一生の1世

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/scarlett

人生には大きな伤を掛け

雨が降って、やや寒く纸钱食べろと衣裳は、われわれに天国の両親は、実はこの时期を思い出し、やっとおすありがたさを忘れないで、日思夜想おすがの子供のそばにかつて立ち去る。
年齢が広いほど、感触を街の老人が自分の亲を思うと、いつも思い巡らす、目頭を赤く润、両親は私达の一枚の日、父母は私达の肩に、両親もは私达がつんつん引っぱっての骨肉につながり、父母は私の一生の掷果読みたい。
親は、我々の依存が多く、総だと自分はあまりの长い、子供も総だといくら大、両親があれば、我々はやはり、子供は親の眼中のならず者の小児を思い出して、亲が作ったおいしい料理が无限の暖かいです、あの亲さえ台所の屋根の烟を冒して、無名の親しみがある。
心在外、両親が远方の一串风铃、念入りの美しい音楽が、はっきり心に暖かい。どんなに远の家出、両親の牵念は心の中で一番暖かい言叶。
親たちは、みんな、ウンギョ万千寵に包まれては亲の手で胸の宝;両親がいなく、我々は一軒家の草、一路、身寄りにゆられて。
ある年の父にピアノを覚えて、ある还暦老人に挟まれ纸钱の一巻は、大门外が歌っているらしいが入ってきた、老いても何の祭事を亲の老シーンから、彼の歌うとても軽く、だんだんひどいし、声が大きければ大きいほど、歌って歌っていたが、涙。膝を、両親の墓の前で歌いながら泣いて、涙一消去鼻水を、本当に胸、一句「娘亲よ」を訪れ、別の人が歌って泣いたそうです、この還暦老人に会って、自分の亲も子はそれを親の嘆願を悲しみ、は親の可爱を求めに来た、浮世の試練かも彼独自に耐え、疲れ倦(う)た人は自分の最も親を思い出したし、人情です;どんなに老、親の子どもがいなかったが、一人ぼっちの草、風雨で翻り、土曜日に暖房、土曜日に甘え;どんなに老、それとも両親のもと、渇望の亲の苦労も渇望万事。身に胸の想いと、なぜ親離れのこんなに早く?空间の親は、なぜ戻って、一目见て自分の子供かどうかをたらふく食べ、暖かく着込んで、悲しみを受けたのかどうか、难を受けても白髪、髭は笑って、親のお父さんと娘の親も自分が一番。
人生には大きな伤を掛け、切られたはげしい心の一番の亲心中の間、どこでも见たいだけ、どこでも、夜は叫んで、夜空爹娘だけ、ぽつんとして、春のまします封墳いう百花こそ、それは子どもの亲心つきそい。秋の花散る満天の、それは子どもたちが焼きの纸钱一句句瞑想、亲に迷惑を片づけ、自分のみすぼらしい。心は刀のように割せん枚、まん枚。
私たちの亲よ、いつもはまだ间も完全に大人になって、亲孝行のときは、血縁、折れた恩报、心难むずかしい安。
墓の前にぎっちりつまっている父亲の好きな花、そして彼が生前食べ好きはなく、买ったスイーツを焼いた一串は金を取ると、串に金銭を恐れない父、あるいはもったいなく;焼いた一件がまた一件の新しい衣裳、生前に父の総自分を惜しむ身なり、今回この子どもの親孝行しました、よく着、温暖で、やめられず;昔の思い出、才知のために親の子どもはどんな自分に苦労は、安眠冥途の父よ、どうやって、涙に報いる以外、自責と思い、何もすでに遅く、父はもういない世の中に、なにもないこの不足を補完した孝行だ。


人生
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000240091/p11585424c.html
其它 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
幸子イメージ

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 1 12
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック