スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

67億円盗まれました


仮想通貨取引所Zaif、ハッキングされビットコインなど約67億円の仮想通貨が盗まれる・・・

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロは20日未明、同社がハッキング被害に合い、計67億円相当の仮想通貨が流出したと発表した。 

ハッキング被害 

Zaifは17日、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナコイン(MONA)の入出金がサーバ障害により停止していると発表。 

当初は1〜2営業日で復旧すると報告し、その障害の詳細については明らかにされていなかった。 

今回の発表によれば、14日の17時頃から19時頃までの間に外部から不正アクセスが行われ、ホットウォレットで管理していた仮想通貨が不正に送金された。 

盗難された仮想通貨はビットコインが5966BTC、BCHとMONAについては現在調査中としてる。 

被害総額は約67億円相当としており、顧客の預かり資産が45億円、テックビューロの固有資産が22億円。 

Zaif側は17日にサーバの異常を検知し、18日はハッキングの被害を確認した。金融庁(財務局)に報告し、警察当局へも被害申告を行った。 

不正アクセスの詳細については、警察の捜査に影響があるとして、非公表だ。



ハッキング被害:仮想通貨取引所Zaif「67億円」相当のビットコインなど流出

9月20日、仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」はハッキング被害を受けたことを発表しました。同社が管理する仮想通貨(Cryptocurrency)の一部が流出し、被害額は「約67億円」相当と見られています。現在、金融庁と捜査当局などに報告し確認を急いでいると報じられています。

不正流出した仮想通貨と被害総額

Zaifの発表によると、盗難被害にあった仮想通貨はいずれも「ホットウォレット」で管理されており、14日の17時頃〜19時頃までの間に外部から不正アクセスされ

・ビットコイン(bitcoin/BTC)ー 5966

・ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)ー 現在調査中

・モナコイン(MonaCoin/MONA)ー 現在調査中

が不正に送金されたと報じられてます。

被害総額は

・顧客からの預かり資産「45億円」

・テックビューロ(Zaif)の固有資産「22億円」

の「67億円」相当と報告されています。



仮想通貨取引所Zaifハッキングで67億円分損失でトークン大暴落 発表の時間とタイミングが話題に

弊社が運営する仮想通貨取引所Zaifで現在発生している仮想通貨の入出金停止に関して、これまでの経緯と今後の対応について以下の通りご報告いたします。

報道関係者各位

弊社が運営する仮想通貨取引所Zaifで現在発生している仮想通貨の入出金停止に関して、これまでの経緯と今後の対応について以下の通りご報告いたします。

1.はじめに

平成30年9月14日頃以降、弊社サービスにおいて、仮想通貨の入出金等の一部のサービスが稼働しておらず、お客様には大変なご迷惑をおかけしております。

弊社における調査の結果、入出金用ホットウォレットの一部が外部からの不正アクセスによりハッキング被害を受け、弊社が管理する仮想通貨のうちの一部が外部に不正流出させられたことが判明しました。

このような事態は、弊社を信頼して大切な資産をお預けになられている全てのお客様の信頼を裏切る結果となり、伏してお詫び申し上げる次第です。

当然のことながら、お客様の資産に被害が及ばないことは最優先の課題です。弊社は、上記被害発覚後、速やかに金融庁及び捜査当局への届出等を行い、併せて社内においても株式会社カイカを含めた第三者の尽力を得て原因の調査、顧客資産相当の財源確保に努めております。

以下、本件に関するご説明、弊社の対応、顧客資産相当の財源確保の状況、今後の弊社経営陣の経営に関する方針について、順次ご説明いたします。

2.ハッキング被害について現在判明している事実関係

@ハッキング被害の経緯

弊社は、お客様の入出金に対応するために、お客様からの預かり仮想通貨のホットウォレット(一部コールドウォレット)に保管しております。その入出金用のホットウォレットを管理するサーバに対し、平成30年9月14日17時頃から19時頃までの間、外部からの不正アクセスが行われ、当該ホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金されました。なお、具体的な不正アクセスの手法等につきましては、本件が犯罪事件であり、既に捜査当局に被害申告をして捜査を依頼していることや、今後の同種犯行を予防するためにも、公表を差し控えさせていただきたいと存じます。できる限り詳細な説明が責務であることは承知しておりますが、何とぞご了承下されば幸いです。

Aハッキング被害により弊社に生じた損失

弊社がハッキング被害により失った仮想通貨の種類及び数量は、次のとおりです。

・BTC  5966

・MONA 現在調査中

・BCH 現在調査中

以上の被害による損失の総額は、日本円で約67億円相当(MONA、BCHを含む)と思われます。現在被害数量が確定できていないのは、二次被害を防ぐため、確実な安全性の確認ができるまでサーバを再稼働させていないことが原因です。消失仮想通貨の数量が確定でき次第、速やかにご報告させていただく予定です。

Bハッキング被害によるお客様の資産に与える影響

消失した約67億円相当の仮想通貨のうち、弊社の固有の資産は約22億円相当であり、お客様の預かり資産に相当する仮想通貨は約45億円となります。

弊社は、本件発覚後、お客様の資産を毀損させないための財源確保に努めており、その状況は、次の「3.弊社の対応」においてご説明申し上げます。

3.弊社の対応

@原因分析及びシステム再稼働

弊社は,平成30年9月17日にサーバ異常を検知し、翌18日にはハッキング被害が確認されたため、財務局へ報告を行うとともに、原因分析、捜査当局への被害申告等を行ってきました。

現在、仮想通貨の入出金のシステム再稼働に向けて、セキュリティのチェック及び強化、サーバの再構築等を行っております。一刻も早い復旧のため尽力致しておりますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。また、大変なご不便をおかけしておりますことを心からお詫び申し上げます。

Aお客様の資産等に関する支援の要請、及び、契約の締結

弊社は、本件発覚後、直ちに以下の支援の要請を行い、既に支援に関する契約の締結を行いました。支援の内容は、(1)消失したお客様の預かり資産に相当する財産の提供、(2)セキュリティ向上のための技術・人員の提供、(3)経営基盤の向上のための資本提携、経営陣の派遣、などを内容としております。

弊社は、本日(平成30年9月20日)、JASDAQ上場企業である株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じて、弊社に対して、50億円を提供する金融支援、弊社の株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣、を検討する内容とする基本契約を締結するに至りました。

また、弊社は、本日、株式会社カイカ(JASDAQ上場,証券コード2315)との間で、弊社に対して、セキュリティ向上のための技術提供を内容とする基本契約を締結するに至りました。

以上の支援の取り付けに関しては、支援者側のグループ会社である株式会社フィスコ、及び株式会社カイカからもプレスリリースが発出される予定ですので、以下をご参照下さい。

・株式会社フィスコによるリリース

http://www.fisco.co.jp/uploads/20180920_fisco_pr.pdf

・株式会社カイカによるリリース

https://www.caica.jp/wp-content/uploads/pdf/2018/20180920_1_oshirase.pdf

4.入出金の再開、お客様の資産に関する今後の方針

@仮想通貨の入出金

弊社は、一刻も早い入出金の再開に向けて、株式会社カイカの技術者によるサポートを受けながら、システムの再構築に努める次第です。

なお、仮想通貨の入出金の再開は、システムの安全性が確認されることが前提となります。現時点におきましては、再開の年月日を具体的に申し上げることはできませんことを、心からお詫び申し上げます。

お客様の大切な資産につきましては、次で述べますとおり、財産の調達により担保される予定ですので、何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

Aお客様の資産(日本円の調達、及び、預かり仮想通貨の準備)

弊社は、株式会社フィスコデジタルアセットグループとの間で、弊社に対して50億円が提供されることを検討する内容とする基本契約を締結しました。同社との間では、今月下旬には提供が実行されることを前提として準備・交渉を進めております。

その上で、弊社は、提供を受けた資金により、消失した仮想通貨を調達し、お客様の資産に被害が及ばないように準備を行う予定です。

今後、基本契約の内容が実行されるなどした場合は、適宜、速やかにご報告をさせていただく次第です。

5.本件に関する弊社の現経営陣の見解

弊社の経営陣の全員は、この度のハッキング被害により、お客様からの大切な預かり資産が消失するに至ったことを重大に受け止めています。結果として、上記資金調達等によってお客様の資産に相当する仮想通貨が準備できたとしても、お客様に与えたご不安,ご迷惑は多大なものであります。

そのため、弊社の現経営陣は、本件に関して全力で対応をさせていただき、お客様の資産を保全することに尽くし、過半数の支配権を取得するフィスコグループの経営陣に引継等をする責務を全うした場合、経営責任として弊社の役員を退任する方針です。

この度の件につきまして、経営陣一同、お客様の皆様に対して、伏してお詫び申し上げます。

6.弊社関連会社によるCOMSA事業の方針

弊社の関連会社であるテックビューロホールディングス株式会社は、弊社から会社分割により承継したCOMSA事業を運営しております。同事業の今後の方針等につきましては、現在同社において検討中であり、判明次第速やかにご報告させていただきます。

7.本件に関するお問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

テックビューロ株式会社 広報担当

メールアドレス pr@techbureau.jp

電話番号 03-6705-8653(専用電話)

受付時間 平日10時から17時半




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11776507c.html
日記

主要通貨を漢字で書けば・・・

アメリカは亜米利加、ではドルを漢字で書くと?
アメリカを漢字で書くと「米」となります。アメリカの当て字である亜米利加を略して、米と表記するわけです。これと同様に、イギリス(英吉利)は「英」、フランス(仏蘭西)は「仏」、ドイツ(独逸)は「独」、ロシア(露西亜)は「露」と書きます。これらは「何をいまさら」というお話ですよね。
ではアメリカなどで使用される通貨単位「ドル」(dollar)は、どうやって漢字で表記するのでしょうか?
いまでこそdollarはカタカナでドルと表記するのが普通です。しかし江戸末期から昭和初期にかけて、ドルは漢字で表記された時代もありました。
今回は「世界の主要な通貨単位を漢字で表すとどうなるか?」という問題について解き明かしてみましょう。
ドルを漢字で表すと「弗」になる
そもそも日本にドルという言葉が伝わったのは江戸時代末期のこと。しかもオランダ語経由で伝わった言葉でした。そのため当時はオランダ語風の発音に準じて、dollarのことを「ドルラル」と呼んでいました。
やがてこのdollarに漢字が当てられるようになります。しかし当初、当てる漢字はさまざまでした。例えば、西洋由来の銀貨一般を表す「洋銀」や、物や人の数を意味する「員」に、ドルラルやドルの読みを与えたのです。
そんななかで、ひときわ異色の存在が「弗」(フツ、ず、もとる)という漢字でした。
dollarの通貨記号「$」によく似た漢字がたまたま存在していたためにそれを拝借してきた、ということなのです。今回紹介する通貨単位の漢字表記の中では唯一、「形が由来」の当て字です。そしてこの異色の当て字が、世間ではもっともメジャーな当て字となりました。
例えば、夢野久作の短編小説『支那米の袋』(1929年、昭和4年)にはこんな文章も登場します。
「おかげで高価(たけ)え銭(ぜに)を払ったルパシカ(筆者注:ロシアの服)が台なしだ。とても五弗(ドル)じゃ合わねえ」
この弗という漢字は、現代の日本人にはあまり馴染みがない漢字かもしれません。しかし「仏」(ブツ、ほとけ)の旧字である「佛」の旁(つくり)の部分だといわれれば、身近なイメージが持てるのではないでしょうか。漢文に詳しい人なら「否定」の漢字として、また化学に詳しい人ならフッ素の漢字表記である「弗素」(さらにはその化合物である「弗化物」などの表記)を知っている人もいるかもしれません。
ポンドを漢字で表すと「磅」になる
では次の問題です。イギリスなどで使われる通貨単位「ポンド」(pound)は、漢字でどう書くのでしょうか。
谷譲次(作家・長谷川海太郎の別名)があらわした海外体験記『踊る地平線』(1929年、昭和4年)にはこんな記述が登場しました。
「石油箱の大きなののような、碌(ろく)に鉋(かんな)もかけてないぶっつけ箱が一磅(ポンド)もするとは驚くのほかはない」
1930年ごろの1ポンドは約10円。当時、桐のたんすが50円〜60円程度の値段だったというので(参考「値段史年表 明治・大正・昭和」週刊朝日編、朝日新聞社、1988年)、箱一個の値段にしては確かに高額に思えたのでしょう。
ともあれ、ここでポンドの当て字として登場するのは「磅」(ホウ)という見慣れない漢字です。路傍・傍線などに登場する「傍」(ボウ、かたわら)と同じ旁(つくり)ですね。この磅は、もともと「石が落ちたり、石がぶつかったときの音」を表すのだそう。ポンドにこの漢字が当てられた理由は「ポンドとホウで読みが似ていたから」なのでしょう。
ちなみにポンドは通貨だけでなく「質量」の単位としても使われます(いわゆるヤード・ポンド法の単位ですね)。こちらのポンドは「封度」「听」「英斤」という漢字を当てます。
フランを漢字で表すと「法」になる
今度はユーロ導入(現金の流通は2002年開始)に伴い廃止された通貨単位について紹介しましょう。まずはフランス、ベルギー、ルクセンブルクで使われていた旧通貨単位である「フラン」(franc)のお話です(注:EU非加盟国のスイスでは現在でもスイスフランを使用している)。さて、この通貨を漢字で表すとどうなるのでしょうか?
先程も登場した谷譲次の海外体験記『踊る地平線』には、こんな記述も登場していました。
「名だけ壮麗なHOTELルイ十四世――お泊り一人一晩。七法(フラン)・種々近代的御便宜あり――の狭い入口に、毛布をかぶった老婆が占いの夜店を出していたり(後略)」
当時の1フランは公式レートで0.4円ぐらいなので、7フランは3円弱といったところ。当時の帝国ホテルの宿泊料金がシングルで10円程度だったというので(参考:値段史年表)、体験記に登場するのはそういうレベルのホテルだったのでしょう。
ということでフランには「法」(ホウ、のり、のっとる)という漢字が当てられていたことが分かりました。そもそもフランスという国名には「仏蘭西」のほかに「法蘭西」「法朗西」「法国」などの表記法も存在します。これらの表記からの引用によって、フランの当て字も登場したのかもしれません。
マルクを漢字で表すと「麻克」になる
一方、ドイツにはかつて「マルク」(Mark)という通貨単位がありました。このマルクは、漢字で書くとどうなるのでしょうか。
歌人・斎藤茂吉のエッセイ『南京虫日記』(1929年、昭和4年)にはこんな記述が登場します。
「間代は一月三百万麻克(マルク)だと云(い)つたが値切る勇気もなかつた」
このときのマルク(おそらく1924年に導入されたライヒスマルクを指すと思われる)の為替レートについて、同じエッセイのなかに「英貨一磅(ポンド)の相場が、千五百万麻克(マルク)」との解説も記してありました。もろもろ計算すると、引用文にある間代(家賃)は月2円ほどだったのでしょう。ちなみに当時、東京の板橋区にあった一軒家の家賃が10円強だったといいます(参考:値段史年表)。登場する数字がやたらに大きいのは、おそらく20年代初頭に起こったハイパーインフレも影響していたのでしょう(その安定化のために登場した新通貨の一つがライヒスマルクだった)。
ということで、マルクには「麻克」という漢字が当てられていたことが分かりました。麻の音読みは「マ」で、克の音読みは「コク」なので、このパターンもまた「読みが似ている」ことが理由だと思われる当て字です。
ちなみにマルクにはこのほか「馬克」という当て字もあります、例えば報知新聞の1904年(明治37年)8月24日付けの記事には「此(この)損失額のみにて既に一千万の馬克(マーク)なりと数へらる」との記載も登場しました。
ルーブルを漢字で表すと「留」
最後にロシアなどにおける現行の通貨単位であるルーブル(рубль)の漢字表記も調べてみましょう。
三度、谷譲次の『踊る地平線』に登場してもらいましょう。
「さて、新刊西比利亜(シベリア)旅行案内。第一章、地理的概念。(中略)ヴィヤットカ――おなじく黒く低い街。白樺細工の巻煙草(まきたばこ)箱一留(ルーブル)五十哥(カペイカ)より。みんな買う。私も買う」
ヴィヤットカ(Вятка)とは、のちにいうキーロフ(Киров)のことで、ロシア北東部にある街のことです。もっとも当時はロシアではなくソビエト連邦の都市でした。
そしてここで購入できる巻煙草が、一箱1ルーブル50カペイカだったと言っているのです(カペイカはルーブルの補助通貨で1ルーブル=100カペイカ)。当時の公式レートで1ルーブルは1円ほど。当時の国内のたばこの値段は、1箱10本入りのゴールデンバットが8銭(1936年、昭和11年、参考:値段史年表)だったといいます。ゴールデンバットが何箱も買える巻煙草を「みんな買う。私も買う」と表現するのは少々違和感があるので、実勢の為替レートはもう少し違う数字だったのかもしれませんね。
ともあれ、ルーブルは「留」、ついでにカペイカは「哥」と表記することが分かりました。これもまた「読みが似ている」ことからの当て字だと思われます。
――ということで今回は「世界の主要な通貨単位を漢字で表すとどうなるか?」という問題について追いかけてみました。江戸末期から昭和初期にかけて磅(ポンド)、法(フラン)、麻克・馬克(マルク)、留(ルーブル)といった当て字が登場したことが分かりました。そのなかでもひときわ目立っているのが、通貨記号の「形」から連想された弗(ドル)の存在感。このような粋な当て字は、今後しばらくは登場しないかもしれませんね。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11776491c.html
日記

NECのPC事業がダメになった理由

NECはPC98の大成功で高慢になりすぎた!
国内市場の8割近いシェアを持っていたNECのPCが駄目になった理由
はてな匿名ダイアリーに投稿された「NECで何が起きているのか」なるエントリーが話題となっています。
匿名サイトという特性上、どこまで真実が綴られているかについては諸々差し引いて考えなければならないという面はあるものの、「それなりに勉強になる」とするのは、世界的エンジニアの中島聡さん。
中島さんはメルマガ『週刊 Life is beautiful』の中で、かつて自身が目の当たりにし呆れたというNECのビジネスの進め方を記すとともに、同社のパソコン事業をダメにした一因とも言われる「MicrosoftのOS採用」と中島さんとの意外な関わりを明かしています。
私の目に止まった記事
NECで何が起きているのか
はてなの匿名ダイアリーには、時々この手の記事が投稿されます。そもそも会社に不満を持っている人が書いているので、あえてネガティブに書いている面もあるとは思いますが、普段、外からはなかなか見えない会社内部の事情が見えてくるので、それなりに勉強になります。
ちなみに、私が最初に手にしたコンピュータ(TK-80)もNEC製だったし、大学の時に作ったCandyと言うパソコン用のCADソフトも、NECのPC-9800向けに作ったし、NECとは色々と縁があります。あの頃のNECは本当に輝いていました。
i-modeで、NTT DoCoMoが世界の最先端を走っている2000年には、NECからi-modeケータイを世界に広めるためにシアトルに来ていた人と結構親しくなったのですが、会社全体がNTT DoCoMoから仕事が降ってくることに大きく依存している体質だったため、死に物狂いでシェアを取りにきているSamsungと比べると負けて当然と思ったことを良く覚えています。
さらに日本でi-modeケータイの設計をしていたエンジニアとも知り合いになったのですが、彼もこの手の企業に良くいるコードを書かない・書けないエンジニアな上に(コーディングは全て下請けに丸投げしていました)、仕事の話をしようと頼むとキャバクラ接待を要求してくるというどうしようもない奴でした。
AppleがiPadを発売した2010年には、NECのパソコン事業部の事業部長にタブレット戦略について相談されたことがあるのですが、私が「なぜタブレットを作りたいのか?」と尋ねると、「うちにはタブレットを作れるエンジニアたちがいるから」というどうしようもない答えが返ってくるので、これは絶対に失敗すると確信したことを覚えています。
私が「そんな考えでタブレットを作っても売れない」と指摘すると、「うちは社内や関連企業に押し込むことが出来るから最低限のロットは捌ける」という答えが返ってきて、なんて気楽な考え方でビジネスをしているのだろうと呆れてしまったことを良く覚えています。
ちなみに、NECのパソコン事業がダメになってしまった一番の原因は、MicrosoftのOSを採用したことにありますが、その原因を作ったのが私だったという話を後から聞きました。私がアスキーのアルバイトとして書いたコード(CP/MをNECのパソコンで走らせるためのディスクドライバー)をNECが別の用途で使っていることをアスキーの担当者が発見し、それを理由にNECに(当時、アスキーが総代理店をしていた)Microsoftのソフトウェアをライセンスすることを強要したとのことです。
あの当時、NECのパソコンは日本市場の8割近くのシェアを持っていたため、NECがあのまま独自OS路線を突っ走っていれば、Microsoftが日本で成功することは簡単ではなかっただろうと思います。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11776488c.html
日記

イヌになめられ感染しました

細菌感染で両手両足を切断、犬との接触が原因か 米ウィスコンシン州
(CNN) 米ウィスコンシン州に住む男性が、犬や猫の口内に常在する細菌に感染して敗血症を引き起こし、鼻の一部と両手両足を切断する手術を受けた。医師団は、犬になめられたことが原因だったのではないかと推測している。
患者のグレッグ・マントイフェルさん(48)は今年6月下旬、顔から全身にかけて赤紫色に変色する症状に見舞われ、同州ミルウォーキーの病院を受診した。
本人はインフルエンザだと思っていたが、血液検査の結果、犬などの口内に常在するカプノサイトファーガ・カニモルサスという細菌が見つかった。
この細菌は、犬や猫に噛まれたり引っかかれたりすると感染することがあるが、重症化するケースは極めてまれ。しかしマントイフェルさんの場合、敗血症を引き起こし、小さな血栓ができて血流を妨げる播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群を発症、手先や足先が壊疽(えそ)して切断せざるをえなくなった。
米疾病対策センター(CDC)によると、免疫力が下がっている人は重症化するリスクが大きい。しかしマントイフェルさんの場合、それまでの健康状態は極めて良好だったという。
自分の愛犬も含めて犬と触れ合うことが多かったマントイフェルさんだが、目立った外傷はなく、感染源は分かっていない。医師団は、犬になめられたことが原因だったとの仮説を立てているが、確定はできないという。
CDCによると、カプノサイトファーガは犬の74%から検出されているが、接触した人が健康を害することは滅多にない。「犬になめられるたびにこの細菌に接触していても、全く何の問題も起きないケースが圧倒的大多数を占める」と医師は強調する。
マントイフェルさん自身は、愛犬が感染源になったとは信じていないといい、「こんなことがあったからといって犬好きはやめられない」と話している。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11776478c.html
日記

人工知能ズボン開発


人工筋肉を組み込んだズボンが開発される。クレイアニメ「ウォレスとグルミット」のから着想

人工筋肉を組み込んだスマートズボンが体が不自由な人の生活を劇的に改善するかもしれない。

ブリティッシュ・サイエンス・フェスティバルで実演されたこのズボン、イギリスのクレイアニメ『ウォレスとグルミット』の「履き間違えたズボン(The Wrong Trousers)」のエピソードにインスピレーションを受けたという。

その名もライトトローザーズ(正しく履かれたズボン/ The Right Trousers)である。

人工筋肉で足腰の同さを補助

開発者である英ブリストル大学のロボット工学者ジョナサン・ロシター教授によると、体が不自由な人たちを補助するだけでなく、リハビリにも便利なのだそうだ。

「ライトトローザーズ」は軽量バブル人工筋肉によって、履いた人が立ち上がったり、物を持ち上げたりするような動作を補助する。

素晴らしいのは、このズボンを履いているときでもきちんと自分自身の筋肉を使えることだ。

履き心地や軽量化を重視

「ライトトローザーズ」の人工筋肉は着用者の筋肉の動きを検出して動くシステムとなっており、姿勢を支えるため筋肉の温度変化によって柔軟性が変化するグラフェン素材の膝あても組み込まれている。

グラフェン素材は筋肉の温度変化に反応して、冷えると硬くなったり、暖かくなると柔らかくなったりする。

「じっと立っていると筋肉の温度が下がるでしょう。だから硬くなって膝を支えるわけです。反対に、動き始めれば筋肉の温度が上がるので、材質を柔らかくして体を動かしやすいようにします」

また軽量でで着脱しやすいデザインとなっている。

「着用者を弱らせるようなことはしたくありません。補助器具とリハビリ器具とのバランスをとりたいと考えています」とロシター教授。

高齢化社会の活動をサポート

ますます高齢化社会が進む現在、こうした発明で体が衰え始める年齢の人たちができるだけ長く活動的でいられるようサポートしたいとロシター教授は語る。

また脳梗塞で倒れた人のリハビリにも役立つはずだという。研究室では、トイレで用足しをしやすいように、ボタン一つでズボンが脱げるような仕掛けまで開発しているそうだ。

まだ開発段階だが、人に実際に着用してもらい実験できるまでには仕上がっている。近い将来、だれもがこうしたスマートズボンを着こなす日が訪れるのかもしれない。





アニメの世界の人工筋肉ズボンよりはスマートです!





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11776468c.html
日記

鎮痛剤でたくさん死にました


カナダの「オピオイド危機」、死者8000人に 公衆衛生当局

【AFP=時事】カナダでは今年の1〜3月、オピオイド系鎮痛剤の過剰摂取が原因とみられる死者の数が1000人を超えた。同国の公衆衛生当局が18日、明らかにした。この公衆衛生危機が発生した2016年以来の死者は8000人に達した。

公衆衛生当局は「オピオイド危機がいまだ沈静化に向かっていないことを、最新データは示唆している」と注意を促し、「特定の人々や地域に他より大きな影響が及んでいることは明らかだが、危機的状況はあらゆる階層の人々、あらゆる年代層、あらゆる社会経済的背景に影響を及ぼしている」ことを指摘した。

強力な鎮痛薬フェンタニルに主に起因する過剰摂取死はこれまで、麻薬常用者に集中していた。だが現在では、処方された鎮痛薬を常用するようになり、街角で入手可能な麻薬や他の薬物にも手を伸ばす人や、娯楽用薬物を初めて試すような人にも、オピオイド危機の影響が及んでいる。

公衆衛生当局によると、カナダ最西部のブリティッシュコロンビア(British Columbia)州とアルバータ(Alberta)州での被害が最も深刻だという。こうした事態に対処すべく、当局は、過剰摂取の緊急治療薬ナロキソンのキットを広く配布するなど、オピオイド関連死者数の抑制を目指す取り組みを本格化させている。

他方で、処方件数が急増している鎮痛薬「トラマドール」についても、オピオイドの一種として規制することが検討されている。カナダ保健医療情報研究機関(CIHI)が発表したオピオイドの処方傾向に関する分析によると、トラマドールの処方件数は2012年〜2016年の期間に30%増加したとされる。

北米にまん延するオピオイド危機をめぐっては、過剰処方や密売への鎮痛薬の流用がその原因として広く指摘されている。



飲酒でもたくさん死にました!

飲酒で中毒症状か、マレーシアで15人死亡 大半が外国人労働者

【AFP=時事】マレーシア警察は18日、酒を飲んだ後に中毒症状に陥ったとみられる男性15人が死亡し、33人が病院に搬送されたと発表した。犠牲者のほとんどは外国人労働者だという。

地元警察トップのマズラン・マンソール(Mazlan Mansor)氏によると、被害は首都クアラルンプールに隣接するスランゴール(Selangor)州の複数の場所で発生。被害者は2種類のウイスキーと1種類のビールを摂取していた。

国営ベルナマ(Bernama)通信によると、最初犠牲となった工場労働者は17日夜に死亡。現時点での最後の犠牲者は18日午後に亡くなった。

マンソール氏によれば、7人目までの犠牲者の国籍は、マレーシア人1人、ネパール人4人、インド人1人、バングラデシュ人1人。8人目以降の国籍は明らかにされなかったが、ほとんどが外国人労働者とみられている。

マンソール氏は声明で、「死因についての正式な確認は、まだなされていない。しかし捜査の初期段階で犠牲者全員が病院に搬送される前に、アルコールを摂取していたことが分かっている」と述べた。

現地メディアの報道によると、警察は今回の事件を受けて、複数の店舗からさまざまな種類の酒を箱ごと押収したという。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11776466c.html
日記

週刊新潮が読み放題


「週刊新潮」が電子書籍で読める読み放題サイトは?

週刊新潮といえば、新潮社が発行する週刊誌。最近ではスクープを連発する「文春砲」でもおなじみの週刊文春に次ぐ週刊誌として知られている。ここ最近でも、豊田真由子議員の暴言、暴行報道や、福田財務次官のセクハラ疑惑記事などのスクープを報じて、テレビ、ネットやツイッター上でも話題を呼んでいる。もともとは1956年2月に創刊した老舗の伝統ある雑誌で、もちろん今でもコンビニなどでも最新号を購入できる。

週刊新潮が読める、読み放題サイトとは?

そんな「週刊新潮」が最近話題の「雑誌読み放題サービス」で読める、というのをご存知だろうか。実は「週刊新潮」はdマガジンという雑誌読み放題サイトで配信されているのだ。

電子書籍で購入すれば、アプリやタブレットから、いつでもどこでも週刊新潮をチェックできてしまう。ここでは週刊新潮を読み放題のサービス「dマガジン」について初回無料(お試し)期間や月額の料金、対応している端末などの項目を紹介する。

dマガジン

ドコモが運営する電子書籍サービス。

月額432円で200誌を超える最新雑誌、及び最大1年分のバックナンバー約1,500冊が読み放題できる。なお、ドコモでない他ユーザーでも利用可能。ここでしか読めない「週刊文春」や「週刊新潮」といった人気の週刊誌も取り扱っており、本誌の発売とほぼタイムラグもなく最新号が読むことができる。

dマガジンの場合、週刊新潮以外にも週刊文春、週刊女性、週刊朝日など週刊誌各紙を読むことができる。特に週刊文春、週刊新潮は現状だとdマガジンでしか配信されておらず、豊富な雑誌を読みたいなら「dマガジン」、また専門誌が読みたいなら週刊文春などの配信はないが「楽天マガジン」がオススメだ。自分の読みたい雑誌に合わせてサービスを選ぶとよいだろう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11776462c.html
日記

小さくても重低音


ソニー、手のひらサイズのワイヤレススピーカー - 税別5,000円

ソニーは9月19日、手のひらサイズのワイヤレススピーカー「SRS-XB01」を発表した。カラーバリエーションとして、ブラック / ブルー / レッド / グリーン / イエロー / ホワイトの6色を用意し、10月6日に発売する。

価格はオープンで、推定市場価格は5,000円前後(税別)。

SRS-XB01は、本体サイズが約W81.5×D57.5×H56.5mmと手のひらに収まる大きさのワイヤレススピーカー。

直径37.5mmのフルレンジスピーカー×1基と、低音を増強するパッシブラジエーターを搭載し、迫力ある重低音を再生するという。

本体はバッテリを内蔵し、3時間の充電で約6時間の音楽再生が可能。IPX5相当の防水性能も備え、アウトドアで使いやすい。

本体には操作ボタンを用意し、本体から曲の再生/停止/曲送りなどが可能。3.5mmの音声入力端子も備え、スマホや音楽プレーヤーと有線でも接続できる。

主な仕様は以下の通り。

実用最大出力: 3W

再生周波数帯域: 20Hz〜20,000Hz(44.1KHzサンプリング時)

Bluetooth: 4.2

対応プロファイル: A2DP、AVRCP、HFP、HSP

対応コーデック: SBC

連続再生時間: 約6時間(Bluetooth接続時)

サイズ: 約W81.5×D57.5×H56.5mm

重さ: 約160g

付属品: マイクロUSBケーブル、ストラップ




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11776460c.html
日記

民泊はやめるべし

民泊をゴミ屋敷にした中国人女子大生、「台風21号」を持ち出し反論!
大阪で、中国人女子大生3人が利用した後の民泊がゴミ屋敷状態で、家主との間でトラブルとなっている事件。中国国内でも彼女らへの批判の声が高まる中、3人のうちひとりが反論の声を上げた。
「網易新聞」(9月15日付)によると、彼女たちは今月5日から10日にかけて観光旅行のため、大阪府内にある民泊物件を予約した。ところが、チェックアウト後に家主が部屋に行ってみると、至るところにゴミが散乱し、目を覆いたくなるような光景が広がっていたという。トイレには、使用済みのトイレットペーパーまで散乱している状態だった。
家主は清掃代6,666円を請求するために携帯へ電話をかけてみたものの、彼女たちは着信を拒否。中国版Twitter「微博」に事の顛末を掲載したところ 、瞬く間に拡散されていったのだ。
これに耐えかねた女子大生のうちひとりが、微博上に声明を発表。「家主はうそをついている。ゴミは袋に入れてまとめたし、ここまで散らかっていなかったはず。私たちは宿泊客で、部屋を掃除するために宿泊したわけではない。それに当時、大阪には台風が近づいていたため、早めに移動をしようと、一泊早くチェックアウトをしたいと相談したら、とても信じがたい態度で家主に拒否された」と主張したのだ。
この台風というのは、関西国際空港を閉鎖に追いやるなど、近畿地方に甚大な被害をもたらした台風21号のこととみられる。しかし、台風が迫っていたことと、部屋をゴミ屋敷状態にして立ち去ったことは無関係である。
中国のネット上では、こうした女子大生側の主張に対しても批判が殺到。一部のネット民らの人肉捜査により、彼女たちの個人情報がネットに流出するなどの事態に発展している。結果、彼女たちは家主に清掃代を振り込むことを約束するに至ったが、ここまでの事態にならなければ、家主からの清掃代請求に対し、無視を決め込んでいたものとみられる。
東京五輪開催時のホテル不足を補うものとして注目される民泊だが、日本の常識が通用しない外国人を相手しなければならないことを考えると、軽々しく民泊経営に乗り出すのは考えものである。

東京でも
民泊禁止も一因か!? バブル終焉の湾岸タワマンから中国人が消えた!
2020年の東京五輪開催により、さらなる発展が期待される湾岸エリア。その中心地、豊洲にそびえる高層マンションの33階、約70平米の部屋からは、窓越しに東京タワーとスカイツリーの両方が見渡せる。
西田由香里さん(仮名・39歳)は、この部屋に夫と小学生の息子と3人で暮らす。
いわゆる「勝ち組」を絵に描いたような湾岸エリアのタワマン生活は、さぞかし優雅なものだろうと思いきや、その実態は「カツカツ」という言葉がふさわしい。
「子どもが小学校に行っている間は、スーパーでパートをしています。同じマンションの住人に見られたくないので、電車で30分ほど離れた場所で。食費も、月5万円にまで切り詰めています」
西田さん一家が現在のマンションに入居したのは、今から4年前のこと。当時築8年の中古物件を、約6,600万円で購入した。住宅ローンの返済額は月に約18万円。加えて管理費と修繕積立金、固定資産税などがかかるので、住宅費としては月24万円ほどの支払いになるという。一方で月の収入は、サラリーマンである夫の手取り給与と西田さんのパート代を合わせて月に40万円ほど。なるほど、苦しいわけである。
「4年前は『アベノミクスで景気が好転する』と言われていて、夫の年収が着実に上がると見込んで、かなり背伸びして買ったんです。でも、夫の給与は上がるどころか、下がっている。3年後には息子を私立中学に進学させるつもりなので、さらに物入りになりますし……」(同)
そんな西田さん一家は、半年前にマンションの売却を決めた。幸いなことに、同じマンションの売買履歴を調べると、購入時よりも3%ほど相場が上がっていたという。
ところが、マンションを売りに出してから4カ月ほどたった今でも買い手はまだつかず。1カ月前には、価格を相場よりも5%ほど安く見直したが、内覧の申込みもないという。
マンションを手放すこともままならず、カツカツの生活を続けなければならないその姿は、「マンション売却難民」とでもいうべきだろうか。
西田さんは、そんな自身の境遇の一因を「中国人の買い手がいなくなったため」と考えている。
「同じフロアの似たような間取りの部屋に住んでいたママ友一家は、ちょうど1年前に部屋を売却したのですが、その時は売りに出して1週間で内覧の申込みが4件もあったそうです。ちなみに、そのうち3件が中国人だったそう。結局、2週間以内に退去することを条件に、希望売値の5%増しで指値をしてきた中国人に売却していました。その話を聞いていたので、イザとなったらいつでも売れると思っていたのですが……」(同)
湾岸エリアのタワーマンションを手広く扱う不動産仲介業者の男性も、中国人によるマンション爆買いが収束傾向にあると話す。
「豊洲エリアではすでに中国人が増えすぎているので、新たに物件を買う中国人からは避けられるようになった。同族忌避というやつでしょうか。また、豊洲新市場の開場が不透明であることや土壌汚染に関する風評も、中国人の物件購入にネガティブに作用している。中国人のマンション爆買いは、2015年の後半あたりがピークで、その頃と比べると湾岸エリアで物件を買い求める中国人は、3分の1以下になっている。当然、中古マンションの相場にも影響を与えているでしょうね」
中国人によるマンション爆買いが取り沙汰された頃には、必ずしも歓迎されなかった彼らだが、去
ってみると市場には一抹の寂しさも漂っているようだ。
ちなみに、西田さんのママ友が売却した部屋には、話の続きがある。
「ママ友一家の転居後、その部屋には大きな荷物を持った不特定多数の人が出入りするようになったんです。もしかしてと思い、Airbnbのサイトを見ると、まさにその部屋が民泊施設として掲載されていた。同じ頃、その部屋以外にも民泊営業疑惑が持ち上がっている部屋があり、管理組合で議題に上り、マンション内での民泊営業の取り締まりが強化された。その結果、民泊営業していたらしい3部屋がまさに今、売りに出されている。これでは供給過剰で、うちの部屋も当面買い手がつかないでしょう」(西田さん)
マンション価格の頭打ちも伝えられる今日この頃。そのうちに「中国人よ、帰ってきて」との声も聞こえてくるかもしれない……。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11776458c.html
日記

都構想はやめるべし

<大阪市議会>都構想「1兆円歳出削減効果」に批判集中
大阪市議会は18日、市を廃止して特別区を設置する「大阪都構想」の経済効果について大都市・税財政制度特別委員会で質疑した。広域行政の一元化で「10年間で最大約1.1兆円の歳出削減効果が生まれる」とした大阪府・市の委託調査報告書に批判が集中。2015年の住民投票実施に協力した公明党は「恣意(しい)的で到底信用できない」と撤回を求めた。
「仮定の置き方で効果額はどのようにも変えられる」。公明の杉田忠裕議員は、府・市の事務局が特別区素案で示した行政サービスや職員体制が考慮されていないと指摘。分析など調査手法にも問題が多いとし、直ちに市のホームページから削除するよう求めた。
質疑は約7時間に及び、自民や共産も「東京と大阪の生産力の差」や「府・市の首長の意思の合致が事業の実現性に及ぼす影響」など、報告書が根拠とする考え方や数値の扱いを追及した。
市は、こうした批判に「合理性を欠くものではない」「理論的に生み出される可能性のある数字が学術的に示された」と繰り返した。「効果額は本当に実現するのか」との問いには「市民に対して効果の保証を約束できるものではない」と明言した一幕もあった。
一方、都構想を推進する大阪維新の会の高見亮議員は「(報告書には)粗い部分もあるが、(経済効果を)数字で可視化することで広域行政一元化の必要性がより分かりやすくなった」と評価した。
維新市議団幹部は取材に「公明党の批判は想定内だ。今後の政治的駆け引きの中で住民投票の実現を目指す姿勢は変わらない」と述べた。

維新は失敗作
<日本維新の会>創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
国政政党「日本維新の会」の創始者、橋下徹・前大阪市長が執筆した「政権奪取論 強い野党の作り方」(朝日新書)が13日発売された。代表を務めた維新は強い野党になれず、失敗だったと振り返っており、波紋を広げそうだ。
橋下氏は著書の中で、大阪を大改革し、大阪市を特別区に再編する「大阪都構想」を進めるため、日本維新は自民党や中央省庁との折衝に「フルに機能した」と自己評価。その一方で、「維新とはベンチャー野党。創業とスタートアップには成功したけれど、国政政党としてさらに成長し、自民党と張り合える党になったかというと、失敗と言わざるを得ない」と記した。
理由には(1)国会議員の日常の活動量の少なさ(2)組織としての戦略性のなさ(3)まとめる力、まとまる力の欠如(4)命がけの権力欲、名誉欲の欠如??を挙げた。戦略性のなさでは自らの責任に言及。「大阪都構想で手いっぱいになってしまい、国政政党としてのマネジメントは『東京まかせ』になっていた」との後悔も載せた。
2015年12月に政界を引退し、現在は日本維新の役職を持たない橋下氏は「野党の存在感が高まることで、与党議員はより真剣に国民のことを考えた政治をするはずだ」と記述。「維新の失敗例を反面教師に強い野党を作ってもらいたい」と政界関係者への呼びかけも盛り込んだ。
一方、創始者から「学級代表の集まりのようなグループ」と本の中で例えられた日本維新。13日に地域政党「大阪維新の会」のパーティーが大阪市内であり、出席した日本維新の衆院議員は「手厳しいメッセージだが、政治に批判はつきもので、創始者が失敗といっても萎縮するつもりはない」と話した。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11776457c.html
日記

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 87 1020073
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック