スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

お下品なインコ


屋根の上から3日も降りてこないインコを助けようとした消防士。なぜかインコに口汚くののしられる

8月のある日、ロンドンの消防隊に、ルリコンゴウインコのジェシーの救助要請があった。

消防隊が出動といっても鳥かごが火事になったわけではない。何のはずみか逃げ出したジェシーが、近くの家の屋根に止まったきり、もう3日も降りてこないというのだ。

飼い主は英国王立動物虐待防止協会に助けを求めた。ところがジェシーは、協会職員の説得にはまったく耳を貸さなかったというのだ。

もしかしたらケガをしている可能性も高い。そこで消防隊に出動要請が出され、ジェシーを救助するべく現場に駆け付けた。

ところが..

折角助けに来たのに...消防士を口汚くののしるインコ

ロンドン郊外、エドモントン。クークーホールレーンの現場に到着した消防隊は、飼い主から情報を聞き取り、さっそくジェシーの救助を開始した。

ジェシーのいる屋根にハシゴをかけて、隊員が登っていく。ジェシーを怖がらせず、仲良くなるために、飼い主に教えられたとおり、「ジェシー、アイラヴユー」と声をかける。

ところが...

確かにジェシーは隊員の呼びかけに対し「アイラヴユー」と返してくれた。だがそれ以上に、使ってはいけない英語のスラング、大量の煽り言葉を浴びせかけてきたのだ。

例えば "F**K OFF!!"(うせろ!)とか.....シェッ(くそったれ!)とか......ビッチ(どすけべ!)、(オカメチンコ)(イカレポンチ)等々......

「ジェシーは既に3日も屋根の上におり、ケガをしていて降りてこられないのではないかという懸念がありました」とチームリーダーのクリス・スワロウさん。

「そして判明したのは、ジェシーは少しばかり口が悪く、常にののしる言葉を吐き続けているということです。面白い経験でした」

ジェシーは消防士が気に食わなかったのか?

ジェシーのとった態度は飼い主にとっては赤面ものだっただろう。しかし、インコやオウムを飼っている人によると、彼らは「覚えてほしくない言葉ばかり覚える」という。

インコやオウムは、もちろん個体差はあるが、3〜6歳児程度の知能を持っているといわれる。情動面では人間の2歳児程度であるらしい。

そして犬や猫と異なるのは、大きな声を面白がるというところだ。

飼い主が何かに興奮してつい叫べば、もしくはいたずらをした時に大声で叱れば、犬や猫なら怯えるところを、インコやオウムは「楽しい、遊んでくれてる」と解釈するのだそうである。

なので、好ましくない行動に対しては無視し、止めたら褒めること、と飼育書には書かれている。

したがって、ジェシーとしては、「楽しい」言葉を発して消防士さんと仲良くしているつもりだったのだ。

最後は自分から家に帰って行ったとさ

さて、返事はするものの捕まろうとはしないジェシーに対して、消防隊はトルコ語とギリシア語でそれぞれ「おいで」と言ってみた。どちらも飼い主一家の話す言語である。

それでもジェシーは救助されようとはしなかった。結局のところ、ジェシーはケガをしていたわけではなかったのだ。

存分に口汚い言葉を吐き終わると、ジェシーは別の家の屋根、近くの木、と飛び移り、無事に飼い主の元へ戻ったのである。

消防車1台、62分間の出動であった。

ジェシーと飼い主からは、後日、お礼の動画が届いたそうだ。

(音声)

飼い主:「ジェシー、サンキュウって言わなきゃダメでしょ」

ジェシー:「…サンキュウ」

ペットに何かあったら?ロンドンの場合

ロンドン消防隊は、ペットが閉じ込められた場合には999番(緊急通報)はせず、まずは動物虐待防止協会に相談してほしい、と市民に呼びかけている。背景には、近年増え続けるペットの救助要請がある。

とはいえ、今回の場合は、協会はすぐに消防を呼ぶべきだったとのことだ。協会の援助が不首尾に終わった場合には、協会から消防に要請があり、消防隊から「装備を整えた専門家が喜んで救助に向かう」のである。

ロンドン消防隊がこれまでに救助した動物の中には、屋根から降りられなくなったイグアナ、ボンゴドラムに挟まった子猫、煙突から抜けられなくなったチンパンジーなどがいるそうだ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11768914c.html
日記

ラオスのダムの黒幕


建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった!

韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと

ダム建設に韓国企業が加わっていたことで、韓国叩きの“燃料”に

今年7月、東南アジアのラオスで起きたダム決壊事故。メコン河の支流セコン川水系に建設中のセピアン・セナムノイ・ダムの貯水池に設置した補助ダムが崩壊し、あふれ出た膨大な水が下流の6 の村を直撃。のべ13の村が浸水する大惨事となった。

現地報道によれば、数十人が死亡、約100人以上が行方不明、約6000人が家を失ったとされるが、調査も困難であるため詳しい状況は確認されていない。このセピアン・セナムノイ・ダム事業を実施している合弁会社にはSK建設などの韓国企業が加わっていたため、日本でも保守系メディアが大きく取り上げ、韓国企業を批判した。

ネット上でも、韓国叩きの“燃料”としてネット右翼たちが大いに盛りあがった。だが問題のダムには、日本の公的機関や民間企業も資金面で関与しているのだという。東南アジアでの開発と人権について政策提言を行うNPO「メコン・ウォッチ」の木口由香事務局長は「日本の責任も大きい」と指摘する。

決壊したダムは日本の資金によるものだった

日本の資金がどのようにセピアン・セナムノイ・ダム事業に関わっているのか。木口さんがこう解説する。

「同事業を実施しているのは、タイと韓国の民間企業、ラオスの国営企業による合弁会社です。この合弁会社に協調融資するタイ銀行団のうち、クルンシィ・アユタヤ銀行は現在、株式の76.88%を三菱UFJ銀行が保有し、三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にあります。融資決定は統合前となりますが、現経営陣には最高経営責任者(CEO)をはじめ多数の日本人が加わっています」

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)もセピアン・セナムノイ・ダム事業に関わっている。

「GPIFは、クルンタイ銀行の株を時価総額で約14億8265万円の株を保有しています。また、GPIFは、合弁会社を構成するラオス国営企業に融資をしている韓国輸出入銀行の債権も時価総額で約62億6814万円を保有しています」(木口さん)

日本の支援で造られたダムが契機となり、急ピッチで進むラオスのダム開発

現在のラオスでは、タイなど国外への売電を目的とした大規模水力発電事業が急ピッチで進められている。しかしラオスは一党独裁のもと、人々が自由に発言したり、集会を行ったりすることもできない国だ。

「事業が行われる現地の人々の安全や権利を軽視した性急なダム開発が、今回の決壊事故につながった」と木口さんは見ている。そして、ラオスがダム開発をその経済成長戦略の柱とした背景には、日本の影響も色濃くあるというのだ。

「日本政府が世界銀行(世銀)やアジア開発銀行(ADB)を通して支援を行い、『ラオスの貧困削減と環境保全につながる持続的な開発のモデル』として2005年に着工し、2010年から創業を開始したのがナムトゥン2ダムです。

この事業を契機に、ラオス政府は急速なダム開発へと本腰を入れました。同事業の前に操業されていた1MW以上の水力発電事業はわずか10基でしたが、現在は操業13基、建設段階が22基、MOU(了解覚書)段階39基、事業開発合意の段階は23基、という水力発電ダム計画が進んでいます。

しかしナムトゥン2ダム建設では、強制移住させられた約6200人の住民の生計回復が困難であること、ダム下流の水量の変化による洪水悪化などの問題が起きています。今後建設されるダムでも、同様の問題が起きる恐れがあるのです」(木口さん)

大規模ダム建設に依存するラオスの開発政策と、援助国や融資機関の役割を見直すべき

木口さんは「今回の悲惨な事故に多くの人びとを巻き込んだのは、一義的には関連企業の責任です。しかし、企業のダム建設を可能にした融資機関、さらには大規模ダム建設に依存するラオス政府の開発政策とそれを後押ししてきた援助国・融資機関の役割についても検証する必要があります」という。

「昨今の予測不能な天候に対応できない可能性の高い既存のダムは、運営の停止を。環境・社会影響に比して収益の見合わないダム計画について、融資機関や援助国は中止を検討するよう求めること。大規模ダム建設を推進する、対ラオス開発援助政策自体を改めるべきでしょう」(木口さん)

セピアン・セナムノイ・ダムの決壊を、格好の「嫌韓ネタ」として消費するのではなく、自国の政府や企業の姿勢も問われている問題として取り上げることが、日本のメディアに求められている。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11768912c.html
日記

かぼちゃの馬車のさらなる落とし穴

契約よりも家賃が少ない?「かぼちゃの馬車」被害者を襲うさらなる落とし穴
「かぼちゃの馬車」に今も住んでいる方に話を聞いて、さらなる落とし穴があることがわかりました。自主管理に切り替えようとしている家主にとっては追い打ちです。
プロフィール:姫野秀喜(ひめの ひでき)
姫屋不動産コンサルティング(株)代表。1978年生まれ、福岡市出身。九州大学経済学部卒。アクセンチュア(株)で売上3,000億円超え企業の会計・経営計画策定などコンサルティングに従事。合間の不動産投資で資産1億円を達成し独立。年間100件以上行う現地調査の情報と高い問題解決力で、顧客ごとに戦略策定から実行までを一貫してサポートしている。
なぜ額面上の家賃を高くしている?自主管理への切り替えも茨の道
「かぼちゃの馬車」は快適?
何度か「かぼちゃの馬車」の住人にインタビューをする機会がありました。
その方は地方から東京に来られて、最初は会社の寮にいたのですが、そこを出ることになり、家具・家電付きをウリにしていたシェアハウスに入居を決めたそうです。
スマートデイズの「賃料不払い事件」が起きてからは、周りの人たちがどんどん退去していき、現在では稼働率が25%程度に落ち込んでいるとのことです。
1階8人、2階8人の合計16人の定員に対して、風呂・トイレが4個ずつ。つまり4人に1つの割合ということで、満室になれば風呂やトイレで待ち時間が発生する可能性があります。
しかし現状は各階2人しか入居していないため、風呂もトイレも1人1個ずつあって快適だそうです。
本人いわく、「満室に近くなったら退去するが、空室が多かったらそのまま住んでもよい」とのことです。
契約書の額面よりも「かなり少ない」家賃
そんな入居者の率直な意見を聞きつつ、家賃についても尋ねてみました。すると、興味深い答えが返ってきました。
それは、賃貸契約書では6万8,000円の家賃ですが、実際には3万円しか支払っていないということです。
スマートデイズと入居者との間で交わされている賃貸契約書の額面は6万8,000円+共益費2万円、つまり合計8万8,000円という契約になっています。
ところが、それ以外に覚書があり、それには「賃貸借契約にかかわらず、家賃は3万円」と明記されていたのです。
本人は結局、賃料3万円+共益費2万円の合計5万円を支払っているとのことでした。
新築とはいえ7平米の部屋に5万円は、なかなか東京といえども割高です。
ましてや、もともとの8万8000円という賃料は7平米ではありえないですね。
なぜ額面上の家賃を高くしている?
たしかに額面上の賃料が高ければ、収益還元評価で物件評価を高く見せかけることができます。
そして、物件評価を高く出すことができれば、銀行の融資も通りやすくなります。
さらに、投資家に見せる収支シミュレーションもプラスにできるので、一石二鳥なわけです。
自主管理に切り替えても茨の道
今回の騒動で、自主管理に切り替えを検討されているオーナーさんもいるかと思います。しかし、くれぐれもお気をつけください。
賃貸契約書に記載された賃料を請求しようとしたら、覚書の安い賃料を提示されて面喰ってしまう可能性があるからです。
つまり、自主管理する場合は、スマートデイズが交わした覚書の賃料をベースに、収支計画を引き直す必要があるということです。
シミュレーションの引き直し方がわかんないよ…という方は、私の無料相談にお越しください。
「かぼちゃの馬車」をはじめとした類似のシェアハウス騒動については、あまり打つ手はないのが現状です。
それでもどうにか再生できないか、数値に基づいて検討してみるのが大事だと思います。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11768910c.html
日記

足の裏のコメ粒

残業200時間超、ブラック過ぎる「建築士」の今 耐震偽装から十余年、課題は山積している
「今の事務所で働き始めて2年ほどになるが、月の残業時間は200時間以上」――。関東に住む20代男性はそうこぼす。彼が所属する「事務所」とは、設計事務所のことだ。
建物の設計図を描く設計事務所だが、図面は描いたら終わり、とはいかない。大まかな形やデザインを考える基本設計、契約に必要なレベルまで詳細詰める実施設計のほか、工事業者や役所との打ち合わせ、場合によっては自ら現場に出向くなど、建築士の仕事は幅広い。
「時間をかけるほど良いものになるので、どうしても残業時間が長くなる」(男性)。
足りない? 足りてる? 建築士の今
働き方改革が叫ばれる昨今、建築士業界への風当たりも強いと思いきや、業界は別の角度からの逆風にさらされている。
6月5日、建築士や建築事務所で構成する3つの業界団体は「建築士資格制度の改善に関する共同提案」を公表した。文書の一文にはこんな記載がある。「将来を担う世代の建築士の確保が懸念される」。
念頭にあるのは、減り続ける一級建築士試験の受験者数だ。建物の設計や工事監理を行ういには建築士の免許が必要で、扱える建物の種類や規模によって一級・二級・木造に分かれる。中でも一級建築士はすべての建物を扱うことができるため、建築士としてのキャリアのゴールには一級建築士を置くのが通常だ。
ところが、その一級建築士を目指す人数が減り続けている。一次試験(学科)の受験者数は、直近20年間では1999年の5万7431人をピークに、昨年には2万6923人と半分以下にまで減少した。その上、「一級建築士のうち約6割が50代以上。後継者不足が懸念される」(日本建築士事務所協会連合会の居谷献弥専務理事)と焦りを隠さない。
受験者数減少の原因として挙げられたのは、仕事が忙しすぎて受験勉強の時間が十分に取れないことだ。資格取得ルートは複数あるが、一般的な建築系学科の学生が一級建築士の資格を取得するには、卒業後2年間の実務経験が必要。だがいったん仕事を始めてしまうと試験勉強との両立ができず、資格取得のハードルとなっているというわけだ。
冒頭の男性も二級建築士の資格を持っているが、「好きでこの仕事をやっているので、辞めたいとは思わない。ただ土曜出勤はもちろん日曜も自宅で仕事をすることもあり、試験勉強は通勤時間くらいしかできない」と嘆く。
一級建築士の試験は司法試験や公認会計士試験ほどではないものの、決して生易しいものではない。学科試験の合格率は約3割。加えて2005年に明るみになった耐震偽装事件を受け、建築基準法だけでなく試験制度を規定する建築士法も大きく改正された。信頼回復のために新しい試験制度では法規や構造についての設問が増えたほか、新たに「環境・設備」の設問が追加された。
学科試験を突破しても今度は製図試験が待ち受け、最終的な合格率は1割強に留まっている。製図試験に2回不合格になると、また学科試験を受けなおす羽目になる。
建築士資格の予備校である日建学院の講師で、一級建築士資格試験の参考書の編集も手掛ける二宮淳浩氏は「重箱の隅を突くような問題も多く、独学では相当厳しい。ほとんどの受験生が予備校に通っているが、仕事が忙しくて欠席が続く学生も少なくない」と指摘する。建築士法の改正で試験全体が難化したという声も上がるなど、耐震偽装事件の「古傷」は未だ癒えない。
そこで今回の共同提案では、2年間の実務経験は試験合格の後に積んでもいいことを盛り込んだ。また製図試験を手書きでなくCAD(コンピューター利用設計システム)で行うことや、2回不合格になると振り出しに戻る制度の廃止なども提言した。
「試験のための試験になっているうえ、建築士法の改正(による試験制度の改正)を受けて門戸が狭くなった。試験をもっとチャレンジしやすい形にしたい」と、日本建築家協会の筒井信也専務理事は意気込む。
試験制度だけが問題なのか
こうした提案について、現場の建築士には「基本的には賛成だが、課題は試験制度に留まらない」という雰囲気が漂う。
資格試験の受験者数を増やしても、建築士が増える保証はない。建築士資格を取っても設計事務所に勤めるとは限らず、工事を手掛けるゼネコンはもちろん、工事を依頼する側の不動産会社や果ては自治体の職員に至るまで、建築の知識を得るために資格を取得する人は多い。
従業員が数十人、数百人といった大所帯の組織設計事務所やゼネコンの設計部門は「一級建築士に不足感はない」(設計事務所で最大手の日建設計)とする一方で、苦境にあるのは従業員が数人の個人事務所。「募集をかけてもまったく人が集まらない」(首都圏の設計事務所代表)のが実態だ。
厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によれば、従業員10〜99人の事業所で働く一級建築士の平均年齢は54.3歳で月収は約41.1万円で、ボーナスなども加えれば年収は532万円。大手事務所やゼネコン、不動産会社所属の一級建築士が主な対象である従業員数1000人以上の事業所と比較すると100万円以上も低く、人材の奪い合いになれば、大手に太刀打ちすることは難しい。
さらに実情は、統計の対象にすらなっていない10人未満の個人事務所が大半を占める。約1万5000もの設計事務所が加盟する日本建築士事務所協会連合会でも「半数以上が従業員数1〜3人の事務所」(居谷専務理事)という。
冒頭の男性は「初めに面接に行った個人事務所で提示された月給は10万円。これではさすがに働けないと今の事務所に所属しているが、それでも月給は額面でも20万円を切るうえに、ボーナスもない」。加えて厳しい労働環境がのしかかる。
建築士の労働環境には構造的な理由もある。一般的な戸建て住宅の場合、国土交通省告示による報酬基準はあるものの、およそ建築費の1割が設計料の相場感として存在する。ところが実際には「1割ももらえることはほとんどない。せいぜい6%くらい」(ある一級建築士)。
4000万円の家に対して設計料が400万円だとしても、基本設計から工程監理まで結局、1年以上物件に張り付かざるをえないこともあり、当然事務所は火の車だ。
建設会社の中にはその後の受注を見込んで「設計無料」を掲げる会社もあり、顧客も見積もり無料の感覚で設計の依頼をかける例も多いという。むろん設計だけで食べている設計事務所にとっては受け入れられない話だ。
公共施設の場合は報酬が安定している代わりに設計コンペがあり、採用されなければ設計にかかった時間と労力は水の泡。著名な建築家になれば「先生にぜひ建ててほしい」と高い設計料でも仕事が舞い込むが、それはほんの一握りだ。
神奈川県で個人設計事務所「TERRAデザイン」を主宰する寺本勉氏は、「設計には形がなく、顧客に価値を認められにくい。形なきものにも対価を支払う文化が必要だ」と指摘する。
「東日本大震災での高台移転の際、本来なら地元の事情を理解し、普段から建物と向き合っている地元の建築士がもっと活躍するべきだった。だが住宅ならずっと住宅を手掛けていると、いつしか業務と直接関係のない知識が薄れていってしまう。結果的に都市計画を専門とする学者や開発業者に主導されてしまった」(寺本氏)
単に依頼された建物を設計するだけでなく、まちづくりなど公益への貢献を通じて、建築士の存在意義を社会に認知していくことが、建築士の価値が認められる第一歩となりそうだ。
脱「足の裏の米粒」資格
「一級建築士は足の裏の米粒。取らないと気持ち悪いが、取っても食えない」(建設業関係者)。弁護士や公認会計士のような同じ「士業」とは異なり、資格を取っても仕事の範囲が急に広がるわけではない。
好きな仕事という一心で寝食を忘れて没頭しさえすればいい、というのは今や昔。今回の共同提案を基に建築士法を改正する議員立法が検討されているが、建築士業界の揺れを止めるためには、試験制度だけでなく自らの働き方から存在意義に至るまで根本的に見つめ直さなければ、業界を襲う揺れが収まることはない。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11768909c.html
日記

タツノオトシゴの新種発見


日本で発見 米粒サイズのタツノオトシゴは新種

「ジャパピグ」としてダイバーに人気のピグミーシーホースは新種だった

日本の海に生息するピグミーシーホース(極小のタツノオトシゴ)が新種であることが判明した。米粒ほどの大きさしかないこのカラフルなピグミーシーホースは、浅い海の岩の表面を覆う藻類にうまく紛れて暮らしている。

その色と大きさから、彼らは海草の切れ端が浮かんでいるようにしか見えず、見つけるのは非常に難しい。米テキサスA&M大学の准教授で魚類担当キュレーターであるケヴィン・コンウェイ氏は、彼らの色は「極めて特別」だと言う。「ペイズリー模様をまとっているようでしょう?」

科学者たちはこのピグミーシーホースに「Hippocampus japapigu」(ヒッポカムプス・ジャパピグ)という学名をつけた。種小名は、日本人ダイバーたちが付けた「ジャパピグ」という以前からの愛称に由来するものだ。

米カリフォルニア科学アカデミーの魚類学者で、今回の新種発見に関する論文を科学誌『ZooKeys』に発表したグレアム・ショート氏は、「ジャパピグ」という愛称について、「地元の人たちは、小さな赤ちゃんブタに似ていると思ったようです」と言う(訳注:「ジャパニーズ・ピグミーシーホース」の略とも言われている)。

奇妙な背中

愛称で呼ばれるだけあって、このタツノオトシゴはダイバーには何年も前から知られていたが、ショート氏らが詳しく調べたところ、新種であることが明らかになった。

ジャパピグは、これまで見つかっている7種のピグミーシーホースの仲間だ。名前から明らかなように、ピグミーシーホースはほかのタツノオトシゴに比べて非常に小さい。

ジャパピグは、背中の上部に三角形の骨からなる奇妙な盛り上がりがあるなど、いくつかの点で近縁種と違っている。この盛り上がりがなんのためにあるのかは不明だが、異性を惹きつけるための手段として、性選択により進化してきた可能性がある。

ジャパピグは、日本の南東部の海で見つかるほか、東京から287kmの距離にある八丈島にも生息している。幸いなことに「希少種ではありません」とショート氏。

ジャパピグの生息地は、タツノオトシゴの生息地としては少し変わっている。ジャパピグが生息する海域は、冬にはかなり低温になり、夏は高温になる。ほかのタツノオトシゴで、これほど大きな水温変化に耐えられる種はあまりいない。

目につきにくいことが幸い

ピグミーシーホースは、通常のタツノオトシゴより小さいだけでなく、背中の上部に鰓孔(さいこう)が1つしかない点でも異なっている。大型のタツノオトシゴでは首のあたりの両側に2つ鰓孔がある。

ショート氏は「首の後ろ側に鼻があるようなものです」と説明する。 また、ピグミーシーホースは非常に小さく、「私の小指の爪の上に2、3匹並べられる」(ショート氏)ほどの大きさしかない。

ピグミーシーホースは、カイアシ類やその他の小さな甲殻類などのプランクトンを食べている。「とても活動的で、遊び好きでさえあります」とショート氏。

ただ、科学者がこの生物について言えることはこれくらいしかない。「ピグミーシーホースの生態は、ほとんど分かっていないのです」。

ショート氏によると、現在、大型のタツノオトシゴは中国医学の生薬の原料や水族館での展示用に乱獲され、世界各地で個体数が激減しているという。

ピグミーシーホースが米粒ほどの大きさなので、捕食者だけでなく人の目にもつきにくい。「見つけにくいピグミーシーホースは、すぐに個体数が減るようなことはなさそうです」とショート氏は結んだ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11768583c.html
日記

細胞の老化逆転に成功

老化から若返りへ!?成長したヒト細胞の老化を逆転させることに成功
誰もが願う若返り。老いても若々しくありたいものだ。自分が生きている間に若返りの薬ができればと願う人も多いだろう。
世界各国では、若返りに関する様々な研究が行われている。
最新の実験ではヒト細胞の老化を逆転させることに成功したそうだ。これはいつの日か若返りの薬を開発する基礎になるかもしれない。
老化のメカニズム
老化は人体機能の進行性の衰えであり、がん、糖尿病、痴呆症といったいくつもの慢性疾患と関連する。
細胞や組織が機能しなくなってしまう理由はいくつもあるが、老化の生物学で最近注目されているのは、組織や内臓に老化細胞が蓄積することだ。
老化細胞は古い劣化した細胞で、本来あるべきようには機能しない。それだけなく周囲にある細胞の足まで引っ張る。
こうした機能不全を起こした古い細胞を取り除くと、白内障の発症が遅れるなど、加齢に伴う症状が和らぐことが動物実験で確認されている。
年齢を重ねると細胞が老化してしまう理由は完全には明らかではないが、DNAの損傷、炎症、染色体の端にある保護分子(テロメア)の損傷が示唆されている。
また、より最近では老化を進める因子の1つとして、遺伝子がスイッチの切り替えを正しいタイミングと場所で行えなくなることが指摘される。
遺伝子の情報伝達
私たちが年を経るにつれて遺伝子の調節機能が衰えてくる。
人体の各細胞には生命に必要な全情報が保持されているが、すべての遺伝子があらゆる組織あるいはあらゆる状況においてオンの状態にあるわけではない。同じ遺伝子を持ちながらも、たとえば心臓細胞が腎臓細胞と違うのはこのためだ。
遺伝子が細胞内外からの信号によって活性化されると、その細胞が作るものが何であれ、その作成に必要なすべての情報が含まれた分子のメッセージ(RNA)を作る。
現在では、遺伝子の95パーセント以上が、細胞のニーズに応じて、いくつか種類の異なるメッセージを作れることが判明している。
これは各遺伝子をレシピと考えると分かりやすいかもしれない。チョコレートを入れるかどうかで、シンプルなスポンジケーキもチョコレートケーキも作ることができるようなものだ。
遺伝子もまたこうしたことを行なっている。だがその時々でどの種類のメッセージを作るかの判断は、スプライシング因子というおよそ300個のタンパク質のグループによって行われている。
私たちが年をとると、作ることができるスプライシング因子の量が減る。すると老化した細胞は環境の変化に応じて遺伝子のスイッチの切り替えができなくなってくる。
こうした重要な機能の衰えは高齢者の血液にも、さまざまな組織の単離されたヒト老化細胞にも現れる。
老化したヒト細胞を若返らせることに成功
このスプライシング因子を取り戻す方法を模索したのがイギリス・エクセター大学のローナ・ハリーズ(Lorna Harries)氏らだ。
彼女たちが、少量の硫化水素を放出する化学物質で古い細胞を処理すると、一部のスプライシング因子が増加した。つまり老化したヒト細胞を若返らせることに成功したのである。
硫化水素は人体にも自然に存在する分子で、動物実験では加齢に関連する病気のいくつかを緩和することが明らかになっている。
だが大量に使えば毒になるために、必要な細胞に直接送り届ける方法が必要だった。そこで”分子の郵便番号”を使って、副作用が出ない程度の少量をミトコンドリアに直接届けるやり方が考案された。
ミトコンドリアは細胞内でエネルギーを作り出す構造物である。
このように分子ツールを使えば、いずれ生きている人間から老化細胞を取り除くことも可能になるかもしれない。そうなれば老化に関係する病気をいくつも同時に治療できることになる。
実現するのはもう少し先のことだが、幸先のいいスタートだ。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11768582c.html
日記

ISSの居心地


国際宇宙ステーションは居心地がいいのか?

閉所恐怖症にとっては悪夢のような場所であることが判明

アメリカ、ロシア、日本、カナダ、欧州宇宙機関(ESA)が協力し、地上から約400km上空に建設した国際宇宙ステーション(ISS)。

サイズ感は全長73m、全高約20mとのことで、そこまで巨大なスペースではないのだろうと想像でき、また宮殿のように住み心地がいいってこともないだろう。

しかし現在6人の宇宙飛行士が暮らしているのだから、決して住めないってこともないはずだ。

実際のところ、国際宇宙ステーションの住み心地ってどうなのだろうか?

日本実験棟「きぼう」から最長ルートをたどる旅へ

ロシアの宇宙飛行士、オレーク・アルテミエフさんが、国際宇宙ステーションで「最も長いルート」を撮影してYouTubeにて公開している。

約1分30秒ほどの動画だが、国際宇宙ステーションの内部がどんな風になっているのかを体感する手がかりになる。

オレークさんは、日本実験棟「きぼう」から出発。コード類がいたるところにある通路をぐんぐん進んでいく。

メインセクションでは仕事をする宇宙飛行士たちに出くわしたりしながら、ゴールであるロシア側モジュールの倉庫を目指す。

各モジュールへの入り口がめちゃめちゃ狭い穴!

コード類や機械類のものすごいごちゃごちゃ感にややビックリしてしまうが、きっとこれはすぐに慣れるだろう。

それより何より、各モジュールへの入り口がめちゃめちゃめちゃ狭〜い!

穴?ねえ、穴なの?ってくらい狭いところもあるようで、体をねじ込まないと入れないのではないかと不安になるんだ。

ってことで国際宇宙ステーションは、閉所恐怖症には悪夢のような場所だったりするのかもしれないし、逆に狭いところの方が落ち着くタイプにとっては極楽天国だったりするのかもしれない。

大きなお友だちのみんなは、国際宇宙ステーションに住んでみたいかな?




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11768580c.html
日記

ガン予防遺伝子発見

ガンを防ぐ「ゾンビ」遺伝子、ゾウで発見
壊れた遺伝子が進化の過程で復活、傷ついた細胞を予防的に殺す役目に
人間は30兆個ほどの細胞からできている。これらの細胞に加え、さらに多くの微生物が協調することで、心臓が脈打ち、消化系が機能し、筋肉が動いて、人間は活動する。細胞は時間とともに分裂し、新しいものが古いものに置き換わる。しかし、この細胞の入れ替えの過程において、遺伝子のコピーに失敗するのは避けられない。多くの場合、この変異がガンのもとになる。
ということは、細胞の数が多い大きな動物ほど、ガンになる確率が高いはずだ。この理屈に基づけば、小型哺乳類の数百倍も細胞の多いゾウは、ガンになる確率がかなり高いことになる。しかし、実際はそうではない。
その謎を解く新たな手がかりを明らかにした論文が、2018年8月14付けの学術誌「Cell Reports」に掲載された。鍵となるのはゾウの進化の過程で復活を果たした「ゾンビ」遺伝子LIF6だという。
「進化生物学的に見て、とても魅力的な学説です。非常に幸先のよいスタートと言えるでしょう」と、米ユタ大学の小児腫瘍科医のジョシュア・シフマン氏は話す。同時に、発見を裏付けるためにはさらに検証が必要だとし、「これはまだ始まったばかりのことです」とも述べている。なお、氏はこの研究には関与していない。
医者のような役割の遺伝子
生物の大きさとガンになる確率が一致しない現象は、「ペトのパラドックス」と呼ばれている。2015年、シフマン氏の研究グループは、このパラドックスにまつわる重要な発見を発表した。彼らが突き止めたのは、ゾウにはガンを抑制するP53という遺伝子が多いということだった。人間の遺伝子には1組しか存在しないP53が、ゾウにはなんと20組も存在していた。
動物の細胞が分裂するとき、P53は遺伝子の良否を診断する医者のような役割を担う。この点は、人間でも、ゾウでも、他の動物でも変わらない。「P53はDNAが破損しているかどうかを見分け、どうするかを決めるのです」と話すのは、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の生物学者、エイミー・ボディ氏だ。軽度な問題を抱えた細胞なら修復できるが、破損の度合いが大きい場合は、細胞がガン化するリスクがあるので、P53はその細胞を殺すよう命じるという。氏も同じく今回の研究には参加していない。
今回の論文の著者である米シカゴ大学の進化生物学者ビンセント・リンチ氏によれば、ほとんどの動物では細胞を修復する方法がとられるが、ゾウでは細胞を殺すケースが多いという。「ゾウの場合はとても奇妙なんです。細胞内のDNAを傷つけると、細胞がただ死んでしまいます」。そこでリンチ氏は、理由を突き止めたいと考えた。氏は並行してゾウのP53遺伝子を研究するチームも率いていた。
傷ついた細胞を抹殺する殺し屋
リンチ氏のグループは、アフリカゾウ(Loxodonta africana)と小型哺乳類を対象に、他の遺伝子の違いについても調査を行った。特に注目したのは、複製が多い遺伝子だ。その結果、浮かび上がってきたのが、生殖能力を高める働きのある「LIF遺伝子」の1つ、LIF6だった。
「LIF遺伝子と聞いて少しばかり驚きました」とボディ氏は言う。生殖能力とガン予防はまったく別のことのように思える。しかし、リンチ氏はLIF6には別の機能、つまり傷ついた細胞を殺す役割があるのではないかと考えた。
小さなウサギから巨大なクジラまで、ほとんどの哺乳類にはLIF遺伝子が1組しかない。しかし、ゾウやその親戚、マナティー、ハイラックスなどには、たくさんのLIF遺伝子がある。リンチ氏によれば、ゾウには「数え方によって」7から11組のLIFがあるという。
なかでも、傷ついた細胞を殺す役割と関連があるのはLIF6だけのようだ。そして、これまでのところ、LIF6はゾウからしか見つかっていない。
今回の研究によれば、LIF6がゾウの遺伝子に登場したのは、約5900万年前だという。最初、これは役立たずの壊れた遺伝子でしかなかったようだ。しかし、ゾウの先祖が進化するにつれて、この遺伝子も進化し、やがてゾンビのように蘇った。ゾウがガンに悩まされない大きな体を手にすることができたのも、この復活のおかげかもしれない。
P53が遺伝子の診断を行う医者だとすれば、LIF6は傷ついた細胞を抹殺するいわば殺し屋だ。
リンチ氏のグループは、研究室でアフリカゾウの細胞のDNAを破損して、LIF6遺伝子の機能を調査した。その結果、破損を見つけたP53がLIF6遺伝子を作動させ、LIF6が破損した細胞を殺したと考えられる現象が観察された。しかし、LIF6の動作を抑制したところ、高い可能性で破損した細胞が処分されるというゾウ特有の現象は見られなくなったという。
ガンの克服に向けて
リンチ氏は、ガンを防いでいるのはこのゾンビ遺伝子だけというわけではなく、「LIF6は、もっと大きな仕組みの中で小さな役割を果たしているにすぎません」と言う。シフマン氏も同意見で、「ほぼ確実に、他の発見ももたらされるでしょう」と述べる。同氏のグループも、すでに今年そのような発見を発表している。傷ついた細胞を殺すのではなく、壊れたDNAを修復するゾウの遺伝子についての発見だ。
ゾウのガン予防機能を研究する究極の目的は、人間のガン治療への応用だ。LIF6の進化について、シフマン氏は「5900万年の進化が必要でした」と話す。「私に言わせれば、これは5900万年間の研究開発です。5900万年をかけて、自然がガンを予防する最善の方法を見つけようとした成果のひとつです」
研究者たちは、その叡智に触れることで、ガンを克服する方法を見出そうとしている。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11768577c.html
日記

冷えるスマホで発熱の波を乗りこなせ


「冷えるスマホ」が流行 ゲーミングに威力を発揮する Galaxy Note9・AQUOS R2

スマホで「冷却性能」が一つのトレンドになりつつあります。

サムスンの最新モデル「Galaxy Note9」ではCPUに新たな冷却機構を採用。それに先駆ける形のシャープも夏スマホの「AQUOS R2」で冷却性能を大幅に強化しています

「冷えるスマホ」が流行 ゲーミングに威力を発揮する Galaxy Note9・AQUOS R2……

ゲーミングに特化したASUS「ROG Phone」は純正オプションとして冷却ファンを用意

発熱によるクロックダウンを防ぐ

その背景にあるのが、スマホゲームのリッチ化です。最近は「フォートナイト」や「PUBG Mobile」のように、かつてはゲーミングPCでしか遊べなかった3DCGゴリゴリのFPSゲームを、スマホでプレイするユーザーが増えています。

そうなると問題になってくるのが発熱です。リッチな3DCGゲームを長時間プレイしていると、スマホの本体が段々と発熱してきます。するとオーバーヒートを防ぐためにSoCがクロックダウンし、ゲームなどで本来のパフォーマンスを発揮できない場面が生じるのです。一部のユーザーは外付けの「スマホ冷却ファン」で発熱を防ぐ工夫をしていますが、モバイル性が犠牲になってしまうことは否めません。

「冷えるスマホ」が流行 ゲーミングに威力を発揮する Galaxy Note9・AQUOS R2……

「AQUOS R2」では放熱シートを2枚配置するなどして、「AQUOS R」比で冷却性能を2倍に高めている

そこで威力を発揮するのがスマホ自体の冷却性能というわけです。サムスンは「Galaxy Note 9」でCPU冷却用のカーボンを追加し、発熱を抑えてゲームを安定して遊べる「ゲーミングスマホ」としての魅力を訴求。シャープも「AQUOS R2」で冷却性能を強化し、CPUのピーク性能を長く維持できるとアピールします。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11768327c.html
日記

だれでも生物学者



図鑑をスマホに…カメラをかざすと生き物の名前がわかるAI図鑑アプリ登場

iPhoneのカメラを生き物にかざすと、その生き物の名前が表示される”AI図鑑”アプリが登場し、話題となっている。

iOS向けアプリ「LINNE LENS」は、iPhoneのカメラを生き物にかざすと、自動で認識し、映像の中でその生き物の名前を表示するアプリ。現時点では主に魚類の認識に対応しており、日本の水族館にいる生き物の約9割が認識可能。その数は4000種におよび、認識の平均精度は90%前後だという。現在はiOS向けのみのリリースでAndroid向けアプリは現在準備中となっている。

アプリのダウンロードは無料だが、無料のままでは1日10種までしか認識できないなど、機能が制限されている。月額360円の有料プランに加入することで、認識した生きものを系統樹で記録するコレクション機能なども利用が可能となる。

アプリ内で処理が完結するため、電波が届かない山奥や海の中でも利用できるというこの「LINNE LENS」。SNSでは、「ずっと待ってた」「これは楽しい」「すごい便利」などと大絶賛。魚類だけでなく、野草やキノコ、昆虫などの認識もしてほしいとの声も多かった。

たしかに「この野草は食べられるかどうか」「このキノコには毒があるのか」「この虫に刺されたときにはどう対処すればいいのか」などの情報も表示されるのであれば、いざというときに役立つはず。ただ単に生き物の名前を表示するだけでなく、様々な豆知識がどんどん追加されていけば、かなり有益なアプリとなりそうだ。

また、教育の現場への活用を期待するネットユーザーも多く、小学生の自由研究などでも活躍しそうだ、

現在は主に水族館にいる生き物を認識するアプリとなっているが、近日中に動物園の生き物にも対応予定とのこと。もはや生物図鑑は、スマホにインストールして持ち歩く時代となったようだ。



スマホかざすと「生き物の名前」分かるiOSアプリ 電波ない水中や山奥でも

モバイル用AI・ARシステム開発を行うベンチャー企業のLinne(東京都渋谷区)はこのほど、スマートフォンのカメラをかざすだけで生き物の名前が瞬時に表示されるiOS向けアプリ「LINNE LENS」(リンネレンズ)を公開した。まずは魚類を中心に約4000種に対応する。

生き物にスマホカメラをかざすと、AI(人工知能)が動植物を識別し、アプリ画面上に生き物の名前が表示される。複数の生き物の同時認識も可能だ。まずは魚類を中心に、哺乳類、鳥類、両生類、は虫類、甲殻類、軟体動物、刺胞動物など約4000種に対応。日本の水族館にいる生き物の9割を認識するという。

生き物の認識はデバイス上でリアルタイムに処理するため、電波の届かない山奥や水中でも利用可能。シュノーケリングやダイビング中でも使える。

また、見つけた生き物を系統樹で記録するコレクション機能や、生き物の解説やイラストを表示する図鑑機能なども充実させた。

無料版はお試し特典として1日10種まで認識できるが、記録は残らない。定額制の有料プラン(1カ月360円〜)では全機能が利用可能。毎月追加される新しい生き物も継続的に収集できるとしている。

Androidアプリも提供予定。認識精度や対象となる生き物も継続的にアップデートしていく。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11768326c.html
日記

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 11 1018026
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック