スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

鼻呼吸と口呼吸


鼻呼吸と口呼吸、脳への影響に圧倒的な差があることが判明! 

記憶力から寿命、顔も激変!

以前に比べ離乳が早まったことや、おしゃぶりを使う機会が減ったことで、多くの日本人、特に若者の間で「口呼吸」が増えつつあると言われているが、心当たりのある読者は、なるべく早いうちに鼻呼吸に切り替えた方が良いかもしれない。

鼻呼吸で頭が良くなる?

米雑誌「Mindful」オンライン版(2月16日付)などによると、ノースウェスタン大学フェインバーグ医学院の研究者らが、脳の機能と「鼻呼吸」が密接に関係していることを突き止めたという。

しばしば鼻呼吸の方が頭に良いといわれるが、実はそれには脳科学的な理由が存在する。嗅覚皮質における電気刺激の調整において鼻呼吸が極めて重要な役割を果たしており、嗅覚系と隣接する情動・記憶・行動に関与する大脳辺縁系にも大きな影響を与えていると考えられているからだ。そのため、匂いはしばしば記憶を鮮明に蘇らせることがある。

今回の研究も上述の仮説の延長線上に位置づけられるものだ。フェインバーグ医学院の研究チームは2つの実験によりこのことを確認した。

1つ目の実験では、7人のてんかん患者の脳波を測定したところ、自然で自発的な呼吸のリズムと嗅覚系に見られる遅い脳波リズムが同期していることが判明。また、鼻呼吸の際には情動などを司る扁桃体や、記憶を司る海馬に速い脳波リズムが見られたという。

研究者らは、嗅覚系が脳におけるオーケストラのような役割を持ち脳波のリズムを整えているのではないかと解釈している。

2つ目の実験では、60人の健康な被験者に対し認知と情動機能に関するテストを実施。具体的には、被験者に怖い顔と驚いた顔の写真を見せ、どの感情の表現であるか出来る限りはやく認識させた。鼻呼吸の状態と口呼吸の状態で実験したところ、平均して鼻呼吸をしていた時の方が、怖い顔を認識するスピードが速いことが分かったという(驚いた顔に関しては有意な差は見られなかった)。次に被験者らに別の写真を見せ、時間を置いた後にその内容を思い出すよう指示したところ、こちらも鼻呼吸をしながら記憶した方が、正答率が高かったという。

実験から明らかになったように、たとえ意識的に匂いを嗅いでいなくても、鼻呼吸は情動や記憶に影響を与えている。鼻呼吸を「脳の遠隔操作」とみることもできるだろう。

鼻呼吸にはメリットだらけ

呼吸と脳の関係は今回の研究のみならず、脳科学の分野で盛んに研究されており、先行研究では、瞑想が及ぼす身体への効能も実証されている。

2011年に米ハーバード大学の研究者らが行った研究では、呼吸を重視する瞑想が記憶や感情に関わる灰白質を再建する働きを持つことが判明している。被験者に27分間のマインドフルネス・エクササイズをするよう指示したところ、たった2カ月で記憶力などが強化されたそうだ。

また、ハーバード・メディカル・スクールのハーバート・ベンソン博士らが行った2015年の研究でも、ストレスにより引き起こされるといわれている、大腸の運動や分泌機能の異常で起こる病気「過敏性腸症候群(IBS)」が瞑想により緩和すると報告されている。

2009年に発表されたカリフォルニア大学の研究に至っては、瞑想や呼吸の調整により寿命まで延びる可能性が指摘されている。というのも、適切な呼吸は、寿命や若返りの鍵を握ると近年注目されている「テロメア」を長くするからだという。トカナでも度々報じてきたように、老化現象は細胞分裂に伴いテロメアが短くなってしまうことに起因すると言われている。

正しい呼吸、特に鼻呼吸が脳や体に絶大な影響力を持っていることは以上の研究成果から明らかだろう。一方、口呼吸は顔つきまで大きく変えてしまうと言われており、あまりメリットは無さそうだ。普段は無意識に呼吸しているため、なかなか気付きにくいが、これを機に自分の呼吸法を一度確かめてみては如何だろうか?




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11589235c.html
日記

日本人にはガンが多い


「2人に1人ががんになる」という意味

偏ったがんの情報に惑わされないことが大切

森山紀之東京ミッドタウンクリニック健診センター長

その言葉は、ある日不意に言い渡される―「がん」。耳にした瞬間、多くの人は「死」を初めて実感し、自分の「命」を改めて認識するようになるという。今や日本人のおよそ半分が、なんらかのがんにかかる時代。人生、家族、仕事…。がんをきっかけに診療室で繰り広げられる人間模様とともに、がん治療の最前線を歩み続ける医師が語る、現代人に伝えたい生き方の道しるべ。

がんはもはや「国民病」という認識を持つことの大切さ

「恐らく、がんの疑いがあります。念のため、詳しい検査をしてみましょう」

がんをいち早く見つけることが放射線科医としての私の生業とはいえ、患者に検診結果を伝えるときはやはり緊張するものです。そして、その結果が重篤であるほどいつもこう思います。

「せめてあと数年、いや1年早く、がん検診を受けていてくれたら…」と。

現代社会における死亡原因の第1位であるがん。厚生労働省が発表する『我が国の人口動態』(平成26年)によれば、2012年における日本国民の死亡者数は125万6359人。そのうち28.7%(36万963人)が「悪性新生物」、つまり「がん」で亡くなっています。私がかつて勤めていた国立がんセンターの「がん対策情報センター」の推計では、現在、日本国民のおよそ2人に1人が一生のうちに“何らかのがん”にかかり、結果的に3人に1人はがんで死ぬ時代になりました。

日本人が生涯でがんに罹患(りかん)するリスクは50%。これはもはや“国民病”といっても過言ではないほどの高い数字です。これを「高い」と感じるか、「低い」と感じるかは個々人に委ねるとして、長らくがん治療に携わってきた私の立場から言えば、もはや、「人はがんになるもの」との心構えを持って生きる方が賢明なのでしょう。

もちろん、読者のみなさんの不安をいたずらにあおるつもりはありません。ですがこの先、がんの正しい知識と心構えを備えていくかどうかで、いざというときの対策や対処の選択肢が増やせると私は考えます。手術や治療、闘病といったがんと向き合う決断はいうに及ばず、みなさんにとって大切な「仕事」や「家族」、そして「経済的」な問題にも速やかに対応できるからです。







2人に1人はガンになる

「2人に1人はガンになる」「3人に1人はガンで死亡する」など、ガンに関する様々な数字が飛び交っており、どれが正しい情報なのか不安になった経験がある方もいるだろう。しかし、この数字は本当に正しいのだろうか。統計の裏に隠されている真実についてみていきたい。

ガンの罹患率と死亡率は数字のレトリック

ガンによる死亡率については、厚生労働省が発表している「人口動態統計」で調べることができる。2015年の調査結果によると、日本全体の死亡者数は129万444人で、その内ガンによる死亡者数は37万346人となっている 。割合でいうと28.7%になる 。この結果からすると「3人に1人はガンで死亡する」というのは、概ね当たっているといえる。

次に、ガンの罹患率については、国立がん研究センターの調査結果(2012年データ)がある。それによると、男性の生涯ガン罹患リスクは63%、女性が47%となっている 。男女合わせると55%がガンに罹患することになるので「2人に1人はガンになる」というのも間違いはない。

この結果から「やっぱり数字は正しいのか」ということになるが、実は統計的な数字にはレトリックがある。

それは何かというと、ガンに罹患する年齢については何も言及していないということだ。「ガンに罹患するのは2人に1人」であることは事実だが、罹患する時期は高齢になってからがほとんどだという点が抜けている。具体的には罹患率が高くなるのは50代以上で、それ以降急激に増えていく 。したがって、若い人はがガンになる不安を不必要に抱く必要はない。

死亡率についても、国立がん研究センターの2014年のデータによると、現在40歳の男性が20年後(60歳)までにガンで死亡する確率はわずか2%にすぎない。これが30年後(70歳)までにガンで死亡する確率になると7%に上昇する。女性については40歳で20年後(60歳)までにガンで死亡する確率は男性と同じで2%であるが、これが30年後(70歳)までにガンで死亡する確率は4%と男性より低い 。

いずれにせよ、「3人に1人はガンで死亡する」というイメージからすると、とても低い数字に見えないだろうか。

若い人が「ガン保険」に加入する必要性は?

それでは、若い人はガン保険に加入する必要はないのだろうか。データが示すようにガンの罹患リスクが高いのは高齢になってからなので、若いうちは加入せず、高齢になってから加入した方が保険料の節約になるとも考えられる。しかし、保険料はうまくできていて、高齢になるほど保険料は高くなる。

高齢になってから加入すれば加入期間は短くなるが、保険料が高いので結果的に若い時から加入していた場合と総払込保険料はほとんど変わらない。

若い人の場合、ガンの罹患率が低いとはいえ、ガンに罹患する可能性があることを考えると、総支払額が変わらないのであれば、早めに加入して保障を受けた方が得とも言える。

金銭的な面を考えてみるとガンになった場合、仕事が続けられなくなる可能性がある。そうなると十分な給与がもらえなくなるというリスクがあるが、サラリーマンの場合には一定の要件のもと「傷病手当金」が最大1年6か月支給される 。

そのため、急に生活が困るということはない。また、治療費についても「高額療養費制度」があるので、ひと月に何百万円も請求されるということはない 。ガンと診断されたからといって貯金で準備していれば恐れる必要はないというわけだ。

こうした事情を総合的に考えると、お金に余裕があるのであれば、ガン保険に加入する必要はない。ただ、お金に余裕がないのであれば、必ずしも不要とまでは言い切れない。

ガン治療においては先進的治療が多くあり、保険適用でない場合には高額療養費の適用はなく、治療費が高額になるからだ。また、入院中の食事代、差額ベッド代、自由診療費なども高額療養費の対象にはならないので、入院は個室がいいという人はその費用は自分で払わなければならない。

その点、ガン保険に加入していれば、ガンと診断された時点で一時金が支払われ、通常の生命保険の入院給付金に加えてガン保険からも入院給付金が支払われるので十分なお金が確保できる。

ガンは、若ければ若いほど進行が早く、若いことがかえってマイナスに作用する疾病という特徴があるため、若くしてガンになると死亡するリスクも高い。単に確率論では言い切れない怖さがある。せめて経済的不安は持ちたくないということであればガン保険に加入することも1つの選択だと言える。

保険というのは万が一に備えるものであり、めったに保険金が支払われるものではない。死亡保険で考えるとわかりやすいが、若い人が死亡する確率は極めて低い。

それでも多くの人が保険に加入するのは、何もなければそれはそれで良いし、万が一死亡した場合にせめて家族がお金に困らないようにしたいという精神的な意味合いもある。日本人は過剰に保険に入りすぎている傾向があるので、多額の保険に加入する必要はないが、ガン保険は生きるために自分で使える保険なので、無理のない範囲で加入することはよいのではないかと思う。ガン保険に入るタイミングについては、治療のための保険なので、入りたいと思った時に入ればよい。

最近は、ガンの治療技術の進歩は目覚ましく、ガン検査の精度も向上しているので、早期発見、早期治療を行えば不治の病ではなくなってきている。将来的には完全治癒ができる疾病になるかもしれないが、その時は保険を解約すればよいので、それまでは保険でカバーするというのもありだろう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11589230c.html
日記

介護保険体験

経験して初めてわかった! 
介護保険の申請方法と落とし穴
こんにちはアンナです。
唐突ですが、「介護保険」というキーワードをご存じですか? 
アラサー世代の方は、まだ若いし関係ないと思っているかもしれません。
でもこの先、親や私たち自身もお世話になるであろう、
とても頼りになるサービスです。

テレビで特集される介護には、
「家族しか支援者がいない」「引き取ってくれる場所もない」といった
ネガティブなイメージがつきまといます。
けれど、介護保険を詳しく理解してサービスを活用できれば、
かなり介護の負担が軽くなることもあります。
私の場合、祖母が数年前から介護保険でサービスを受け、
文字通り「これなしには生きられなかった」くらいの恩恵を受けました。
その経験から"もっと制度を勉強したい"と考えた私は、
エンディング全般の知識を得られる「終活カウンセラー」資格まで取ってしまいました。
ここからは実体験に介護の知識を交えながら、
介護保険の良さや気を付けたいことをお伝えします。あなたの大事な人を守るため、
そして自分の将来を守るために目を通していただければうれしいです。

誰がサービスを受けられるの?
介護保険は、保険料を支払う代わりに介護の補助金を受けられる制度で、
私たちは40歳になると加入しなければなりません。
具体的には、65歳以上で身の回りのお世話へ支援・介護が必要になった方、
さらに40歳以上で特定疾病にかかった方がサービスを受けられます。
特定疾病には、末期がんや認知症のほか、
テレビドラマ『1リットルの涙』で有名になった脊髄小脳変性症のような
病気も一部含まれています。
(参考: 厚生労働省「特定疾病の選定基準の考え方」より)
サービスには、家事代行や身の回りのお世話などが含まれます。
例えば入浴や掃除、食事の介助などに始まり、
デイサービスへ通って精神面の元気を取り戻すこと、
さらには介護に適した住宅リフォームまで支援対象です。
大事なポイントは、介護保険は「申請制」であること。
せっかくの制度も要介護認定の申請をしなければ利用できません。
国が指定した介護業者でも申請は代行できますが、
基本的には本人や家族が申請します。
少しでも「助けが欲しいな」と思ったら、連絡してみましょう。
厚生労働省の報告によると、介護保険の認定を受けた数は2014年で605万人。
高齢化の流れでこれからさらに増えていくとみられています。
たとえ今はそうでなくとも、両親や祖父母が介護保険の対象になる日も、
いつかやってくるかもしれません。
私も家族と一緒に、祖母の認知症発症にともなう介護保険の申請を行いました。
ここから、簡単に申請の流れを見ていきましょう。

申請フローで約1カ月間は休み返上
例えばあなたのご両親が要介護認定を受けられそうだ、
という話になったとします。
まずは住民票のある市区町村の介護窓口か、福祉事務所で申請を出します。
その後、どれくらい助けが必要かを調べる調査員が自宅や施設などへ派遣され、
介護の対象となる方を確認し審査が行われます。
さらにかかりつけ医へ連絡し、「主治医意見書」という書類を
作成してもらいます(主治医がいない場合は、市区町村の指定医の診察が必要)。
審査判定が終わると、「○○さんは要介護3です」といったように、
ランクによってどれくらいの金額やサービスを支援してもらえるかが決まります。
この準備でまず、約1カ月間は自分の休日がなくなると思ってください。
会社勤めの方は恐らく、追加で何日か休みを取ることに。
介護保険を申請する流れになったら、まずは自分の勤め先へ相談して、
休むかもしれないことをあらかじめ連絡しておきましょう。
自宅や施設などでの認定調査では、当人がつい「お客さまがいらしたから」と
頑張ってしまい、もっと支援が必要なのに軽い認定になってしまうケースもあります。
この日のために普段の様子を撮影して見せたり、
トイレ介助など本人が恥ずかしがることは別途メモで渡したりするなど準備をしてください。
さらに主治医意見書は、できるだけご本人と付き合いが長い医師に書いてもらいましょう。
調査員が1回で判断するよりも、長い付き合いのある医師の判断が重要視されることもあります。
可能であれば、意見書を書いた経験が多い方へお願いできるとベストです。

意外とやってくれないこともある
先ほど「至れり尽くせり」かのように説明した介護保険制度ですが、
国の制度であるため、良くも悪くもできること・できないことが明確に分かれています。
例えば、祖母の家にある庭の掃除はサービス項目から外れていました。
しかし庭が荒れた結果、「いかにも強盗が入れそう」な雰囲気に……。
結局は家族が定期的に通って、草取りをしたり、
業者に木の手入れをお願いしたりして対応しました。
その他にできないことでトラブルになりがちなのが、犬の散歩。
ペットは親戚で引き取るなどの話し合いが必要です。
"介護保険を受けられるからもう安心"とはいきませんが、
困っていたことをほとんど解決してくれる制度であることは確かです。
簡単に手続きできるよう、各自治体でマニュアルも整いつつあります。
まずは市区町村の介護窓口へ相談してみてくださいね。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11589178c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 31 1008667
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック