tongguの日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/tonggu123

VAPE体験

今日、電子タバコの選手は異なるトリックに挑戦しています。より良い味とより大きな煙を追求するために、プレーヤーは異なるファンシーな巻線を作り続けています。

加熱ワイヤがちょうど解放されたとき、退屈な巻線プロセスのために、多くの選手は息をのむしかなかった。禁煙グッズ電子タバコ産業の進歩に伴い、今日では一般にファンシー糸として知られている加熱コイルに巻かれた多くの種類のファンシー糸が存在する。派手なリボンでVAPE体験をプレイするのが簡単になります。

実際には、使用の数日後に、ファンシーシルク、常に少し黒焦げペーストを圧送するとき、非常に食欲をそそるように見えますが、また味に影響を与えるように加えて、表面に付着し、多かれ少なかれ、炭素線があるでしょう味。

ヒーティングワイヤ高温燃焼:ヒーティングワイヤーが炭素析出の場合、より明白な匂いがあります。一般的には、綿を1日2〜3日間清掃し交換することをお勧めします。熱線炭素析出物を浄化しようとしている作業方法は、以下の通りです。

綿を解体した後、本体にネブライザを取り付けます。燃焼するときと同様に、電圧を約3.0Vに調整します。 (ベイプ初心者を使用し時、気お付けてね)。高温加熱、炭素析出が熱い手を吹き飛ばすので、パワーを高すぎないように調整しないでください。また、加熱ワイヤ全体を直接吹くこともできる。

様々なネブライザーは、構造およびサイズが異なる多くのアトマイザーは、電子タバコ小型噴霧空間が比較的小さく、高熱コイルの空気取り入れおよび熱放散要件を満たすことができない。

解決策:コイルの炭素堆積物を定期的に掃除し、コイルの抵抗が大きく変化したときにコイルを交換し、霧化コアの通常の使用を保証する。

加熱すると、電熱線の表面に炭素が析出することによって強い臭いを嗅ぐことができます。加熱線が赤く燃えた後、炭素堆積物が加熱線の表面に付着することは明らかである。赤い電線を焼いた後、イグニッションキーを離して、電線を温水に入れます(水温は約40-60度です)。

電子タバコ爆煙アトマイザーが使い終わり、ホストは水にさらされてはいけないことに注意してください。
それはここで覚えておく必要があります - 発火しないでください!着火しないでください! !着火しないでください! ! !さもなければ、短絡のために短絡の後に加熱線が直接水中に吹き飛ばされる。赤熱線は水中で急冷される。



秋葉原
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000267487/p11728862c.html
電子 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
霧化コアが長時間使用され、たばこが老化した
<<新しい記事へ
このブログトップページへ
ブログイメージ
vapingの日記,写真,イラスト
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 69
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック