スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

人肉は栄養価が低い


人肉はカロリー低め、旧人類はなぜ食べた?

ヒト100体よりマンモス1頭のほうが栄養価は高かった

ネアンデルタール人のパーティー幹事がいたら、こう助言したい。1頭のマンモスの肉があれば25人を1カ月間もてなせるが、1人のヒトの肉を25人に分けたら1日に必要なカロリーの3分の1にしかならない。パーティーを開くなら、ディナーではなくランチにするべきだ。

人肉の栄養価は、旧石器時代の人々が食べていたほかの動物と比較して高くないことが研究で明らかになり、4月6日付け『サイエンティフィック・リポーツ』誌に発表された。「ほかの動物に比べて、ヒトは栄養学的に優れた食品ではありません」と、論文著者である英ブライトン大学のジェームズ・コール氏は語る。

コール氏の推定値によると、イノシシやビーバーの筋肉は1kgあたり4000カロリーあるが、現代人の筋肉は1300カロリーしかないという。

食品としてそれほど優れていないなら、初期人類はなぜ人肉を食べたのだろう? 病気だったり死にかけたりしているのでないかぎり、人間を狩るのはそれほど容易ではない。「人間を狩るためには、グループを組織して追跡しなければなりません。相手の方も、槍で突き殺されるのを黙って待っているわけではありません」とコール氏。

コール氏は、初期人類が人肉を食べたのは、単に空腹を満たすためではなかったのだろうと考えている。初期人類とその祖先にとって、人肉を食べる行為には、さまざまな社会的意味があった可能性がある。

共食いの起源

考古学者は、少なくとも80万年前の初期人類が人肉を食べていた証拠を発見している。人骨を切断したりかじったりした痕跡だけでは、人肉を食べた理由まではわからないが、古代の遺跡からは、人類進化の歴史を通じて共食いがどのくらい広く行われていたかを知るための手がかりが得られる。

例えば、スペインのグラン・ドリーナ洞窟のホモ・アンテセッサーと呼ばれる初期人類の遺跡からは、バイソン、ヒツジ、シカを解体した骨と一緒に、少なくとも11人の人間を解体した骨が見つかっている。骨はすべて子供か若者のもので、食べられた形跡があった。骨には肉をこそげとった痕跡があったほかに、脳を食べた痕跡もあった。

解体された人骨は、洞窟内の10万年分に相当する地層から見つかっていて、住人が定期的に人肉を食べていたことを示唆している。

解体された人骨は、同じ方法で処理されたほかの動物の骨と混ざっていた。そのため、この洞窟に住んでいた人々は、食料がなくてやむにやまれず人肉を食べたわけでも、儀式として食べたわけでもないと、一部の人類学者は考えている。

初期人類にとっての人肉は、ごく一般的な栄養補助食品だったのかもしれない。あるいは、食べられた若者たちはよそ者で、これを食べたのは、自分たちの土地に近づくなという警告のためだったのかもしれない。いずれにせよ、骨からは確実な答えはわからない。

英ロンドン自然史博物館の人類学者シルビア・ベッロ氏も、初期人類が人肉を食べた理由を知るのは難しいと考えている。「旧石器時代の人々が必要に迫られて人肉を食べた事例はそう多くなかったと考えています」と彼女は言う。「それではなぜ、彼らは人肉を食べることを選んだのでしょう? 選択の理由を明らかにするのは非常に難しいと思います」

人肉を食べた理由は一つではない

もちろん、必要に迫られて人肉を食べたこともあっただろう。

「ヒトの肉が栄養学的に大型獣の肉の代わりになるかという問題ではないのです」と、米ワシントン大学セントルイス校の人類学者エリック・トリンカウス氏は指摘する。「ほかに食べるものがないときに、いかにして生き残るかという問題なのです。社会集団の誰かが死亡したときに、生きているメンバーがその死体を食べたのです」

コール氏の研究は、数人の現代人の分析からヒトの肉の栄養価を見積もったもので、そこからわかることには限界がある。このことはコール氏自身も認めている。そしてもちろん、私たちの祖先は、カロリーを考えて夕食を決めたりはしていなかった。

今回の研究が本当に意味しているのは、初期人類が人肉を食べた理由は1つではなく、複数の理由があったということなのかもしれない。実際、ここ数百年の人肉食の原因は、戦争、非常事態、信仰、精神病などさまざまだ。

米ロングアイランド大学ポスト校の生物学教授で、最近『Cannivalism: A Perfectly Natual History(食人の自然史)』を出版したビル・シュット氏は、初期人類は信じられないくらい考え方が柔軟で、ときどき人肉を食べることで生き残ってきたのだろうと言う。

「共食いは多くの動物に見られます」とシュット氏。ヒトも例外ではない。「ヒトがほかの動物と違うのは、儀式、文化、タブーがある点です。私たちは、人肉を食べることは最も悪いことだと、徐々に教え込まれてきたのです」

コール氏は、人肉のカロリーを評価する過程で、精神的な影響も受けたという。「1年ほど前からベーコンが食べられなくなってしまいました」




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11587051c.html
日記

離乳食とハチミツ


ボツリヌス症で乳児死亡!

養蜂家が教える「離乳食とハチミツ」の話

先日、生後5ケ月の赤ちゃんがハチミツを食べて“乳児ボツリヌス症”になり亡くなった悲しい事故が報道されました。ボツリヌス症の原因の殆どは、ハチミツを食べることによって起こるのだそうです。

この事件を受けて「ハチミツは“怖い・危険な食べ物”というイメージを持たれた方も多いのではないか」と、オラトニアハニー代表の養蜂家・村田ちひろさんは懸念を示しています。

そこで今回は、小さいお子さんのいるママが知っておきたいハチミツのお話を養蜂家・村田さんに伺いました。

養蜂家が教える!子育てママが知っておくべき「ハチミツ」の話5つ

(1)ハチミツは思わぬ食品にも入っている

食品パッケージの裏をみると、アイスクリームやビスケットなど思わぬところにもハチミツが入っているんです。

ハチミツ自体をあげていないから問題ないというわけではなく、お菓子などはあげる前に成分表をしっかり確認しましょう。

(2)ボツリヌス菌は「熱」を通しても基本死なない!

熱殺菌をすれば、菌を死滅させることができるというような、ふわっとした常識がママ達にはあると思います。

熱殺菌で一番に思い浮かぶのが“煮沸”ですよね。もし熱殺菌をするとしたら100度で6時間熱する必要があるという一説がありますが、ボツリヌス菌は耐熱性なので基本的には死なないのだそうです。

(3)じいじばあば世代は「赤ちゃんにあげちゃいけない」のを知らない

厚生労働省が1987年に離乳食としてハチミツをあげることを禁止しました。今の母子手帳には“一歳未満の子どもにハチミツを食べさせることを禁じる記述”があるので、知っているママは多いはず。

しかし、1987年以前に子育てをしたじいじばあば達は、知らずに孫にあげてしまう方も多いのだとか……。

赤ちゃんを預ける時にはハチミツに限らず、“目新しいものを食べさせないで”と言葉を添えることが大切なんだそうです。

(4)「ネットで見かけた情報」を鵜呑みにせず自分で調べる

某大手レシピ情報サイトで“ハチミツ 離乳食”というワードで検索にかけると、沢山のレシピ情報が表示されます。これだと「離乳食にハチミツを使ってもいいんだ〜」って思ってしまいがちです。

しかしまずは、「赤ちゃんが口にして大丈夫なものなのかを、ママ自身が調べて納得したうえであげる事が大切なんだ」と、村田さんは熱く語ります。

(5)赤ちゃんに一番最初にあげる食べ物全てには細心の注意を!

上記でもお伝えしましたが、赤ちゃんの消化器官は未熟です。

赤ちゃんが一番最初に食べるものは、ハチミツに限らず様々な危険が伴います。母子手帳に離乳食のことについての記述もあるので、しっかりと何に注意を払うべきかを知っておくことが大切です。

いかがでしたか? ハチミツは健康に良い成分を沢山含んでいて、古くはクレオパトラも愛用していたほど健康や美容の強い味方にな食材です。

今回のハチミツにかぎらず、離乳食や育児をすすめるうえで、正しい知識を常に持つように気をつけたいですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11587046c.html
日記

ベビーフード

1日3食ともベビーフードは是か非か
手間がかかり、材料にも気を使うのに、ほとんど食べてくれないこともある離乳食。1日3食とも市販のベビーフード(BF)を使ってはだめなのだろうか。安全面や栄養面について、専門家やメーカーに聞いた。
埼玉県和光市の「おやこ広場もくれんハウス」。三浦恵さん(31)がつぶしたかぼちゃを乗せたおさじを口元に運ぶと、生後8カ月の旭陽(あさひ)君がパカっと口を開けた。もぐもぐする様子がほほえましい。料理好きな恵さんはふだん離乳食を手作りし、味付けにはBFのだしやホワイトソースなどを活用している。「外出用や非常用にいくつかストックしています。食べなくてもBFならストレスにならない。うまく組み合わせて使うといいかもしれないですね」と話す。
柳浩代さん(38)は6カ月の舷仁(げんじ)君の食事にBFをフル活用している。「子どもができると忙しくて料理がストレス。ゆとりを持って接したいから使っている。洗濯板じゃ大変だから洗濯機を使うのと同じこと」と浩代さん。2?3日に1回使うという母親(33)は「使うのに抵抗はないけど、こんなに味があっていいのかや、ビタミンが足りているかは気になりますね」と言う。
BFの市場規模は飲料を除いて約244億円(2015年)。1937年に和光堂から発売された米の粉砕品「グリスメール」を皮切りに60年代に種類が増加し、現在は飲料やパウチ、瓶詰や粉末、成型容器入りなどさまざまな形態がある。
少子化にもかかわらず、生産額は微増傾向だ。05年度乳幼児栄養調査では、BFを使ったことがある保護者が95年の66・0%から75・8%に増加していた。最新の15年度調査では普及が進んだため、調査項目にもならなかった。
「赤ちゃんの食べ物は最も安全な食品という目で見られるため、安全はもちろん安心も得られる基準を設けている」。BFを製造・販売する6社で作る日本ベビーフード協議会(東京都千代田区)の土橋芳和事務局長は、業界の自主規格についてこう説明する。
自主規格は、厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」や年齢別に栄養素の摂取量の目安などを記した「日本人の食事摂取基準」に準拠して、月齢に見合った品質を設定。微生物量や遺伝子組み換え食品、放射性物質の規制など多岐にわたる項目があり、国内基準だけでなく、食品添加物の安全性に関する専門機関(JECFA)の評価や、国際食品規格(CODEX)にも目を配っている。
添加物は、安定した品質や価格、供給体制のために避けては通れない。豆腐製造に昔から使われている「にがり」や、乳幼児に不足しやすい鉄やカルシウムの強化は最小限使用できるとし、使える添加物はリスト化した。規格は5年ごとに見直すが、最新の知見や規制情報をすぐに反映できるよう、今年からリストの更新は協議会ウェブサイトで随時公開されている。
メーカーは自主規格を守った上で、個別の工夫を重ねている。
「こんなにおいしくていいんですか、とよく聞かれますが、添加物や塩分に頼らない味付けをしているので」と和光堂(東京都渋谷区)の事業本部ベビー&シニア統括営業部の荻原淑子さんは話す。
カツオや昆布、チキンなどのだしを組み合わせてうまみを出しているという。
キユーピーは、使用可能な鉄強化などの添加物も使わず、鉄分が多いとされる食品で代替してきた。もともとマヨネーズやドレッシングも添加物をできるだけ使わず、自社工場で製造する方針だという。
日本生活協同組合連合会(同)が3月からスタートさせた離乳食ブランド「きらきらステップ」の冷凍食品、ゆでうどんと国産スケソウダラは添加物ゼロ。うどんは食塩すら使っていない。協議会の加盟社ではないが、自主規格は守った上で、アレルギー対策なども徹底したという。開発した第二商品本部冷凍食品部調理冷食グループの神津茜美さんは「生協の製品は安全というイメージが強い。家庭で作った物を冷凍するのと同じ味を出せるようにした」とアピールする。今後、おかゆや野菜の裏ごしした野菜のキューブ、幼児向けの手づかみ食べができる豆腐ハンバーグなどを発売していく予定だ。
一方、栄養バランスはどうなのか。「同じものだけ与えるのはダメです」と、栄養士でもある和光堂の荻原さんは指摘する。ベビー用品店などで開く栄養相談会では「うちの子はこの味のベビーフードが好きで毎日買っている」という声を聞くという。そんな時はまず、いろいろな種類のBFを与えてみることからアドバイスする。少なくとも(1)主食(2)主菜(肉、魚、豆腐などたんぱく質)(3)副菜(野菜)の三つがそろうこと、和洋中など味のバリエーションを意識してもらう。
和光堂だけでも飲料などを含め約240品目扱っており選択の幅はある。「手作りでも豆腐ばかり与えている人がいる。ベビーフードでも手作りでも、選択眼が大切」と荻原さんは言う。
キユーピー家庭用本部加工食品部育児・介護チームリーダーの師田努さんは、月齢差や個人差、1食分で必要な栄養素がすべてまかなえるわけではないことに注意するよう促す。血液や脳の発達に必要な鉄分は9カ月ごろから特に必要になってくるため、鉄分を含む食品を追加した方が良いという。製品の裏に栄養バランスを示したレーダーチャートがある場合は参考にし、不足する栄養を補う1品を添える工夫が必要だ。
一方、日本ベビーフード協議会の40年史をひもとくと、日本に米国製BFが上陸した当初、消費者や現場の小児科医、栄養士らは「離乳食は手作りで」との信念が強く、「BFを使って赤ちゃんを育てるとインスタントの赤ちゃんになる」と言われて泣いた母親もいたと書かれている。日本では一種罪悪感のようなものを抱えて利用している人も少なくないが、専門家はどう考えるのか。
「食事は食欲という本能を満たす心地よい時間。食べさせる時に親が必死だと食事を楽しめなくなる。乳幼児期は食事を楽しむことが大事だから、必要ならばBFを使ってもいいと私は思う」。相模女子大の堤ちはる教授(母子栄養学)はBFの利点と配慮すべき点を踏まえたうえで上手に使うようアドバイスする。
離乳は段階を追って訓練することで食べる能力を獲得していく過程だ。
そのため、最初は米粒が半粒混じっているだけで口から出してしまうこともあり、裏ごしなど丁寧な調理が必要だ。しかし手間の割に、赤ちゃんは気分次第で食べてくれないこともある。親は「なんで食べてくれないの」と怖い雰囲気を醸し出してしまいがちだ。逆に赤ちゃんは、親がひとくち食べて「おいしい、食べてみて」と言うと「これは食べても大丈夫」と安心して食べるようになるという。手作りを食べてくれなくて落ち込むよりは、BFを活用して「あ、この製品はおいしくないのね」と自分の料理以外のせいにした方が、親子ともにストレスがたまらなくて良い面があるという。
一方、配慮すべき点は製造過程での、加圧や加熱処理によって素材の味が均一になっていること。例えば肉じゃがは手作りすると肉やイモ、タマネギといった素材ごとの味が残りやすいが、加圧や加熱処理をすると均一に味が染み、すべて「肉じゃが味」になってしまいがちという。具も月齢が進むと軟らか過ぎるものもあるので、適した固さにゆでた野菜をBFに混ぜて咀嚼(そしゃく)力の発達を促した方がいい。
また、最低限の食品と栄養、調理の知識も身につけたい。朝も昼も野菜を食べなかったら夜は野菜を多めに、2日肉が続いたら今日は魚にといった配慮や彩りを意識するだけでも食材の数が増え、バランスが取りやすくなる。作らなくてもきんぴらは油を使うなどの調理法を知っておくことで、高カロリーだと判断して選択の材料になる。
堤教授は昨年、行政の管理栄養士からBFを使う親が多いと嘆く声を聞いた。「親が追い詰められて修羅場になるよりいいのではないの」と話すと、その栄養士自身も「そう思えば気が楽になった」と話したという。15年度乳幼児栄養調査では5歳未満の子を持つ親の6人に5人が食事について悩みを持っていた。堤教授は「食の悩みを解決することは、子育て支援に直結する」と話す。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11587043c.html
日記

このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 115 981399
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック