スーパー秋葉原

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://akihabara.areablog.jp/himiko

ATOK2019





ATOK 2019は「まいかた」を「枚方」に変換できる

ジャストシステムは、日本語入力エンジン「ATOK」と日本語ワープロソフト「一太郎」の新バージョンを発表しました。

「ATOK for Windows」は来年2019年2月に新バージョンを発売。同日に、定額サービス「ATOK Passport」向けのバージョンアップも提供します。

ATOK 2019の新機能は、当初はWindows版のみに提供されます。Mac版への提供は追って開始される予定。Android版については、検討中としています。

「まいかた」で「枚方」

新ATOKでは、ストレスの無い変換を実現するための機能が追加されています。その1つが、「読み方が分からない地名を変換」する機能。

たとえば「枚方」を「まいかた」と入力して変換できます。

「枚方」といえば官房長官も誤読するなど「読めない地名」として有名になりすぎて、枚方市が自虐パンフレットまで作ってしまった地名(本来の読みは"ひらかた"です)。

こうした難読地名でも、本来の読みを覚えることなくすんなり変換できる上、ATOKが正しい読み方を教えてくれます。 

「たかすぎしんさくのしん」で「晋」を出す

また、ATOK for Windowsの新バージョンでは、固有名詞などに使われている「同音読みの多い漢字」を素早く入力する新機能もします。

たとえば「晋二郎」さんの「晋」という字を出したい場合、「しん」で変換しようとすると候補が大量にでてきてしまい、目当ての文字を出すまでに、候補一覧を探る必要があります。

こうした時にれまでの文字入力では、「高杉晋作」など、使いたい漢字が入っている文字列を打ち出し、「高杉」と「作」を消して入力するのが一般的でした。

ATOK for Windowsの新バージョンでは「たかすぎしんさくのしん」と入力すると、「晋」を一発で表示できるようになります。

同様に「なつめそうせきのそう」と入力すると「漱」を出したり、「けいおうのけい」で「慶」や「京」を出したりできます。

この読み方から漢字を絞りこむ機能は、変換辞書群から動的に生成されている(それぞれの変換を手動で辞書登録しているわけでない)ため、発売時点からほとんどの単語で使えるようになるとしています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://akihabara.areablog.jp/blog/1000007455/p11796211c.html
日記

■同じテーマの最新記事
ゲーム用スマホ充電ケーブル
洗濯機の中にはいって死にました
小惑星の多くは水を含んでいた
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
akihabara
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 200 1030976
コメント 0 0
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード


外苑東クリニック
東京 人間ドック