか?

■50代の流行りモノは、女性歌手や娯楽がイマドキ10代の認知度高め!
1位:ピンクレディー 73.6% 認知度→58.8%
2位:山口百恵 72.8% 認知度→60.7%
3位:スペースインベーダー 63.6% 認知度→23.7%
4位(同率):ルービックキューブ 62.4% 認知度→64.7%
4位(同率):こっくりさん 62.4% 認知度→65.3%
6位:新御三家※ 58.4% 認知度→11.8%
7位:フィンガー5 54.8% 認知度→22.4%
8位:ディスコ 51.2% 認知度→48.1%
9位:ベイ・シティ・ローラーズ 47.6% 認知度→1.0%
10位:スポ根 46.8% 認知度→23.0%
※郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎のビッグスリー
ここまで来ると「一周回ってみんな知ってる」もの、多し! 現在もおもちゃ屋さんに行けば並んである「ルービックキューブ」をはじめ、心霊現象として有名な「こっくりさん」など、昔からなじみのある娯楽が認知度が高い印象を受けました。(今の子たちも「こっくりさん」やるんですかね?)
また、「ピンクレディー」は野球応援で「サウスポー」が今でも吹かれていたり、「UFO」のダンスが印象的だからか、40年経った今でも半分以上が認知していました。「山口百恵」は結婚を機に引退をして表舞台に立つことはほぼないですが、それでもなお10代の6割以上が認知しているということで、日本の伝説的歌姫だと改めて実感しました。
懐かしい! 実は今でも持っているといったものもあったのではないでしょうか? 今の10代の子もいつかは大人になってしまい、現在流行っているモノが忘れ去られてしまうと思うと悲しくもありますが、思い出は永久不滅です!
これを機会にお子さんや、ご両親と当時流行っていたモノについて話してみてはいかがですか?



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11643085c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 128 993209
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード

|

外苑東クリニック
東京 人間ドック