スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

エンケラドスに生命体か


土星の衛星・エンケラドスで水素ガス観測、生命存在か

NASA=アメリカ航空宇宙局は、土星を回る衛星で、生命が存在する可能性につながる水素ガスを観測したと発表しました。

「今回の調査で『地球外に生命は存在するか』という問いへの答えに大きく前進しました」

NASAは探査機カッシーニの調査によって、土星の衛星「エンケラドス」に広がる海の底で水素と有機物が化学反応を起こし、発生した水素ガスが地表に噴出している可能性があると発表しました。水素などの化学反応につながる海底での熱水活動は、地球で生命が誕生したきっかけといわれています。NASAは、「エンケラドスでは生命を支えるために必要なほぼ全ての要素が揃っている」とコメントしています。

また、木星の衛星「エウロパ」についても、ハッブル宇宙望遠鏡が、2014年に続き蒸気のようなものの観測に成功したということです。




過去記事

NASAが土星の衛星「エンケラドス」の氷下に眠る海から水素を検出、生命体生存の条件がそろう

NASAが土星の衛星「エンケラドス」の海から水素が噴出していることを発見しました。豊富な水素が確認されたことで、原始的な生物が生存するための諸条件がそろったとのこと。この発見によって、今後は太陽系内にあるエンケラドスに地球外生命体が生存しているのかどうかに天文学者の関心が移っていくことになりそうです。

NASAが土星の衛星エンケラドスに水素が存在することを明らかにしました。この研究成果は、科学誌Scienceで2017年4月14日に発表される予定です。

NASAによると探査機カッシーニが、エンケラドスの表面から噴出する水素分子を検出しました。エンケラドスは土星を周回する直径約500キロメートルの衛星で、表面が氷で覆われていますが氷下には海が存在し熱活動があることがわかっています。これまでエンケラドスからは二酸化炭素、メタンなどが検出されており、水素が加わることで原始的な生命体の生存に必要な条件がそろったことになり、地球外生命体発見の期待が一気に高まっています。

Ion and Neutral Mass Spectrometer(INMS)と呼ばれる機器を使って水素ガスを検出することに成功。エンケラドスに水素があることがわかりました。

「まだ、生命体が確認されたわけではありませんが、エンケラドスの海に生命体が存在する可能性がしめされたというわけです」

カッシーニによってエンケラドスには生命体を育むのに十分な量の水素の存在が確認されましたが、カッシーニは生命体の兆候を検出できるようには設計されていません。今後は、衛星を使った長期的な観測を行うことで、地球外生命体が存在するのか探査することに研究の焦点が移っていきそうです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11588494c.html
日記

巨大地震予測ランキング


巨大地震発生確率ランキングTOP10! 

熊本地震・鳥取県中部地震の次に動く活断層はここだ!!

独立行政法人である国立研究開発法人の一つ、「産業技術総合研究所」(産総研)の地質調査総合センターでは、日本全国にある活断層の地質調査を行っているが、その結果を「活断層データベース」としてWeb上に公開している。昨年は熊本地震(M7.3)、鳥取県中部地震(M6.2)と2つの大きな地震が日本を襲ったが、どちらも大陸プレート内地震(活断層地震)だった。恐らく多くの読者が、次にどこで大きな活断層地震が起きるのか知りたいと考えているだろう。そこで、産総研のデータベースをもとに、今後30年のうちに活断層地震が発生する確率の高い順にランキング形式で紹介することにしたい。

活断層地震の発生確率ランキング(今後30年間)

第10位:根来断層(和歌山県) …… 発生確率7%

日本最大級の断層である中央構造線の一部。九州から茨城県まで延びる日本最大級の断層であり、2016年4月の熊本地震はこの延長線上で発生した。根来断層は、和歌山県北部の岩出市根来に位置する。歴史上の記録はないが、西暦635〜750年頃に大地震が起きたと考えられている。この断層を含む中央構造線が大きく動いた場合、M8相当の巨大地震も起き得るとされている。

9位:紀伊水道(徳島県)…… 発生確率8%

中央構造線のうち、和歌山市と徳島県鳴門市を結ぶ海上の部分。1789年に徳島県南部でM7.0の地震が起きたが、震源は紀伊水道だった可能性がある。この時は、徳島県南部の沿岸地方で家屋などへの被害や山崩れが生じた。次に地震が起きる場合も同程度の規模になると推定される。

8位:茅野断層(長野県)…… 発生確率8%

新潟県から静岡県まで延びる糸魚川静岡断層線(糸静線)の一部。この断層線の主軸と平行するように、長野県諏訪郡富士見町あたりに存在している。糸静線のうち、この断層を含む長野県の諏訪湖北方から富士見町下蔦木付近に至る約33kmの一帯を中南部と呼ぶが、同区間全体が一度に動く地震が起きた場合、M7.4程度の大地震となると想定される。糸静線が大きく動く結果として、日本列島が分断する大災害になるという予言もある。

7位:武山断層(神奈川県)…… 発生確率9%

神奈川県三浦郡葉山町から横須賀市を経て浦賀水道に至る、三浦半島断層群主部のうち南部にあたる11kmの断層。1923年の大正関東地震の際に、武山断層帯の陸域部の東端付近で、地震断層が出現した。ここが動くとM6.6以上の地震が想定されるが、約25kmにわたる三浦半島断層群主部が一度に動く可能性もあるとされ、その際には、より大規模な地震となる。

6位:饗庭野(あいばの)断層(滋賀県)…… 発生確率10%

滋賀県の琵琶湖西岸活断層系の一部。琵琶湖西岸の高島市を南北に貫いている。活断層が動いた場合の地震の規模はM7.8程度と推定されるが、人口5万人の高島市の中心部を縦断しているため、甚大な被害につながる恐れがある。被害想定では死者が最大で約2万3千人となっている。数年前から八ヶ岳南麓天文台代表の串田嘉男氏がFM電波によって地震を予知して話題になっているが、まだ現実のものとなってはいない。

5位:石動山(せきどうさん)断層(石川県)…… 発生確率10%

石川県の能登半島南部を横断する全長44kmの邑知潟(おうちがた)南縁断層帯石動山断層の一部、長さ8kmの活断層。この活断層だけが動いた場合はM6.3の地震が想定されている。同断層から北約10kmのところに志賀原発があり、2006年に志賀原発2号機運転差し止め訴訟が起こされた際には、「邑知潟断層帯の全体が動いた場合の想定がされていない」として問題となった。その場合には、M7.6程度の地震が発生すると考えられているのだ。

4位:北武(きたたけ)断層帯(神奈川県)……発生確率12%

三浦半島を平行して横断する三浦半島断層群の一部で、長さは約14km。M6.7程度の地震が想定されている。6〜7世紀に大地震があったことがわかっている。3位の衣笠断層帯と平行して存在するため、次項で併せて解説する。

3位:衣笠断層帯(神奈川県)…… 発生確率13%

三浦半島断層群の一部。4位の北武断層帯と平行して半島を横断し、衣笠・北武断層帯と総称される。政府の地震調査委員会は2011年7月、東日本大震災の影響によって「三浦半島断層群での地震発生確率が高まった可能性がある」と発表した。それこそ13%という確率だ。三浦半島には多くの活断層があるため、それらがずれることによって直下型の大地震が起きる恐れがあると指摘する地震学者もいる。三浦半島断層群が一度に動くと、より大きなM7クラス以上の地震となると考えられ、横須賀市、三浦市、鎌倉市、藤沢市、横浜市といった人口集中地帯でも震度6強の揺れに襲われる恐れがある。この規模になると地面に亀裂が入る可能性もあり、甚大な被害が予想される。

2位:五条谷(ごじょうや)断層(和歌山県)…… 発生確率16%

和歌山県伊那郡に位置し、県北端あたりの和泉山脈南縁で、中央構造線の北を平行に東西方向に延びている。M7.7程度の地震が想定されている。1946年の昭和南海地震から10年以上が過ぎた頃から現在に至るまで、和歌山県北部で小規模の地震が多発しているが、これは昭和南海地震の前には見られなかったことだ。五条谷・根来断層の活動と何らかの関係があるか、または南海トラフ地震の前触れでなければ良いのだが。

1位:牛伏寺(ごふくじ)断層(長野県)…… 発生確率25%

糸魚川静岡構造線の一部。長野県松本市の中心街付近から南へ10kmほど延びている。活動間隔がおよそ1000年とされるが、この1200年間に大地震が発生していないため、いつM7〜8クラスの地震が起きてもおかしくないといわれる。2016年9月放送の「NHKスペシャル」で、地震学者の遠田晋次氏(東北大学理学部教授)が、過去20年間の地震データから導き出した「地震の火種」がある危険エリアとして2カ所の活断層を挙げているが、その1つがこの牛伏寺断層だという。松本市の人口は約24万人で、市街地に近いところを通る活断層が動いてM8前後の巨大地震が起きれば、甚大な被害となることが予想される。

地震の規模と発生確率について

活断層地震は直下型地震とも呼ばれるが、海溝型地震に比べて規模が小さくても、人口が多い地区の直下にある活断層が動けば、甚大な被害をもたらすこともある。通常は数千〜数万年という気の遠くなるような期間を周期として繰り返されると考えられるが、そのため地震発生の予測が極めて難しいとされる。

1995年の阪神淡路大震災より以前、該当地域における30年の地震発生確率が0.02〜8%だったことを考えると、たとえ発生確率が1%程度であっても決して安心はできない。昨年4月の熊本地震の前、地震が起きた布田川断層帯は、30年以内の発生確率がほぼ0〜0.9%とされていたのだ。東大教授の平田直氏は、「たとえ0.9%でも発生確率は高い」(「リスク対策.com」、vol55)と語っている。

このように、地震発生リスクが低いと思われていたことが、住民の地震に対する防災意識の低さにつながり、大きな被害を生む一因となった面も否めない。やはり、日頃からの大地震に対する備えが極めて重要であるということがいえるだろう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11588333c.html
日記

西日本大震災



【熊本地震1年】今年12月に「西日本大震災」が迫っている!? 

科学者や予言者たちの“7つの警告”が完全一致!

あの熊本地震から1年を迎えた。2016年4月14日以降、2度発生した震度7の地震などにより、200名以上が命を落とす大災害となった。地震大国である日本に暮らす私たちが今、真剣に考えなければならないのは、熊本地震の次に日本で起きる大地震は、一体どこになるのかという点だろう。筆者のもとに集まってきた情報を総合すると、それはどうやら「九州」あるいは「西日本」になる可能性がありそうだ。

警告1:神社の歴史的神事が呼びかける「地震に注意」

まず、今年発生するかもしれない大地震ということで最大限の注意を払いたいのが、九州の大地震だ。というのも、九州にある3つの神社の今年の粥占祭で、「地震に注意」との結果が出ているのだ。

2月12日、大学稲荷神社(福岡県久留米市)の「初午祭(はつうまさい)」では、「大風(台風)、地震、陥没などの災害に注意」と出た。さらに3月15日、河童神社(佐賀県佐賀市)の「お粥開き」(3/15)では、30年間で最悪の「災害に注意」と出た。そして同じく3月15日、千栗(ちりく)八幡宮(佐賀県三養基郡みやき町)の「御粥試(おかゆだめし)」でも、地震と火災について「大いに見ゆ」、つまり“大いに兆しが見られる”と出ているのだ。

このように、九州北西部に位置する3つの神社で同一の結果が出た事態は、これまで粥占のデータを数多く収集してきた筆者の経験からしても初めてのことで、尋常ではない。

このこと一つとってみても、今年はこの地域でどんな大災害が起こるのかと末恐ろしくなるのだ。

警告2:超能力主婦が九州の破滅を危惧

次に、これまで数多くの災害の夢や予感が現実になってきた東京在住の主婦、スズ氏のこと。2015年8月、スズ氏は夢の中で、誰かに「噴火はもちろんのこと、大分県北部地震、慶長地震がそのままに起こる」と耳元で囁かれた。この夢の一部は、熊本地震や阿蘇山噴火として現実となった。慶長時代に起きた一連の災害の中で、対応するものが起きていない地震といえば、京阪神の大地震と南海トラフ巨大地震だけだ。

そのスズ氏が最近もっとも気になっている場所は、九州なのだという。筆者の質問に、「以前から“もう1つの原発事故”を危惧していた」と答えているが、それこそ九州にある2箇所の原発とのこと。もしも九州の原発で事故が起きるとすれば、場合によっては九州全滅、あるいは日本全滅という事態も有り得るだろう。

警告3&4サイキックが次々と「西日本&九州がヤバい」と断言

続いて、スズ氏以外の女性2人が見た最新の予知夢とヴィジョンも紹介したい。

まず、東日本大震災の津波や福島原発事故など、多くの予知夢が現実になってきた茨城県在住の郁代(仮名)氏だ。彼女によると、3月17日の朝、「夢ではなく幻聴というかテレパシー的な声を聞いた」という。しかもその内容は、「次は西日本大震災だ」というものだった。直感的には、今年の12月あたりが危ないのではないかとのこと。

また、筆者宛の最新メールには、「福岡県の警固断層はいつ動いてもおかしくない状況のようで気になっている」とある。やはりここでも九州なのだ。

もう1人、東京都在住で霊的コンサルティングの仕事をしている友美氏からも、数日前に最新のヴィジョンを報告してもらった。友美氏は、東日本大震災の2日前から自分が逃げ惑う姿と、原発事故が起きる光景を夢で見ていた女性だ。そんな彼女は4月、とある広島の医師に対してカウンセリングのセッションを施したが、未来のヴィジョンとして、後に転勤する大病院が災害で大騒ぎになっている光景が見えたという。

また、友美氏のメールには、現在もっとも気になっている場所として「大分を出てすぐ、山口に向かうの間の海底に大きく圧力がかかっていること」と記されていた。大分県の国頭半島と山口県南部の間にある周防灘の海底には、「周防灘断層群」という活断層郡があるが、筆者が質問すると「その場所で間違いない」との回答を得た。

警告5:日向灘と南海トラフが連動、スーパー巨大地震も!?

次に、東日本大震災を的中させた世見者(予言者)の松原照子氏だが、九州で起きる災害については、過去に何度も「日向灘」について言及している。直近では、今年2月7日の「地震大国・日本の断層」と題した世見で、「私の地図には断層が載っていないので、どこに断層があるのかわかりませんが、日向灘の何かの間が動きそうに思っています」(ブログ「幸福への近道」より)と書いている。

さらに同日のブログ記事には、「東南海・南海の辺りは大きな地震がいつ来るのか気掛かりです。もしかすると5年以内、長くても12年以内と書きたくなりますが、いつ大きく揺れてもおかしくない思いがしています」とある。この文脈から解釈すると、前述の「日向灘の何かの間」という表現は、日向灘と東の南海トラフが連動して、さらなる巨大地震が発生する可能性まで示唆しているのかもしれない。

警告6&7:科学界からも警告の嵐!

さて、これまでは主に予知能力者の夢やヴィジョンを中心に、熊本地震の次なる巨大地震の発生について考察してきた。それでは、九州周辺を大地震が襲うことは、科学的にも可能性があるものなのだろうか。それが――大いにあるのだ。

まず、名古屋大学の山岡耕春教授(地震学)は、「昨年の熊本地震の発生が“引き金”となって、日向灘で大地震が発生する可能性を否定できない」と、昨年5月の地震予知連絡会で警戒を呼びかけている。その山岡氏は、2001年の「日向灘の地震に先立つ九州内陸の地震」と題した論文で、10〜20年に一度起きる日向灘地震の前には、主として九州の西半分、あるいは北部内陸で大地震が起きる傾向にあることを示唆している。

また、これまで阪神・淡路大震災など数多くの大地震を予測し、的中させてきた木村政昭・琉球大学名誉教授は、自身のホームページ上で、次なる日向灘地震の発生タイミングを「2014±5(M7.5)」と予測している。

これまで見てきたように、多くのサイキックや科学者たちが一様に九州に注目していることを考えると、やはり今後もっとも警戒が必要となる地域であることは間違いないだろう。「九州大震災」あるいは、「西日本大震災」と呼ばれるような未曾有の大災害が、2017年中に起きてしまうのだろうか――。今はただ、これが現実にならないように祈ることしかできない。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11588331c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 99 993180
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード

|

外苑東クリニック
東京 人間ドック