スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

地球型惑星LHS1140b


40光年先に地球似の惑星を発見、生命探しに最適

適度に重力のある岩石惑星、そのうえ「太陽の裏庭」ほどの距離

主星の前を横切る地球型惑星LHS 1140bの想像図。

太陽系からわずか40光年のところにある小さな恒星のまわりを、地球よりやや大きい惑星が回っているのが発見され、科学誌『ネイチャー』4月20日号に報告された。この惑星は主星から近すぎも遠すぎもしないハビタブルゾーンにあり、地球外生命の兆候を探すのに最適なターゲットとなりそうだ。

「この程度の小さい惑星は珍しいものではありません」とカナダ、モントリオール大学のローレン・ワイス氏。ただ、この惑星は、これまでに発見されている岩石惑星の中でも特に太陽系から近いところにある。「太陽の裏庭にあると言ってもよいほどです」

くじら座の赤色矮星LHS 1140を主星とするこの惑星は、LHS 1140bと名付けられた。天文学者たちは、チリの望遠鏡を使って、惑星が主星の前を横切る様子を観測した。惑星の直径は地球の約1.4倍で、表面に液体の水が存在できる程度の温度になる軌道を公転している。

観測チームは、同じくチリにある別の望遠鏡を使って、LHS 1140bの重力がどのくらいの強さで主星を引っぱっているかを観測し、その質量が地球の約6.6倍であることを特定した。この惑星は水星を大きくしたような岩石惑星で、おそらく大きな鉄のコアを薄いマントルが包んでいる構造だろうと、米アリゾナ州立大学のローラ・シェーファー氏は推測する。

「私たちも、この惑星について多くを知っているわけではありません。もっとデータが入ってくれば、もっと面白くなるでしょう」

研究チームは、LHS 1140bの観測に強い期待を寄せている。この惑星は地球から近いところにあるため、既存の望遠鏡を使って、大気の有無や、大気中に地球外生命の痕跡があるかどうかを観察できるからだ。

論文の著者である米ハーバード大学のジェイソン・ディットマン氏は、「科学者としては、用心に用心を重ねて、この惑星上で生命を見つけられない理由を列挙するべきでしょう。けれども私は楽天家なので、生命は宇宙のあちこちに存在していて、LHS 1140bにもいるという方に賭けたいですね」と語る。

本当の意味で地球に似ている

今日では3400以上の太陽系外惑星の存在が知られている。しかも、望遠鏡と観測技術の向上に伴い、太陽よりはるかに小さい恒星のまわりにある、小さな岩石惑星の発見が増えている。

2016年には、太陽系に近いトラピスト1という小さな恒星のまわりに、地球サイズの惑星が3つあることが明らかになった。そのすぐ後には、太陽系から最も近いプロキシマ・ケンタウリという低温の赤色矮星のまわりに地球サイズの惑星があることが明らかになり、大きな話題になった。さらに2017年、トラピスト1の惑星が3つではなく7つ以上あり、そのうちのいくつかは主星から近すぎも遠すぎもしないハビタブルゾーンにあることが明らかになった。

最近では、ヨーロッパの科学者が、太陽系から近いところにある太陽系外惑星GJ 1132bに大気があることを確認したと発表した。この惑星は、大気の組成についての手がかりを与えてくれる惑星としては最も小さい。この発見により、今日の観測装置で、岩石惑星の大気中の分子を調べられることが証明された。

こうした状況を考え合わせると、LHS 1140bには大きな期待が寄せられる。これまでに発見された惑星はどれも、本当の意味で地球に似ているとは言いがたかった。どの惑星についても、そんな比較ができるほどよくわかっていないからだ。けれども、今回発見された惑星は観測しやすく、生命の生存に適した条件を備えている可能性がかなり高い。

第一に、LHS 1140bの密度は、この惑星が固体であることを示している。固体であれば表面があり、生命はその上や内部や上空で生きることができる。トラピスト1の惑星のなかにも固体の惑星がありそうだが、その組成の多くはまだ謎に包まれている。

「小さい惑星であっても、地球に似ているとはかぎりません」とワイス氏。少しばかり岩石を含んでいても、分厚い雲に覆われているのであれば、複雑な生命体は生きていけないかもしれない。

この点で、LHS 1140bは、密度が高くて小さいため、鉄とケイ酸塩(地球を構成しているのと同じ岩石質の物質)からできている可能性が高いという。

第二に、LHS 1140bの重力は大気を逃さない程度に大きい。注意すべきは、この惑星の50億歳になる主星は、現在は安定しているが、若い頃は爆発的に活動していたと考えられることだ。そうだとすると、不安定な主星の激しい爆発によって惑星の大気が吹き飛ばされ、その表面で進化していた生命体が死に絶えてしまった可能性も否定できない。

逆に、主星からこの程度離れていれば、惑星の大気は、主星の爆発的な活動に耐えて残ることができたかもしれない。LHS 1140bの主星からの距離は、焼けつくようなGJ 1132bとは違い、生命にとって快適な温度であることも意味する。

最後に、地球の宇宙生物学者は、LHS 1140bが主星の前を横切る様子を観察するのに絶好の場所にいる。太陽系外惑星の大気を調べて生命の兆候を探す科学者たちは、惑星が恒星と地球の間を通過するときに、恒星からの光が惑星の大気を通り抜け、そこに含まれる分子を照らし出すのを見ている。

こうした分子とその存在比を、既存の装置や、近い将来完成する装置を使って観測するためには、地球の近くにLHS 1140のような条件の良い恒星がなければならない。

惑星の大気、最初の味見は

今後、地球外生命の存在を示す最初の証拠が、太陽系外惑星の大気の観測から得られる可能性は大いにある。それは、ふつうでは考えられないような大気組成や、通常の過程で説明できない分子の存在によって示されるだろう。

ディットマン氏のチームは、すでにハッブル宇宙望遠鏡を使ってLHS 1140bを調べていて、年内にチリの望遠鏡で同様の観測をしたいと考えている。

けれども彼が本当に期待しているのは、今後数十年で利用が始まるジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡、巨大マゼラン望遠鏡、欧州超大型望遠鏡などの最先端の大型観測装置を使って、メタン、オゾン、二酸化炭素などを探すことだ。

ディットマン氏は、「おそらく次の10年で、私たちは太陽系外惑星の大気の最初の味見をすることになるでしょう」と語る。

「観測結果の意味や、大気中にその気体が含まれるようになった原因を検討するには、もう少し時間がかかるでしょう。けれども、少なくともデータは近いうちに手に入ります。そのときが本当に楽しみです」




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11591180c.html
日記

■同じテーマの最新記事
BingにAI機能
自動運転実証実験
デジタル錠はハイリスク
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 104 993185
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード

|

外苑東クリニック
東京 人間ドック