スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

踏み間違い防止装置


トヨタ、踏み間違い防止装置発売 乗用車に後付け可能

トヨタ自動車は5日、乗用車に後付けでき、アクセルとブレーキの踏み間違い事故を防ぐ装置を発売した。高齢者などによる踏み間違い事故が多発しており安全性を高める。自動ブレーキのない旧型「プリウス」と「アクア」の一部に搭載できる。対象車種は今後増やす。希望小売価格5万5080円で、取り付け工賃が別途かかる。月間販売目標は2500台。

センサーが前後3メートル以内にある壁などの障害物を検知。運転手がブレーキと間違えてアクセルを踏み込むと警告音とともに、モニターに「アクセルを離してください」と表示され加速を抑制する。


踏み間違い時に加速抑制 トヨタが後付け装置発売 まず「プリウス」「アクア」から

トヨタが、販売済みのクルマに後付けできる「踏み間違い加速抑制システム」を発売しました。

前後約3m以内の壁などをブザーで通知

トヨタは2018年12月5日(水)、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる加速を抑制する後付け可能なシステムを発売しました。

車両の前後に付けた超音波センターで、前方や後方約3m以内にある壁などを検知。ブザー音(ピッピッピッ…)で注意喚起します。それでも間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった場合や、バック時に5km/h以上でアクセルを踏んでしまった際は加速を抑制。同時にブザー音(前進時は「ピー…」、後退時は「ピピピピ…」)が鳴り、車内の表示機にアクセルを離すよう文字が出ます。

装着できるクルマは、2009年5月18日〜2015年12月8日に販売された「プリウス」と、2011年12月26日〜2018年4月2日に販売された「アクア」(いずれも一部除く)。価格は5万5080円です(消費税込。取付費など諸費用別)。

トヨタは新型車に、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」などの採用を進めていますが、事故を減らすため、販売済みのクルマにもこの「踏み間違い加速抑制システム」を提供するとのこと。対象車種は今後、広げていくとしています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11796216c.html
日記

■同じテーマの最新記事
ゲーム用スマホ充電ケーブル
洗濯機の中にはいって死にました
小惑星の多くは水を含んでいた
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 166 1030942
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック