スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

30代貯蓄額


30代の家族、平均貯蓄額はどれくらい? 

いくらあれば大丈夫??

結婚、子育て、住宅購入など、大きなイベントを迎える30代。「マイホームが欲しいけど、教育費も心配」「ママが仕事を辞めたら家計はどうなる?」。焦ってはみても、じっくり考える機会は少ないのではないでしょうか。今回は、30代家族の平均貯蓄額と理想の貯蓄額を確認してみましょう。


30代家族の貯蓄額はいくら?

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]」(平成28年) によると、30代の平均貯蓄額(預貯金・保険・投資額などの合計)は395万円となります(全ての世帯の平均貯蓄額は1,078万円)。

一方で、貯蓄と呼べるものがない世帯が31%いることにも注目です。また、一部の富裕層の貯蓄額が平均値を押し上げてしまうことがあるので、中央値(データを小さい順に並べた真ん中の値)も確認してみると、167万円となりました。思った以上に30代の貯蓄額が低いと感じるかもしれませんが、住宅購入の頭金の支払いで大きく貯蓄額を減らし、全体の平均が下がっていることが考えられます。


目標額は、必要な教育費を目安に

理想とする貯蓄額はご家庭の考え方によって異なりますが、「家計の金融行動に関する世論調査」によれば、2人以上の30代世帯が目標とする貯蓄額の平均は1,573万円(中央値は1,000万円)でした。現実の貯蓄額と目標とする額には、大きな差があります。

30代の子育て世帯で、将来的に必要となってくるお金の代表格は「教育費」。小学校から大学まで全て国公立の場合には約750万円、全て私立の場合にはその3倍の額がかかります。そのことを考えると、子どもの進路に合わせて、現状以上の貯蓄が必要なことが分かりますね。まずは、必要な教育費を貯めることから始めましょう。

ポイントは、"子どもが小さいうちに貯めておく"ということ。教育費は子どもの成長とともに増え、中学3年生は高校受験、高校生は大学受験のための塾代がかかってきます。ですので、遅くとも中学2年生までに教育費のメドがつくようにしましょう。30代は貯め時なのです。


30代の収入と支出のポイント

住宅資金・教育費・老後の生活費、家計の三大支出をどうやってクリアしていくのかは、大きなテーマです。持ち家か賃貸か、子どもは何人欲しいのか、ここでの選択によっても大きな違いが出てきます。しかし、悩んでいても貯蓄は増えません。

まずは、通信費・保険・家賃や住宅ローン・光熱費・税金など、毎月・毎年かかる固定費を見直しましょう。格安スマホに切り替えたり、住宅ローンの金利を少しでも安くしたり、保険の内容を見直したりするだけでも、支出は大きく減ります。確定拠出年金など、節税の効果も大きいです。

また、もしママが働いていなければ、少しでも収入を得ておくと家計が楽になります。年間100万円でも収入があれば、35歳から30年間働くことで、3,000万円にもなります。子育てや家事の負担が大きくならないよう、パパの協力も得ながら、チャレンジできるといいですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11641256c.html
日記

腹の虫


人間の感情は腸内微生物(腹の虫)に支配されていたことが判明! 

「腸=第2の脳」は本当だった!

寄生虫の一部には、宿主の脳を乗っ取り、その行動を制御してしまうような恐ろしい種がいることが知られている。カマキリなどに寄生し成長したハリガネムシが、水中での産卵のためにカマキリの脳にある種のたんぱく質を注入し、カマキリを水に飛び込ませるという例や、カタツムリに寄生するレウコクロリディウムのように、寄生したカタツムリを鳥に食べてもらうために、暗く湿った場所が本来のすみかであるカタツムリを明るく目立つ場所で行動するよう変化させてしまう例などもある。


■腸内微生物の状態と脳活動の関連を探る

最新の研究によれば、こういった例のように行動を制御するというほどの極端な影響はないにしろ、人間の腸内にすむ微生物によって感情が左右されているという研究結果が科学系オンラインジャーナルの「Science Alert」で紹介されている。

一般的に人間ひとりの腸の中には100〜3000種類の微生物が100兆個〜1000兆個ほどいるといわれている。この腸内微生物の種類や数によって我々の健康状態が左右されることは周知されているが、この微生物によって人間の感情にも変化がもたらされているという調査結果が報告された。

げっ歯類の腸内微生物の構成によって、その動物の行動が変化するという研究はすでにされてはいたが、人間を対象として本格的な調査は今回が初めてということらしい。UCLAの消化器病専門医であるキルステン・ティリッシュ博士とそのチームは、18歳から55歳までの健康な女性40人から採取した便をサンプルとした腸内細菌組成から、40人の被検者を2つのグループに分類した。

一つは、バクテロイデスと呼ばれる細菌属が腸内に豊富にいるグループと、もう一方はプロボテラと呼ばれる細菌群が腸内に豊富にいるグループである。この2つのグループの被検者全員の脳のMRI検査と、ポジティブ、ネガティブ、ニュートラルの3種類の感情を誘発するイメージを見せた時の脳の反応についての調査が行われたわけである。


■腸内の微生物が脳の構成に影響を及ぼしている

その結果、バクテロイデスが豊富なグループの被検者の脳では、前頭皮質と島皮質に厚い灰白質が見られ、記憶をつかさどる海馬の領域も大きいということが判明した。一方、プロボテラが豊富なグループの被検者の脳では、注意力や感情、感覚をつかさどる領域の脳内ネットワークが、バクテロイデスが豊富なグループの被検者の脳より活発であることがわかった。

また、ネガティブな感情を誘発するようなイメージを見せられた時に、プロボテラが豊富なグループの被検者は、バクテロイデスが豊富なグループの被検者よりも海馬の活性度が低く、イメージを見ることによって不安やストレスなどを抱きやすいということも判明したとのことである。

こういった結果から、腸内の微生物が人間の脳の構成になんらかの影響があることが確認されたが、この研究はまだ始まったばかりでさらに多くの被検者の調査と異なったアプローチによる検証が必要であるとのことである。

文字通り「腹の虫」によって、感情が左右されてることはわかったということであるが、腸が人間の第2の脳と呼ばれ、お腹の調子で頭の良し悪しが判断されてしまうような未来が来るのではないかといった不安も残る研究分野なのかもしれない。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11641196c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 118 993829
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード

|

外苑東クリニック
東京 人間ドック