スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

GAFMA

アマゾンやグーグルが冗談でなく危ない理由
グーグル、アマゾン、フェイスブック、マイクロソフト、アップル(5社まとめてGAFMA)は、政府にも手出しできないほど強大な存在になったのか。
テクノロジー産業は米国経済の誇りであり、あふれ出るイノベーションの泉であり続けてきたように見える。だが、こうした巨大テック企業による技術革新にもかかわらず、全体の生産性向上は遅々として進んでいない。
脅威となる企業があれば飲み込む
理由はいろいろある。リーマンショックから10年を経ても投資が低位にとどまっていることが最大の原因だろう。だが、GAFMAによってイノベーションの芽が摘み取られている点は見逃せない。巨大テック企業の支配力や収益力、影響力があまりにも大きくなったせいで、新興勢力がのし上がるのは極めて困難な状況になっている。
確かに、フェイスブックやグーグルはかつて、ヤフーなど既存のライバルを蹴落とすことで成り上がってきた。だが、GAFMAの株価が成層圏の高みに達した今となっては、状況がまるで違う。
他を圧倒する資金力をいいことに、GAFMAは少しでも脅威になりそうな企業が現れれば、買収してのみ込んでしまう。恐れを知らぬ起業家なら買収の申し出をはねつけてもよさそうなものだが、言うは易く行うはかたし。何十億ドルもの大金を積まれて、それを断る気丈な愚か者はそういるものではない。それにGAFMAが抱えるプログラマーや法律家の数は膨大だ。似たような製品を自社開発し、法律を盾に新参者を潰しにかかってくる恐怖もある。
巨大テック企業は次のように反論するかもしれない。われわれは新興企業に開発資金をつぎ込み、イノベーションを加速させているのだ、と。だが実際には、競合の芽を摘み取ることが買収の目的になっているケースが多い。
注目すべきは、GAFMAの売上高の大半が今も既存事業から生み出されていることだ。アップルは「iPhone」、マイクロソフトは「オフィス」、グーグルは「検索エンジン」といった具合にである。ということは、GAFMAを脅かす破壊的新技術は、買収によって発展の機会を与えられるのと同じくらい、闇に葬り去られていることになる。
個人情報の使用料を支払うべきとの意見も
独占禁止当局は、明らかに競争が阻害される場合でも介入を避けてきた。フェイスブックがインスタグラムを買収したり、グーグルが地図サービスで競合するウェイズを買収したりしたときなどがそうだ。消費者の負担するコストが不透明なIT(情報技術)の世界には、従来の独禁法はなじまないかもしれない。だからといって介入しなくてよいことにはならない。
喫緊の課題は、GAFMAに情報独占をやめさせることだろう。米国が手をこまぬいている一方で、欧州は対策に乗り出している。欧州連合(EU)で新しく施行された「一般データ保護規則(GDPR)」は、利用者が個人情報を自らの意思で他社に移動できるようにすることを企業に義務づけている。
経済学者のグレン・ワイル氏とエリック・ポズナー氏は、巨大テック企業には個人情報の使用料を支払わせるべきだと主張する。利用者には当然、自身の個人情報がどのように収集され、利用されているかを知る権利があるはずだ。
米国政府がやらなければならないことはほかにもたくさんある。たとえば、フェイスブックのようなプラットフォーム企業はフェイクニュースを垂れ流しても罪に問われない免罪符を手にしている。だが、活字媒体や放送局と同じ水準で責任を取らせなければ、真実に迫る報道は死にゆくだけだろう。このようなことは、民主主義だけでなく、経済にとっても有害だ。テック企業の本拠地である米国は今こそ目を覚まさなければならない。


アメリカ経済の「真のリスク」とは何か
「アメリカ経済は完全にバブルだ」という話が最近よく出てきます。
先日も討論会で、「アメリカ国内の与信総額はすでにリーマンショック前のピークを越えており、これは明らかにバブルだ」、と指摘してきた某大学の経済学部教授がいたので、思い切り反論をしてやりました。今週のワタクシの有料メルマガで詳しく解説しましたが、簡単に申しあげておきます。例えばこんなデータが出ています。
これは四半期毎にニューヨーク連銀がまとめるアメリカの家計における負債調査で、2018年第1四半期の家計が持つ負債総額は13兆2100億ドルに達しており、確かに2008年のリーマンショック前のピークであった12兆6800億ドルを超えています。
今のアメリカが「リーマンショック前」とは違う理由
しかし、経済学者たるのもの、それで議論してはいけないわけです。そのあとにクレジットスコア(金融機関が与信を与える際のスコアリング)は755から761に上がっており、ニューヨーク連銀のエコノミストがわざわざ、「恩恵を受けているのは主に富裕層であり、そうでない人々にはほとんど融資は広がっていない」、とコメントを付けています。
つまり、貸出金額は増えているものの、それはクレジットスコアの高い富裕層向けの融資が中心で、貧乏人には恩恵は来ていないよ、ということです。あの時代は融資が拡大しつつ、クレジットスコアなんぞそれこそ「サブプライム」まで行ったわけですし、それを元手にさらにレバレッジをかけていたわけですから、それはひとたまりもなかったわけです。
2006年の段階で「これはバブルがはじける」とわれわれが予想したのはまさにこれがポイントでしたし、実際にはじけたあとも、「サブプライムローン自体はアメリカのGDPの0.8%しかないので、大したことがない」、と言っていた方がほとんどで、「大変だ!!」と騒いでいたワタクシを「モーサテ」(テレビ東京の朝の経済番組)が珍しく呼んだくらいですから、まさに少数派だったと言っていいでしょう。
ところが、今のこの状況で「バブル」などと言っている学者がいるわけですから、本当に参ります。 もちろん「ドナルド・トランプ大統領が何をするのかわからない」、というのは大リスクと言えます。しかし、こればかりは予想ができないので、「関東大震災が明日来る!」 と似たような話になってしまいますので、この話には触れません。
むしろ、最近にわかに気になり始めたのが、この問題なのです。出典はウォール・ストリート・ジャーナルです。ここでは日本語版を引用します。「NFIB(全米独立起業連盟)によると、中小企業経営者のうち、自社の抱える唯一最大のビジネス上の問題は、業務に適した従業員を見つけることだと考える割合が22%に上り、税金や規制の問題より多かったという」
ということで、これは大変な事態だと言っていい。全米の失業率が3.9%ということは「失業者すべてに仕事を与えてもまだ仕事がある」という水準だし、ハワイやカリフォルニアなどの失業率はすでに2%台!! になってしまっているという現実があります。つまり労働者、特に高度な技術を持つ労働者を探すのは、どの企業にとっても至難の業で、さらに全米の出生率は下降に転じている、というデータまで出てきています。
アメリカが移民制限をし始めたら最大の経済停滞原因に
いつも申し上げているように、アメリカは先進国で唯一若年労働人口が増え続ける国で、2050年までそれは続きます。つまり、経済成長は約束されたも同然なわけですが、「このままいくと2050年以降は怪しい」、ということになります。ましてや移民制限などをしようものなら、それがアメリカ経済を停滞させる最大の原因になるでしょう。
移民制限などはトランプ大統領の個人的な思いつきに過ぎないので、当初は「大したことはないだろう」、と少なくともワタクシは高を括っておりました。しかし、この記事にある通り、共和党保守派全体がそちらの方向に大きく動き出していること、またアメリカ国民の中でも「これは経済的な問題ではなく、文化の問題だ」、という声が拡大中であることなどを考慮すると、これは結構厳しい問題になるな、という予感がいたします。
個人的な話ですが、私もアメリカに会社を持っている関係でアメリカの労働ビザを保有しているわけですが、実は、先日の審査の時、これまでには全く言われたことのないことを言われて、愕然としました。
これまでは、「移民局としては、あなたのように、アメリカ合衆国に納税もしてくれて、がんばって事業を起こしてくれている人は大歓迎で、引き続き頑張ってください」、と言われるのがお決まりだったのですが、前回の審査時には「あなたは日本でも十分な収入があるのに、なぜ、わざわざアメリカ合衆国で会社を作って仕事をする必要があるのか?」と質問され、正直びっくりしたわけです。
これまで10年以上アメリカ合衆国に納税をし、300人以上の雇用を生み出してきたのに、その貢献に感謝されるどころか、「そもそもあなたはアメリカに来る必要性がないのではないか」、というわけです。同じような境遇の友人(ドイツ人、イギリス人、デンマーク人など)と話したところ、「お前は日本人だからそんなもんで済んでるが、こっちはもっとひどいことを言われているんだよ。あからさまに『帰ったらどうだ』、と言われるからね。ロシア人あたりになるともっとひどいぜ!」というのですから、これは尋常ではありませんね。
「自由の国アメリカ」・・・は夢になりつつあるのかもしれません。いずれにせよ、この移民(外国人労働者)問題こそがアメリカ経済を躓かせる要因になるかもしれず、注意が必要だと思われます。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11760674c.html
日記

ズボラ家事

シーツは毎日洗うべし!
1カ月洗わないシーツは大丈夫?
どこまで「ズボラ」で大丈夫!?
「ズボラ家事って、実際どれくらいズボラにしていても大丈夫なものなんですか〜?」
という、そぼくなご質問を先日いただきました。なるほどズボラにも目安があると良いものなのかとちょっと目から鱗が落ちました。
そこで早速、ズボラ家事を提唱する著者の目線での目安をご提示することにしました。あくまで目安かつ、これ、ゆるめです。それでも、ご自分のデッドライン設定が曖昧あるいはやや不安な方はぜひ、参考にしてみて下さい。
干し忘れた洗濯物→臭いが出たらアウトー!
うっかり一晩、洗濯槽で寝かせてしまった……! でも、すぐに超強力な直射日光で天日干しできる場合に限っては、洗濯物が雑巾臭くなっていなければセーフとみなし、太陽光の殺菌力(※「天日干しの殺菌効果 株式会社エフシージー総合研究所」参照)に委ねます。
デッドラインを超えるとどうなる?
しかし残念ながらかなり雑巾臭くなっている場合には、すでに相当量の雑菌が繁殖している証左なのでアウト。通常の洗剤にプラスして除菌効果のある「酸素系漂白剤」を加え、しっかり洗い直してからすぐ干すようにしましょう。
天気が悪く部屋干し決定の場合、鼻が利かず判別できなかった場合も同様にした方が安心です。
デッドラインを超えないために注意すべきこと
洗濯物を干し忘れる癖のある方は、(ドラム式)全自動洗濯乾燥機を導入していつも一気に乾燥まで済ませてしまうようにするのが無難です。
洗濯物の干し忘れが続くと衣類の雑巾化が進み、普通に洗って部屋干しするだけでも臭うようになるので注意しましょう。
また、干し忘れることで洗濯槽がジメジメし、カビやすくなりがちなので、1力月に一度程度の高頻度で洗濯槽クリーナーを使用し、せめて洗濯槽のカビが悪化しないようにすることが、万一干し忘れた洗濯物がより臭く雑菌まみれになるのを予防することに繋がりますので、実行してみて下さい。
しばらく洗ってないシーツ→1力月以上はアウト!
「しばらく洗ってない」の「しばらく」が1週間なら「ふつう」で「全然セーフ」ですが、1力月(以上)だと汗や皮脂、ホコリを吸ったシーツ上では雑菌が相当繁殖していると思って良いでしょう。
実際ちょっと茶ばんでいたり、自分でも、自分のニオイがしみついている、アウトな自覚があることでしょう(ただそのニオイにちょっとホッとしてしまうような心象は理解できます)。
デッドラインを超えるとどうなる?
汚れたシーツの害は臭いや茶ばみのみならず。シーツ、枕カバーなどの雑菌汚染は肌荒れの原因とも言われています。謎の肌荒れに悩んでいる方はシーツや枕カバーをまめに洗濯するようにしてみると、案外解決するかもしれません。
利用方法によっては、下着と同様の頻度で洗濯する必要も
ちなみに全裸で寝ることが当たり前のラテンな国ではシーツの洗濯頻度は下着のそれと同様ですので、そのスタイル(全裸寝)だけまねてシーツは滅多に洗濯しなかった!と言う方は、あせって漂白などを頑張るよりもシーツを買い換えた方が良いと思います(シーツはできれば強い薬剤で漂白しない方が良いです。
一晩中呼吸しますし、肌も触れるものなので)。
シーツや布団カバーなど大物の洗濯には、水溶けが良く泡切れの良い、匂いのきつくない洗剤が適しています。
最近人気の、キルティング、パイルなどの(ベッド)パッドの上で寝ている人は、パッドを布団と混同している傾向があるのですが、それは「シーツ」の一種なので、衛生的には、やはり週1程度の洗濯を行うのが望ましいです。
かように洗濯関係のズボラには、いささか不可逆的な悪臭が伴います。始末するには高くつく傾向がありますので、ズボラを試みるならお財布と相談するようにしたほうが良いかもしれません!

今夏は従来の常識がまったく通用しない夏です。
臭くなってから洗うなどとはもってのほか。
からだまで腐ってしまいます。
ズボラはズボラなりに板の間でゴザの上で寝るとか考えましょう。
ということで
カレーの作り置き注意=菌増殖、食中毒の恐れ−消費者庁
梅雨時は食中毒が増加傾向にあることから、消費者庁はカレーや煮物などの煮込み料理を作り置きすると「ウエルシュ菌」が増え、食中毒になる恐れがあるとして注意を呼び掛けている。
同庁によると、ウエルシュ菌は100度の熱を加えても完全に死滅させるのは難しい。作った煮込み料理を室温で冷ましていると、酸素が少ない鍋底などで増殖する。ウエルシュ菌は下痢や腹痛などを引き起こすという。
厚生労働省の統計では、同菌による食中毒の発生は2016年に31件で1411人、17年には27件の1220人に上る。
両年ともノロウイルス、カンピロバクターに次いで患者数が多い。
消費者庁は食中毒を防ぐためのポイントとして、
(1)食べ切れる量を作る
(2)保存時は小分けして冷却する
(3)再加熱する場合はよくかき混ぜて全体を十分に加熱する−を挙げた。
大阪北部地震のような災害現場で被災者に対する炊き出しをする際も、カレーなどを作る場合は注意が必要だと指摘。
消費者庁の岡村和美長官は「加熱調理しても食中毒になる恐れがあり、消費者にあまり知られていない」として、注意を促した。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11760665c.html
日記

猛暑大歓迎

台風が去ったとたんに熱帯低気圧 まもなく11号になって先島諸島へ
気象庁によると、台風10号は沖縄から遠ざかって、東シナ海を進んでいるが、台湾とフィリピンの間のバシー海峡では、熱帯低気圧が発達を続けており、24時間以内に台風に発達して、先島諸島に接近する見通しだ。
22日午前6時現在、バシー海峡で発達中の熱帯低気圧は、時速20キロで東北東に向けて進んでいる。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートル。
熱帯低気圧の中心は、きょう午後には沖縄の南の海上に到達したのち、台風となる見込みで、あす朝には石垣島に接近するものと予想される。
このため先島諸島では、東の風が次第に強くなり、沿岸の海域では、うねりを伴って次第にしける見込みで、23日には非常に強い風が吹いて海は大しけになるおそれがあるとして、気象庁が警戒を呼びかけている。

心配ご無用!
日本列島上空を太平洋とモンゴルのW高気圧がおおっている限りは台風は本土へ近寄れません。
できれば8月いっぱい、いや、9月末までの台風シーズン中はこの猛暑が続いてくれればいいのですが・・・・


東京・青梅で40.8度
西・東日本では23日、気温が朝から大幅に上昇した。気象庁によると、関東と東海では35度以上の猛暑日となる所が続出し、東京都青梅市では午後1時29分に40.8度を観測した。都内で40度以上を観測したのは初めて。
岐阜県多治見市では午後0時43分に40.5度、埼玉県熊谷市では同52分に40.1度を観測した。
気象庁は東北南部から九州に高温注意情報を発表し、水分や塩分を補給したり、冷房を使ったりして熱中症を防ぐよう呼び掛けている。


岐阜・名古屋、40度迫る=列島、猛暑続く
日本列島は22日も広い範囲で晴れて気温が上昇し、全国の観測点の4分の1で最高気温が35度以上の猛暑日を観測した。気象庁によると、午後3時前に名古屋市で最高気温39.5度を記録し、7月としての最高記録を更新。最も高かったのは岐阜県郡上市で39.8度だった。
23日の予想最高気温は岐阜市と名古屋市39度、さいたま市など38度、京都市37度、東京都千代田区や大阪市など36度。気象庁は北陸から九州北部に高温注意情報を発表し、水分のこまめな摂取や冷房の使用など、熱中症に十分注意するよう呼び掛けた。
他に22日の気温が高かったのは、愛知県豊田市で39.5度、岐阜県多治見市などで39.4度。京都府舞鶴市で38.8度、群馬県伊勢崎市で38.6度を観測するなど、広い範囲で厳しい暑さとなった。



猛暑到来、海水浴場に人々詰め掛け「水餃子」状態に!
山東省青島市
山東省ではこのところ、気温の高い状態が続いている。臨海都市の青島市では14日、海水浴場に多くの人が殺到し、「水餃子」状態になった。中国メディアの新浪網が15日付で伝えた。 
山東省内では、最高気温が35度以上になることも珍しくない状態だ。14日土曜日からの週末には、省内の多くの人が臨海都市の青島市を目指した。お目当ては海水浴だ。 
海水浴と言っても、集まった人の思惑はさまざまだ。「海辺のファッション」をバッチリ決めて、写真撮影に余念のない女性もいる。逆に、外観はともかく「日焼けだけは絶対に許すまじ」と、四肢だけではく、頭部まで覆面レスラーのようなマスクで覆った女性もいる。目の周囲や鼻などだけ日焼けして、パンダのようになってしまわぬかとやや気がかりだが、残念ながら1日を過ごした後の素顔は紹介されていない。 
泳ぎが苦手なのか、浮き輪を使ってやや緊張した表情で水面に浮かぶ女性あり、祖母らしい女性に抱かれて波打ち際で笑顔を見せる男の子あり、それぞれが、夏の1日を楽しく過ごした。


こちらは猛暑おことわり
湖北省武漢市内で19日午後、立ち木が白煙を上げた。同市では連日、摂氏40度近い猛暑が続いていた。
40度近い連日の猛暑、立ち木が白煙上げてくすぶり始める!
爆発の恐れも、湖北省武漢市
中国メディアの新浪網などは19日、湖北省武漢市内で同日午後、立ち木が白煙を上げたと紹介する記事を掲載した。同市では連日、摂氏40度近い猛暑が続いていた。
記事によると、武漢市漢口区の繁華街、恵済路に面したマンション敷地内で19日午後3時50分ごろ、植えられていた立木が突然、白煙を上げ始めた。煙は幹の比較的低い部分から湧き出した。風はほとんどなく、煙はゆっくりと上昇した。
マンション管理人は地域の園林緑化隊に連絡して、対処を求めた。同隊の危険対応を担当するチームが現場に到着したのは午後4時7分だった。白煙を上げていたのは直径約30センチメートルのシナサワグルミの木で、幹の内部に空洞ができて燃えていると判断できたが、幹表面に洞(うろ)は見当たらず、水を注入して消火することはできなかった。
園林緑化隊のチームは、放置すると木全体が燃え出す可能性があるとして、のこぎりを使って木を切り倒すことにした。切り倒された木と切り株を改めて観察した結果、木の根元付近には白アリに食い荒らされた大きな空洞があり、中には木くずが溜まっていた。
チームを率いる李興氏によると、しばらく前には雨の日が続いたので、木の内部の空洞に雨水が浸透し、木くずが腐ってメタンガスを発生したと見られる。その後は猛暑が続いたため、何らかの原因でメタンに引火して木の内部が燃え出したと考えられるという。
同件は幸いにして大事に至らなかったが、木の幹の内部に閉じられた空間が存在し、そこにメタンガスが充満した場合、なんらかのきっかけで引火して立ち木全体が爆発する可能性も否定できない。報道された写真を見ると、白煙を上げる木の近くで見物しているマンション住人らしい人も写っている。


中国が都市の「スポンジ化」計画、町全体で水をためて生活用水に
2017年10月3日、参考消息網によると、中国では急速な都市化による水不足を解消するため、都市全体を「スポンジ」にして雨水や排水をろ過し、住宅の生活用水や農業用水に使う計画が進められている。 
都市化と温暖化が深刻化する今、中国政府は町全体を「スポンジ」に見立て、水をろ過して貯め、生活用水などに使う計画を進めている。住宅やビルの屋上、外壁に緑を植え、町の中に湿地や水路を作り、水をろ過して水槽に貯め、公園や家庭菜園にやる水、トイレや住宅の掃除に使う水として利用する計画だ。いわば都市全体の緑化計画といえよう。 
地球温暖化による異常気象のため、人口2400万人を超えた上海では、夏には気温が40度を超える猛暑が続く事態となっている。このため、中国政府は北京、上海、広東省深センなどの大都市をモデル地区に指定。30年までに都市部の8割を「スポンジ」にする壮大な計画を掲げている。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11760664c.html
日記

年齢別健康法


5歳刻みで「やってはいけない」「やっていい」健康法

巷に溢れる「やってはいけない」「やったほうがいい」という健康情報には、実践する側が知りたい「肝心な情報」が抜けている。

“良いか、悪いか”は詳しく記しているのに、「誰に合うのか」は軽く見られているのだ。

特に困るのが「シニア向き」「中高年向き」という“括り”である。人生100年時代において、60歳と70歳、さらには80歳、90歳の健康対策が同じでいいはずがない。

怖ろしいことに、実践する年齢が適していなければ、「害」になる健康対策もある。

「健康法」についても「メリット」と「デメリット」が明確に逆転するものがある。国内外の研究や専門家の知見をもとに表の通り、5歳刻みで示した。

秋津医院院長の秋津壽男医師はこういう。

「たとえばランニングは若い人にとっては健康増進効果の期待できる“王道”でも、加齢とともに心停止や脱水症状のリスクのほうが大きくなる。

“体にいいから少しでも長く続けよう”という意識がアダとなる可能性があり、十分に注意が必要です」

人生100歳時代がやってくるからこそ“5歳刻み”の発想を持つことで、より長く、より健康な人生を歩めるようにしていきたい。

ゆっくり入浴

2006〜2015年の東京23区における入浴中の死亡者の推移(都福祉保健局)を見ると、50代では52人だが、60代では149人、70代で390人と急増。

「心筋梗塞や脳卒中、溺死などのリスクが加齢とともに大きくなる」(秋津医師)

サウナ+水風呂

加齢とともにリスクが増す脳梗塞。厚労省の調査によれば全国の患者数は55〜59歳では2.5万人だが、60〜64歳で5万人と一気に増える。

「長時間のサウナと水風呂の組み合わせによる血圧の急上昇が脳梗塞の引き金となり得る」(秋津医師)

ランニング

国士舘大学が救護活動を行なった市民マラソン大会での心停止発生率の調査によると、20代と50代、60代の発生率が高かった。

「若い頃から鍛えた習慣がない人はとくにリスクが大きい。夏場は脱水症状を引き起こす危険性もある」(秋津医師)

水泳

厚労省の人口動態統計(2016年度)によれば、水泳プール内での溺死者は、64歳以下と比べて65歳以上で顕著に増加している。

「監視員がいる施設でも、無理な泳ぎをせず、水中ウォーキング程度にしたほうがいい」(秋津医師)

開脚ストレッチ

「60歳を過ぎると、股関節と大腿骨のつなぎ目の部分を骨折するリスクが大きくなる。

過度なストレッチは股関節の脱臼や、軟骨を傷つけたりする恐れもあるので、基本的にやる必要はない」(新潟大学名誉教授・岡田正彦医師)

太極拳

北海道科学大学が国内外の文献を比較した論文によると、65歳以上では、歩行能力など身体機能の改善が見られたとする研究が複数あった。

「若年層には運動強度が低すぎるものの、65歳以上にはメリットが大きくなる」(秋津医師)

スクワット

「下半身の筋肉量は、70歳以上になると30代に比べて40%ほどまで減少してしまう。軽いスクワットが筋力維持に有効。

軽く膝を曲げ、背中を壁にもたせかけるなど、軽い負荷となる方法を推奨します」(戸田リウマチ科クリニック・戸田佳孝医師)

ラジオ体操

「ラジオ体操が開始された1951年の平均寿命は60.8歳と、65歳以上がやることを想定されていない。

『両脚で跳ぶ運動』『片足跳び』は膝への負担が大きく、ケガのリスクがあります」(戸田医師)

ダイエット全般

秋津医師は「65歳以降は『肥満』より『痩せすぎ』のリスクに注意」とする。北海道大学大学院の研究によれば、65歳以上の男性は標準的なBMIを下回る人(痩せている人)ほど総死亡率が高く、標準的な人と太っている人に違いはなかった。

たんぱく質制限

米・南カリフォルニア大の研究によると、50〜65歳では、肉などのたんぱく質の摂取量が多い人のほうが、少ない人よりも死亡率が高かった。

しかし、65歳を過ぎると、たんぱく質の摂取量が多い人のほうが、死亡率が低くなった。

糖質制限

今年3月、糖質制限が老化を促進するとの実験結果を東北大学大学院が発表。人間だと70代後半に相当するマウスでの実験だった。

「短期間に体重を減らす緊急性の高い患者が、医師の指導のもとに行なう場合に限定すべき方法」(岡田医師)

ふくらはぎを揉む

「ふくらはぎにある静脈は血栓ができやすい。揉むことで血管の血栓が剥がれ、体内を移動して肺の血管で詰まると、最悪の場合は命にかかわるエコノミークラス症候群になるリスクがある」(岡田医師)

注)各種論文やデータに加え、新潟大学名誉教授・岡田正彦医師、秋津医院院長・秋津壽男医師、戸田リウマチ科クリニック・戸田佳孝医師の指摘のもと作成した。

※週刊ポスト2018年7月20・27日号



素晴らしい記事だと思います。

週刊ポストの記者はよく勉強されています。

ネットには健康法の記事があふれていますが何が健康に良いのかが年齢別に記されているのかがよくわかりました。

自分に適した健康法を見つけ出すのが困難な時代になっているので大変参考になる記事です。

小生の場合は筋トレが体調維持に大変効果があったので続けていますがこれも年齢によっては逆効果になりかねないので注意が必要です。

同様に食事も重要な健康法ですので年齢に適した食事内容も知りたいところです。

ということで

善玉菌にはエサが必要!?

腸活に◎な「食物繊維」まとめ 

腸内フローラをいい状態に保つことが美容と健康の要であることは、広く知られるようになりました。腸内フローラの改善のため、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を毎日食べている方も多いのではないでしょうか。

たしかに発酵食品は、腸内フローラに大切な食品ですが、もっと大切なものがあります。それは“食物繊維”です。

腸内フローラに食物繊維が大切な理由

ヨーグルトや納豆から摂った有用菌は、腸内にすみついている善玉菌と共に働くことで、腸内環境を改善する効果が認められています。しかし、腸内にすみつくことはできません。

腸は、内臓でありながら外部と接している臓器のため、私たちの身体に有害なものが入り込まないように、とても免疫力の高い場所になっています。ですから、たとえ私たちの身体に有益な菌であっても、そう簡単に腸内にすみつくことはできないのです。

ですから、有用菌をとるだけでなく、すでに腸内に棲みついている善玉菌のエサとなる食べものをとって、善玉菌が活動しやすい環境を作ることも、腸内フローラの改善のために大切なポイントとなります。

その、「善玉菌のエサとなる摂るべきもの」が食物繊維です。

食べるべきは“水溶性食物繊維”

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

不溶性食物繊維は、野菜やくだもののスジ、おからなど、ザラザラぼそぼそとしていて一見して繊維とわかるものです。

一方、水溶性食物繊維は、その名のとおり水に溶ける性質がある繊維です。柑橘系フルーツに多くふくまれるペクチン、納豆やおくら、海藻などのネバネバした成分が水溶性食物繊維です。

善玉菌のエサとなるのは「水溶性食物繊維」

それぞれ腸内フローラの改善に役立ちますが、善玉菌のエサとなる働きがあるのは水溶性食物繊維です。

善玉菌が腸内細菌によって発酵分解される際に、短鎖脂肪酸という成分を産生します。短鎖脂肪酸の大部分は腸の活動のエネルギー源となりますが、一部は身体へ吸収されます。

身体に吸収された短鎖脂肪酸には、脂肪の蓄積を防ぐ働き、食欲をコントロールする働き、脂肪の燃焼を促す働きなど、総合的な肥満の予防効果も期待されています。

ダイエットを心がけている方は、積極的に水溶性食物繊維をとりましょう。

“オリゴ糖”も善玉菌のエサに

水溶性食物繊維以外にも善玉菌のエサとなる成分があります。オリゴ糖です。

オリゴ糖は、玉ねぎ、ゴボウ、大豆、納豆などに多く含まれています。

そのなかでも、大豆に含まれるオリゴ糖は他のオリゴ糖にくらべ腸内フローラを改善する働きが強いといわれています。より効果的に腸内フローラを改善したい方は大豆製品からオリゴ糖をとりましょう。

腸内細菌は、私たちが食べたものをエサに生きています。善玉菌にやさしいものを食べて、腸内フローラをいい状態に保ちたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ

料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11760659c.html
日記

危険すぎる睡眠不足

それでも貴方は寝ないのか?「睡眠不足」の危険すぎる悪影響5つ
睡眠、足りてますか?
睡眠には、身体の状態を一定に保つ(恒常性を維持する)機能があるとともに、起きている間に損なわれた機能を回復させる働きがあります。例えば、睡眠に依存して分泌されるホルモンである「成長ホルモン」は、成長促進作用、タンパク質・糖・脂質・骨などの代謝作用をもち、身体の成長、細胞の修復、免疫機能と深く関係しています。
しかし睡眠不足は、このような体本来の有益な働きを阻害し、実に様々な悪影響をもたらします。
そこで今回は、睡眠不足が体に引き起こす影響について、具体的に解説します。
睡眠不足は生活習慣病の温床
睡眠不足は脳から全身へとつながるホルモン分泌系統に異常をきたします。そのため、ストレスホルモンである「コルチゾール」や交感神経の緊張によって分泌される「カテコラミン」といったホルモンが増加します。すると、インスリンが効きにくくなり血糖値が下がりにくくなり糖尿病になりやすくなります。
また、健康な人が一晩徹夜すると血圧は約10mm/Hgほど上昇するとされています。さらに、なかなか寝付きが悪い人(入眠困難)や途中で起きてしまう人(中途覚醒)はそうでない人と比べて高血圧になる危険は約2倍と報告されています。このことから、睡眠障害が年齢、アルコール摂取量、喫煙習慣、肥満、ストレスと並んで高血圧発症の危険因子であると考えられています(*1)。高血圧自体は無症状ですが、これは死につながる恐れのある心臓病や脳卒中を引き起こす大きなリスクとなります。それゆえ、睡眠不足を軽視してはいけません。
免疫機能が低下する
ヒトは本来、感染症やその他の病気から身体を守るために、眠ることで病原菌と戦う免疫細胞を産生・増加させる、といった生体防御反応を持っています。事実、ヒトを対象にした実験では、睡眠時間が6時間以下では7時間以上の人と比較して感染症を4倍の差で発症したことが示されています(*2)。
例えば、風邪を引いたときや花粉症で眠くなる経験はないでしょうか?それは免疫細胞を増やすための体の防御反応の結果として生じているものなのですね。十分な睡眠が取れないと、一晩のうちに免疫システムは低下し、より感染症にかかるリスクが増大します。
肥満になりやすくなる
睡眠不足は、様々な要因から肥満になりやすい体質となります(*3)。
・代謝効率が落ちる:エネルギー代謝効率が悪くなり体重増加を引き起こす原因となります。もちろん、ダイエットを行なっている人は体重が落ちにくくなります。
・生活習慣が不規則になる:睡眠時間が不規則になることによって、朝の欠食や運動不足、1日のカロリー摂取バランスが偏るなど、生活習慣にも影響を及ぼします。カロリーは摂取量や栄養素取りすぎだけでなく、その摂取時刻が肥満のリスクになることが複数の研究から明らかにされています。
・嗜好が変わる:太りやすい食べ物を欲するようになります。短い睡眠時間自体が、油っぽい物、しょっぱい物、甘い物、高カロリー食品、炭水化物に対する欲求を抑えきれなくなることがわかっています。
・食欲が亢進する:ごく短期間の睡眠不足によって食欲を抑えるホルモンである「レプチン」濃度が低下し、代わりに食欲更新ホルモンである「グレリン」濃度が上昇し食欲の増大が生じることがわかっています。
脳の老化・認知機能の障害
睡眠が記憶の固定や増強に大きな役割を持っていることは良く知られています。学業成績と睡眠習慣の関係についての調査によると、就寝時刻の遅い子供や睡眠時間の短い子供ほど学業成績が悪いと報告されています(*4)。
また、睡眠時間が短いと脳の老化が目に見えて早くなると報告されています(*5)。その研究によると、睡眠時間が1時間短くなると、脳にできる隙間が1年毎に0.59%拡大し、脳が縮んでいくことが判明しました。それに伴い、認知機能は1年ごとに0.67%低下するとしています。
さらに、睡眠不足や睡眠の質が低いと、判断能力が低下するリスクが50%高まることがわかっています(*6)。判断能力が落ちると、計画能力、意思決定能力、問題解決能力、抽象的思考能力が落ちます。アメリカでは、CEOなど企業役員が睡眠に重きを置いていることは良く知られている事実ですが、この事実が裏付けとなっています。
ウェルネス(健康感)や生活の質の低下
睡眠時間が生活の質や健康感の重要な指標になりうることも示されています(*7)。慢性的に不眠に悩む人の多くは、筋肉痛や頭痛、消化器症状、日中の不調感などの心身の不定愁訴が多いことが報告されています。それゆえ、慢性的な不眠を訴える人の多くが眠れないという苦しさに加えて、身体的あるいは精神的な随伴症状による苦痛を伴っていて生活の質が大きく損なわれることがあります。
さらに、睡眠不足や睡眠の質が低下すると、健康観の偏りから健康的な行動を維持することが難しくなることが報告されています(*8)。特に、これは職場環境や仕事と密接に関係しており、近年の病気予防や健康増進の比重は、個人だけでなく企業の責任も大きいと考えられる傾向にあります。
以上、睡眠が体に及ぼす影響を解説しました。このように、睡眠不足は、精神面や機能的な問題に加えて、身体的な問題や人生の質にも影響が出ることがわかっているのです。
「睡眠」は健康でいるための絶対条件です。健康に生きて行くためには、質の高い睡眠を確保することが大切です。まずは、ご自身の睡眠を見直してみてはいかがでしょうか。
そして足りてないと思ったら、寝てください!



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11760568c.html
日記

エアコンは1日3時間まで

レオパレス21のエアコンは3時間で止まる仕様? 「怖い」「命にかかわる」とTwitterで話題に → なぜなのか聞いてみた
レオパレス21のエアコンが3時間で止まる設定になっているとして、この暑さの中で「キツい」「命にかかわる」とTwitterをきっかけに話題になっています。
東京都監察医務院によると、昨年夏に熱中症で亡くなった人の数は屋外より屋内の方が多く、また屋内で亡くなった人の71.0%はクーラーを使用していなかったとされています。今年もすでに猛暑が続いていますが、そんな状況の中での自動電源オフの設定に「怖い」「なんでそんな仕様なんだ」といった声が上がり、寝ている間に切れると「最悪死ぬ」など、さまざまな反響を呼んでいます。
なお、この3時間で止まる設定は以前から有名な仕様だったようで、Twitterでは原因となっている「リモコン」を市販の汎用リモコンに変えて対策したといった報告も。またメーカーによっては特定の操作を行うことで3時間タイマーを解除できるといった報告もみられ、入居者の試行錯誤がうかがえる結果となっています。
レオパレス21に問い合わせてみたところ、同機能は「国における政策の一環として進められている温暖化対策を踏まえ、節電対策を目的とし『3時間停止機能付エアコン』を推奨しておりました」とのこと。ただし全ての物件がそうではなく、2002年1月〜2015年3月に建築したものが対象で、2015年4月以降の新築からは同機能付きのエアコンは使われていないとのことでした。現在は入居者からの申し出があった場合および、空室になっている部屋から順次交換対応を行っているとしています。
ちなみに入居者が自分で設定を変えることについては、「お客様にて解除することは問題ありません」との回答。また現時点では解除の申し出があった場合のみ解除方法の説明を行ったり、自動停止機能が付いていないリモコンを渡したりしていますが、「一部機種については本体基盤制御型の為、解除が不可となります」とのことです。
もし現在レオパレス21の物件に住んでいて「エアコンが3時間で止まってしまう」という方は、とりあえずメールや電話で問い合わせるのがよさそうです。なお、自分で解除する方法などは、機種にもよりますがYouTubeなどでも公開されているので、試してみてもいいでしょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11760567c.html
日記

熱死1000人超



続く猛暑、熱中症に懸念=「今まさに注意を」―死者1千人超の年も

猛暑が連日続く中、熱中症による死者が相次いでいる。平年よりも暑さが厳しい年は熱中症の死者が多く、年に1000人以上が死亡したこともある。専門家は「今まさに注意が必要」と警鐘を鳴らす。

総務省消防庁のまとめでは、9〜15日の熱中症による救急搬送は、全国で9956人。死者はうち12人だが、搬送直後に死亡と診断された場合のみ計上される。治療後の死亡や、救急隊が出動した現場で死亡確認された人は含まれず、実際はさらに多いとみられる。

死亡届などに基づく厚生労働省の統計では、2010年の熱中症死者は1731人に上った。この年の夏(6〜8月)の平均気温は平年に比べ、北日本(北海道・東北)で2.2度、東日本で1.5度上回り、1946年以降で最も高かった。

最高気温が非常に高かった年も死者は多い。高知県四万十市・江川崎で歴代最高の41.0度を記録した13年は1077人が死亡。埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で40.9度を観測した07年は904人が亡くなった。

気温と熱中症の関係を研究する首都大学東京の藤部文昭特任教授は「気温が1度高いと死者数は1.5倍に増え、高まるほど増加率は大きい」と指摘。「今年も7月後半は記録的な暑さで、今まさに注意が必要な時期」と強調する。

厚労省の統計では、死者の約8割が65歳以上の高齢者。藤部教授は「高齢者は普通に生活していても熱中症の危険がある」と指摘。一方、若年者も運動などには注意が必要と話した。

熱中症の予防について厚労省などは、水分・塩分をこまめに補い、外出時は涼しい服装をして日傘や帽子を使用。屋内では冷房などで温度を調節することなどを勧めている。 



祇園祭「花傘巡行」中止=熱中症の恐れ配慮

八坂神社(京都市東山区)は21日、着物姿の女性らが参加する祇園祭の「花傘巡行」を中止すると発表した。予定していた24日の予想最高気温は38度で、みこしに参加する子どもが通う小学校から熱中症を心配する声も上がったため、同神社は「花傘巡行を行うのは危険と判断した」という。

花傘巡行は子どもや女性らが行列をつくり、今年は約800〜1000人が午前10時から約2時間にわたり、市内中心部を約3キロ歩くことになっていた。神社の境内で行われる舞踊奉納は予定通り同日正午から実施する。



終わらない暑さの連鎖いつまで? 見えた“開放日”

猛烈な暑さは1週間以上、続いています。この暑さは、雨がほとんど降っていないこととつながっています。雨が降らないことで地面に熱が蓄積されて気温が日に日に上がっていってしまうんです。雨が降らないことと記録的な猛暑、その2つの大元の原因はどちらも同じ、ダブル高気圧です。

今は太平洋高気圧とチベット高気圧が重なり、厚い布団を2枚重ねにしている状態が続いていますが、この状態はもうすぐ解消されます。まず、22日から26日までは、ダブル高気圧の状態が続きます。気温も東京も広島も毎日、猛暑日です。なかでも関東は23日がピークで37度、今年一番の暑さになりそうです。これが27日になるとようやく太平洋高気圧が西に退きます。これで東京は27日と28日が33度、32度と下がります。広島でも28日にようやく猛暑日脱出で33度です。来週後半にようやく記録的な猛暑は収まってきそうです。

全国の22日の予報です。晴れる所が多いですが、22日も九州や四国では急な雷雨の恐れがあります。山だけでなく、平野部でも天気の急変に警戒が必要です。北海道は雲が多く、北部や東部でにわか雨がありそうです。

予想最高気温です。22日も東北南部から九州で35度以上の猛暑日の所が多くなりそうです。22日は福島でも37度まで上がって、倉敷でも3日ぶりの猛暑日となりそうです。



チベット高気圧は早く国へ帰れ!

2度と来るなよ!




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11760554c.html
日記

老後は猛暑より厳しいのです(1)

「老後の貯蓄」がない人の生活はどうなる?
貯蓄のない老後生活を想像してみて!
老後の貯蓄がない人、していない人は、「そんなに長生きしない」、「何とかなる」、「考えても仕方ないので考えないことにしている」など、現実逃避としか思えないことを言います。
今は、90歳超は普通で100歳超もあり得る長寿時代です。「そんなに長生きしない」より、長生きした場合のことを考えるべきですし、「何とかなる」で何とかなるほど老後資金準備は甘くありません。「考えないようにしている」は、自分の未来から目を背けることです。貯蓄がないまま老後に突入したらどうなるかを直視して想像してみてください。
貯蓄がないと、老後は公的年金だけで暮らすことになります。現状でも、公的年金だけで生活費を賄えている人は、現役時代に高い収入で年金額が多い人か、夫婦ともに長く会社員を続けていて2人分の年金をもらっているなど少数派です。多くの人は年金だけでは足りていません。
仮に、年金で最低限の生活費は賄えたとしても、レジャーや趣味、ちょっとした贅沢を楽しむ余裕はないでしょうから、ただ生存しているだけの老後になりそうです。それに、持ち家の人は家のメンテナンスにお金をかけられない、入院したら医療費の自己負担分が払えない(保険の給付金で賄えればその限りではない)、要介護になったら生活費がさらに足りなくなるなど、深刻なことが起きそうです。
これら、足りない分や突発的な支出に対応できる貯蓄がないと、どこかから捻出しなければなりません。
子どもが補填してくれればいいですが、それが期待できなければ大変なことになりそうです。
老後の貯蓄がない人は働き続ける覚悟を持って!
老後の貯蓄がない人は、厳しい老後生活になることは容易に想像できますね。そんな人は少しでも貯蓄をする、働き続ける必要があります。
現役で働いているうちは、生活と家計を見直して貯蓄するお金を捻出して積み立てを。そして、定年退職後の継続雇用または再就職は当然として、それが終了しても何らかの方法で働き続ける覚悟を持つこと、その準備をしておくことを念頭に置いて現役時代を送りましょう。長く働けるよう技術を身に付ける、資格を取得することを考えてください。「好き」を仕事にすると、長く働けるそうですよ。
なお、雇用保険の教育訓練給付金の対象になる講座を受講して修了すれば、受講料や入学金の一部を払い戻されるので、こういった制度を活用して技術や資格を取るといいでしょう。



50代貯金ゼロ!超崖っぷちの人のお金の貯め方
50代でお金を貯める必要があるの!?老後へ向けた準備のために
老後が近い50歳代にもなると、老後へ向けて具体的な準備を始めていかなければならない頃です。老後の生活は、一般的には勤労所得がなくなり、公的年金や企業年金、退職金、今までの蓄え等で生活していくことになります。
50代になって貯金はゼロで、退職金は期待できず、年金収入だけでは絶対やっていけいないような人は、まさに「超崖っぷち」です。貯蓄ゼロでも将来高額な退職金を期待できるとか、年金収入だけで生活していけそうならあまり心配することはありません。まずは超崖っぷちなのか心配無用なのか、はっきりさせることが大事です。
お金を貯めるなら働く量を増やす!
老後の生活を不安なく送っていくには、収入・貯蓄が支出・負債を上回ることが必須です。収入を増やす一番の近道は働く量を増やすことです。65歳までの収入で足りないなら65歳を過ぎても働き、週5日働いても足りないなら週6日以上働く。
1日8時間働いても足りないなら1日9時間以上働き、1人が働いても足りないなら2人以上が働く(2人以上の世帯の場合)ことです。そうすることで、今までより勤労収入が増え、貯めやすくなるはずです。運用も大事ですが、貯蓄ゼロの人は運用より収入を増やす方が先です。
支出を減らすのも覚悟が大事
支出を減らすのは明確な目標を設定し、達成へ覚悟を決めて行動することです。目標の設定が難しい時は、一般的な平均値を見て現在との差異から実現可能な目標を設定するのも良いです。総務省の統計から50代の一般的な支出等の平均値を確認してみました。最初の表は50代男女別単身世帯についてです。
※情報通信関係費は固定・携帯電話代やテレビ放送受信料、インターネット接続費を再集計したものです。
50代単身の平均貯蓄額は男性が1485万円、女性が1399万円で、40代(男性759万円、女性950万円)から大幅に増えています。老後へ備えて貯蓄額が順調に増えています。
特に男性は726万円増えて約2倍になっています。収入は40代に比べて男性は58万円増えていますが、女性は36万円減っています。収入が減ると貯蓄は難しくなっていくので女性は男性より早めに貯めていくと良いです。
支出項目別では、40代に比べると男性の住居費が2万円以上減っている以外は、ほとんどの項目で増えています。50代は全年齢と比べると男性で27,241円、女性で34,716円も多く支出しています。全年齢の支出額で生活することができれば、この差額は簡単に貯まります。
2つ目の表は世帯主が50代の2人以上世帯についてです。
単身世帯と比べると収入も支出も全体的に大きな額となっています。世帯人数が多いので当然のことでしょうが、それでも貯蓄額が50代前半から後半で346万円も増えています。収入が800万円以上もあると支出のやりくりで簡単に貯められるということです。
50代貯金ゼロ超崖っぷちの人は、たくさん働き、覚悟を決めて節約することで、老後の生活が成り立つようになるはずです。お金を貯められるよう、すぐに行動に移しましょう。
※総務省『平成26年全国消費実態調査』は、5年に一度の調査のため2018年時点で最新の情報になります。


定年後も年金を減らされずに働き続ける方法
60歳で定年を迎えた後も働くサラリーマンが増えてきています。2013年に「高年齢者雇用安定法」が改正されて以降、定年後も働くことを希望する社員については原則65歳までは定年延長や再雇用といった方法で雇用が義務付けられたからです。私はこのように法律で義務付けることが必ずしも良いとは思いませんが、「元気で働けるうちは働く」というのはとてもいいことだと思います。
一定以上の収入があると年金が一部停止に
高齢者の就業状況を見ると、65〜69歳で働いている人は男性で53.0%、女性で見ても33.3%となっていますから、男性では半数以上、女性においても3人に1人は65歳を過ぎても働いているということになります。(内閣府:平成29年版高齢社会白書)さらに70歳を過ぎても働いている男性は32.5%ですから減りはするものの、依然として3割以上の人は働いているのが現状です。
ただ、60歳や65歳を過ぎて働く場合、気をつけなければならないことがあります。それは一定以上の収入を得ると、年金の一部又は全部が支給停止になることです。現在、年金の支給開始年齢は徐々に65歳支給開始へ移行しつつありますが、まだ一部の年齢の方については60歳代前半で年金が支給される場合もあります。具体的に言えば、「その場合に支給される年金額」と「働いて得られる給料の合計額が月に28万円を超える場合」に年金が一部支給停止となります。
65歳以降になると、その金額が46万円となります。ですから少し上限に余裕はできるものの、実際に働いて得る給料が一定金額以上になると、年金が支給停止になる可能性はあります。「政府は1億総活躍社会の実現と言いながら、働けば年金が減る、というのはどういうことだ!」と思う人もいるかもしれませんが、年金制度は魔法の箱ではありません。「それなりに働いて収入のある人には少し支給額を減らしてもいいだろう」という考え方も、あながち無茶なことだとは言い切れません。
とは言え、やはり「働いて年金が減らされるぐらいなら、働くのをやめよう」という人が出てきても不思議ではありません。そこで考えたいのが「働いても年金が減らされない方法」です。
そもそも支給停止になるのは厚生年金だけであり、基礎年金は停止されません。さらに言えば、年金の支給停止という仕組みは、「在職老齢年金」といって、厚生年金保険に加入しながら年金を受け取る人が、その対象になるのです。
「厚生年金に入らない働き方」をすればよい
だとすれば、厚生年金保険に入らない働き方をすれば、年金の支給停止はないということになります。具体的に言えば、自営業として働けば、いくら収入が多くても、年金支給が停止されることはありません。
こう言うと、多くのサラリーマンの人は「自分には経験がないのでとても自営業なんかできない」と思われるかもしれません。確かに会社を辞めた後に再雇用で働くことに比べれば独立して自営となるのはハードルが高いように思えます。
でもここで少し発想を変えてみてはどうでしょう。定年後、もし再雇用や転職といった形でサラリーマンを続けるにしても、雇用契約ではなく、業務委託契約で働くのです。少し前からIC(=インディペンデント・コントラクター)という働き方が出てきています。これは会社という組織に所属して働くのではなく、会社から業務委託を請け負って働くというやり方です。
この方法の良いところは、形式としては個人事業主ですから前述の年金支給停止はありません。また、自分の持っている技術をいちばんよく理解している前職の会社の仕事を請け負うわけですから、仕事もやりやすいし、要領もわかっています。契約形態が異なるだけです。会社にとっても雇用契約ではありませんから各種の社会保険料を負担しなくてもよくなりますし、必要がなくなればいつでも契約を解除することもできます。
さらに働くほうにとってはあくまでも雇用ではなく業務委託ですから、複数の企業から請け負っても問題はありません。何よりもこの方法だと「会社に雇ってもらう」のではなく「役務を提供して対価を受け取る」という対等な関係が築けるのが大きなメリットだと思います。
実を言うと、私自身、自分が定年になってしばらく再雇用で働いた時期がありましたが、そのときに、このような業務委託契約で働きたいということを会社に申し出たのです。ところが残念ながらそのとき(6年前)は「前例がない」という理由で認められませんでした。しかしながら、この数年で状況は大きく変わりつつあります。副業だってまだ認められない企業のほうが多いでしょうが、「モデル就業規則の改定」によって認められる方向に向かいつつあります。
また会社によっては、業務委託契約は法人対法人の話で、個人には認められないというケースがあるかもしれません。それなら個人会社を作ってしまえばいいのです。新会社法によって株式会社はわずかな資金でも設立することができます。私も社員は妻と2人だけという「超零細個人企業」ですし、実際に私の知り合いでもそういう形で個人カンパニーを作って業務委託を受けている人は何人もいます。
多くのサラリーマンの人は定年後、同じ会社に再雇用で働く選択肢を選ぶ人が多いでしょう。認められるかどうかは別として、従来と同じパターンではなく、将来的に発展できる可能性のある独立した働き方を提案してみるのは良いことではないかと思います。そしてこれこそが、まさにシニアにとっての「働き方改革」と言えるのではないでしょうか。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11760552c.html
日記

老後は猛暑より厳しいのです(2)

永遠の問題、「家は買うべきか借りるべきか」論争に一つの解決策!
巷では、老後を安心して暮らすには3000万から、多ければ5000万も必要だと言われている。そのため、若い頃から「老後のために」と節約に励んで貯金をする人も多い。
しかし、「小さな節約を積み上げる以上に大切なことがあります。それは住宅と生命保険の問題。人生の可処分所得のうち、多くの人は半分を住宅と保険に費やしています。住宅と保険で失敗すると、あくせくしても取り返しがつかなくなってしまうことが多いのです」と言うのは経済評論家の佐藤治彦氏だ。
確かに、住宅は人生で最も大きい買い物だ。そして、「家は借りるべきか買うべきか」に頭を悩ませている人も多いだろう。
「私は、『住宅は買うべきか、借りるべきか』という質問を、25年くらいにわたって聞かれ続けてきました。『買いたければ買えばいいじゃないでしょうか』と答え続けてきましたが、これは本音です。スポーツカーを買うのが夢だったと言う人に、レンタカーでいいじゃないかとは言わないでしょう? 同様に、マイホームを手に入れるのが夢だ、という方は買えばいいと思います。
難しくなるのは、『どちらが得か』を考えたときでしょう。どちらが得か、で問うてくる方には、住宅を手に入れることによって背負うことになるリスクを考えていますか? と問い返したいのです」
老後の問題について考えるときに大切なのが、「手元の資産構成」なのだとか。
◆「持ち家が売れない時代」はすぐに来る
佐藤氏は、「資産が5500万円あるという人でも、そのうち4000万円は住宅、1000万円は亡くなったあとに支払われる生命保険、貯金は500万円」という人をたくさん見てきたという。
老後資金が500万だと少ないような気がするが、家が持ち家なら、家賃がかからない分、生活費が抑えられるし、いざというときに家を売却すれば少なからぬ資産になるのではないだろうか?
「たいがいの人は、シニアになったとき、家は持っているけど現金はたくさん持っていません。上記の例のように、家はあってもカネがないという状況で、老後は安心でしょうか? いざとなったら家を売ればいい、と思っているかもしれませんが、今後、簡単に家は売れない時代を迎えます。2013年の空き家率は全住宅の13%、野村総研の調査では、2033年には2000万戸を超えると予測されています。
30代、40代でマイホームを手に入れ、終の棲家ができて安心だと思うかもしれませんが、一般的な住宅は30年経ったら建て替えです。その立て替え費用は考えているでしょうか? 30年前のキッチン、30年前のお風呂を、我慢して使い続けられるでしょうか? 今は『我慢できるだろう』と思っても、40年後は介護用のお風呂が必要になるかもしれません。思わぬ修繕費や固定資産税もかかってきます。
さらにマンションの場合、老朽化したら強制的に立て替え費用を出さなくてはいけなくなります。マイホームがあるから一生住宅については安心、ではないのです」
そうはいっても、「家賃を払い続けるなら、いずれ自分のものになるマイホームのほうが安心なのでは……」と思ってしまう。
「日本人は『掛け捨て』を好まないですからね。でも、考えてみてほしいのですが、ローンを払い終わるまでは、家は銀行のものです。そして将来にわたって払い続けるローンは未来のお金を縛ってしまうことになります。お給料が減ったりリストラされたとき、生活をダウンサイジングしにくい。転職、転勤、夢を叶えられそうなチャンスがあったときに二の足を踏んでしまい、足かせとなる可能性もあります。そのほか、家族構成が変わったときに対応しにくい、相続争いの種になりやすい、住宅の価格が下落する可能性があるなど、家を手に入れることによるリスクはさまざまあります。地震も怖いですしね。
その点、賃貸だったら、子どもたちが大きくなるまではやや不便な場所でもそこそこ広い家、子どもが巣立ったら駅に近いマンション、といったように生活にあわせて変えることができます。収入が少ないときは家賃の補助を受けられるところ、仕事をリタイアしたら家賃の安い田舎暮らしなど、家に自分を合わせるのではなく、自分に家を合わせることができる。そうして身の丈にあった形態を選んだほうが、手元にお金を残すことができると思うのです」
経済評論家やフィナンシャルプランナーなどお金の専門家は、「賃貸と分譲どっちが得?」という問いにはっきりとした答えを示さないことが多いが、佐藤氏はかなり明確に賃貸をすすめている。
一生のうちで、一番大きな買い物がマイホームだ。価格だけにとらわれず、自分のライフスタイル、大切にしたいことは何かを今一度振り返って考えたい。
<取材・文/HBO取材班>
さとうはるひこ●経済評論家・ジャーナリスト。『年収300万〜700万円 普通の人が老後まで安心して暮らすためのお金の話』は8万部のヒットで2018年1月には文庫化している。また、すでに住宅を購入した人については、2017年11月に刊行された『年収300万〜700万円 普通の人がケチらず貯まるお金の話』で具体的な対応策を紹介しているという。


「同居か別居か」老後の住まいはどっち?
大切な老後資金を守り、増やすためにはどうすればいいのか。「プレジデント」(2018年4月2日号)では、だれもが直面する「悩ましすぎる10大テーマ」について、Q&A形式で識者に聞いた。第7回は「住まいは、夫婦水入らずか、子と同居か」――。
老後の住まいに、待ち受けるワナ
老後の住まいを考えるうえで念頭におきたいのは、夫婦の「終の棲家」をどうするか、ということです。
子と別居(夫婦水入らず)を選ぶご夫婦は、郊外の一戸建てを処分して駅近のマンションに移り住む、という選択をするケースが少なくありません。また、同居を選ぶにしても、自宅を二世帯住宅に建て替えるケース、建て替えまでいかなくても、「お嫁さんが来るのだから」とリフォームにお金をかけたりするケースがあります。
いずれにしても、注意しなければならないのは、そこが「終の棲家にならないかもしれない」ということです。別居のケースで、たとえば65歳ごろに駅近のマンションに引っ越した場合に、80代になってからさらに介護つきマンションへ引っ越すという可能性は十分にあります。同居していても、二世帯住宅から親だけが介護つきマンションに住み替えるかもしれません。そのような場合、最初の転居費用や建て替え費用に加えて、介護つきマンションなどへ入居するための2回目の「転居」費用も必要になります。果たして老後にその費用が用意できるでしょうか。
同居するにしろ別居するにしろ、最初の段階で過大な費用をかけるのは危険だということをまずわかっていただきたいと思います。
そのうえで申し上げると、同居にも別居にも次のようなメリットとデメリットがあります。
まず同居。体調を崩したときなどに助けてもらえるだろうという安心感があります。孫育てを手伝える、孫の成長を間近で見守れることに喜びを感じる人も多いでしょう。
しかし、同居すれば、一緒に買い物に行ってついお金を出してしまう、光熱費などを親が負担するなど、ずるずると援助をしてしまい、支出が膨らむという問題も起こりがちです。ふたつの世帯が別々に暮らせば、土地代も固定資産税もそれぞれでかかり、1つ屋根の下に暮らしたほうが生活費全体は抑えられますが、子はラクができても、親に負担が偏りがちなのです。
また、子と同居する場合は、相続の際の「もめごとリスク」も想定しておかなければなりません。ほかにも子がいると、同居の子世帯に対して「親にこれだけ払ってもらったはずだ」「孫の面倒を見てもらったはずだ」と異議を申し立て、相続がもめることが多いのです。
一方、「夫婦水入らず」の暮らしなら、生活費が自分たちのものだけに抑えられますし、孫のためにお金を使いすぎたりしないで済む、などのメリットがあります。別居を決めたとき駅近のマンションに転居していたりしなければ、介護つきマンションなどへ入居するにしても転居費用は1回で済みます。経済的には「夫婦水入らず」に軍配が上がる、といえるでしょう。
今の自宅に住み続ける、または終の棲家となりうるところ(家なり、施設なり)に1度だけ住み替える。それが経済的には合理性があり、それを適えるには同居ではなく、別居、というわけです。
喜びをとるか、お金をとるか、それが問題だ!
----------
井戸美枝(いど・みえ)
社会保険労務士
ファイナンシャルプランナー、経済エッセイスト。神戸市生まれ。講演やテレビ、雑誌などを通じ、身近な経済問題をやさしく解説する語り口に定評がある。『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』(近刊)など著書多数。

老後の教訓!
男やもめにゃウジがわく
女やもめにゃ花が咲く
なんてのは人生50年時代の昔のことわざ
今なら男も女も1億あればひと安心といったところでしょうか?



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11760551c.html
日記

老後は猛暑より厳しいのです(3)

おひとりさま老後の「住まい」に潜む落とし穴
おひとりさま老後の住まいは「終の棲家」にはならない!?
おひとりさま老後の住まいは、大きく分けて次の3パターンに集約できるでしょう。
・親の家に同居
・持ち家
・賃貸
最初に、肝に銘じておいて欲しいことがあります。どのパターンの住まいも、「終の棲家」にはならない可能性があるということ。長生きをすると、ひとりで生活するのは難しくなり、ケアを受けられる住まいに住み替えが必要になるかもしれないからです。
「終の棲家」になる可能性のある住まいについては、別の機会に触れさせていただくとして、ここでは、3つのパターンの住まいに潜む落とし穴と、回避するための対策を考えてみます。
パターン1:親の家に同居
親の家に同居しているおひとりさまは、親を扶養しているのでなければ、住居費や食費などとして家に入れているお金は、持ち家・賃貸の人と比べて少ないはず。もしかしたら、家にはお金を入れずに住まわしてもらっている人もいるかもしれませんね。どちらにしても、住まいにかかるお金が少なくてすむ分、貯蓄が積み上がっていて当然です。というより、貯蓄を積み上げていないと、落とし穴を回避できないかもしれませんよ。
さて、このパターンのおひとりさまには、どんな落とし穴が潜んでいるでしょう。親の介護と相続、建て替え・リフォーム費用の3つが考えられます。
親の介護をする可能性大おひとりさま自身が老後の域に入るころは、親も高齢ですでに介護が必要な状態になっているか、なるのは時間の問題と思われます。
親が要介護状態になると、同居しているだけに、介護のメインの担い手にならざるを得ないでしょう。介護資金は親の年金か貯蓄で賄えればいいですが、足りなければ補てんしないといけないかもしれません。兄弟姉妹がいれば、その人たちにも負担してもらうとしても、自分の老後資金が目減りすることになります。貯蓄を積み上げてあれば、回避できるかもしれない落とし穴ですね。
相続トラブルの恐れも親が死亡すると、相続が発生します。そのとき、ひとりっ子なら家も含めた財産をそっくり受け継ぎ、家に住み続けられます。でも、兄弟姉妹がいるとどうなるでしょう。親と同居していて介護もしてくれたのだからと、家を相続することを認めてくれればいいですが、家も含めた財産の分配を要求されたら? 
こんな落とし穴に落ちそうになったときにも、貯蓄が役に立ちます。家を相続させてもらう代わりに、兄弟姉妹に現金を渡すわけです。もちろん、家に住み続けることにこだわりがないなら、兄弟姉妹に明け渡す、売却して現金化して分配するのもアリです。
建て替え・リフォーム費用も必要に?さて、親が死亡した後、そのまま住み続けられるとしても、建物はかなり老朽化しているでしょうから、建て替えかリフォームが必要になります。これにも、貯蓄が役に立ちますね。建て替える場合は、「終の棲家」になり得るような建物にするといいでしょう。リフォームは、あまりお金をかけないで最低限にとどめたほうがいいかもしれません。
体がきかなくなって住み替えが必要になるからです。どちらの場合も、ローンで借りるのは避けましょう。
パターン2:おひとりさま自身の持ち家
おひとりさまがローンを借りて住宅を購入した場合、定年退職時には完済しておきたいもの。退職後も働くにしても、収入は減るでしょうし、公的年金を受け取れるようになっても金額が少なめなので、ローン返済が続くと生活が厳しいからです。もちろん、退職金やそれまでの貯蓄で残金を返済してもいいですが、老後資金が心細くならない程度にしましょう。
さて、持ち家の落とし穴は、長年にわたって住んでいると内装が老朽化してくることと、ケアが必要になって住み替えることなったときに住まいをどうするかです。前者はリフォームで対応することになりますが、最低限にとどめておくこと、ローンは借りないことを心掛けてください。後者は、売るか・貸すかで、老後資金を積み増すことができます。ただし、売れない物件、借り手がつかない物件だと、そのまま持ち続けることになり、固定資産税や管理費などのコストがかかり続けます。これも、落とし穴の1つと言えそうです。
パターン3:賃貸
賃貸住まいは、好きなように住み替えられるので、親の家や持ち家の人に比べると、気楽かもしれません。ケアが必要になったら、そのまま、ケアつきの住まいに住み替えればいいのですから。
落とし穴があるとしたら、親と同居・持ち家の人(ローンはないケース)に比べて割高な賃貸料がかかり続けること、住まいを売ったり貸したりで老後資金を積み増せないことでしょうか。
その分、貯蓄をしておかないと、住まいのグレードをどんどん落としていかざるを得なくなります。
どの住まいのパターンでも、貯蓄しておくのは大原則
結論としては、老後の住まいで落とし穴に落ちないよう、お金を貯めておきなさいということです(もっともこれは、おひとりさま老後に限ったことではありませんが)。そして、家も含めて、自分の財産(残った場合)は誰に引き継いでもらいたいのか、遺言書を書いておきましょう。でないと、意に反する人の手に財産がわたってしまいます。



教育費と老後資金、運用して増やした方がいいのはどっち?
読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回はマネーフォワードから生まれたお金の相談窓口『mirai talk』のFPがお答えします。
老後は夫婦で旅行をしたり、余裕のある生活を送りたいと考えています。そのためにボーナスをコツコツ貯めておりますが、今のペースのまま貯めていけば問題ないでしょうか。また、子どもが2人おり、将来の学費として子ども名義で貯めている定期預金があります。貯金ではなく、ジュニアNISAなどを活用して運用した方がいいのでしょうか。その際、注意点などがあれば教えてください。
〈相談者プロフィール〉
・男性、38歳、既婚(妻:専業主婦)、子ども2人(小学生と幼稚園)
・職業:会社員
・手取りの月収:30万円、ボーナス年100万円(ほぼすべて貯金)
・毎月の生活費:23万円
・毎月の保険料:終身保険2.3万円、学資保険4.6万円
・毎月の貯金:5万円(給与天引き)
・総資産:2,400万円
(預貯金1,000万円、確定拠出年金500万円、財形貯蓄400万円、有価証券など200万円、子の定期預金300万円ずつ)
FP:老後資金を早い段階から心配される方がいますが、老後資金とは、いったいいくら必要なのでしょう。
老後の暮らし方を考え、必要な資金を算出する
具体的な金額を出すのは、将来もらえる年金額やどういう暮らしをしていきたいのかにより変わってくるので、難しい部分がありますよね。おおよその検討をつけるには、ご夫婦の生活費から、もらえる年金の見込み額を引き、毎月貯蓄からいくら補填することになるのかを計算してみるとわかりやすいでしょう。
たとえば、今の相談者さんの生活費が23万円で、年金受給の見込み額(※)が21万円であれば、毎月2万円が貯蓄から補填すべき金額となります。※年金受給見込み額はねんきんネットを利用して、ご自身で調べることができます。
人生100年時代ですから、65歳から35年生きると仮定して必要額を計算すると、2万円×12か月×35年=840万円が生活費として必要だとわかります。
ほかに介護医療費、家のリフォーム代などの予備費として、1,000万円ほど準備する必要があるかと思いますので、この場合は1,840万円が老後に必要な金額となります。
仮にもし、余裕のある生活を送るために月27万円かかるとしたら、先ほどと同じように計算すると3,520万円が必要だということになります。
このように、想定する暮らし方で準備すべき金額が随分変わりますので、まだ先のことですが、暮らし方から少しずつ考えてみると良いでしょう。
大学進学時までに300万円あればOK
教育費も、いくら必要なのかと頭を悩ませるものです。すべて公立でも子ども1人当たり1,000万円が必要といわれていますから、我が家はいったいいくらかかるのかと心配になりますよね。
基本的に教育費は、高校までは毎月の家計の中から支払い、大学などに進学するタイミングでまとまったお金が必要になるケースが多いと思います。そのため、大学などへの進学時までにおよそ300万円ほど準備できているとよいでしょう。
平均より学費がかなり高い大学や専門学校、医療系の学部へ進学する場合はこれでは足りないのですが、一般的にはこの程度準備できていると、入学初年度に必要な入学金、設備費、授業料、教科書代などは支払えます。
その後の授業料については、「今後の貯蓄で用意するのか」「子どもにもアルバイトをしてもらうのか」「奨学金や教育ローンを利用するのか」など、捻出方法を子どもと相談して考えていきましょう。
もし、もっとたくさんの金額をしっかりと貯められるのであればそれに越したことはありませんが、教育費に無計画にお金をかけてしまったことで、老後の生活費が足りなくなるといったことがないよう計画的に資金を振り分けていくことも必要です。
投資に回してもよいお金と、そうではないお金
将来の学費用に貯めているお金を運用したほうがよいかというご質問ですが、学費用と決めている資金を運用することは基本的にはおすすめしていません。
運用すると、相場や市況によっては、必要な時にお金が減ってしまうという事態も起こりうるからです。
ただ、今の子ども用の貯蓄は維持し、さらに上乗せして貯めていくというのであれば、運用を検討しても問題ないと思います。貯蓄のほか学資保険でも備えていらっしゃるので、もし運用を考えるのならジュニアNISAのような自由度の高い非課税制度を利用するとよいでしょう。
「20年運用すれば利益が出る」というデータも
また、老後資金の目的で貯めたい場合は、つみたてNISAなどを活用してもよいと思います。
現在の預貯金1,000万円の具体的な使用用途が決まっていないのでしたら、そのまま預貯金に置いておくのはもったいないです。長期・分散・積立・低コストを意識した投資を行い、福利の効果で資産を増やしていくことを検討しましょう。
金融庁のデータによると、国内外の債券・株式に分散投資している場合、保有期間が20年を超えると損失が出たという人がいなくなり、2〜6%の利益が出ている人がほとんどであるという結果が出ています。つまり、分散投資し、長期保有することでリスクを減らすことができるということです。
結論としては、使う時期や用途が具体的に決まっている教育資金は、運用よりも貯蓄で準備する方が必要な時にお金が減ってしまうようなことがなく確実です。一方で、より長期的にわたって準備する老後資金は運用で増やしていくのがよいでしょう。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11760550c.html
日記

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 227 1016147
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック