スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

通信速度はデタラメでした

「フリーテル」速度不当表示
消費者庁が再発防止命令
格安スマホ初
通信速度などについて不当な広告表示をしたとして、消費者庁は21日、格安スマートフォン「FREETEL(フリーテル)」を手掛けるプラスワン・マーケティング(東京)に対し、景品表示法違反(優良誤認など)で再発防止を求める措置命令を出した。
格安スマホへの措置命令は初めて。
消費者庁によると、同社は2016年11月末〜12月下旬、自社のウェブサイトで通信速度について「業界最速」などと掲載。
しかし実際に測定したのは数社に過ぎず、日時や場所も限定的だったため、同庁は「恒常的に最も速いとは言えない」と判断した。
「シェアNo.1」との記載もあったが、同社は合理的根拠を示せなかった。





格安SIMサービス「FREETEL」に消費者庁が措置命令
消費者庁は21日、格安SIMサービス「FREETEL SIM」などを展開するプラスワン・マーケティングに対し、同社のサービス紹介が景品表示法および不当表示防止法に定める不当な表示にあたるとして、再発防止を求める措置命令を行った。
今回、優良誤認表示にあたると判断されたのは、同社Webサイトで2016年11月から12月にかけ掲載された「『業界最速』の通信速度」、「SIM販売シェアNo.1」という表示。また、2016年11月から12月にかけ掲載された「各種SNS利用時のデータ通信量が無料!!」とした表示は、有利誤認表示にあたるとされた。
プラスワン・マーケティングは、「『業界最速』の通信速度」の表示に関し、平日の昼12時台における比較であることなどの注記を行っていなかったことや、速度比較グラフで出所元から転記した際に誤記があったとした。
また、「SIM販売シェアにNo.1」の表示に対し、ヨドバシカメラにおける販売シェアである旨の注記を行わなかったとした。
このほか、「各種SNS利用時のデータ通信量が無料!!」という表示に関しては、データ通信の一部が課金対象となる点について注記漏れがあったとした。
プラスワン・マーケティングは、消費者庁の措置命令を受け、ユーザーや関係者に謝罪。措置命令を受け止め、「チェック体制の強化や社員教育の徹底等、再発防止に取り組んでまいります」とコメントしている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11591512c.html
日記

日本郵政が巨額損失

日本郵政 豪物流事業の業績悪化で巨額損失計上か
日本郵政はおととし買収したオーストラリアの物流企業について業績が悪化していることから資産価値を見直し、数千億円規模の損失の計上を検討していることがわかりました。
日本郵政は、傘下の日本郵便を通じて、おととし海外での物流事業を強化するためオーストラリアの物流最大手「トール・ホールディングス」をおよそ6200億円で買収しました。
関係者によりますと、トールは鉄鉱石など資源の価格の下落を背景にオーストラリアでの物流事業が伸び悩み、業績が悪化していることから、日本郵政はこの会社の資産価値を見直し、来月発表する予定の昨年度の決算で数千億円規模の損失の計上を検討しているということです。
日本郵政は昨年度の決算で最終的な利益を3200億円と予想していましたが、損失を計上すれば業績の大幅な下方修正を行うことになります。
日本郵政は「トールの業績が計画に達していないことから、損失の計上をするかどうかを含め現在検討中だ」とコメントしています。
海外企業の買収については、東芝がアメリカの原子力事業の拡大を狙って買収したウェスチングハウスをめぐって巨額の損失を計上したばかりで、買収にあたって企業の価値をどう判断するかが問われています。




日本郵政、“数千億円”損失計上へ “買収”豪州子会社が業績不振に
日本郵政が、業績不振となっているオーストラリアの物流子会社をめぐって、数千億円規模の損失を計上する検討に入ったことが分かりました。
日本郵政は、2015年にオーストラリアの物流大手「トール・ホールディングス」をおよそ6200億円で買収しました。しかし、資源価格の下落でオーストラリアの景気は低迷し、トール社の業績は悪化していて、日本郵政は今年3月期の決算で、数千億円規模の損失の計上を検討しているということです。
「トール社にかかるのれんの扱いについては減損の要否を含め、現在検討中とのコメントが(日本郵政から)出された。総務省としてコメントは差し控えさせていただきます」(高市早苗 総務相)
政府は、東日本大震災の復興予算を捻出するため、日本郵政株を追加で売却する予定ですが、損失計上すれば、売却の計画などにも影響が出る可能性もあります。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11591504c.html
日記

国土地理院改良版


首都直下地震で西麻布・田園調布・銀座・渋谷は即崩壊! 

国土地理院データで判明、“真実の災害リスク”が超ヤバい

3月29日、国土地理院は日本各地の地形について学べるWeb地図の改良版を公開した。無料で利用できるこの「地形分類図」では、指定した地域における地震・洪水をはじめとする災害の危険度を調べることができる。大地震の発生時、あなたが住む土地の地盤の強弱が生死を分けることは、いくら強調してもし過ぎることはない。しかも、地価が高いところほど地震の揺れに強いとも限らない。そこで今回は、この地形分類図で様々な土地の災害危険度を見ていくことにしよう。

過去に海や川だった土地は超ヤバい

1995年の阪神・淡路大震災では、家屋倒壊などによる死者の約8割が「旧河道(きゅうかどう)」、つまり昔は川だった地盤に住んでいたことが判明している。また、昨年4月の熊本地震でも、家屋倒壊による被害や死亡の多くは震源となった益城村の秋津川周辺に分布が集中していた。このように、かつて海や川だった土地は地盤が軟弱であり、そのことが地名からもある程度は類推できる例が多いのだ。しかしそれでも、ある特定の土地における地盤の強弱や災害危険度を総合的に判断するには、やはり公的機関による正式な調査に基づくデータが信頼できるだろう。

今回公開された国土地理院のWeb地図では、従来の「地形分類図」の改良版として、「地形分類(自然地形)」と「地形分類(人工地形)」を調べることができる。

依然として日本全土のデータがサポートされているわけではないが、従来の地形データに今回、新たに追加された範囲がある。この地形分類図を参照することによって、地震だけではなく、高潮・河川氾濫・崖崩れ・土石流といった自然災害の危険度も知ることができる仕組みとなっている。

筆者が暮らす小平市の地形は?/地形分類(自然地形)

・ オレンジ色=「台地・段丘」

さっそく筆者は、自分が住む東京都小平市花小金井6丁目の周辺を閲覧してみた。まずは「地形分類(自然地形)」を調べてみる。住所を入力して検索すると、該当地域の地図が表示される。どうやらこの付近は、オレンジ色と黄緑色に塗られた地域が入り組んでいるようだ。そこで、筆者宅があるオレンジ色の部分をクリックすると、「台地・段丘」と題した吹き出しが表示された。「土地の成り立ち」の小見出し部分には「周囲より階段状に高くなった平坦な土地。周囲が浸食により削られて取り残されてできる」とある。また「この地形の自然災害リスク」には「河川氾濫のリスクはほとんどないが、河川との高さが小さい場合には注意。縁辺部の斜面近くでは崖崩れに注意。地盤は良く、地震の揺れや液状化のリスクは小さい」とあった。

これを見ると、地震の揺れによる直接の被害はひとまず安心できそうなものだ。しかし、筆者宅は古い木造の2階建てなので、多摩地区付近を震源とする大規模な首都直下地震が起きた場合は、そうも言っていられなくなるかもしれない。

黄緑色=「凹地・浅い谷」

なお、自宅のすぐ近くにある黄緑色の地帯をクリックすると、「凹地・浅い谷」とあり、「この地形の自然災害リスク」としては、「大雨で水が溜まりやすくなり浸水の恐れがあり、地盤は周囲の台地・段丘に比べるとわずかに劣る」との記載が。このように、同じ地域でも周囲より多少でも低地となる場合には、やはり大雨による浸水などのリスクが高くなってしまうのだ。

小平市の災害リスクはどれくらい?/地形分類(人工地形)

次に、「地形分類(人工地形)」のWeb地図にアクセスしてみる。これは文字通り、人間の手によって地形が変形されるなどした場所を示すものだ。「地形分類(自然地形)」と同様に住所検索して表示された筆者が暮らす一帯には、色付けがされていない。つまり、人工地形ではないということだろう。自宅から東に数百メートルほどの地域はピンク色に塗られており、そこをクリックすると「盛土地・埋立地」と題した吹き出しが表示された。この土地の成り立ちとしては、「周囲の地表より高く盛土されたり、海や谷を埋め立てられた土地」とある。そして、自然災害のリスクとしては浸水のほか、山地・台地では降雨・地震による地盤崩壊の可能性もあるという。特に低地では、液状化に注意とある。

・ ピンク色=「切土地」

また、自宅から北西へ数百メートルほどの位置にはピンク色に塗られた一帯があり、クリックすると「切土地」とある。ここは山地や台地の縁など、斜面を切り取って造成された土地で、自然災害リスクとしては、大雨や地震時に崩壊する恐れがあるという。

日本では、住宅難などにより、本来は人が住むのに適していない土地に切土や盛土を施すことで宅地造成された地域も多く、そのような場所では自然災害のリスクが高くなってしまうということだ。

こうして見ると、筆者の住む土地は、多少のリスクはあっても、都心の建物が密集した低地などに比べると、かなり恵まれていると言えるのではないだろうか。そこで、次は都会の高級住宅地における災害リスクはどうかという疑問を抱き、調べてみることにした。

西麻布は超ヤバい!?

では、東京の高級住宅地を詳しく見てみよう。最初は「港区西麻布4丁目」を「自然地形」マップで検索してみた。明治・大正時代から山の手の高級住宅街として知られる土地だ。表示されたマップでは、「台地・段丘」を示すオレンジ色が目立つが、これについては前述したので省略する。しかし、川辺や道路沿いに目を移すと黄緑色に塗られた部分が見られ、そこをクリックすると「氾濫平野」とある。土地の成り立ちは、「起伏が小さく、低くて平坦な土地。洪水で運ばれた砂や泥などが河川周辺に堆積したり、過去の海底が干上がったりしてできる」とのことだ。

次に、西麻布4丁目の「人工地形」マップを見てみると、その地域の大半に色がついていることに驚かされる。同じ東京都とはいえ、筆者が住む小平市と比べると、それだけ人の手が加えられた土地が多いということだ。ピンク色で示された土地は、前述した「盛土地・埋立地」で、水色部分も同様に「切土地」となっている。

こうして見ると、たとえ都内有数の高級住宅地であっても、地形という観点からは災害リスクが高い「氾濫平野」であったり、地盤崩壊のリスクがある「盛土地・埋立地」や「切土地」といった問題の多い土地であることがわかる。特に「氾濫平野」は、前述のように河川の氾濫や地震時の液状化現象が懸念される場所なのだ。

田園調布、銀座、渋谷も壊滅する!?

次に、昔から有名人が多く暮らす“高級住宅街の代名詞”である大田区田園調布はどうだろうか。地図が表示され、まずパッと見で気がつくのは、多摩川が近いために地盤が弱いということだ。その半分ほどは災害リスクが低い「台地・段丘」ではあるものの、「山地」を示す薄いピンク色の部分も目立ち、土地の成り立ちは「尾根や谷からなる土地や、比較的斜面の急な土地。山がちな古い段丘崖の斜面や火山地を含む」とある。自然災害リスクとしては「大雨や地震により、崖崩れや土石流、地すべりなどの土砂災害のリスクがある」とのこと。その他に、川からごく近い場所や低地は、前述した黄緑色の「氾濫平野」にもなっている。

どうやら、都心の一等地である田園調布も、災害リスクという点では決して安全とは言い切れないようだ。このように、たとえ都会の高級な土地であっても、実は災害が発生すると大いなる被害に見舞われるという場所は多いのだ。

ほかにも中央区銀座は、江戸時代からの埋立地であり、その大半は「砂州・砂丘」とあり、「強い地震で液状化現象しやすい」という。

また渋谷区渋谷を見ると、特に渋谷駅周辺は「氾濫平野」であり、河川の氾濫や液状化のリスクが高い。渋谷はその地名からもわかるように谷地であり、もともと災害リスクが高い土地なのだ。このように人気が高い街は、たまに買い物などに訪れるには良いだろうが、災害リスクを最優先で考えた場合、勤務地や居住地としては適さないと指摘せざるを得ない。

今回は東京に絞って見てきたが、一般の住宅地であろうと、人気のある商業地や高級住宅地であろうと、もはや安全とは言い切れないという実態がわかっただろう。これからの住居地選びでは、地域のブランド性や交通の利便性などより、何よりもまず「できるだけ災害リスクが低い土地」という条件を重視すべきではないか。首都直下地震がいつ起きてもおかしくないとされる現在、あなたの家族や大切な人の命を守るためにも、自分が住んでいる(住もうとしている)土地の災害リスクをよく確かめておくことを強くお勧めする。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11591290c.html
日記

地球型惑星LHS1140b


40光年先に地球似の惑星を発見、生命探しに最適

適度に重力のある岩石惑星、そのうえ「太陽の裏庭」ほどの距離

主星の前を横切る地球型惑星LHS 1140bの想像図。

太陽系からわずか40光年のところにある小さな恒星のまわりを、地球よりやや大きい惑星が回っているのが発見され、科学誌『ネイチャー』4月20日号に報告された。この惑星は主星から近すぎも遠すぎもしないハビタブルゾーンにあり、地球外生命の兆候を探すのに最適なターゲットとなりそうだ。

「この程度の小さい惑星は珍しいものではありません」とカナダ、モントリオール大学のローレン・ワイス氏。ただ、この惑星は、これまでに発見されている岩石惑星の中でも特に太陽系から近いところにある。「太陽の裏庭にあると言ってもよいほどです」

くじら座の赤色矮星LHS 1140を主星とするこの惑星は、LHS 1140bと名付けられた。天文学者たちは、チリの望遠鏡を使って、惑星が主星の前を横切る様子を観測した。惑星の直径は地球の約1.4倍で、表面に液体の水が存在できる程度の温度になる軌道を公転している。

観測チームは、同じくチリにある別の望遠鏡を使って、LHS 1140bの重力がどのくらいの強さで主星を引っぱっているかを観測し、その質量が地球の約6.6倍であることを特定した。この惑星は水星を大きくしたような岩石惑星で、おそらく大きな鉄のコアを薄いマントルが包んでいる構造だろうと、米アリゾナ州立大学のローラ・シェーファー氏は推測する。

「私たちも、この惑星について多くを知っているわけではありません。もっとデータが入ってくれば、もっと面白くなるでしょう」

研究チームは、LHS 1140bの観測に強い期待を寄せている。この惑星は地球から近いところにあるため、既存の望遠鏡を使って、大気の有無や、大気中に地球外生命の痕跡があるかどうかを観察できるからだ。

論文の著者である米ハーバード大学のジェイソン・ディットマン氏は、「科学者としては、用心に用心を重ねて、この惑星上で生命を見つけられない理由を列挙するべきでしょう。けれども私は楽天家なので、生命は宇宙のあちこちに存在していて、LHS 1140bにもいるという方に賭けたいですね」と語る。

本当の意味で地球に似ている

今日では3400以上の太陽系外惑星の存在が知られている。しかも、望遠鏡と観測技術の向上に伴い、太陽よりはるかに小さい恒星のまわりにある、小さな岩石惑星の発見が増えている。

2016年には、太陽系に近いトラピスト1という小さな恒星のまわりに、地球サイズの惑星が3つあることが明らかになった。そのすぐ後には、太陽系から最も近いプロキシマ・ケンタウリという低温の赤色矮星のまわりに地球サイズの惑星があることが明らかになり、大きな話題になった。さらに2017年、トラピスト1の惑星が3つではなく7つ以上あり、そのうちのいくつかは主星から近すぎも遠すぎもしないハビタブルゾーンにあることが明らかになった。

最近では、ヨーロッパの科学者が、太陽系から近いところにある太陽系外惑星GJ 1132bに大気があることを確認したと発表した。この惑星は、大気の組成についての手がかりを与えてくれる惑星としては最も小さい。この発見により、今日の観測装置で、岩石惑星の大気中の分子を調べられることが証明された。

こうした状況を考え合わせると、LHS 1140bには大きな期待が寄せられる。これまでに発見された惑星はどれも、本当の意味で地球に似ているとは言いがたかった。どの惑星についても、そんな比較ができるほどよくわかっていないからだ。けれども、今回発見された惑星は観測しやすく、生命の生存に適した条件を備えている可能性がかなり高い。

第一に、LHS 1140bの密度は、この惑星が固体であることを示している。固体であれば表面があり、生命はその上や内部や上空で生きることができる。トラピスト1の惑星のなかにも固体の惑星がありそうだが、その組成の多くはまだ謎に包まれている。

「小さい惑星であっても、地球に似ているとはかぎりません」とワイス氏。少しばかり岩石を含んでいても、分厚い雲に覆われているのであれば、複雑な生命体は生きていけないかもしれない。

この点で、LHS 1140bは、密度が高くて小さいため、鉄とケイ酸塩(地球を構成しているのと同じ岩石質の物質)からできている可能性が高いという。

第二に、LHS 1140bの重力は大気を逃さない程度に大きい。注意すべきは、この惑星の50億歳になる主星は、現在は安定しているが、若い頃は爆発的に活動していたと考えられることだ。そうだとすると、不安定な主星の激しい爆発によって惑星の大気が吹き飛ばされ、その表面で進化していた生命体が死に絶えてしまった可能性も否定できない。

逆に、主星からこの程度離れていれば、惑星の大気は、主星の爆発的な活動に耐えて残ることができたかもしれない。LHS 1140bの主星からの距離は、焼けつくようなGJ 1132bとは違い、生命にとって快適な温度であることも意味する。

最後に、地球の宇宙生物学者は、LHS 1140bが主星の前を横切る様子を観察するのに絶好の場所にいる。太陽系外惑星の大気を調べて生命の兆候を探す科学者たちは、惑星が恒星と地球の間を通過するときに、恒星からの光が惑星の大気を通り抜け、そこに含まれる分子を照らし出すのを見ている。

こうした分子とその存在比を、既存の装置や、近い将来完成する装置を使って観測するためには、地球の近くにLHS 1140のような条件の良い恒星がなければならない。

惑星の大気、最初の味見は

今後、地球外生命の存在を示す最初の証拠が、太陽系外惑星の大気の観測から得られる可能性は大いにある。それは、ふつうでは考えられないような大気組成や、通常の過程で説明できない分子の存在によって示されるだろう。

ディットマン氏のチームは、すでにハッブル宇宙望遠鏡を使ってLHS 1140bを調べていて、年内にチリの望遠鏡で同様の観測をしたいと考えている。

けれども彼が本当に期待しているのは、今後数十年で利用が始まるジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、巨大マゼラン望遠鏡、欧州超大型望遠鏡などの最先端の大型観測装置を使って、メタン、オゾン、二酸化炭素などを探すことだ。

ディットマン氏は、「おそらく次の10年で、私たちは太陽系外惑星の大気の最初の味見をすることになるでしょう」と語る。

「観測結果の意味や、大気中にその気体が含まれるようになった原因を検討するには、もう少し時間がかかるでしょう。けれども、少なくともデータは近いうちに手に入ります。そのときが本当に楽しみです」




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11591180c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 76 988015
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック