スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

礼服


本日は昨年1年間に激安ショップで購入した商品を整理しました。

400点を超えていたので予想以上の商品数でした。

衣料品が多く半数近くを占めています。

おもしろいのは日用品でペンチやプライヤー、ドライバー(ネジ回し)などは5点で99円なので年間ですとかなりの数量になります。

三菱鉛筆は5ダースで99円と1本当たり1.65円になり買わなければ損といった感じです。

百均ショップダイソーのノックボールペンは10本パックで税抜き100円ですが3パックで税込99円と1本当たり3.3円で鉛筆の2倍になります。

以下は昨年ではなく先月買った礼服ですがアジャスター付きだったので微調整ができてからだにフィットし価値ある1品です。

礼服は着る機会が少ないためか新品かと思うほどの美品でした。

あらためてネットで調べるとアマゾンはすごい値引をして売っていますが、なぜかカスタマーレビューがありません。

(ダーバン) D'URBAN festoneの春夏秋用ダブル礼服 アジャスター付き rh91

カスタマーレビューを書きませんか?  

参考価格: ¥ 61,950

価格: ¥ 14,900 

OFF: ¥ 47,050 (75%)

ポイント: サイズと色を選択すると表示されます(ポイントがつかない場合、この項目は消えます)  詳細はこちら

Amazonポイントについて

Amazonポイントは、Amazon.co.jp でのお買い物に1ポイント=1円分として使えるポイントです。

サイズ:

サイズ表

お買い得価格です!!アジャスター付き!!

★春夏秋のスリーシーズン用ダブル4ッボタン礼服。

ツータックパンツ、袖3個ボタン、ノーベント、背抜き。

★春夏秋のスリーシーズン用ダブル4ッボタン礼服。

ツータックパンツ、袖3個ボタン、ノーベント、背抜き。

★カラー=BLACK

★アジャスター付きです!!

メーカー希望価格61950円(税別)。

素材は表地ウール100% 裏地ポリエステル100%。

ダーバンは、卓越した技術に裏打ちされた高い品質で、

常に日本のメンズブランドの頂点に立ち続けてきたブランドです。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11585345c.html
日記

パラオ効果


パラオの海洋保護区、その効果が実証される

無数のクラゲが生息するパラオ最大の観光地、ジェリーフィッシュレイク。

海を守れば生態系が繁栄すると考えるのは当然のことだ。そして科学者たちは今、太平洋の島国パラオにある海洋保護区を包括的に調査したデータを通じて、これを証明した。

パラオ政府が約50万平方キロメートルの海を海洋保護区に指定したのは2年ほど前のこと。この水域は完全に保護され、漁業や採掘は一切許可されていない。パラオの陸地面積は米ニューヨーク市よりも小さいが、この海洋保護区はカリフォルニア州よりも広く、同種の保護区の中でも世界6番目の広さを誇る。(参考記事:「日本の国土より広い海洋保護区を可決、パラオ」)

パラオのトミー・レメンゲサウ・ジュニア大統領は当時の声明で、「こうした聖域を作るのは思い切った一手です。しかしパラオの人々は、生活に欠かせないことだと考えています」と述べていた。

そして今回、科学が海洋保護の効果を実証した。米ハワイ大学水産生態学研究所の研究員らによる論文が3月30日、科学誌「PLOS ONE」に発表された。論文には、このような海洋保護がもたらす好影響をモニタリングした結果がまとめられている。

この研究が着目したのは、パラオの保護区に存在する生物量、すなわち魚や海底に生きる底生生物の量だ。これら海の生き物たちにできるだけ影響を与えないよう、標本の採取は一切行わず、写真を視覚的に評価するという方法で調査されている。

明らかになったのは、保護されていない水域に比べて、保護された水域には魚が2倍多く、肉食の魚については5倍多く存在するということだ。魚は他の捕食動物の主な食料となるため、魚の数は生態系の繁栄度を測る指標になる。

今回の研究に参加したナショナル ジオグラフィックの協会付きエクスプローラー、エンリック・サラ氏は次のように話している。「今回の測定結果から、いかなるものも持ち出せない海洋保護区を設けることによって、魚の生物量が増加することが確認できました。世界中の他の水域でも、同じような結果が出ています」(参考記事:「“原始の海”を守る、エンリック・サラ」)

保護区ができることによって、パラオの魚の数は増え、やがて地元の漁師たちにもさまざまなメリットがもたらされる。保護区内の生物量が増えれば、そこから保護区外に出てくる魚も増える。論文は、地元の漁獲量が増加する可能性にも触れている。(参考記事:「米がハワイの海洋保護区を拡大、日本国土の約4倍に」)

成功の要因は

保護区が成功を収めている要因は、パラオ政府の政策だけではないようだ。サラ氏は、パラオの島民たちに根づいている自然保護文化による影響も大きいと考えている。

パラオには取り締まりを行う軍隊は存在しない。しかし、「ブル」と呼ばれる千年の伝統に基づく自然保護の風習がある。魚が邪魔されずに繁殖、成長できるように、パラオの首長協議会が一部の礁への立ち入りを制限するのだ。一定期間魚を獲らないことによって、その後も、人々を十分養えるだけの魚を獲ることができる。

パラオの将来は、健全な海洋生態系を維持できるかどうかにかかっている。この海域は世界でも類を見ない生物多様性に恵まれた場所であり、パラオの経済収入の大半は、こういった環境を生かした観光業によるものだ。

もちろん、豊かな海洋資源からメリットを得られるのはパラオだけではない。世界の海のうち、保護されているのはわずか1.6%。この研究に携わった科学者たちは、他の国々にも保護区がもたらすメリットに気づいてもらいたいと考えている。

「人がいる場所もいない場所も、広い場所もそうでない場所も、できるだけ多くの場所を保護する必要があります。無駄にできる時間はありません」。サラ氏はそう話している。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11585171c.html
日記

カーナビクリス


Chris|音声認識/ジェスチャーコントロール機能搭載ドライブアシスタント「クリス」

カーナビだって、小型化したら「いいことだらけ」になるはずだ

音声認識技術をフル活用すれば、モバイル機器は自ずと小型化する。それは結局、文字入力のための機構が不必要になるからだ。

ということは、カーナビだってもっと小さくなるはずだ。

我々が知っているカーナビの形は、大体6インチほどの長方形画面である。だが、テレビというものがベニヤ板と同じ薄さになったように、カーナビだってその姿が大きく変わるに違いない。

いや、すでにそうなっている。

「ハンズフリー」の普及を目指して

クラウドファンディングサービス『Kickstarter』に、またしても興味深い製品が登場した。

『Chris』というものだが、要はカーナビにプラスアルファを加えた製品である。円盤型で、取り外せば片手に収まるほどのサイズだ。開発者はドイツのスタートアップである。

人工知能が搭載されているこの製品は、ハンズフリーを売りにしている。ドライバーの話す単語を学習し、その結果として画面に触らず操作ができるということだ。カーナビというよりも、コ・ドライバーである。

そうしたテクノロジー自体は今では物珍しくないが、これが車内用品ということに注目すべきである。

いわゆる「ながらスマホ」による自動車運転は、しばしば最悪の事故を招く。運転中にスマホを操作した結果、数名の尊い命が巻き込まれてしまったということは残念ながら頻発している昨今だ。

その視点で語るなら、ハンズフリーはまだまだ普及していないとも言える。

また、Chrisに搭載されている音楽配信サービスはSpotify、Apple Music、Google Musicの3種類。それに加え、スマホからの楽曲転送も可能だ。用途は幅広い。

小さいことはいいことだ

もちろん、カーナビとしてのマッピング機能も充実している。小さな画面ではいささか不安に感じる人もいるかもしれないが、それを補って余りある「小ささ故の利便性」がやはり存在する。

価格はKickstarterのキャンペーン内では179ユーロ(約2万1,000円)。すでに目標額の数倍の資金を集めていて、発送は今年12月を予定している。製品化までそれなりの時間を要するが、量産に成功すれば大きな話題を呼ぶに違いない。

次世代のカー用品として、Chrisは期待の逸品である。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11585156c.html
日記

国境なき記者団

国境なき記者団、台北に事務局設置へ アジア初 台湾側も歓迎
国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(RSF)は6日、アジア1カ所目の事務局を台北に設置すると発表した。選定理由には、台湾の地理的位置やアジア随一の報道の自由度などが挙げられている。行政院(内閣)の徐国勇報道官は7日、台北事務局の開設を歓迎すると述べた。
同団体は報道の自由やジャーナリストの権利の保護を目的としている非政府組織(NGO)。1985年に創設され、パリに本部を置いている。台北事務局では中国大陸や日本、北朝鮮、韓国などの東アジア地域に焦点を絞る。
同団体が昨年発表した報道の自由度ランキングで、台湾は180の国・地域中51位。日本(72位)や韓国(70位)、中国大陸(176位)などの近隣諸国を上回り、アジア1位に輝いた。
徐報道官は、言論の自由は台湾の民主化の鍵で、民主主義の発展における重要な中心的要素だと言及。報道の自由は民主改革の根幹を固めるもので、同団体の精神とも合致していると語り、台北事務局の設置に好意的な姿勢を示した。また、あらゆる国際NGOの台湾での発展を歓迎する考えも述べた。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11585152c.html
日記

アルツハイマー発症抑制


アルツハイマー病発症の原因物質の蓄積を抑制する物質を発見

国立循環器病研究センター(国循)は4月4日、アルツハイマー病を発症する老廃物 アミロイドβ(Aβ)の脳血管への蓄積を抑制する物質を突き止めたと発表した。

同成果は、国循研究所再生医療部 齊藤聡流動研究員、病院脳神経内科 猪原匡史部長らの研究グループによるもので、4月4日付けの英国科学誌「Acta Neuropathologica Communications」に掲載された。

アルツハイマー病は、近年の研究からAβの脳血管への蓄積(脳アミロイド血管症)が一因であることが明らかになっている。しかし、これまでのアルツハイマー病研究は神経細胞の病態研究が中心であり、脳アミロイド血管症に焦点を当てた治療開発研究は十分になされていなかった。

今回、同研究グループは、Aβが蓄積してできるAβオリゴマーが初期の脳アミロイド血管症の主因であると仮定し、アミロイド凝集抑制作用を有する物質「タキシフォリン」を脳アミロイド血管症モデルマウスに投与して、タキシフォリン非投与のモデルマウスおよび正常マウスと比較するという実験を行った。

この結果、Aβオリゴマーの量はタキシフォリン投与群が非投与群の1/4程度にまで減少。また、記憶の中枢である海馬へのAβ沈着量も、投与群は非投与群の半分程度であった。さらに、投与群の脳血流量はほぼ野生型と同等まで回復し、空間記憶能テストでも野生型と変わらない結果であった。つまり、認知機能も正常に近い状態まで回復することが明らかになったといえる。

今後は、認知症新規治療薬としてヒトへの効果を確認するため、2017年度中の治験開始と2025年中の臨床応用を目指していくという。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11585112c.html
日記

糖尿病対策


お風呂による2型糖尿病予防の有効性を示唆する研究が報告

お風呂が好きな日本人は多い。帰宅してからの長風呂で一日の疲れを癒やす人もいれば、週末を利用してスパやスーパー銭湯でじっくりと湯船につかる人もいるだろう。近年は美容面のメリットから「ぬるめのお湯での半身浴」を実践している人も少なくないが、体を芯から温めることは健康面でのメリットも大きそうだ。

海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「入浴と2型糖尿病」に関するコラムが掲載された。最近報告された研究は、入浴が2型糖尿病予防に対して有効かもしれない可能性を示唆しているという。

近年、お風呂やサウナを利用した「受動的な体の加熱」が健康面を改善することが明らかになってきている。今回の研究を実施したラフバラー大学のスティーヴ・フォークナー博士は、入浴は運動と同じように2型糖尿病予防策になるかもしれないと解説している。

研究では、入浴が血糖コントロールや燃焼カロリー数に与える影響を調べた。14人の男性が研究に参加し、熱い風呂(40度)に1時間つかるか、もしくは1時間のサイクリングをするよう促された。いずれの活動も1時間で体内温度が1度上がるよう設計されており、研究者は1セッションで燃焼したカロリー数と、研究から24時間後の血糖値を測定した。

結果は、1時間の入浴よりも1時間のサイクリングの方が燃焼カロリー数は多かったが、1時間の入浴は30分の徒歩で消費するカロリー(約140kcal)と同程度だったとのこと。さらに、全体としての血糖値はサイクリングと入浴で同程度だったが、食後の最高血糖値に関しては、入浴した人の方がサイクリングをした人よりも約10%低いという結果が出たとしている。

入浴によって運動をした後と似たような炎症反応の変化も確認された。2型糖尿病のような長期の病気には、しばしば慢性的な炎症がみられるが、継続的な入浴は慢性炎症の軽減に寄与する可能性があるという。

「受動的な体の加熱」は比較的新しい研究分野ではあるが、ここ数年でいくつか注目すべき研究が発表されている。2015年には、男性が頻繁にサウナを利用すると、心臓まひや脳卒中のリスクが低減できるとのフィンランド発の研究が報告され、2016年にはオレゴン大学が定期的に熱いお風呂に入れば血圧が下がると発表した。

受動的な加熱によって、血管を拡張して血圧を下げる一酸化窒素のレベルが上がることが、これらの改善につながったと考えられている。このメカニズムは、高血圧の治療と2型糖尿病患者の末梢循環の向上に役立つ可能性がある。2型糖尿病は一酸化窒素の減少と関連しているので、入浴などの受動的な加熱によって健康的な一酸化窒素レベルに戻し、血圧を下げられるかもしれない。

受動的に体温を高めるのが効果的だということを立証するために、入浴とトレッドミルを比較検討した研究もある。運動と比較したところ、入浴の方が体温はより上がり、動脈血圧はより低くなった。血圧の低下は心疾患リスクの低減と密接に関連しているため、ここでも入浴のメリットがあることが示唆されている。

今後ますます、入浴の研究が進むことを期待したい。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11585090c.html
日記

うつ病


うつ病は万病のもと。

病気と障害の主要原因はうつ病であるとWHO(世界保健機構)が発表

「病は気から」という言葉がある。その「気」がおかされてしまうのがうつ病である。ならばうつ病があらゆる病気の根源となるといっても驚くにはあたらないだろう。

世界保健機関(WHO)は今月「病気と障害の主要原因はうつ病である」と発表した。うつ病の患者数は10年で18パーセント以上も増加し、今や3億人がこの病気で苦しんでいる。

WHOが2005〜2015年にかけて実施した調査によると、この期間で患者数が18パーセント以上増加したという。

【うつ病とその他の疾患に強い関連性あり、その逆もしかり】

WHOはうつ病とその他の非感染性障害・疾病とには”強い関連性”があるとし、「うつ病は糖尿病や心臓疾患のような物質使用関連障害のリスクを高める」と説明する。

また、その逆の因果関係もあり、そうした障害を患う人はうつ病になるリスクが高まる。さらにうつ病が大勢の人々の命を奪っている自殺の重要なリスク因子であることも指摘する。

【うつ病のもつ潜在的危険性を国家レベルで理解することが重要】

うつ病がこれだけ世界に広まっているにもかかわらず、多くの国々では精神疾患患者に対するリソースの供給が十分ではない状態だ。

場合によっては、一切支援がなされないこともある。こうした問題は途上国に特有の問題などではない。先進国など高所得の国々においても50パーセント近くの患者が治療を受けていないとWHOは指摘する。

平均すると、政府の保健関連予算のうち精神衛生に回されるのはたったの3パーセントにすぎない。

ただし、その範囲は、低所得国なら1パーセント以下、高所得国なら5パーセントとばらつきがある。

WHOによれば、こうした精神衛生に予算をきちんと割くことは「経済的にも合理的」であるという。状況の認識不足やうつ病・不安症の治療対策が不足していることで、世界全体では毎年100兆円にも及ぶ損失が出ているからだ。

【うつ病治療の難しさ】

しかし問題の解決を阻むのは精神疾患の患者に対するサポートの不足だけではない。治療を受けたことでレッテルを貼られるのではないかという患者側の懸念もまた影響している。

こうした懸念を払拭するために、WHOは「うつ病:一緒に話そう(Depression: Let’s Talk)」というキャンペーンを実施している。

「信頼できる人と話し合うことが、うつ病治療の最初の一歩」と、WHO精神衛生薬物乱用局(Department of Mental Health and Substance Abuse)のディレクターを務めるシェカール・サクセナ博士は述べている。

WHO事務局長のマーガレット・チャン氏は、「この度明らかになった数字は世界の国々にとって、精神衛生の取り扱いについて再検討し、それを治療することが緊急の課題であることを知らせる警鐘になるでしょう」と、各国政府の対策に期待する。

この報告は、4月7日の世界保健デーを前に発表された。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11585047c.html
日記

殺害リスト


「イスラム国」の“殺害リスト 8786人”の緊急公開迫る! 

住所も特定、トランプ大統領の名も、日本人は?

「イスラム国(IS)」と関係が深いハッカー集団「UCC(United Cyber Caliphate)」が、数千人の名前と住所を記載した「殺害リスト」を近々公開すると発表。リストには、「イスラム国」が敵と認定するセレブ、政治家、宗教指導者から米大統領ドナルド・トランプ氏まで名を連ねていることが判明した。

リストの存在をいち早く報じた、白人至上主義団体やイスラム過激派の活動を監視する米企業「SITE Intelligence Group」によると、「イスラム国」は「(リストに記載されている人物を)見つけ次第殺せ」と過激なメッセージで「イスラム国」に共感する一匹狼的なテロリストらを煽動しているという。

「これはアメリカ国民、そして特にトランプ大統領へのメッセージだ。米国に対する戦争はまだ継続していること、報復攻撃は我々をより強固にしていることを知れ。UCCはこの戦争を新しい段階へ移行することとする。心して待つべし。インシャラー(アッラーの御心のままに)」

上述のメッセージからも分かる通り、主要なターゲットはアメリカであり、リストに名を連ねる8786人中7848人はアメリカ人とのことだが、残りの数百人の中に日本人が入っている可能性も現時点では否定できない状況だ。仮に日本人が入っていた場合、イスラム国を挑発した過去がある安倍首相などが該等するのではないだろうか――。

昨年6月に公開された「殺害リスト」には、69人の日本人が記載されていた。

UCCは昨年4月に結成されて以来、機密性の高いメッセージアプリ「Telegram」などを使い、「イスラム国」が所持する3500人の「ニューヨーク市民殺害リスト」、1543人の「テキサス州在住者殺害リスト」、「米国家機関勤務者の殺害リスト」といった複数の殺害リストを公開しているため、今回のアナウンスもただの脅しではないと受け取った方が良いだろう。それに、殺害リストを真に受けた「イスラム国」信奉者の行動は想像以上に危険である。

元FBI職員の弁護士スチュアート・カプラン氏は、昨年ゲイ・クラブがターゲットにされたテロ「フロリダ銃乱射事件」の数日前に、“一匹狼型のテロリスト”こそ、警察も予防不可能な危険因子であると語っていた。

「『イスラム国』信奉者が殺害リストを入手し、すぐさま隣人がリストに名を連ねていることを知ったら、彼はきっと恐ろしい企てを立てることでしょう。この潜在的な危険性を正確に計算する方法も、防止する術も存在しません」(カプラン氏)

先月22日、英ウェストミンスター宮殿敷地内で発生したテロ事件の犯人ハリド・マスード(52)も「イスラム国」に共感する一匹狼タイプのテロリストだった。英紙「The Sun」(4月4日付)によると、事件の数週間前には、「イスラム国」が秘密性の高いメッセージサイトを使いウェストミンスター宮殿へのテロを煽動していたとのことだ。

「イスラム国」との泥沼の争いはいつになったら終わるのだろうか……。幸運なことにこれまで日本国内では「イスラム国」絡みのテロ事件は発生していないが、日本も彼らの敵であることは忘れてはならないだろう。もし今回のリストに日本人が含まれているとなれば、いつ日本でテロが発生してもおかしくないのだ。今後、詳細な情報が入り次第、追って報じたい。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11585043c.html
日記

落雷


大丈夫だったとは言え・・・

走行中の車に雷が落ちる瞬間をとらえた映像!

車に乗っていれば雷は落ちないというわけではない。落ちることがあっても乗客が感電することはないというだけの話だ。

実際には車にも雷は落ちるのである。その瞬間をとらえた映像が公開されていた。

走行中の車に突如雷が落ちる

車に乗っていた人はすべて無事だったようで、少し走ってから車を降りた。

落ちた車に乗っていた人は、激しい音と、ものすごい閃光にさらされる。

だが車の中はファラデーケージ構造となっており、外部の電場を遮っている。雷の電気は、フレーム・車軸などの金属部分を通り、タイヤのホイールから地面へと放電される為、中にいる人が感電することはないという。

でもこれ、車へのダメージがすごいな。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11585031c.html
日記

72,000ルーメン


どんなビームだよ!

72,000ルーメンの水冷式LED懐中電灯を作ってみた

一般的な懐中電灯は50ルーメン〜100ルーメンと言われている。最近では300ルーメンを超えるような商品も販売されており、昔よりもずいぶんと明るくなったもんだ。

だがもっと明るく照らしたがりやの男性は、72,000ルーメンというとてつもない明るさの懐中電灯を作ることを思い立った。

で、本当に作っちゃった。度肝を抜く明るさだ。

バッテリーとLEDライトをつなぎ合わせ

懐中電灯にしては大きめだが携帯できるという点はクリアしている。

その威力は絶大!


左が一般的な懐中電灯。右側が水冷式LED懐中電灯

左は車のヘッドライト。右側が水冷式LED懐中電灯

ちなみに、ろうそく1本が一方向を照らす明るさが1カンデラ。1カンデラでまんべんなく照射された光の1ステラジアン辺りの量が1ルーメンとなる。

これだけ明るければ非常時には何かと役にたつのだろう。

直接肉眼で見ると大打撃をうけそうなので注意が必要だけれども。

既に18,000ルーメンの懐中電灯なら市販化されており、アマゾンで4,000円くらいで購入できる。それを4本買えば単純計算で72,000ルーメンになる?いやそんな簡単な計算方法では割り出せないはずだけど、4本同時で照らせばかなり明るくなるはず。あらやだちょっと試したい。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11585025c.html
日記

  1  |  2  
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 105 976570
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック